5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★元寇(高麗の日本侵略)スレッド★

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 21:11 ID:221x29vA
元寇のとき、元のパシリとして日本侵略を企て、
対馬・壱岐島民を虐殺した
高麗の戦争責任を考察するスレッドです。
日本人も韓国・朝鮮人も、どんどん書き込んで下さい。

PS
ハングル板なので、元(現在のモンゴル)の戦争責任の話題は禁止(笑)

●元寇における高麗の戦争責任を考察するスレッド●(過去スレ)
http://mentai.2ch.net/korea/kako/965/965168308.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 21:17 ID:CsCBun3U
「知ってるつもり?」から影響されたか・・・

3 :nanasin:2001/05/06(日) 21:21 ID:R3isx.hE
朝鮮人が、しそうな反論

1、モンゴル人に強制されて、戦争に参加させられた我々も被害者だ
2、日本はモンゴルに抵抗する朝鮮を支援しなかった。(三べつしょうだったかな?)
3、何度も朝鮮に侵略した日本に言われたくない。

ちなみに、かの国の教科書には日本征伐と載っているそうです(藁

4 :ムー5月号:2001/05/06(日) 21:21 ID:5FKSunLw
壱岐・対馬の島民は、文字通り虐殺された。資料によれば、男は直ちに
殺されるか生け捕りにされ、生き残った女たちは一箇所に集められて、
手のひらに穴を開けられ、数珠繋ぎにされたという。そしてそのまま
船べりに吊るされ、次なる襲撃地博多湾までの慰み者にされたのである。

5 ::2001/05/06(日) 21:23 ID:IOy/OedQ
日本人も50年後、倭寇で暴れてたよ。
で、倭寇辞めさせてくれと泣きついてきた。

李氏朝鮮の時代には、対馬に侵入されたりしたけど、日本人居留地つくってもらって、また、そこでもヒト暴れしちゃったけどな。

6 :名無しさん:2001/05/06(日) 21:25 ID:5AeTPYW2
「従軍慰安婦の発祥はウリナラニダ!!」
とは主張しないのかな?(笑)

7 :名無しさん:2001/05/06(日) 21:25 ID:5AeTPYW2
倭寇ってほとんどが中国人でしょ

8 :名無しでGO!:2001/05/06(日) 21:28 ID:Y2HI6CVs
>7
確かに広軌倭寇は中国人も多かったけど...

9 :蚯蚓:2001/05/06(日) 21:30 ID:UsMG6GAA
韓国の中学教科書には、元寇の記述がない。歴史の抹消である。
高校の教科書には、以下の記述がある。
---
蒙古との講和後、高麗の自主性は著しく損なわれた。この頃、蒙古は国号を
元と改め中国を統一するが、やがて日本への遠征をもくろむようになった。
高麗は元に強要され、日本を征伐するための軍隊を徴発される。元・高麗
連合軍は二回にわたって日本遠征を試みるが、台風のために失敗してしまう。

10 :粕谷真人:2001/05/06(日) 21:33 ID:ghhrgDmE
朝鮮、中国に対するあてつけをふくめて、
戦勝記念日を制定しないか

11 ::2001/05/06(日) 21:36 ID:IOy/OedQ
16世紀の後期倭寇は中国舞台で、漢寇とでもいうべきもの。

12 ::2001/05/06(日) 21:46 ID:IOy/OedQ
壇ノ浦の合戦も経験値としては有効だったんだなあ

13 :名無しさん:2001/05/06(日) 21:51 ID:7/eEwg3c
実際は船に乗り込もうとして石弓で狙撃されて死んだ武士のほうが多かったらしい
中には河野道有のように
昼間に回りから弓で撃たれながら船に突撃したつわものもいたらしいが

14 :名無しさん:2001/05/06(日) 22:17 ID:KxxIXOnc
南宗軍は無視してたし、高麗の関与についてほとんど説明してなかったな。

15 :郎女:2001/05/06(日) 22:30 ID:wH9pOJjM
>>13 さん
細かなことを相済みませんが、河野通有ですよね。
河野氏は、瀬戸内水軍の本山、大山祇神社を氏神として
配下に水軍を従えておりましたので、船の接近戦には、
慣れておりましたのでしょう。
ああ、河野氏は、壇ノ浦にも源氏側で参戦しております。
大昔に読んだ豊田有恒氏の「退魔戦記」は、蒙古襲来を題材にした
タイムマシンもののSFですが、河野通有が登場して、
なかなかおもしろかったと記憶いたしております。

16 :名無し:2001/05/08(火) 00:41 ID:ahd.Ldck
倭寇は日本の誇りです

17 :名無し:2001/05/08(火) 00:42 ID:ahd.Ldck
かっこいい海賊映画とか作れ

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 01:38 ID:hQygOwqw
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  | >>16-17
 <丶`∀´> <  そんな映画作ったらウリナラマスコミが
 (    )  | 黙ってないニダ。
 | | |  | お決まりの謝罪と賠償を(以下略)。
 〈_フ__フ  \________

19 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/08(火) 04:49 ID:IM3z2lTY
元に日本遠征を勧めたのは、洪茶丘という高麗人だったよな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 07:27 ID:Hohigv.o
さんべつしょうっていったら、まるで自分達が正統な政権であるかのような手紙を
鎌倉幕府に送って、日本の資産を騙し盗ろうとし、それどころか、軍の派遣を日本
に求めて、日本と元との間に戦争を起こそうとした邪悪極まりない集団でしょ。
まあ元などの兵によって天誅が下ったみたいだけどね〜

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 09:51 ID:gQkZ.W.g
倭寇は「前期倭寇」と「後期倭寇」に区別しなければならない。

前期はたしかに元寇への報復から日本人主体だったが、後期になるとほとんど
中国か朝鮮の海賊だった。

22 :名無しさん:2001/05/08(火) 11:34 ID:.QohvP0Q
後期倭寇といっても
倭寇の強さはハンパなもんじゃなくて日本人かついで 活動してた聞いたよ
当時 明は「北夷南倭」っていってて倭寇の対応策はほっとくことで実倭は
さほどいなくて ほとんど福建省出身だと聞いたなぁ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/31(木) 23:19 ID:SJ5ZsKa2
NHK大河ドラマ「北条時宗」が続く限りあげ

24 :名無しさん:2001/05/31(木) 23:24 ID:2oq4LPFs
大体、倭寇のヒーローって、王直っていう支那人だからな。

そりゃそうと以前、元寇が二度とも失敗したのは当時の高麗人たちが
日本をかばってわざと台風の季節を選んで攻め込むよう、
モンゴル人に上申したからだ、だから日本人は韓国人に感謝しなければ
ならない、と書いてた日本人がいた。残念ながら名前は失念。

25 :イルボン:2001/06/03(日) 23:59 ID:7APb/J2k
俺の中学の時の社会科教師はやたらと朝鮮好きで
3別抄がゲリラ戦をやって軍船を破壊したとか
奈良の起源はウリナラのナラ!なんて言ってたな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/04(月) 00:04 ID:qn0yJw9w
意外にも、どなたもおっしゃってないようなので

対馬における残虐行為をはじめとする高麗=朝鮮の侵略行為を反省しろ!
謝罪と補償を求める!!

