5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●(#´▽`)´〜`0 )Love〜いしよし PART3●

1 ::2001/05/09(水) 00:51 ID:DoSgLME2
色々あるいしよしを語るスレPART3ヘ突入
>>2
画像へ

前スレ
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=987950238&ls=50

2 ::2001/05/09(水) 00:52 ID:DoSgLME2
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako086.jpg
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako087.jpg
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako088.jpg
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako089.jpg
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako090.jpg
http://up.e-chome.net/morning2ch_2128.jpg
http://www19.freeweb.ne.jp/play/no-taka/mo/010410pb03.jpg
http://www19.freeweb.ne.jp/play/no-taka/mo/010410pb02.jpg
http://www19.freeweb.ne.jp/play/no-taka/mo/010410pb01.jpg
http://www19.freeweb.ne.jp/play/no-taka/mo/010331champsp017.jpg
http://sovako777.virtualave.net/cgi-bin/deta/sovako045.jpg
http://www20.freeweb.ne.jp/art/log0076/ivent_ishiyoshi_00.jpg
http://urawa.cool.ne.jp/nganga/m56yi.jpg
http://www.peach-color.com/image/morning/hi/morning_hi_125.jpg
http://www20.freeweb.ne.jp/art/log0076/ishiyoshi_06.jpg

3 :名無し娘。:2001/05/09(水) 00:56 ID:SbHQww.M
>>1
仕事が早い男はイケてます(w

(○ ´〜`(^▽^ )<ありがとう

4 ::2001/05/09(水) 00:57 ID:DoSgLME2
>>3
ワラタ

5 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:01 ID:rCZ1T17M
例のミュージカルはどうよ?2人の色々その手の画像があったけどさ

6 :名無し娘。 :2001/05/09(水) 01:04 ID:siomm.k6
ここもまた小説スレにするの?

7 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:09 ID:OoJ3vrec
吉澤が保田に殴られる小説、その後どうなった?
死にスレででもいいからやってくれ

>>6
いいんじゃないの、ごちゃごちゃスレのままで(w

8 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:11 ID:VfKRhkvc
新スレおめでとう

9 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:18 ID:vCvukV/2
>>6
会話と小説スレって前決めなかったっけ?

10 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:22 ID:HjaDHF/.
>>9
でもBWはめんどくさいからって
そのまま書いてた(藁
それでいいんじゃない?

11 :名無し娘。:2001/05/09(水) 01:24 ID:vCvukV/2
>>10
そだな。早くBW氏とドラム氏の小説の続きみてぇー!

12 :名無し娘。:2001/05/09(水) 02:38 ID:bwPnm/1A
>>5
いしよしとか言う前に、結局全ての注目が
吉澤肥満問題に持ってかれてるような気がする。
かっけー吉澤、早く帰ってこーい…

13 :ドラム:2001/05/09(水) 09:43 ID:UyKWk9nQ
いつのまにか新しいスレが出来てますね。
新スレでもよろしくお願いします。
更新は今夜になります。

>>7
すいません、そっちも書きたいのですが今のをケリつけたら続きを
書きますね。お待たせしてすみません。
>>11
夕べ上げようと思えば上げられたのですが、少し書き溜めてからの方が
いいかと思いまして。
いよいよハイライトシーンなので気合い入れてます(w
>>12
プチモビックス見ている限りではそんなでもないと思うのですが・・・・衣装が
悪いのではないでしょうか?

それではまた今夜

14 :名無し娘。:2001/05/09(水) 17:32 ID:Yndh1CLQ
>>13
期待してるで〜!

>>12
ミュージカルネタは吉澤デブという方向ばっかだもんな。
いしよしとしてはどうなんや?俺も気になるところ

15 :ポルノ:2001/05/09(水) 17:37 ID:uxMi87w.
おっと!新スレできとる! \(^O^)/
書いてる人がんばってください!

16 :( `.∀´):2001/05/09(水) 17:51 ID:47lo2jSA
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /  / ̄\  ヽ
 /   /  \  ヽ、、、ヽ        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  /  (・)   (・)| |      < 頑張って、私も見てます。っと・・
 |  |      つ  | |        \________
 |  |    ___  | |  カタカタカタ
 |  |    \__/  | .| ______.
 ゝ‐イ\.   ・   /ノ|  |   \  \
   /   ̄ ̄ ̄ ̄\_ |  |     | ̄ ̄|
  /  \___.   |  |     |__|
  | \____|つ  |  |__/  /
  /         | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

17 :名無し:2001/05/09(水) 18:18 ID:nSEJxTZE
>>14
ミュージカルとしてはいしよしはなかなかおいしいぞっ。

そして、ヨシコはどんな衣装を着ていても幅が広がった
としか思えないようになっていた……。
プチモビクスのあれがマジックかかってるんか?

18 :名無し娘。:2001/05/09(水) 19:03 ID:Qd8xFj3s
>>17
ミュジカルのパンフには何と書いてある?
吉澤は「大切な人」BY石川とかなんとかってマジか?
舞台、見に逝かんかもしれんので詳細教えてけろ

19 :名無し娘。:2001/05/09(水) 19:59 ID:YwKY8LXE
リボンの騎士でしたっけ?男の子と女の子両方の心を
持ってるってやつ、、、
モーニング娘って知ってます?
今乗りに乗ってるアイドルグループですよね、
押しも押されぬ人気者っぷりですよね、
ほいでその中の石川っつーおんなのコおんなのコしてる子と
吉澤っつーちょこっと男のコっぽいとこがある子がいるんですけど
この二人でリボンの騎士っつーコンビ名で
新ユニットやったら受けるんじゃねーかなって、、、(笑)
いや、勝手な妄想なんですけどね、、、(笑)

20 :名無し娘。:2001/05/09(水) 20:10 ID:XmarIXgA
サファイヤたん…ハァハァ

21 :名無し娘。:2001/05/09(水) 20:11 ID:UyKWk9nQ
ツッコンでいい?

>>19
>モーニング娘って知ってます?