27 :とうりすがり:2001/06/04(月) 01:01 ID:1PG4Oeb.
台風のおかげ?それはちがうとおもうもな〜〜

28 :名無しさん:2001/06/04(月) 01:14 ID:VURTuTdE
正論には前期倭寇も鮮人中心で最終島や高麗の卑民が多かった
とかいてあった。

29 :..:2001/06/04(月) 01:19 ID:.74RSYdw
日本征伐!日本征伐!って中学生に教えてる。

30 :名無し:2001/06/04(月) 02:53 ID:.f09CfWM
>>24
>元寇が二度とも失敗したのは当時の高麗人たちが
日本をかばってわざと台風の季節を選んで攻め込むよう、
モンゴル人に上申したからだ、だから日本人は韓国人に感謝しなければならない、と書いてた日本人がいた。

あーどっかで同じようなの読んだことある。
さらに「日本をかばう高麗人が、モンゴル人を日本に渡らせない様に船を壊れる様につくった」と書いてあったので「それはあえてその様に作ったんじゃないと思われ」と突っ込んじゃった(ワラ

31 :たう:2001/06/04(月) 03:03 ID:m3q15a2Q
じつは、高麗王は三度目の日本侵攻を上奏していた。

元が政情不安でそれどころではないのを見越しての
御機嫌取りだったんだけどね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/04(月) 03:19 ID:hY9wz0sU
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/3608/histo2.html

ここ見ると文永の役の方は元・高麗が撤退中に暴風雨と遭遇したようだし、
何より高麗が消極的だったというのも眉唾のような印象ですね。

33 :名無し:2001/06/04(月) 07:48 ID:u.6zsj7w
>>28
倭寇は日本の誇りです。
かっこいい海の男達に敬意を表しましょう。
誰か、かっこいい海賊映画でも、つくれや。

34 :おかん:2001/06/04(月) 09:48 ID:5nIEeKCI
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  | >>33  海のかっこいい男はウリナラニダ
 <丶`∀´> <  またチョパリーが歴史を捏造したニダ
 (    )  | 倭寇ではなくチョン寇ニダ
 | | |  | お決まりの謝罪と賠償を(以下略)。
 〈_フ__フ  \________

35 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/04(月) 10:44 ID:vnoMtrMU
>>34
しかし「かっこいい海賊映画」が実際できたら、本当に言い出し
かねないのが怖いな。

もちろん「つくる会」の教科書の記述に修正を要求したいきさつ
などすっかり忘れていると思われ。

36 :ゆうたん:2001/06/05(火) 17:13 ID:YzubRNxU
もっと元冠の話が聞きたい

37 :コピペ:2001/06/08(金) 17:38 ID:5OPmUe.M

               ヽ(`Д´)ノ   蒙古ねーよ!!!
                 (  )
                 / ヽ
北条時モナ 終
                                だそうです。

38 :名無しさん:2001/06/10(日) 20:03 ID:4sYlnh2Y
番組あげ

39 :無明:2001/06/10(日) 20:05 ID:x5mPRbSE
いきなり日本人二人を拉致した・・・。

40 :無明:2001/06/10(日) 20:22 ID:x5mPRbSE
世祖皇帝出御

41 :名無し東シナ海:2001/06/10(日) 20:44 ID:01HFCg2Q
学生の頃は、幕府軍が負けそうな所に台風がきて、元が敗退したんだと思ってた
(そう教わってた)。
佐藤大輔がシミュレーターで発表した「不征之国」を読んで、目から鱗が落ちたよ。
文永の役は元軍が退却する途中で台風に遭遇した。
弘安の役は上陸した元軍が橋頭堡を築けずに、船に戻って宿営した所を暴風雨に
襲われたもの。もともと騎馬民族の元軍が不慣れな船に戻って宿営せざるを得なかった
のが苦戦した証拠、というもの。
今から10年以上前の論文だった。

42 :濁流:2001/06/10(日) 21:16 ID:Gyqk419Q
元は海は苦手。だからこそ、高麗侵略も手間取った。
三別抄軍とか。

43 ::2001/06/11(月) 01:10 ID:4ZbLB/lQ
>>41
文永の役(4万)は、九州軍はメタメタだったが、もともと偵察目的だったんで
蒙古軍はささっと強盗して帰っていった。台風で全滅したわけじゃない。
弘安の役(20万)は前回の反省もあって
対蒙古用の防護壁を儲けたんで、蒙古軍は上陸できず
70日間も海にくぎ付けされたんだ。
当時70日も食品や水が持つわけもなく
嵐がこなくても蒙古軍の負けは確定的だった。
2ヶ月以上九州に居たら一日くらいは嵐の遭うのはあたりまえだけどね。

44 :名無し草:2001/06/13(水) 17:01 ID:t29VWUZs
>>41
あんた四万人の兵員って、どう見ても偵察じゃないぞ(笑

多分朝鮮人が「ウェノムなんかちょろこいもんでっせー、国も
狭いし、楽勝でっせ〜」とか吹き込まれたんだろう。
ところが来て見れば、予想以上に広いし、射程の長い弓持ってる
し、戦意は高い。となりゃ一時撤退となるのは当然の理だわな。

博多湾内で低気圧に遭遇したわけじゃないけど、結局玄界灘
で多数が死んだのが正解だろう。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/17(日) 20:00 ID:sJA1mJcA
番組あげ

46 :>44:2001/06/19(火) 06:39 ID:YpbLIydM
いや4万人でも偵察だよ。軍事板で威力偵察をたずねてごらん
常識を働かせて4万人で日本征服可能かどうか考えるだけでもいい

47 :名無し:2001/06/24(日) 20:10 ID:npNc9lco
あげ

48 :名無しさん:2001/06/24(日) 20:25 ID:N8r.34Qw
netomoは、アンケートのところもおもしろいね。

でも、荒らすなよマジで>all

49 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:28 ID:n1zWiFxM
 日蓮大聖人は釈尊滅後二千百七十一年に当る貞応元年(一二二二)二月十六日、安房国(千葉県)長狭郡東条の郷小湊に御誕生あそばされた。父を三国の太夫、母を梅菊女と申し上げる。
 十二歳にして仏法を学ぶ志を立てられ、ほど近くの清澄寺に登られた。この頃、御幼少の大聖人の御胸中には、仏法上の大きな疑問が胚胎していた。
 それは、当時日本国に十宗・八宗といわれる仏教の諸宗があり、そのいずれもが“我が宗こそ勝れたり、我が経こそ第一なり”と自讃していることであった。たとえば国に国主が二人いれば必ず国は乱れる、国主は一人でなければならない。これと同じように、一切経の中で王ともいうべき経は一つしかあり得ない、釈尊の本懐とする経はただ一つであるべきである。その最勝の経とは何かという疑問。
 また、仏法を行ずれば幸福になるべきなのに、承久の乱において、天台・真言の秘法を尽くして祈祷をした後鳥羽上皇等の三上皇が、何の祈りもせぬ臣下の北条義時に敗れて島流しになった現証。さらに“念仏往生”などといいながら、念仏宗の指導者たちが、ことごとくその臨終に悪相を現じていること。これらの現証が何によってもたらされたかという疑問であった。

 これらの大疑を解き、成仏の唯一の法を見出さんと、大聖人は御年十八歳、四方に経典・論釈を探るべく、諸国遊学の途につかれた。まず鎌倉に上り、ついで比叡山・京都・奈良等をめぐって一切経を閲読し、また諸宗の義を一々に確認された。
 かくて血の滲むような御修学二十年。一切経における勝劣・浅深、また諸宗の誤りは、一点の曇りもなく明白となった。
 そして末法の一切衆生の成仏の大法は、法華経本門寿量品の文底に秘沈された南無妙法蓮華経、すなわち久遠元初の自受用身の御証得、とりも直さず末法御出現の日蓮大聖人がお覚りになられた生命の極理であることを、深く深く知り給うた。

50 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:28 ID:n1zWiFxM
 ここに大聖人は建長五年四月二十八日、故郷の清澄山の山頂に立ち、おりから太平洋上にゆらゆらとのぼる旭日に向い
 「南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経」
 と、始めて本門の題目を唱え出された。これが立宗宣言である。時に御年三十二歳であられた。
 これより大聖人は政都・鎌倉に出で給い、“諸宗は無得道・堕地獄の根源、南無妙法蓮華経のみ成仏の法なり”と、声も惜まず折伏をあそばされた。
 大聖人の熱誠の御説法と御威徳にふれ、帰依入信する人々は次第に数を増した。しかしそれに伴い、念仏・真言・禅・律等の邪宗からの怨嫉も日ごとに高まり、鎌倉中に大聖人への悪口罵詈が渦まいた。


 立正安国論

 立宗より四年目の正嘉元年、鎌倉地方に前代未聞の大地震が起きた。そしてこれより年々、激しい異常気象が続き、大飢饉・大流行病は地を覆い、ために鎌倉は屍で満ちあふれるという惨状を呈した。
 この打ち続く国土の災難を凝視せられた大聖人は、国主を諌暁して一国を救わんと、文応元年七月十六日立正安国論をしたためられた。その意に云わく
 “この災難は三大秘法に背くゆえに起きたものであり、もしこの謗法を止めなければ、必ず将来他国より侵略される大難を受けるであろう”と。
 すなわち未だ萌しもない時に、「他国侵逼の大難」を断定あそばされたのである。仏でなくて、どうしてこのような予言をなし得ようか。

51 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:30 ID:n1zWiFxM
 このように、一国あげて大聖人を憎み迫害するうちに、文永五年正月、蒙古国より、我が国を襲うべき旨の国書が到来した。九ヶ年前の立正安国論の御予言がここに事実となって来たのである。幕府はただ周章狼狽するのみであった。
 もしこのまま過ぎゆくならば、謗法の失により
 「此の国の人々、今生には一同に修羅道に堕し、後生には皆阿鼻大城に入らん事疑い無き者なり」(曽谷二郎入道殿御返事)
 ということになる。大聖人が最も憂え、そして不憫とおぼされていたのはこの事であった。
 ここに大聖人は、北条時宗・平左衛門等の幕府の首脳、および良観・道隆等の諸宗代表に書状を送り、仏法の邪正を一気に決すべく、公場対決を迫られた。これが十一通申状である。
 良観(律宗)・道隆(禅宗)等は、仏法に無智な民衆をたぶらかし、当時一国に生き仏のごとく崇められていた邪僧である。もとより彼等に、大聖人との法義上の対決などできるわけがない。追いつめられた彼等は、讒言を構えて、大聖人を殺害することを幕府の権力者に密かに訴え出た。
 この讒言を聞き入れたのが、当時幕府の実力者・平左衛門であった。

52 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:31 ID:n1zWiFxM
 文永八年九月十二日、平左衛門は数百人の武装兵士を率いて、怒涛のごとく大聖人の草庵に押し寄せた。
 泰然自若として坐し給う大聖人のそばに、平左衛門の郎従・少輔房という者が走りより、大聖人が懐中されていた法華経第五の巻を取り出し、これを杖として、恐れ多くも大聖人の御顔を三たび打ち奉った。その他の兵士も庵室の中で法華経の巻物を打ち散らし、あるいは足にふみ、あるいは身にまとう等の狼藉を働いた。
 この狂態をじっと御覧になっておられた大聖人は、大音声を以て
 「あら面白や、平左衛門尉が物に狂うを見よ。とのばら、但今ぞ日本の柱を倒す」(種々御振舞御書)
 と叱咤あそばされた。平左衛門は顔面蒼白になり、棒のごとくその場に立ちすくんだ。兵士共は“逮捕される大聖人こそ臆すべきなのに、これは一体いかなることか”と、一様に顔色を失った。
 平左衛門は、逮捕した大聖人を裁判にもかけず、その日のうちに竜の口で斬首しようと決めていた。
 この日、十二日の深夜、馬上の人となった大聖人は、多数の警護の兵士に取り囲まれて、竜の口の刑場へと向われた。
 途中、急を聞いた四条金吾が駆けつけ、馬の轡をとってお供する。この四条金吾は“大聖人に万一のことあれば、追い腹切って御供せん”と決意していた強信の鎌倉武士である。
 やがて一行は刑場に着いた。暗闇の中に大勢の兵士が屯して騒いでいる。これを見て四条金吾は「只今なり」と泣き伏した。

53 ::2001/06/24(日) 20:31 ID:St/sWskA
うざい。氏ね!

54 :なな:2001/06/24(日) 20:32 ID:bXVfgo0Q
>>46
規模からして、本隊でこそないものの九州の一部を占領して爾後の日本全土
占領のための足がかりを得ようとするだけのレベルであると思われる。

55 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:32 ID:n1zWiFxM
大聖人は
 「不覚のとのばらかな、これほどの悦びをば笑へかし、いかに約束をば違へらるるぞ」と仰せられた。
 やがて大聖人は頸の座に着き、静かに合掌し給うた。時はまさに丑の刻(午前二時頃)。太刀取り越智の三郎は傍に立ち、大刀を振りかざした。
 この時、大奇瑞が起きた。
 「江の島のかたより、月のごとく光りたる物、まりのやうにて、辰巳のかたより戌亥のかたへ光りわたる。十二日の夜のあけぐれ、人の面もみへざりしが、物の光り月夜のやうにて、人人の面もみな見ゆ。太刀取目くらみ倒れ臥し、兵共おぢ怖れ、興さめて一町計りはせのき、或は馬よりをりてかしこまり、或は馬の上にてうずくまれるもあり」
 ―――突如として巨大なる光り物が、江の島の方角から出現したのである。太刀取り越智の三郎は眼がくらんでその場に倒れ伏し、取り囲んでいた兵士どもも恐怖のあまり一斉に逃げ出し、ある者は馬から下りてかしこまり、ある者は馬上にうずくまってしまった。
 もう頸を切るどころではない。一人として大聖人のそばに寄る者もない。その中で、ひとり砂浜に坐られた大聖人は厳然と叫ばれた。
 「いかにとのばら、かかる大禍ある召人には遠のくぞ、近く打ちよれや、打ちよれや」
 しかし誰一人近寄る者とてない。大聖人は再び高声で叫ばれた。
 「夜あけば、いかに、いかに。頸切るべくわ急ぎ切るべし、夜明けなば見苦しかりなん」と。
 響くは凜々たる大聖人の御声のみ。返事をする者とてない。皆ひれ伏してしまったのである。
 ――何たる厳粛、何たる不思議、かかる光景が人類史上にあったであろうか。まさに国家権力が、一人の大聖人の御頸を切ることができず、その御威徳の前にひれ伏してしまったのであった。

56 :平ノ時盛:2001/06/24(日) 20:33 ID:n1zWiFxM
 この竜の口の大法難は、大聖人の一代御化導の上に極めて重大な意義を持っている。それは、この竜の口の大現証こそ、大聖人が久遠元初の自受用身・末法下種の本仏として、成道を遂げられたことを示すものである。
 すなわち立宗以来の身命も惜しまぬ御修行ここに成就して、「法界を自身と開く」――宇宙即我が身――という御本仏の大境界を、事実の上に証得あそばしたのである。
 大聖人の名字凡夫の御身の当体が、そのまま久遠元初の自受用身と成り給う。これを末法下種仏の「発迹顕本」という。時に聖寿五十歳であられた。

57 :名無し:2001/06/24(日) 20:37 ID:npNc9lco
>>56
ちょうどNHK大河ドラマ「北条時宗」で「竜の口の大法難」を
やっているからそれの宣伝ではないかな。

58 :名無しさん:2001/06/24(日) 20:43 ID:n1zWiFxM
test

59 :ナナシサン:2001/06/24(日) 20:44 ID:xHYewl12
>>57
ほかの板にも貼ってたよ。コピペ荒しだろ。

60 :名無しさん:2001/06/24(日) 20:44 ID:n1zWiFxM
おお、同じだ!!