モーニング娘。なら知ってます。

22 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/09(水) 20:12 ID:tBZ8wmx.
>>19
天使のいたずらで男の子の心も入れられてしまった吉澤萌え(w

23 :つんくPです:2001/05/09(水) 20:15 ID:oEdSZ10E
>>19
う〜ん考えておきましょう。新ユニット結成の際には
あなたに共同Pになってもらいますので、よろしく。

24 :名無し娘。:2001/05/09(水) 20:18 ID:3Nc7zOLQ
サファイヤ役は普通の感覚なら吉澤になるだろうが
あえて石川にやらせてみたい。吉澤はモノホンの王子役。
それにサファイヤが胸キュンしてしまう。

25 :名無し娘。:2001/05/09(水) 21:37 ID:oEwhOI22
>>18
ホンマかいな!詳しく俺も知りたい

26 :名無し:2001/05/09(水) 22:03 ID:AEIptxvE
>>18

石川からヨシコへのメッセージで……
「私にとって大切な人。相談にのってもらったり、
あとはとにかくおもしろい子です。
“不良女子高生の役、がんばれよ(はぁと)
よっすぃーがんばってるから絶対やれる。
ファイト!”」

以上!
脚色一切なしの転載だ。

27 :名無し娘。:2001/05/09(水) 22:13 ID:usFtzWiY
>>26 サンキュー。
パンフレット通販で買おうかな…

28 :名無し娘。:2001/05/09(水) 22:16 ID:OlyHs1Gk
>>26
色々妄想できるね〜。
「おもしろい子」
この部分をもうちょっと出して欲しいにゃ。

29 :名無し娘。:2001/05/09(水) 23:15 ID:SbHQww.M
>>26
素朴な疑問。
そのパンフの吉澤のコメントは?
無いならないで、それはそれで萌えるが(w

30 :名無し娘。:2001/05/09(水) 23:48 ID:9oJ39xh6
>>26
(はぁと)がすべてを物語ってるな(w

31 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:03 ID:K3bESNKw
>>26
いいねぇー萌える(w 吉澤のコメントも気になる

32 :名無し:2001/05/10(木) 00:04 ID:Jvl6ZY3k
>>29

中澤→安部→ロボ→( `.∀´)→矢口→( ´ Д `)
チャーミー→ヨシコ→加護→( ´D`)→中澤

というようにコメントを送りあってるからヨシコから
石川へのコメントはないなり。

33 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:05 ID:K3bESNKw
石川のまた片思い的な状況萌え(w

34 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:13 ID:4ZiLDnQY
(○ ´〜`(^▽^ )<相談にのってくれてうれしいな

35 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:29 ID:0S0yZFuM
「私にとって大切な人」……なにげにすげえフレーズ。
普通、年下のメンバーに使うセリフじゃないわな。モエモエーン

36 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:31 ID:K3bESNKw
>>35
だな(w

37 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:50 ID:t97Mpf82
>>26
(・∀・)イイ!

38 :名無し娘。:2001/05/10(木) 00:55 ID:PkkO7G8A
>>26
最後の部分、ほんとうは
「ファイト・ファ〜イト〜」
だと俺は信じている。

39 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:13 ID:TEYv/g.w
なんだかんだ言って体育会系な二人だ。

40 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:24 ID:x8zEbAfk
同じ体育会系でも全ての点で全く違う所が(・∀・)イイ!

41 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:29 ID:uDeEQefI
大切な人=恋人。

42 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:31 ID:SCPWke/w
体育会系な二人
http://www20.freeweb.ne.jp/art/log0076/ishiyoshi_04.jpg

43 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:33 ID:yI.IbBrE
>>42
これ、何度見ても左上の吉澤の顔で笑ってしまう

44 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:36 ID:uDeEQefI
>42
右下の石川の視線に萌え。

45 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:37 ID:6eYbmc.Q
>>42
石川って人と話すときしっかり相手の目を見据えて話すね。
少なくとも娘。相手ではそうだよね

46 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:42 ID:SCPWke/w
42右下の視線を正面から見るとこうなる
http://www.peach-color.com/image/morning/ch/morning_ch_011.jpg

47 :豆。に石川梨華(カントリー娘。):2001/05/10(木) 01:44 ID:knkH9Ejc
このころのヨシコの方が好きかも……

48 :名無し娘。:2001/05/10(木) 01:45 ID:uDeEQefI
>>46
こんな視線で見つめられたい・・・萌

胸でかいね。

49 :ドラム:2001/05/10(木) 07:10 ID:ACRq6b7M
すいません朝になっちゃいました。
今から続きを上げますね。
前スレ>>732の続きです。

50 :ドラム:2001/05/10(木) 07:13 ID:ACRq6b7M
吉澤は、予備の布団を引っぱり出してきた。
自分のベッドの脇に布団を敷き終わった時に、ちょうど石川がお風呂から
上がってくる。
「よっすぃ〜ありがとう。お先にいただきました」
言いながら微笑む彼女。
「どういたしまして。あ、ドライヤーはドレッサーの上だよ。ブラシも
そこにあるの使っていいから」
「うん、ありがと」
石川は部屋の隅にあるドレッサーの前に移動した。
と、石川の姿を見るなり吉澤は吹き出してしまう。

「な、なに?」
不思議そうに目を丸くする石川。

51 :ドラム:2001/05/10(木) 07:15 ID:ACRq6b7M
「ごめん、やっぱりあたしのパジャマじゃあ、梨華ちゃんには大きかったね」
口元を押さえながら吉澤が言った。
確かに、パジャマの足もとの方は二つ折りに、腕の方は三つ折りにしてもまだ
長すぎて、すそから手がかろうじて見えている程度だった。

「だってぇ、よっすぃ〜手足長いんだもん」
ブラシを使いながら言う石川。

「今度から梨華ちゃん用のパジャマも置いておかなきゃね」
「ホント? 嬉しい〜」
ドレッサーの鏡越しに会話する二人。

吉澤は立ち上がった。
「じゃああたしお風呂に入ってくるから。あ、ソファのテーブルの上に
冷たい麦茶があるから、それ飲んでて待っててね」
「うん、そうする……」
石川の返事にうなづきながら、吉澤はお風呂場に向かった。

52 :ドラム:2001/05/10(木) 07:17 ID:ACRq6b7M
ふりそそぐシャワーの熱いお湯が、吉澤の身体をすべるように落ちていく。
スポンジで腕についた泡を落としながら、ひとりごちる彼女。
「穴の空いたジーパンって、そんなにださいかなぁ?」
吉澤はふと顔を上げた。
半分くもった鏡の中に映る自分のメッシュの髪。
「似合わないから止めろ、か……安部さんも言うこときついよね」
中澤のように乱暴な関西弁で怒鳴ることこそ無いものの、小さい目を三角に
つり上げ、ただでも丸い頬をますますふくらませて皮肉混じりに怒る
安部の顔が瞼に浮かぶ。

ふと、吉澤は顔を激しく振った。
自分の濡れ髪をかき上げながら、顔についた水滴をぬぐい取る。
「だめだ……つまんない事は止め止め、考えない。梨華ちゃんの言うとおり
ポジティブポジティブ、だよね」

彼女は右腕を伸ばした。シャワーのお湯を止めにかかる。
脇にあるタオルで身体に付いた水滴を拭うとバスから上がった。

53 :ドラム:2001/05/10(木) 07:19 ID:ACRq6b7M
「梨華ちゃん、お待たせ……」
吉澤は居間に戻ってきた。自分の濡れ髪にタオルを当てながら、部屋の中を
見渡す彼女。
「梨華、ちゃん?」
石川は居間に居なかった。
首をかしげながら視線をさまよわせる吉澤。
と、ソファの影からパジャマの裾が見えているのを見つける。
「そこに居たのか……探しちゃったよ」

石川はソファに横たわって静かに寝息を立てていた。
テーブルの上の麦茶はほとんど無くなっている。
「梨華ちゃん、疲れてたんだね……」
そっとつぶやく吉澤。
タオルをテーブルの上に置くとソファの向こう側に回り込む。
両腕を静かに伸ばして石川の身体を抱き上げる。
彼女を起こさないようにゆっくりと運ぶと、ベッドの上に寝かせた。
「ふう……」
まだ濡れている自分の髪をかき上げる吉澤。
石川は、仰向けに横たわったまま静かに寝息を立てている。

54 :ドラム:2001/05/10(木) 07:22 ID:ACRq6b7M
今回の更新はここまでです。
萌えなシーンまでなかなか行かないですけど、
でも、いよいよです(w
今後もよろしくお願いしますね。

55 :名無し娘。:2001/05/10(木) 07:34 ID:nNCBF/3Q
>>53
両腕で石川を抱き上げるよっすぃー萌え

56 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:30 ID:Td7gK9OA
前スレ>>756からの続きです。

57 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:33 ID:Td7gK9OA
ようやく指が、吉澤の顔から離れた。
と同時に、吉澤の手が暗闇で素早く伸びて、石川の手首を掴んだ。
「どこへ行くの?」
「…あ…」
もう限界だった。
石川の目から、涙が一滴、落ちた。
吉澤は石川が返事をするまで、手を離さなかった。
「わたし…の…」
消え入りそうな声で、石川は切れ切れに言った。
「目…あなた、の…わたしの、せいで…」

「ああ」
吉澤は包帯を押さえた。
「大したことないから気にしないで」
「嘘っ!」
石川は叫んだ。
「後藤…さんが、あなたが失明するかも知れないって言ってた!わたしの
せいで、あなたの目が…!」
「失明?わたしが?」
途端に吉澤が、怪訝そうな顔になる。
「それはないよ」
「嘘…っ、どうして急に、優しくするの?そんな嘘、私につかなくたっ
て…!」

58 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:35 ID:Td7gK9OA
「嘘じゃない」
吉澤はゆっくりと、ベッドから起きあがった。
「もともと私の右目はほとんど見えてないから」
「…え?」
石川は自分の耳を疑った。
吉澤は今、なんと言った?
「見えないって…その、目が…?」
「ええ。子供のころからね」
「だったらどうして後藤…さんは…!」
「からかわれたんでしょう。あなたは真希に嫌われているから」
「……」
石川の体から、どっと力が抜けた。

激しい緊張から解き放たれ、涙腺が壊れたように涙が止まらなかった。
けれど心から「よかった」とは言えない。
なぜなら吉澤の目は。
「私の…」
頭でなにか考えるよりも先に、石川はその言葉を口にしていた。
「私の、角膜とか移植したら、ひとみの目、よくならないかな?」
吉澤が眉を、怪訝そうにしかめられる。
「…どうして?」
「だって私、ひとみの目…好きだもん」
ほとんど無表情に、涙だけをこぼしながら石川は呟いた。
「そんなにきれいなのに…私の目なんかより、ずっと…」

59 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:35 ID:Td7gK9OA
「……」
吉澤は暫し、無言で石川の顔を見つめた。
ただ、逃がさないようにしっかりと石川の手首を掴んだままで。
やがて吉澤は、強引に石川の体を自分の膝に引きずり上げた。
顔を密着させて、吉澤は尋ねた。
「目だけ?」
「…?」
不思議そうに、石川が泣き濡れた目を瞬かせる。
吉澤はもう一度、言った。
「気に入ってるのは、この目だけなの?」
抱き寄せられて、石川はかぁっと耳まで紅くなる。

返答に窮して、石川は聞き返した。
「…ひとみは?私のどこが気に入ってあんなことしたの?」
嫌われていない。
石川はその時、確信した。
好かれているかどうかはわからないけど、少なくとも吉澤は、自分の
ことを嫌ってはいないと。
吉澤は、意地悪そうに笑って言った。
「身体」
「もうっ、ふざけないでよっ!」
途端に興ざめして、恥ずかしくなって、石川は吉澤から逃れようと身を
よじる。
が、逆に石川の体は、吉澤の下にしっかりと組み敷かれてしまった。

60 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:36 ID:Td7gK9OA
「全部…私のもの」
そう囁かれた時の気持ちを、石川はうまく表現できない。
嬉しいのか悲しいのか悔しいのか、自分でもわからずにただ闇雲に吉澤
の腕から逃れようともがいた。
「もっと逆らってみてよ。その方が面白いから」
決して逃がさないよう腕に力を込めて、石川に口づける。
怒ったように石川は言った。
「散々っ…私のこと、避けてたくせに…!」
「避けてたのは、べつにあなただからじゃないよ」
「え?」
即答されて、また石川は驚きを隠せなかった。
吉澤は石川の左手を取り、自らの包帯に触れさせた。
「この右目は、子供の頃父に恨みを持つ人間に、やられたんだ」

「…!」
石川は咄嗟に、手を震わせた。
「笑って手招きするから、何かと思ったらいきなりね。失明はしなかった
けど、視力は完全には戻らなかった。…どうもそれ以来、他人に触れられ
るのが不快で仕方ないの」
「ご、ごめんなさい…」
傷に触れた手を頬に移して、石川は吉澤を抱きしめた。
「私、知らなくて…ごめんなさい…」
「当たり前でしょう。言ってないんだから」
吉澤らしい言い草だった。
石川からの初めての包容を愉しみながら、吉澤は言った。

61 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:38 ID:Td7gK9OA
「私をこの学校に入れて腫れ物を扱うような環境を作ったのも、父なりの
償いなんでしょうけど…まあ、あまりありがたくはなかったわね」
うんうん、と石川は何度も頷く。
そうだ、自分は気づいていた、と石川は思った。
勉強が出来ても運動が出来ても、吉澤はいつも1人だったじゃないか、と。
石川の髪を撫でながら、吉澤は少し嬉しそうに微笑んだ。
「初めてあなたを見たとき、年下かと思った」
「悪かったわねっ」
言葉では反発しながらも、石川は吉澤に触れられていることに心地よさを
感じていた。

吉澤は続けた。
「平気で私に触れてくるし、いくら虐めても逃げないから、面白かった」
「なによ、それっ」
「行かないで」
吉澤のその言葉を聞いて、石川はまた泣きそうになって、ぎゅっと吉澤に
しがみつく。
「どこにも行かないで。ここにいて」
「後藤…さんは、いいの?」
「どうして真希が出てくるの?」
本気でわからない、といった口調で、吉澤は聞き返してきた。
「真希は幼なじみで、まあ一応…親友だから。邪険には出来ない」