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 20:46 ID:dboA26K6
日蓮の手紙(直筆)とか残ってるんだね。
朝鮮にはそう言うのある?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:13 ID:SEGMkQpQ
元冠って台風で退却したんじゃないの?
じゃあなんで引き上げたんだ?
当時の元側の資料はどう書いてるんだろ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:17 ID:SEGMkQpQ
後、神風で撃退したとかいうのは仏教勢力と幕府側の
政治的な産物とか聞いたんだけど。

64 :はぽねす:2001/06/24(日) 21:21 ID:ROeBq2vw
>>62-63
元寇といっても2回あるからな。そのどっち?
どっちにしても連中の船を台風が襲ったのは確かだけど。

65 :なな:2001/06/24(日) 21:23 ID:q5Lcd3s6
つーか、元の強さの素って騎馬部隊にあったんだよ。

日本もそうだし当時の殆どの国でもそうだけど、騎馬武者ってのは騎士とか
貴族とか上級武士とか、いわゆる特権階級若しくはそれに類する者のみが
使う者で、部隊そのものとしては本質的に歩兵の群だったんだよ。
騎馬武者と歩兵が一緒に行動していたら、結局は遅いほうに合わせることに
なるからね。

元が強いのは、1兵卒に至るまで騎馬で統一した部隊編成をしていたこと。
しまいには兵站部隊まで騎馬化(つか馬車化?)して、戦闘部隊と行動を
共に出来るように編成した(もっとも、兵站は略奪に頼る部分が多かったが)

つまり、元の強さは戦術機動と戦略機動双方のレベルが高かった事であり、
合わせてその機動力を生かした一撃離脱戦法に有った。

船ではその強さの源である馬を必要分運ぶことが出来ない(資料では、1合戦
で一人あたり馬を3頭も乗り潰すことすらあったとか)ので、真価を発揮でき
なかった。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:34 ID:SEGMkQpQ
>>64両方だけど特に文永の役に関しては日本がやられっぱなしでもう駄目だってとこで台風が襲って元が引き上げたとか習ってたんで、でもここ読んでたらなにか別の原因で撤退中に偶然台風が襲ったみたいな感じですよね。

67 :気まぐれ(韓国人):2001/06/24(日) 21:39 ID:TLCzkIW6
高麗は侵略したことがないです。韓国は力がありながらも他の国を
侵略したことが一度もないです。平和を愛する民族であるからです

68 :はぽねす:2001/06/24(日) 21:41 ID:ROeBq2vw
文永の役のときは、威力偵察でどちらにしても撤退していただろうという説が
最近の説じゃなかったかな。で、撤退中に台風が来たと。っつか、どっちにし
ても台風がきたことは確かなんだけど、具体的に何が起きたかよくわからない
というのも実際のところ。
すまんな、ここまで書いておいて答がこれじゃ(笑)。

弘安の役については、ロクに上陸させずに船の中に籠もらせておいたところに、
さらに台風がきたというところですな。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:43 ID:SEGMkQpQ
>>44
確か日本の弓って滅茶苦茶射程が短いんじゃなかった?
確か50mとか。。。

70 :はぽねす:2001/06/24(日) 21:45 ID:ROeBq2vw
>>69
具体的な有効射程は忘れたけど弘安の役の時には、防塁を築いていたんで充分に使えた
という話だったと思う。

>>67
力があったら元に侵略されているかよ(笑)。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:47 ID:SEGMkQpQ
>>68これは日本史板で見かけたんだけど
文永の役の会戦二日目には幕府軍の増援が山口まで
迫ってきててどちらにせよ元は勝ち目がなかったとか
これも最近分かってきた事なの?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:50 ID:PHj6zkss
>>67
任那は高麗とは別の国で、侵略してんじねぇか、捏造すんじゃねぇ、ヴぉけ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 21:53 ID:SEGMkQpQ
あ、69の50mと言うのは間違いだった
調べてみたら、遠矢という技法を使うと有効射程180〜200mは行くそうです
50mというのは確実に鎧の隙間を狙って急所に当てる距離だそうです。

74 :気まぐれ(韓国人):2001/06/24(日) 21:55 ID:TLCzkIW6
任那は知らないけど
「かや」は韓国の国です。

75 :濁流:2001/06/24(日) 22:00 ID:jUU2f11k
本土上陸しても、竹槍部隊にやられてたりして・・・?

76 :はぽねす:2001/06/24(日) 22:03 ID:ROeBq2vw
伽耶は韓国じゃないだろ(笑)。
まさか百済や高句麗が滅ぼされなかったとでも言うつもりか?

77 :はぽねす:2001/06/24(日) 22:11 ID:ROeBq2vw
>>71
あ、そうなんだ。
いや、文永の役に関しては諸説ありすぎるんですよ。
元側の目的から、侵略範囲まで。で、こっちの防衛体制からなにやらって
感じで。
確実なのは台風がきたってことなんだけど、これも具体的な月日がわかっ
てないという体たらくなもんで。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 22:13 ID:0WVPiweo
>>67
>韓国は力がありながらも他の国を
侵略したことが一度もないです。平和を愛する民族であるからです

ウソつくんじゃねえ。
新羅の海賊は日本を何度も荒らしまわってるぞ。文献もいくらでもある。
高麗は元のパシリで日本の住民を虐殺したし、その後も高麗も対馬を侵略した。
高麗は建国当初北方も遠征したはず、韓国の教科書に誇らしげに出てるじゃねかよ。
それに、大東亜戦争時の捕虜虐待は朝鮮人の仕業だし、
ベトナムの虐殺も忘れるな!

79 :なな:2001/06/24(日) 22:13 ID:/yp79XkM
当時の元の基本的戦術は、弓を持った軽騎兵が一撃離脱で弓を浴びせ、
その後重装の槍騎兵が突撃する、と言う物だった。

足を止めての弓の応酬は、むしろ元にとって苦手なシチュエーション
だったのではないかと思う。

80 :どどめす:2001/06/24(日) 22:16 ID:bYYfT.aI
>>77
 源平合戦の壇ノ浦では、彦島射掛けたから布刈までどんどん矢が飛んで
いうじゃんよ。今の海峡の一番狭いところが300メートルくらいだから、
200メートルの射程というほうが、50メートルより現実的だな。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 22:16 ID:SEGMkQpQ
それでベトナム(大越だったか?)でも失敗してますね
あっちは沼地が多くて馬を迅速に運べなかった。

82 :気まぐれ(韓国人):2001/06/24(日) 22:21 ID:TLCzkIW6
>新羅の海賊は日本を何度も荒らしまわってるぞ。文献もいくらでもある

日本の文献は信頼性がほとんどない。
僕は文献に信頼性はわからないけど
韓国の歴史家が日本の文献「日本書紀」は信頼性がないと言うことを
本で読むことがあります。
>大東亜戦争時の捕虜虐待は朝鮮人の仕業だし、

そのことは日帝が強制に引いて行って仕事をさせたものではないですか。
その当時そのようにくやしい戦犯判定を受けた韓国人があります。

83 :はぽねす:2001/06/24(日) 22:24 ID:ROeBq2vw
そうか、やっぱり王仁博士が漢籍を持ち込んだのも間違いなんだな。
日本書紀の記述を無視するとなると、朝鮮からの影響なんて極少なの
だが。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 22:24 ID:0WVPiweo
>韓国の歴史家が日本の文献「日本書紀」は信頼性がないと言うことを
本で読むことがあります。

なら朝鮮が文化を日本に伝えたってのは日本の文献にしかないのだから
全部ウソなんだな。笑う。

85 : :2001/06/24(日) 22:25 ID:H8ot0WuQ
>>82
出た出た「日本の文献は捏造ニダ」

86 :名無し:2001/06/24(日) 22:25 ID:CnizHliA
>韓国の歴史家が日本の文献「日本書紀」は信頼性がないと言うことを

自己撞着を起すものと思われ(藁藁

87 :濁流:2001/06/24(日) 22:30 ID:jUU2f11k
高句麗が北方諸民族を滅ぼしたり、漢民族を攻撃したりしてるんですけど。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 22:31 ID:0WVPiweo
高句麗は朝鮮民族ではないから、関係ないニダ。

89 : :2001/06/24(日) 22:32 ID:H8ot0WuQ
自国民よりも隣国の人間のほうが、歴史を良く知ってる国って最悪だな

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/24(日) 22:34 ID:SEGMkQpQ
>>80モンゴル人の使ってた弓矢は250m飛んだといいますから
緒戦で日本が苦戦したというのはほんとなんでしょうね
ただ夕方になって結局元が博多から撤退したのを見ると
多少の武器の性能差は戦術でカバーしたのかもしれません。

91 :>82:2001/06/24(日) 22:36 ID:L//sjIbc
世界の(韓国の学者も含めて)中国と日本の文献を参考にしているのが
現実よ。貴方は知らないだけ。間に入ったマスコミや二流の学者が
でたらめを流しているの。実際に自分で「まともな」学者にきいてごらん。
近代史については、当然日本と中国は認識が違うが
他の歴史については中国と日本とその他の国の見解は一致しているよ。
「韓国」の歴史は捏造が多く学問レベルが低いということでね。
最近も中国の調査団によって好太王碑の碑文の改竄説が
「朝鮮の学者による捏造」であると報告されたね。
北も南も外国から見ると捏造国家なのよ。君達が知らされていないだけ。

92 :名無しさん:2001/06/24(日) 22:39 ID:YLkG5Drc
>>82
韓国は日本書紀が書かれた時代に何をしてましたか?
韓国最古の歴史書はいつ書かれたのですか?