62 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:39 ID:Td7gK9OA
「でも…っ!」
言いたくて、ずっと言えなかった台詞を、ようやく石川は口にした。
「ひとみが、あの人と寝るのは嫌だ!キスするのも、話すのも…やだ!」
「……」
吉澤の言葉が一旦途切れた。
そのほんの数秒間が、石川には永劫の時のように感じられた。
「…わかった」
石川のシャツを脱がしながら、小さく吉澤は答えた。
「そのかわり…」
「うん」
吉澤が続きを言わなくても、石川にはわかっている。
「私には…なにをしても、いいから」

63 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 13:45 ID:Td7gK9OA
とりあえず、ここまでです。続きは夜書く予定。

ついでに宣伝(wこちらは完結したので、ついでに読んでやってください。
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=977199493&ls=75

64 :名無し娘。:2001/05/10(木) 16:08 ID:t97Mpf82
>>57-62
(゚д゚)ウマー

65 :名無し娘。:2001/05/10(木) 16:22 ID:YG2OWP.w
>>ドラム氏
焦らすのもまた一層ええね(w

>>BW
これまた相変わらず最高やな。続き楽しみやわ

66 :名無し娘。:2001/05/10(木) 16:26 ID:GBnoq4No
(O^〜^O)<梨華ちゃん(゚д゚)ウマー

67 :名無し娘。:2001/05/10(木) 18:12 ID:pbhIPKyQ
>>ドラム氏
いやいや
「梨華ちゃん用のパジャマも…」は萌えまっせ

>>BW氏
とうとうクライマックスか?

前そう思って覆されたが(w
どうなるかたのしみだ

68 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:22 ID:n3w.mUtA
>>62からの続きです。

69 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:25 ID:n3w.mUtA
「あァッ…はぁ…っ」
月明かりの下、石川の肌が艶めかしく揺れている。
大きく太股を開き、その中心に吉澤の顔を埋められて、
必死で声を押し殺している。
「んっ…あんっ…!」
甘い蜜を舐めるように、吉澤は執拗に石川のソコに舌を這わせた。
足を閉じたいのをじっと堪えて、石川はその唇を甘受する。
「…もっと足を開いて」
「ん…」
言われて、石川はさらに足を開く。

吉澤は石川の柔らかなソコを指で広げ、ヌル…と奥まで舌を滑り込
ませた。
「はぁ…んん…あん…!」
石川は無意識のうちに全身を震わせた。
吉澤の舌と指が快楽をもたらしてくれることを石川の身体は知っている
のだ。
「や、だ…っ」
奥まで指を突き入れられ、石川は止めどもなく蜜をたらす。
石川はもうそこをなぶられるだけでイキそうになっていた。
しかし、まだ、これだけではイキたくはなかった。

70 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:26 ID:n3w.mUtA
「ひ、とみ…っ」
淫楽な甘い声で、石川は吉澤を呼んだ。
が、吉澤は一向に答える様子を見せず、石川の秘部から顔を上げようと
もしない。
まだ愛撫の手をソコに戻されて、石川は激しく身悶えしながら叫んだ。
「やだっ、私が…ひとみの…する…から…っ!」
「今日はしなくていい」
短く答えて、吉澤は愛撫を続けた。

石川は仕方なく、吉澤の髪に絡めた指をほどく。
「もぅ…や…っ…」
ぴちゃぴちゃと、猫がミルクを舐めるような音が断続的に響く。
「も…だめ…っだよ、い…ちゃ…ァ…ッっ!」
石川の内股が、ピクピクと痙攣をくり返した。
達する直前の兆候だった。

71 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:28 ID:n3w.mUtA
吉澤は石川のクリ●●スに舌を這わせると、下の割れ目に指をねじ込み、
動かし始めた。
「ひぃっ…あっ…あっ!」
その瞬間、石川の身体がビクッと跳ねた。
石川の身体は痙攣し、吉澤によってもたらされた悦びに浸っていた。
「あ…っ…」
石川が達し終えても、吉澤はまだ石川を解放しようとしない。
さらに続けて、ソコに舌を絡ませ、くちゅくちゅと啜り上げる。
「もう…いい…よっ」
たった今達したばかりなのに、またイッてしまいそうで、石川は吉澤の髪
を軽く引っ張り、やめてくれるように哀願した。
「やだよ…また…っ」
またすぐに、石川のソコは蜜をたらし始める。

石川はやめてくれるよう、もう一度吉澤に頼んだ。
「やん…っ!」
また指を秘部に突き入れられ、石川は喘いだ。
ひっきりなしに流れ落ちる愛液が、尻の狭間にまで伝っていく。
吉澤はそれを指で拭い、舐めて見せた。
「や、嫌…そん…な…の!」
それを聞いて、吉澤の愛撫が止まる。
しかし、言葉とは裏腹に、石川の身体はさらなる淫らな行為を欲していた。
石川は自身は決して認めたくはなかったが、石川の身体は性器を弄られる
のを明らかに悦び、待ち望んでいる。

72 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:29 ID:n3w.mUtA
(ひとみ…っ)
もどかしい淫戯に、石川は目を閉じて吉澤を思った。
(早く…っソコを…)
石川の内部は、最早爛れきっている。
早く、吉澤の指で掻き回してもらわなければ、気が狂いそうだった。
もう、中途半端な愛撫は欲しくなかった。
ただ撫でられるように弄られても、石川は達せない。
奥までねじ入れて、敏感な部分を刺激して欲しかった。

「ひとみぃ…っ!」
呼びかける声は媚態を含み、淫らだった。
しかし吉澤は、ただ秘部の表面を軽く撫でているだけだった。
「もう…っやだ…っ」
「なにが?」
吉澤の意地が悪いのは、わざとではなく天性のものなのだ。
石川はやっと理解した。

73 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:31 ID:n3w.mUtA
「もぅ…はやくぅ…」
「だから、なにが?」
ヌチュ、と吉澤の指が石川の内部に入り込んだ。
石川は歯を食いしばり、なんとか吉澤の歓心を買おうと務める。
「もう…イカせて…はやくっ…」
そう言いながら石川は、腰をくねらせた。
すると吉澤は、突然なにを思ったのか、愛撫をやめてしまった。
「え…っ?」
すぐにイカせてもらえると思っていたのに期待を裏切られて、石川は無意識
のうちに不満気な声を漏らしていた。

怪訝そうな顔をして見つめる石川に吉澤が命令する。
「後ろ向いて」
仕方なく石川は、吉澤にお尻を向けてベッドに這った。
吉澤の指が背後から石川の秘部を責める。
感じるなと言われても不可能な快感が、また石川を苛む。
吉澤の長く繊細な指が、石川のそこを掻きむしる。
「自分でやってみて」
「やだ…っ!」
言われても、石川は聞き入れなかった。
そんな恥ずかしいこと、絶対にしたくなかった。

74 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:33 ID:n3w.mUtA
すると、吉澤の指が石川の後孔に触れた。
「やぁ…ぅ…っ!なん…でっ!?」
「嫌なら、こっちにするよ」
「だって…っそこは…っ!」
石川にはもうまともな言葉は紡げない。
後孔に入れられるよりはマシと、石川は吉澤の言うことに渋々従うこと
にした。