93 :気まぐれ(韓国人):2001/06/24(日) 22:47 ID:TLCzkIW6
韓国の学者が二流だとは思わない。
韓国がまだきちんと知られないものだけであると
韓国の歴史学者たちは本で話します。

>実際に自分で「まともな」学者にきいてごらん。
韓国の大部分の学者が「まともな」学者がないと言うんですか。

>北も南も外国から見ると捏造国家なのよ。君達が知らされていないだけ。

分かりたいんです。
外国の誰が韓国を捏造国だというのか

94 :濁流:2001/06/24(日) 23:01 ID:jUU2f11k
高句麗は三韓から除くということでいいんでしょうか?

95 :濁流:2001/06/24(日) 23:08 ID:jUU2f11k
>外国の誰が韓国を捏造国だというのか

自国の教科書にケチをつけられた全ての国

96 :ななし:2001/06/24(日) 23:23 ID:BDeW3CpY
>>93
自分の国(韓国)の教科書を読んで捏造だと思わない
あんたが、狂っているよ。

97 :ななし:2001/06/24(日) 23:25 ID:BDeW3CpY
そういえば、高麗の日本侵略について一度も韓国から
謝罪されたことが無いな。

98 :キムヒョンク先生が:2001/06/24(日) 23:33 ID:potx75tc
>>93
>>83-86に関する典型的な例を書いておられます(金□球、□は金偏に玄)。
金教授の日本談義
「わが国の中・高等学校国史教科書を見ると、百済、高句麗、新羅三国
の文化が日本に伝えられた話が出てきますが、その内容は日本古代史書で
ある「日本書紀」を土台にしているもので、わが国の史書にはありません。
ところが、日本の学者たちが「日本書紀」を土台にして、−−中略−−「任那
日本府説」を主張すると、韓国の学会では「それが書かれている日本書紀は
信じる事ができない資料なので、その学説も信じることができないと主張し
ています−−中略−−こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く見る
のではありませんか」

99 :名無しさん:2001/06/24(日) 23:43 ID:QpCBktaU
>>93
どの国の歴史家についてもいえるけど、歴史家が書いた本というのは
大抵いいかげんなものなんだ。
孫引きで俗説を書いてある本がほとんど。

自国の古典もたまには読んでみるといいよ。

100 : :2001/06/25(月) 00:00 ID:zwOTm0Hc
また、バカチョン消えた

101 :気まぐれ(韓国人):2001/06/25(月) 00:21 ID:0zsOlfrQ
この事は日本書紀が信頼性がある意味じゃない。
日本書紀研究する必要があると意見です。

102 :はぽねす:2001/06/25(月) 00:27 ID:YdiwgEkg
日本書紀は韓国人に研究される代物じゃないよ。比較するものがないだろう。

日本書紀が成立した時期に存在した書物と比較対照することが大切。隋書とかね。
韓国人はいつもdouble standardだから信頼されない。

少なくとも三国遺事など比較にならないほど信頼性は高い。古代出雲大社の件で
も立証されているといえる(しかし、これは本当に驚いたよ)。

103 :大日本帝国核廃棄物処理軍:2001/06/25(月) 00:32 ID:MrbeCoNI
研究?ぷっ
重要なのはそういうダブルスタンダードがまかり通ってる事
自分達に都合のいいところだけ抜き出して歴史をつまみ食いしてることだろ。

日本書紀の信頼性うんぬんの前に韓国の学会の信頼性の方を気にすべきだな。

104 :>101:2001/06/25(月) 00:33 ID:cjJEdEnA
日本書紀の研究を(その内容の真偽を含め)日本の研究者はしています。

韓国の研究者がしていること
=韓国に都合のよい日本書紀の記述はそのまま「史実」
 日本に都合のよい?日本書紀の記述は「日本の捏造」

105 :>93:2001/06/25(月) 00:34 ID:z0YlRehw
>韓国の学者が二流だとは思わない。
そうだよ二流じゃないよ。
電波としては一流だが
学者としては三流だもんな。

106 :98:2001/06/25(月) 00:34 ID:yJszJd3A
>>102
NHKもたまにはやるということで。それにしても、あの検証は面白かった。各専門の
学者は当然としても、宮大工に和釘の職人(高知県の普通の鍛冶屋だったらしいが)、
建設会社の技術者、資料を大事に伝えてきた宮司、見事なチームだった。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 00:36 ID:0KtN8UkE
まぁまぁ、自国には歴史文献がほとんどなくて、歴史研究の土台が存在せず
隣国には原典があって、ちょくせつあたれて、さらに研究者の数・質共に
大違いなんだから、捏造しない限り、生温かい目でみてやろうよ。
自国の研究者のレベルを知ればきっとわかるさ。

108 :みや:2001/06/25(月) 00:39 ID:9D9IzoXU
>>102 はぽねすさん
電波坊主「一然」の書いたオカルト本「三国遺事」を比較に出すのは可哀想。
金富軾「三国史記」の資料批判は、されているのだろうか?

109 :竹崎季長2:2001/06/25(月) 00:40 ID:IVpS7JIQ
101>ちなみに日本書記と広開土王碑文(読み方を
変えてない奴だよ。高句麗が海を渡ったなんて言うのは
論外)、三国史記、中国の史書を比較するといいよ。
あながち任那日本府も嘘じゃないと思えてくるから。

君も日本語読めるんだからさ、原典あたってみ。
少なくとも日本の学者は漢文の読みはいんちきしてないから。
学者なんて頼らないで自分で読んだ方がいいね。

110 :みや:2001/06/25(月) 01:23 ID:9D9IzoXU
檀君BC2333年を無批判で乗せる教科書を書いた方々。
国定韓国高等学校歴史教科書
研究陣
李元淳 国史編纂委員会
金興沫 春川教育大学校
沈芝淵 慶南大学校
梁基錫 忠北大学校
李存熙 ソウル市立大学校
李熙徳 延世大学校
林炳泰 祟実大学校
全炯澤 全南大学校
崔秉濤 京北高等学校
金光男 国史編纂委員会
金東雲 国史編纂委員会
辺承雄 国史編纂委員会
辛永範 教育部

執筆陣
金杜珍 国民大学校
申載洪 国史編纂委員会
柳永烈 祟実大学校
李範稷 建国大学校
陳徳奎 梨花女子大学校
崔奎成 祥明大学校
崔夢龍 ソウル大学校
崔完基 梨花女子大学校
崔容奎 韓国教員大学校

111 :ななし:2001/06/25(月) 01:53 ID:olqZezt2
>>110
これが、馬韓国の馬鹿リストですか?
李さんがいるのに朴さんがいないね。
何かの配慮か?(藁

112 :おい98:2001/06/25(月) 01:56 ID:Z9tgYxdE
君、せっかく高麗大学の教授の文章を引用したんだから、
ちゃんと最後まで不精せずに書けよ。続きがあるだろ!(w

113 :名無し:2001/06/25(月) 15:51 ID:TkIPnT.M
何ヶ月か前に、歴史読本に朝日の田岡俊次(朝日の軍事担当で、たまに?な記事は書くが、全般的には
かなり良いものを書きます)が元寇について書いていたよ。
それによると、弘安の役でも台風が来ても来なくても日本の勝利に終わっただろうという結論。