「んん…ふ…っ」
しかしいくら自分自身で慰めてみても、石川は一向に達することが出来
ずにいた。
「もう…っやだよおぉ…っ!」
とうとう石川は泣きを入れた。
「じゃあ、イカせてあげるよ」
「もぅ…っいいよっ、やめ、てっ!」
じゅくじゅくと音をたてて中を指で掻き回され、さらに前のクリ●●スを
擦られると、石川の頭の中はまっ白になった。
自分の手ではいくらしても達することが出来なかったのに、吉澤にそうさ
れると際限なくイッてしまいそうになる。

75 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 20:35 ID:n3w.mUtA
「ひとみ…っひ、とみ…ッ!」
吉澤の指に翻弄されながらも、石川は一生懸命吉澤に告げた。
「後ろ、からじゃ、やだ…っ」
「どうして?」
不思議そうに吉澤が聞く。

石川はごくりと喉を鳴らし、セックスよりも恥ずかしい思いをしながら
告げた。
「顔…みながら、イキたい…っ」
「……っ!!」
途端に吉澤の顔に、何とも表現しがたい複雑な表情が浮かんだのを石川は
決して忘れないだろう。
クールで無表情な吉澤の仮面が、一瞬で割れてしまった瞬間を。

「ン、ん…っ」
再び抱き合って、石川は吉澤と深く唇を重ねた。
吉澤の匂い。
吉澤の体温。
吉澤の鼓動。
そういうものを感じれることが、石川にはなによりも嬉しかった。

76 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:01 ID:n3w.mUtA
「ここはもともと、精神病院だったんだ」
白々と夜が明ける頃、吉澤は石川の頭を腕に乗せ、話してくれた。
「その建物を、終戦後に私の祖父が買い取って、学校を建てた。だから
窓に鉄格子が入ったままなんだ」
「学校にするって決めた時点で、撤去しようとは思わなかったのかな?」
「めんどくさかったんじゃない?」
(さすがはひとみのおじいさんだなぁ…)
心の中で呟いて、石川は裸の吉澤の胸に頬をすり寄せた。

結局昨日は一睡もせず、保健室ですごしてしまった。
石川は激しい眠気に襲われていた。
「寝ないでよ。そろそろ人が来るから」
「いーもん、別に。私、学校公認の奴隷なんでしょう?」
言って、石川がニコリと笑うと、今度は吉澤の方が少し引き気味になった。
「…開き直ったな」
「うふふ。だって私、行くとこないし」
言ってることとは裏腹に、石川の声色はすこぶる明るい。
(私の居場所は、ここだもん)
石川にはようやく、その自信が出来た。
吉澤が『行かないで』と言ってくれたから。

77 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:03 ID:n3w.mUtA
幸せに浸る石川を抱き起こして、吉澤は服をかき集め始めた。
「起きるよ。服を着て」
「えー?起きるの?ねぇ、もっと寝てようよ」
「時間通りに予定が進まないとやなたちなんだ。あなたのせいで、昨日は
ずいぶん予定が狂ったし」
「う…っ」
一瞬、返事に窮した。
「なによー、許してくれるんじゃなかったの?」
「怪我に関しては大したこと無かったから責めないけど、予定が狂ったこと
に関しては責めるから」
(もう〜、やっぱりその性格直した方がいいよ〜)

せっかくの幸せな気分を壊されて、石川は頬を膨らませながら嫌々服に袖を
通した。
着替えが終わると、ドアに寄りかかって待っている吉澤のもとへ小走りに向
かう。
「用意できたよ。寮に戻るの?」
「ええ」
短く答えて、吉澤は首を傾けた。
それがキスの合図であることを、石川の唇はよく知っている。
先刻までの激しいセックスが嘘のように、優しく唇が重なった。
(なんか…普通に、キスできる…)
石川にはそれが、嬉しくて仕方がない。

78 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:05 ID:n3w.mUtA
(ひとみと、キスできる)
(これからもずっと、一緒にいられる)
しかし、そんな幸せも長くは続かなかった。

「…どういうこと?」
突如、吉澤の背中から声がした。
二人は同時に驚いて、ぱっと素早く唇を離す。
吉澤が振り向いた。
石川も、吉澤の体越しに声の主を見た。
呆然と、しかし怒りを露わに滲ませた後藤真希が、いつの間にか立って
いた。
後藤は吉澤にではなく、石川に掴みかかっていた。
「ひとみの様子を見に来てみれば、どーしてあんたがいるのよ!なんで
昨日のうちに出ていってないの!?ひとみに何したのよ!!」
「…あ」
あまりにも幸せで、石川は後藤の存在を根底から忘れていた。

79 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:10 ID:n3w.mUtA
「忘れてた…」
と思わず呟いた石川に、後藤は完全に理性を失った。
「なによ、それ!忘れてたって、どーゆーこと!?ひとみに怪我までさせ
て起きながら、よくそう言うことがいえるわね!」
「ちょ、ちょっと、ひとみ!?」
争う二人をおいてこっそり逃げようとする吉澤の背中を、慌てて石川は引
き留めた。
「ひとみ、この人どーにかして!」
「え…?ん…そうね…」
呟いた吉澤の声には、いつもの覇気がない。
今度は石川が怒る番だった。

80 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:15 ID:n3w.mUtA
「なによ、それーっ!部屋はどうするの?まさか、三人のままなの!?」
「夏が終われば、真希は元の学校に戻るでしょう。もともとそういう約束
で来たはずだし…」
「言っとくけど私、帰らないからね!ひとみを連れて帰るまでは!」
「冗談じゃありません!ひとみは私といるんです!ひとみが失明しただな
んて嘘までついて、あつかましいにもほどがあります!!」
「泥棒猫が何言ってんのよ!私とひとみのはねぇ、昨日今日の仲じゃない
のよ。あつかましいのはあんたの方でしょう!?」
激しく罵りあう二人を置いて、吉澤はそそくさと保健室を後にした。
どうやら吉澤ひとみにも苦手なモノがあるらしかった。

葉楼学園、いしよしごまをめぐって進行中の物語。

END

81 :名無し娘。:2001/05/10(木) 21:17 ID:a3Yblbcs
終わっちゃった・・・・・・。
なんか寂しいな・・・・・・。

82 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:19 ID:n3w.mUtA
以上で完結です。長い間ご愛読ありがとうございました。

83 :名無し娘。:2001/05/10(木) 21:21 ID:t97Mpf82
>>69-80
(゚д゚)ウマー

84 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/10(木) 21:21 ID:n3w.mUtA
さて、とりあえずR-17でも見ます。
中谷美紀、いいのかこの展開は?(w

85 :名無し娘。:2001/05/10(木) 23:06 ID:lK..YxVU
>>84
やっぱりBWも見てたか<R-17
好きな女の子を監禁しちゃうレズ子役に石川きぼーん

86 :log0076:2001/05/10(木) 23:29 ID:Rq8djlRw
>>84
なんつうか変だ。バランスが。
上原歩ってビアンらしいが…

>>26
ミュージカルのパンフか。。
無駄に高いから買う気がしねー

87 :名無し娘。:2001/05/10(木) 23:30 ID:c.Ycs5d2
おつかれ

88 :名無し娘。:2001/05/10(木) 23:34 ID:TATbQzqo
BWさんお疲れさま。その後が気になっちゃうね、これ。
よしやす小説も終わっちゃってちょいと寂しくなるな…
石川先生も期待してるぞ〜

89 :黄板:2001/05/10(木) 23:35 ID:KPRVbtl6
BWさんおつかれ。よかったっす。

90 :ドラム:2001/05/10(木) 23:46 ID:7G12KuPo
ブラインド・ウォッチメイカーさん、執筆お疲れさまでした。
大変に面白かったですよ。次回作も期待してます。

>>85
私もR−17観ましたがなんかノレませんでした。
校内暴力のシーンも、レズシーンもなんか中途半端ですよね。
もっと徹底的に怯えるか、悲鳴上げたりしないと(w

あれならピンチランナーの方がまだ面白かった気がします。

91 :名無し娘。:2001/05/10(木) 23:58 ID:e.PE/QpY
BWお疲れさま。
なかなか先が読めなくて面白かったです。
しかしこれでモー板を見る楽しみが一つ減ってしまった…

ドラムも続き頑張ってくれYO!

92 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:00 ID:Ch0NpG1o
あげてしまった…スマソ
つーかここってさげスレだっけ?

93 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 00:03 ID:nER.OX3Q
最後までくれた人、ありがとうございます。
またそのうちなんか書くかも知れません。

石川先生の方はちょっとやばいです。期待しないで下さい(w

94 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 00:08 ID:nER.OX3Q
R-17 たしかに中途半端。
まぁ、テレ朝だからあんなものかと。
ただ上原歩のあの妖しい目つきはなかなか。
(ロシナンテに出てたらしい…全く印象に残ってないや(w

95 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 00:13 ID:nER.OX3Q
(連続カキコ。夜中だからsageなくていいや)

ドラムさんのいしよしは初々しくていいっすね。
私も期待してますので、頑張って下さい。

96 :しじみ:2001/05/11(金) 00:17 ID:ew3TwcyU
BMさん(・∀・)イイ!!  お疲れさまでした。

97 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:21 ID:RW.Dc08Q
吉澤、縦にも着々と成長しつつあるらしい
170Bくらいにはなってほしいな

98 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:32 ID:xAY03P1c
>>97
いや、伸びるなら180クラスで、目指せ!全日本!
ワシはアテネに逝きたいんじゃぁ〜ッ!!!!!!ゴルァ

99 :ドラム:2001/05/11(金) 00:34 ID:w74VR06U
>>95
うはー、ブラインドさんにそう言われるとプレッシャーが(w
とにかく頑張ります。

100 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:41 ID:RW.Dc08Q
石川って155Bのまま?
ちょっとは伸びたのかな?

101 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:49 ID:xAY03P1c
ヨシコ、確かにひとまわり大きくなったカンジするな。
それとも石川が小さいのか?
http://www.zakzak.co.jp/top/image/2t2001051002mo3_b.jpg

102 :名無し娘。:2001/05/11(金) 00:51 ID:ZkP9KAqw
>>BW
お疲れ様。最高でした。また進作を楽しみに・・・(w

103 :名無し:2001/05/11(金) 00:52 ID:98THE3Ak
>>86
あれで安いと思っちまったよ……<パンフ
てか、オールカラーであの厚さなら妥当だろ。

>>100
ちょっと前のラジオでも「155しかないです」
と言ってたからそのままなんでは?
てか、学校もう行ってない人がそうそう身長を
測るとも思えないけどね……

104 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:13 ID:DPPgCLek
今は亡きよっすぃー。この頃に戻れ。
http://up.e-chome.net/morning2ch_3257.jpg

105 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:18 ID:4DY8YH.6
>>104
チョト涙ぐましい...(w

106 ::2001/05/11(金) 01:23 ID:WBnJOVwU
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1

壺飛び職人

107 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:25 ID:2sRaTCpg
>>104
腰のくびれ萌え

108 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:32 ID:xAY03P1c
>>104
へそが縦長で好感がもてます。萌え〜

109 ::2001/05/11(金) 01:32 ID:wVsY1ucA
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1
>>1

壺飛び職人

110 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:36 ID:Ch0NpG1o
>>101
石川細すぎ。つか可愛すぎ

111 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:49 ID:JNFYF/Gs
>>110
ただ茶髪は痛い・・・
http://urawa.cool.ne.jp/nganga/m56yi.jpg
思いっきりガイシュツだけどこれ大好き(w

112 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:54 ID:WKcx4TDQ
今日、ミュージカル見たけど石川の細さはスゴイ!
吉澤さんは横っ腹3段に割れてました(恋レボ衣装)

113 :名無し娘。:2001/05/11(金) 01:55 ID:JNFYF/Gs
おおBWの小説も完結してしもうたか…非常に良かったです
もし出来たらこれからもいしよし小説頼む〜!!
ドラム氏の小説も続き期待

明日のおねもはどうなん?また先週と同じく?…

114 :名無し娘。:2001/05/11(金) 02:01 ID:JNFYF/Gs
>>112
ミュージカルの中では二人はどういう関係なんだ?

115 :名無し娘。:2001/05/11(金) 02:05 ID:MeGmsvtc
>>113
俺からも大いに頼む。まじヨカタよ。

ミュージカルの話題は吉澤の太さと石川の細さでもちきり。

116 :112:2001/05/11(金) 02:11 ID:WKcx4TDQ
>>114
時給600円で働くダンサー(吉澤)とステージスタッフ(石川)
これであってるかな?

117 :名無し娘。:2001/05/11(金) 06:39 ID:/J7Uqi7U
BW最高。君の書くいしよしはかなりつぼにくる。
ところで「ため息」ってゆー作品があるって聞いたんだけどどこにあんの?

118 :ここだよ:2001/05/11(金) 10:24 ID:HcIvifBs
>>117
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=987593075&ls=50

119 :名無し娘。:2001/05/11(金) 10:41 ID:IYxIRdxk
最近小説総合スレで紹介されてないのって多いな。
いしよしだと >>118 もだけど

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=987835620&ls=50
【さくらの季節】

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=988936680&ls=50
【♪誰かモー娘。の小説をぉ…】

とかでも始まってる。

120 :名無し娘。:2001/05/11(金) 12:13 ID:up9unjCA
昼age!!

121 :名無し娘。:2001/05/11(金) 17:16 ID:SFo0yjKA
夕age!!