詳しい事は省きますが、士気・兵站・武装(日本の弓は射程が50〜70Mと言われているが、
それは一騎打ちの有効圏内の話で、集団戦では射程が著しく上がる。元の弓の弦が180センチ
に対して、日本のは220センチで世界最大・最高威力の合成弓)の面で勝っていたとか。
弘安の役では戦闘が長引き、あまりの損害に元の将軍が軍議で撤退しようと話たところ、
高麗の将軍が「必ずや島夷を滅せん」と断固反対したため日本侵攻を続け、
そして台風の季節まで続けたあげく、台風で大損害くらって壊滅というのが正しいそうな。

で、戦後。
取り残された捕虜(3万人かな?)の扱いについては、蒙古人・華北人・高麗人は全員処刑。
戦いに無理やり動員されたと判断された南宋人は北九州の御家人に分配(奴隷ね)されたとか。
当時の鎌倉幕府は、蒙古人だけでなく、高麗が積極的に侵攻に荷担したのを知っていて
このような処分をしたそうです。
高麗が戦いを避けようとした〜、等の教科書に載っているような事は後の作り話とか。

114 :気まぐれ(韓国人):2001/06/25(月) 16:12 ID:0zsOlfrQ
http://uniweb.unitel.co.kr:8083/class/history/lesson/4/4-28-1.html

高麗はモンゴルの強制で戦場に引っぱられました。
そしてモンゴルの戦争物資強要に因って困難を経験しました。
モンゴルの収奪は国の運営が難しいほどです。

http://user.chollian.net/~smdream/c.html

http://www.winetown.co.kr/s_korea/korea_2.htm

http://211.248.135.1/chuphome/software/kings/view.phtml-NO=162.htm

115 :気まぐれ(韓国人):2001/06/25(月) 16:28 ID:0zsOlfrQ
http://www.hankooki.com/editorial/200104/e20010426172959e7000.htm

日本は恐ろしい国だ。
隣の国を侵略ばかりしている国は気が置けない国だ。
こんな記事を読んでいる日本が悪さを知る事が出来る。
韓国にすむ人なら子供でもしていることだ。

116 :>114:2001/06/25(月) 16:36 ID:8B6Z8smg
抑圧移譲の法則だな。
弱い立場にある人間はより弱い人間にさらに酷く当たる。
日本軍下級兵士の中国人に対する態度、
フィリピン人に対する朝鮮人日本軍兵士、ベトナムの韓国軍兵士等・・。

117 :名無しさん:2001/06/25(月) 16:41 ID:WOKq0YU6
netomo通してくれるとありがたいんだけど
>気まぐれ(韓国人)

http://www.netomo.com/cgi-bin/transkj.cgi?http://user.chollian.net/~smdream/c.html

http://www.netomo.com/cgi-bin/transkj.cgi?http://www.winetown.co.kr/s_korea/korea_2.htm

http://www.netomo.com/cgi-bin/transkj.cgi?http://211.248.135.1/chuphome/software/kings/view.phtml-NO=162.htm

http://www.netomo.com/cgi-bin/transkj.cgi?http://www.hankooki.com/editorial/200104/e20010426172959e7000.htm

118 :名無しさん:2001/06/25(月) 16:43 ID:WOKq0YU6
http://www.netomo.com/cgi-bin/transkj.cgi?http://uniweb.unitel.co.kr:8083/class/history/lesson/4/4-28-1.html

119 :ん?:2001/06/25(月) 17:30 ID:VGO19.kY
>>112
98だが、続き?これか?
@そうしたらL教授は黙り込んで答えず、横におられたC教授が「自信が
ないからそうなんだよね」とおっしゃったものだ。
それとも、その続き
A「日本書紀」には日本が「任那日本府」という機構を置いて韓半島南部を
支配しつつ三国文化を運んでいったようになっている(任那日本府問題は、
韓日学界の論争点である)。しかし、しかし、韓国の中・高等学校では三国
文化が日本に伝達される国際関係に関しては何の説明もされず、ただ高句麗、
新羅、百済の三国が日本に文化を教えた事実だけを教えている。
最後
Bそこで、学生達は日本を客観的に理解できず、無条件で対日優越意識だけを
助長する結果をもたらした。外国に出かけたわが国の学生が、日本側の主張を
そのまま取り上げた任那日本府説を見たことも聞いた事もないまま、初めて接
して戸惑うのも無理がない。
−−この項目終了。単に日韓公平に歴史学の現状を述べているだけと思うが?

120 :勿論:2001/06/25(月) 17:34 ID:kXNJWoT2
@

121 :119:2001/06/25(月) 17:37 ID:VGO19.kY
訂正。
A−−しかし、しかし→しかし、

この項目の後200ページ以上ある。ここでなかったら自分で書いてくれ。

122 :通りすがりのキム:2001/06/25(月) 17:37 ID:jSiOxh8s
>>115
 気が置けないのは非常に仲がいいって意味なんですけど。

123 :119:2001/06/25(月) 17:43 ID:VGO19.kY
112=120か?どうも何が言いたいのか理解できないのだが。

124 :7744:2001/06/27(水) 14:31 ID:IYA7bOqI
>>115
何かよく分からないけど、
日本はとても恐ろしいことをしているようで、

>韓国にすむ人なら子供でもしていることだ。

韓国の子供って一体どんな恐ろしいことしてるんだろう……。

125 :気まぐれ(韓国人):2001/06/27(水) 14:49 ID:a8pegDg2
>韓国にすむ人なら子供でもしていることだ

韓国に住む人なら子供でも知ていることだ。

韓国人なら子供でも知ていることだ。

126 :スモーカー:2001/06/27(水) 14:53 ID:dVsNTO1k
>>125

律儀だね。意味は十分、分かりますよ。
ただ、「知ている」→「知っている」の方が日本語としては正しい。

127 : :2001/06/27(水) 14:56 ID:rH5e9us.
>>125
お前、今日はここで毒デンパを振りまいてるのか?
全く、毎日毎日、飽きもしないで色んなスレを荒らしまわる奴だな
いくら頑張っても、君の理論は論破されるだけなんだから
諦めて、屁こいて寝てろ
それとも、論破された事にも気がつかないほど、愚かなのか?バカチョンは

128 :ななし:2001/06/27(水) 15:10 ID:QTgc2w6Q
日本は韓国によって竹島を侵略されました。
また、日本固有の領土である北方領土を韓国
は、ロシアの領土と認めるような行為をしま
した。
こんな信義の無い国を私は知りません。

129 :名無しさん:2001/07/01(日) 20:09 ID:ODW7L1hY
age

130 :とうりすがり:2001/07/01(日) 21:56 ID:v7SDRJfc
日本は黄金の国だとかいってフビライをたきつけたのも高麗人じゃなかったかな。
名前は忘れたが。

131 :名無しさん:2001/07/03(火) 04:00 ID:jhAzSQIA
ロシアに秋刀魚を獲るよう強制されたニダ

132 :>127:2001/07/03(火) 04:20 ID:mndqmtII
いや、気まぐれ(韓国人) は、好感のもてる真面目な人柄だと思うが。
誠実に対応しようよ。

133 :駄目だコリャ:2001/07/03(火) 10:18 ID:birypK1c
>A「日本書紀」には日本が「任那日本府」という機構を置いて韓半島南部を
>支配しつつ三国文化を運んでいったようになっている(任那日本府問題は、
>韓日学界の論争点である)。


韓国では全面否定するのではなく、実際どんなだったか現場発掘とか側面
的資料(中国の文献等)を真面目に研究したほうが良いよ。

例えば、古代の日本にとっては任那とは、江戸時代のオランダにとっての
日本での(情報収集と交易の)出先機関である長崎出島商館みたいな物だっ
たのかもしれないし、ただのリトル東京みたいな日本人街だったのか、
又は半島の国が干渉できない有る程度政治的に独立した日本の支配領地
(イタリアの小都市国家みたいな)だったのか?  とかね…

134 :名無しさん:2001/07/08(日) 20:01 ID:54m3LeQg
番組あげ

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/08(日) 21:46 ID:cO//U1kA
http://www2.justnet.ne.jp/~yoshiro/no_frame/history/honbun/genkou.html