122 :名無し娘。:2001/05/11(金) 17:25 ID:upMR17SQ
ホイッ!
http://tkovt.virtualave.net/cgi-bin/data/130.jpg

123 :名無し娘。:2001/05/11(金) 17:28 ID:ApKYnKlg
>>122
でかした。褒めてつかわす。

124 :ちょっと古めだけど:2001/05/11(金) 17:30 ID:upMR17SQ
http://fire7.hypermart.net/files/mseek010.jpg
http://fire7.hypermart.net/files/mseek011.jpg
http://fire7.hypermart.net/files/mseek012.jpgいしよし
http://fire7.hypermart.net/files/mseek013.jpg
http://fire7.hypermart.net/files/mseek014.jpg
http://fire7.hypermart.net/files/mseek164.jpg

125 :( `.∀´):2001/05/11(金) 17:36 ID:xAY03P1c
>>122>>124
アンタたちッ!いい仕事っぷりよッ!

126 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 21:41 ID:g3hKTUpA
>>122
素晴らしい。
( ^▽^)(0^〜^0)
完璧。

127 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:09 ID:514/RGbE
>>122
>>124
ベリーサンクス!素晴らしい!!

>>BW
かなりオモロかったでーまた新作きぼーん

128 :ドラム:2001/05/11(金) 23:10 ID:eyjWmhlo
>>122
ナイスです。
最高だ

ありがとおぅ!!

129 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:25 ID:tqSIDSyU
おねモ待ち。いしよしネタがありますように…ナムナム

130 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:28 ID:CavY1RU2
よすぃママの娘はリカたん……
http://1channel.virtualave.net/img/national_01.jpg

131 :う〜む:2001/05/11(金) 23:36 ID:rG5uosAg
やっぱ吉澤は石川と一緒のほうが絵になるな
どっちも可愛いぜ

132 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:40 ID:zQCXmf1w
高く澄みきった空から降りそそぐ日ざしの中で、彼女は眠っている。
私は枕に頬杖をついて、そんなあなたを見ている。
吉澤ひとみ。
同じ娘。のメンバーで、親友で、恋人でもある女性。
あなたが好きだと、私の全霊がつぶやきを滲ませている。
好きで好きでたまらない…。
でも、私の心は哀しみに乾いていて、あなたへの思いが心を満たす
ほど、それはカラカラと乾いてしまう。

…つらい。
ひとみが悪いんじゃない。
ひとみは私を愛してくれてて、私に対して誠実で、やさしい。
だから悪いのは私。
私がひとみの初めての恋人じゃないからって、そんなくだらないこと
で傷ついている。
私がひとみにとって自慢できる恋人じゃないってことを苦に病んでい
る。
例え何人目の恋人でも、いまのひとみが愛しているのは私で、恋人と
して自慢できるような女じゃない私をひとみは大切にしてくれている
んだからそれで充分なはずなのに…。

133 :117:2001/05/11(金) 23:42 ID:upCxB.dY
>>118-119
サンキュー

134 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 23:42 ID:zQCXmf1w
ひとみが私のことを恋人として誰にも紹介できないという、そんな、
私達にとってはどうでもいいはずのことで、私はこんなふうに辛い
気持ちに乾いている。
(女同士なんだから、当たり前だよね…)
頭ではわかっていた。
ひとみにすまないと思う。
私がこんなつまらないことで悩むなんて、ひとみには知られちゃい
けないと思う。

ひとみははっきりとは言わないけれど、過去に恋人がいたらしい。
私は愚かにも、見も知らぬひとみの過去の恋人達に嫉妬している。
これは私の狭量さとひとみの気持ちへの不安の裏返しに違いなくて、
でもプライドの高いひとみには、そういう疑いは許せないもののは
ず…。
だから私は、疑いや心の傷なんてなにひとつ持っていないふりをす
る。
それが早く私の本音になることを祈りながら、ひとみの前では笑顔だ
けを見せる。
心が乾くのはひとみのせいじゃなくて、どうでもいいことにこだわっ
ている自分の小ささが原因なのだから。

135 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:44 ID:hp2gTRGk
いしよしは肉と野菜のハーモニー

136 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/11(金) 23:44 ID:zQCXmf1w
何となく思いつきで。続きを書くかは未定。

137 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:55 ID:p6SWDMfo
>>130
いしよしは抜群にいいが
その他のキャスティングを微妙に間違えてる気がする。

138 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:56 ID:F.tNBaPo
むう、またBWの小説が始まりましたな。
これでネットの楽しみも増えるというもんだ。
がんばってくれYO!

139 :う〜む:2001/05/11(金) 23:56 ID:rG5uosAg
後藤がちょっと、あれは矢口が適任かと

140 :名無し娘。:2001/05/11(金) 23:58 ID:X8VJxkVY
>>80
(^▽^)<お疲れ様でした
なんかBW氏のいしよしって他のとは
一線を画してるよね

>>136
できれば続ききぼん

141 :名無し娘。:2001/05/12(土) 00:04 ID:5DMSQlDA
>>139
同意!!
なんか気持ち悪い(w

142 :名無し娘。:2001/05/12(土) 00:08 ID:5FM8cc5Y
>>130
ヤッスーを幼稚園児にしたあたりは素晴らしいと思うのだが(w

>>BW
俺もつづききぼんぬ。

143 :名無し娘。:2001/05/12(土) 00:09 ID:ac30HXUg
>>BW
よしまた新たな話が読めると思うと楽しみやなー
できれば俺も続きキボンヌ

144 :名無し娘。:2001/05/12(土) 00:16 ID:5DMSQlDA
昨日発売の写真集にはいしよし萌えショットは
なかった模様

>>122
みたいにソロショットでもかなり萌えるが

145 :名無し娘。:2001/05/12(土) 00:46 ID:ac30HXUg
ドラムさんの小説も早くみたいねぇー

146 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/12(土) 00:59 ID:MMtfPHtI
とりあえず>>134の続き書いてみました。

147 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/12(土) 01:01 ID:MMtfPHtI
午前中の練習に集中力の限りで取り組んだ後、疲れて熟睡して
いるひとみの寝顔に、私はそっと微笑みかけた。
あなたが好き。
あなたと出会えて、恋人にまでしてもらって、よかった。
…でも。
だから、たまらいの。
だから、辛いの。
なぜ私は、あなたの最初の恋人じゃないんだろう。
なぜ私は、あなたにふさわしい人間として生まれてこられなかった
んだろう。

自分ではどうしようもない哀しみに乾いてしまっている心が、ピシ
ピシとひび割れる。
その痛みを、私はあざ笑った。
身の程をわきまえないから痛いんでしょう?
そうでしょう?
ひとみが私を欲しがってくれたのは、ただの幸運なんだ。
何の必然性もないんだよ。
今の私は、ひとみに愛されている。
ちゃんと恋人として扱ってもらってる。
それで充分じゃない!
それ以上を望むなんて、思い上がりだよ。