136 :駄目ではない:2001/07/11(水) 04:27 ID:i7TrW9qE
>>133
日本ではそういう議論はひととおり終わってる。韓国の現状ではそんな冷静な議論はムリ。

137 :名無しさん:2001/07/11(水) 04:37 ID:ESxHZvhg
アメリカで市販されてる歴史勉強用の地図見てみたんですが
6世紀ごろの朝鮮半島南部は日本を囲む輪の中に入れられ、日本と同じ色で塗られてます。
たぶんアメリカに限らずどこでもこういう認識なんでしょうね。
韓国はもし本気なら、日本だけじゃなくこういうのにも文句言うべきだと思うんですが。

138 ::2001/07/11(水) 05:10 ID:Jdu9aEmU
日本にイチャモンつけるのが目的だから
他国が何をしようと構わないんだよ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/11(水) 06:02 ID:MQvvEfbs
日本の史書にはあって、韓国や中国の史書にはない、朝鮮半島&周辺に
ついての記述=無条件でデタラメ

韓国の史書にはあって、日本や中国の史書にはない、朝鮮半島&周辺に
ついての記述=無条件で真実

という発想からさっさと卒業してほしい>韓国人&日本の反日歴史学者

140 : :2001/07/11(水) 21:22 ID:mBaVmnhA
高麗が日本へ侵略を開始した、そのとき歴史が動いた・・・

141 :松平:2001/07/11(水) 21:33 ID:ws62wlbs
松平です。朝鮮人は攻めてきました。
謝罪しなさい。

142 :松平:2001/07/11(水) 21:34 ID:ws62wlbs
女は手に縄を通されました。
朝鮮人よ、謝罪しなさい。

143 :名無しがイルボン:2001/07/11(水) 21:38 ID:MbfN.lvc
モンゴル軍の舟艇、まるでエンジン付きのような・・・(w

144 :ななし:2001/07/11(水) 21:39 ID:JY.6YyYs
時宗ネタみせちゃっていいの?

145 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:44 ID:JsbzkKME
明治時代の絵をだすなー。あと、日本軍って、連発してるねぇ。
どうも、裏が・・・(w
>>143
漏れもそう見えたyo(w

146 ::2001/07/11(水) 21:45 ID:OusgcqBs
従軍慰安婦はこの時対馬でしたことが起源だったのか。

147 :松平:2001/07/11(水) 21:45 ID:ws62wlbs
松平です。日本側の『八幡愚童記』関連調べました。

http://www2.justnet.ne.jp/~jingu/ryo-susumu-mokoshurai-04.htm
http://www.e-obs.com/heo/heodata/n258.htm
http://www.catv296.ne.jp/~sensyo/genkou0.htm

朝鮮に残っている文献をご存知の方、お願いします。

148 :松平:2001/07/11(水) 21:48 ID:ws62wlbs
松平です。高麗は属国です。

149 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:48 ID:ypj8TuY.
チョンすっぽかしてやんの(藁

150 :名無しがイルボン:2001/07/11(水) 21:50 ID:MbfN.lvc
高麗軍の指揮官は、あくまで攻撃を主張・・・

151 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:51 ID:ypj8TuY.
チョンを組むと負けるの法則…
しかも!足を引っ張る!!!

152 :粗テク:2001/07/11(水) 21:53 ID:YUTnN6Kk
さすが朝鮮製品。
粗製濫造。
台風で3900隻全滅(藁

153 : :2001/07/11(水) 21:53 ID:5A5.UfMI
蒙古武将が可哀想、、高麗武将の言う事を聞いたばかりに、、

154 : :2001/07/11(水) 21:53 ID:mBaVmnhA
>>150
そのとき日本と元の戦いから、日本と高麗の戦いに変わった・・・

155 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:54 ID:ypj8TuY.
日本、モンゴルを問わず、供養する
こう言う所がチョンにはねえんだYO!

156 :蚯蚓:2001/07/11(水) 21:56 ID:up9unjCA
こっちにもはっておきます。
---
日本糾弾、全国に広がる
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20010711211209400
日本の歴史教科書歪曲に対する反発が全国に広がっている。自治団体らが日本に歪曲教科書の是正を直接要求し、韓日交流事業が相次いで中断されるうえ、従軍慰安婦出身おばあさんらが日本糾弾に乗り出すなど、両国間葛藤は日増しに深刻になっている。
日本が歴史教科書に「済州道(チェジュド)が倭寇の拠点」と技術したことと関連、禹瑾敏(ウ・クンミン)済州道支社は11日、渡辺英雄済州駐在日本国総領事を執務室に呼んで公式抗議した。
禹知事はこの席で、「済州道民を冒とくする根拠の無い歴史歪曲を是正しなさい」と要求した。

157 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:56 ID:ypj8TuY.
日本制圧に失敗した後の体たらく…
失敗した原因がチョンの主戦論…
モンゴルを食いつぶしたか…チョン

158 :名無しさん:2001/07/11(水) 21:56 ID:4ikdRj8Q
ほんにま、チョンは・・・
破滅への水先案内人だな。

159 :松平:2001/07/11(水) 21:57 ID:ws62wlbs
松平です。
このずっとあと、日本は『大後悔時代』を迎えるのです。

160 :意味なし:2001/07/11(水) 21:58 ID:5PCheMvA
神風マンセー!

161 : :2001/07/11(水) 22:00 ID:5A5.UfMI
敵に回すと、これほど心強いものは無いな。マジで。

162 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:01 ID:m9OEizS.
やはり皆さんも今夜の「このとき歴史が動いた」見てたようですね。
なかなか面白かった。
番組中チョンをはっきり属国といってたのも史実を忠実に語ってたので
感心しました。

163 :死神:2001/07/11(水) 22:01 ID:YUTnN6Kk
ある意味尊敬に値するな。
味方を絶対に死地に赴かせる。
地獄への使者、狐狸亜。

164 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/11(水) 22:02 ID:VwkNRD4U
つかコロンブスはともかく
マゼランその他を駆り立てたのが日本の存在ってのはちと誇張しすぎな気が(w

うりならまんせーちっくだ(w

165 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:03 ID:ypj8TuY.
どうせ、ペルシャやベトナムへの進行もチョンが言い出したんじゃねえか?

166 : :2001/07/11(水) 22:03 ID:MvB6FJAc
狙ってたのは香辛料じゃなかったけ?

167 :ななし:2001/07/11(水) 22:04 ID:ty3rjW6E
>>159
上手い! 座布団半万枚!!

168 : :2001/07/11(水) 22:05 ID:mBaVmnhA
もう帰りたいモンゴル人、このままでは帰れない高麗人。
高麗人に足を引っ張られてお亡くなりになったモンゴル人兵士の
冥福を祈ります。

169 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/11(水) 22:06 ID:VwkNRD4U
>>165
ちとマジレス、
ペルシア方面への遠征は
ホラズム帝国のオトラルの街の知事が、モンゴルの使者がもってきた
宝物にめがくらんで、使者ぶっ殺して宝物奪ったのが原因。
激怒したチンギスハーンが攻め込んだだけ(w

ベトナムはよく知らない。

170 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:07 ID:ypj8TuY.
「モンゴル人はウリナラを無理矢理戦争に刈りたてたニダ!謝罪と保証を(以下略)」
と、モンゴルが滅んだ後で叫んだ事でしょう(藁

171 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:09 ID:4ikdRj8Q
NHKも言う時は言うのね。
少し見直した。
姦国が日本の歴史教科書に難癖をつけているのに一矢報いた感じ。

172 :774:2001/07/11(水) 22:10 ID:rByV8pVI
>>161,>>163
味方にするといいこと無いですね
歴代の中国国家

太平洋戦争の時の日本
ベトナム戦争の時のアメリカ

173 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:15 ID:o48FB3dM
>>158
ほんまやわ。「弱い味方は強い敵より悪い敵」のことわざ通り。

・「敵の害を防ぐのは、友の害を防ぐより易しい」ギリシァの哲人・アルクマイオン
・「もしイタリアが味方だとしたら五個師団の増援が必要ですが、敵になった場合はその必要はありません。」
ファルケンハイン将軍・WWT時ドイツ皇帝ヴィルヘルムU世の「何個師団の増援が必要か」の問いかけに対して、答えた言葉。

イタリアの部分をそのまま、かの国に置き換えてみるとしっくりくる。

174 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:23 ID:UA2.piag
>>173
イタリア人は陽気で、やたらと人を不愉快にするようなことはしないけど。

175 :当世具足@歴史を無視できない中国:2001/07/11(水) 22:35 ID:SUW/K3Xk
隋、聖徳太子の手紙に激怒→滅びる
元、日本を侵略→滅びる
明、朝鮮半島で日本と対峙→滅びる
清、日清戦争で敗北→滅びる
中華民国、第2次大戦で日本に勝利→台湾へ敗走、
そして今・・・、中華人民共和国は?
日本と関係を悪化させてしまった支那政府は必ず・・・。
中国が日本と表立って争う姿勢を見せないのは、ここら辺にも理由が。

176 :そりゃ:2001/07/11(水) 22:37 ID:hLZEeNpw
あなたは必ず死ぬ。

177 :意味なし:2001/07/11(水) 22:40 ID:9UD9cF1A
>>176
俺もそう思った。

178 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:40 ID:ESxHZvhg
>日本が歴史教科書に「済州道(チェジュド)が倭寇の拠点」と技術したことと関連、
>禹瑾敏(ウ・クンミン)済州道支社は11日、渡辺英雄済州駐在日本国総領事を執務室に呼んで公式抗議した。
>禹知事はこの席で、「済州道民を冒とくする根拠の無い歴史歪曲を是正しなさい」と要求した。

詳細は忘れたけど、確かな根拠はあるんだよ。
Yahoo Japanで、ばかじゃっぷがこのネタで完敗。

179 :名無しさん:2001/07/11(水) 22:41 ID:aqZzXVuo
軍事通が入りたい軍隊1位はイタリア軍って知ってた?

180 :tenpura_c:2001/07/11(水) 22:44 ID:fu8N12m2
>>179
メシがうまいとは聞いてる>イタリア

しかし。カルロ・アルマートM13には乗りたくない

181 :名無しです:2001/07/11(水) 22:45 ID:MbfN.lvc
>>179
それ、レーションがうまいからじゃないの?
ワインも付くというし。(w

182 :175:2001/07/11(水) 22:47 ID:SUW/K3Xk
>>176-177 そりゃもっともだ。でもまじなんだよ。
中国はマジ気にしてるって(笑)

183 :徐元直萌えer:2001/07/11(水) 22:50 ID:FQao9OMU
ていうか、古来中国に限らず
外征で領土を確保・維持できた例って皆無に近くない?

184 ::2001/07/11(水) 23:16 ID:OusgcqBs
蒙古の勢力図で台湾は蒙古の範囲ではなく、インドや日本と同じ色になってたけど、
当時の台湾ってどーなってたの?

185 :名無しさん:2001/07/15(日) 20:01 ID:YQjF0T0.
番組あげ

186 :てゆうか:2001/07/15(日) 20:34 ID:yt2hc3rk
天皇家に手をつけようとすると、酷いめにあいます。
シナだろうが、チョンだろが、信長だろが。

アメリカは何故か、それを解ってた模様。

187 :原住民:2001/07/15(日) 22:11 ID:D1CYkZIM
>ん

原住民しか住んでない平和な島でしょ。

188 :名無しさん:2001/07/20(金) 08:19 ID:1Oh2mF1.
あげ!

189 :名無しさん:2001/07/22(日) 20:01 ID:K0tPWqro
番組age

190 :無明:2001/07/22(日) 20:56 ID:yv8g.Is6
宗尊親王の扱いの酷さは
相変わらず凄まじいね。
それも史実に則るならともかく
捏造に捏造を重ねてのもの。

天皇家にルサンチマンでもあるのかな
脚本家。

191 :名無しさん:2001/07/22(日) 21:04 ID:9pZv6XeA
つーか、演出も脚本もクソだな、まるで少女漫画。
漫画ばかり見て育ったようなアホが、
間違って業界に潜りこんでしまったんじゃないか。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/22(日) 22:07 ID:jR5RfDmU
宗尊親王の逆モヒカン&ストップモーション
笑った。

193 :名無しさん:2001/07/23(月) 09:18 ID:MtmzLo2k
友軍としてフランスと韓国、どっちが無能なのかな・・・?

194 :当然:2001/07/24(火) 05:22 ID:c4nuxE9s
韓国に決まってる

195 :名無しさん:2001/07/29(日) 19:43 ID:rqG2D.3s
age

196 :名無しさん:2001/08/02(木) 21:07 ID:oKgMvrmU
>>193
ウリナラにだ!

197 ::2001/08/02(木) 21:18 ID:PTswy/wQ
こら反日NHKよ、先日の・・その時、歴史は動いた・・で元、高麗連合軍
をなぜモンゴル軍といい続けたのか。
モンゴリアンに船は作れない。明らかにチャンとチャンコロに不必要な
遠慮をした。くそったれ

198 :たびびと:2001/08/02(木) 22:50 ID:DFwokgQM
漢も唐もまだ滅びてないそうです。

199 :tenpura:2001/08/02(木) 22:57 ID:Kfd5RoDQ

韓国人や日本の左翼は元寇について、「高麗は元に強要されただけで、乗り気ではなかった。」
と主張し、挙句の果てには「日本が元寇を防ぐことができたのは、高麗人民の各種抵抗活動のおかげである。」
などという開き直ったトンデモな主張を展開しているが、それは史実に反し正しくない。

1272年、高麗の王世子・椹(後の忠烈王)は「惟んみるにかの日本、未だに聖化を蒙らず。
故に詔を発して軍容を継耀せしめんとせば、戦艦兵糧まさに須いる所あらん。もし此事を以て臣に委ねなば」
「王師を小助せん」などとフビライを唆していることから分かるように、高麗は元寇に積極的に加担しており、
「戦争責任」を免れることはできない。

200 :名無しさん:2001/08/02(木) 23:29 ID:Ik7kimuY
高麗人官吏・趙彝の提案が発端となった「日本征服」作戦は忽必烈の命令によって、戦費全額を高麗が負担、軍船900余隻の建造をしたのです。更に、艦隊の発進基地(港)・兵士約6000人・水夫(軍艦の漕ぎ手)約6700人・兵糧(食糧)を提供しました(文永の役)。つまり、元の「征日本国軍」の主力は、事実上、高麗だったと言う事なのです。
http://www2.justnet.ne.jp/~yoshiro/no_frame/history/honbun/genkou.html

201 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/05(日) 20:06 ID:mWcV6fS6
番組あげ

202 :名無しさん:2001/08/05(日) 20:14 ID:MLe4mgxM
李朝は中国から王位と国号の承認を得て国をはじめ、毎年冬至の日に定められた朝貢を欠かすことがなかった。また、新たな国王の即位、立后、立太子があるたびに中国の承認を得、外交上の問題が生ずれば中国に意見を請うた。中国人使節は朝鮮国王より上位の品階にあり、朝鮮国王は中国使節を迎えるときにはソウル城外に出て、慎みを持って迎えなければなかった。しかも朝鮮国王は、使節が入城した門を通ることは許されず、別の門を通ってソウル城内に入らなければならなかった。

http://s2.kcn-tv.ne.jp/users/seigasai/kumadaronnbun.htm

203 :名無しさん:2001/08/09(木) 07:41 ID:OLqDn5LQ
あげ

204 :ななしさん:2001/08/09(木) 10:27 ID:p9vfri9Q
元軍が上陸した島出身です。
そうか、船作ったのは奴らだったんか・・・
地元ではモンゴル村なんて物も作ってモンゴルとは仲良くやってるけど
アレを奴らと結びつけてはいなかった。

205 :名無しさん:2001/08/12(日) 09:54 ID:oP41sGb2
挙げ

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)