148 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/12(土) 01:02 ID:MMtfPHtI
ふと、ひとみが身じろいで、寝息にため息がまじった。
そろそろ起きそうだ。
お昼ご飯を用意しなくっちゃ。
今日は、二時の集合でTVの収録がある。
ひとみは定時からの参加だけど、私は別の収録があって一時前には
でかけなくちゃいけない。
ええと、時計…
「何時?」
ちょうどのタイミングで聞かれ、
「十一時二十分だよ」と答えた。
ころがったまま目だけを開けていたひとみが、まだ時間はあるねと
呟いた。

「うん。そろそろお昼ご飯を用意しようと思っていたところ」
立ち上がろうとした私を、チョイチョイと指で呼んだ。
「ん?なに?」
近づくと腕を捕まれた。
ぐいっと引き寄せられて身体が浮いた。
次の瞬間、私は彼女の下に抱き伏せられていた。
「ちょっとっ、そんな時間ないってっ」
抵抗はしたけれど、あきらめていた。
ひとみにはさからえない。
「食事なんか外で済ませればいいじゃない」
それだけ言われて、キスをされた。
ひとみは私のスカートを脱がし、シャツをまくり上げる。

149 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/12(土) 01:06 ID:MMtfPHtI
ひたすらネガティブな石川。

強くなれるように
いつか届くように
君にも同じ孤独をあげたい

「Together!」ではなく「Distance」ばかり聞きまくっている私は
モーヲタ失格(w

しかし暗いね…

150 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:13 ID:ac30HXUg
>>BW
最高です。めちゃ続き気になる…

151 :log0076:2001/05/12(土) 01:24 ID:/59xszzQ
>>149
暗さマンセーヽ(´ー`)ノ

読んでないけど…
ごめんよ。。

152 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:34 ID:rIZC70zY
>>151 謝るくらいなら読んどけYo! すっげえ面白いじゃんか>BW

153 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:37 ID:5FM8cc5Y
個人的に石川に過去やら後ろ暗いモノを背負わせる系は
(・∀・)イイ!

154 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:47 ID:e3.5mfbA
>>151
最悪。出てけよ。

>>BW
かなり面白いわ〜前回の小説からまた現実に戻った感がまた(・∀・)イイ!

155 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:50 ID:NLOVQpcA
>>152 >>154 相手にすんな。

156 :log0076:2001/05/12(土) 01:51 ID:/59xszzQ
>>152
いや、どうもダメみたいだ。。
ちょっとした表現で受け付けないとこがある。。

>>154
あげて煽るな

157 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:57 ID:38MGR9l.
本当に一言多いな。出てけ。

158 :名無し娘。:2001/05/12(土) 01:59 ID:e3.5mfbA
>>157
いつもながらの事だけど放置しよ。

おねもでのいしよしは一体いつになるのやら…

159 :log0076:2001/05/12(土) 02:01 ID:/59xszzQ
>>157
(゚Д゚)ハア?
おべっか使えないんだよ
放置しなさいって

読みましたよ>BW
いずれはハードボイルド形式で書いてほっすぃ〜ところです、はい。

160 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:02 ID:jUSd8klc
>>BWさん
石川の心象モノローグ、マジで切なく、いいっす

161 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:05 ID:mWSZSQUk
>>158 本当にいつになるんだ…
いしよしが一緒に出た時に、いしよしをアピールさせてくれそうなゲストって
誰かいるかな。
「ラブラブだね」とか言って煽ってくれそうな。

162 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:06 ID:a3JdVWAs
誉め言葉だけのキャッチボールがしたいなら名作集板へどうぞ

163 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:07 ID:e3.5mfbA
>>161
そんな事有りそうでないんだな。
誰か煽れーそいつは英雄やな(w

164 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:12 ID:KdaRPR3.
>>162
まあまあ言えてる
ここはいいバランスでやりたいわな

165 :log0076:2001/05/12(土) 02:13 ID:/59xszzQ
>>161
些細なものほど(略
あからさまになるとなぁ…

166 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:14 ID:DaH.b0w6
あのさーマターリでいこうよ。こういう状態が一番つまらん

167 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:17 ID:38MGR9l.
>>162
>>166
確かにそうだね。腹がたっても我慢するよ。

168 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:21 ID:mWSZSQUk
いしよしってなんかお互いにどっか遠慮してるような微妙な雰囲気がいいね。
(;0゚〜゚)  (^▽^;)
      ↑ここらへんの雰囲気が時々いい感じ。

169 :log0076:2001/05/12(土) 02:24 ID:/59xszzQ

ボー…(○^〜^○)  ジー(^▽^ )

とかも好きだけどね
画面の隅でなんかごちゃごちゃやってる時あるのを発見する喜び

170 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:24 ID:NLOVQpcA
>>167 虫が明るいところへ寄って来るのと同じようなもんだと考えて
ほっとけ。

171 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:25 ID:DaH.b0w6
>>168
あ〜それわかるなー特に石川の(^▽^;)が良いね(w

172 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:26 ID:1HWexkwA
>>165
その点については同意だな。あからさますぎると、あざとい感じが…。
ほら、石川裕次郎の歌にもあるだろ?
忍び逢う恋を包む夜霧よ 知っているのか二人の仲を… 

173 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:31 ID:mWSZSQUk
>>172 そういうもんか…
週刊誌で仕事してない時のいしよし(隠し撮り)とかが出て、それがあからさまに
ラブラブだった…とかはまた別?

174 :log0076:2001/05/12(土) 02:33 ID:/59xszzQ
>>173
まぁ、まず出ないだろうけど…藁
別だと思うよ。。

一度でいいから見てみたい
ミュージカルリハ時のいしよしを
歌○です…

NGとか出してしまってもどかしげに笑いあういしよし、とかね…

175 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:36 ID:1HWexkwA
>石川裕次郎→石原裕次郎
ああ…鬱だ。俺はもう取り返しがつかない
ところまで来ているのか…。マジで氏煮ます。

176 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:40 ID:DaH.b0w6
(O^〜^O(^▽^ ) ってな感じが一番好きだなぁ まさにこの前のハロモニ
(O`〜´O)T▽T;) (O゚〜゚O)ヽ(^▽^ ) (T▽Tヽ(O^〜^O )
(*^▽^O^〜^O*) {[(´▽`)O´〜`O)]} ...zzZZZ 〜♪
(^▽^)/~ふぁいと!!d(O^〜^O)

177 :log0076:2001/05/12(土) 02:50 ID:/59xszzQ
>>175
ヽ(´ー`)ノアシタガアルサ

>>176
(T▽Tヽ(O^〜^O )
だけかなぁ…

運動会で( `.∀´)(○^〜^○)||| `〜` )||にぶっ飛ばされてるのは良かった…
いしよしじゃなけど

178 :名無し娘。:2001/05/12(土) 02:56 ID:qMs0OnKM
>>176
あ それ全部いいなぁ。安眠ヘ・・・

179 :名無し娘。:2001/05/12(土) 03:28 ID:FVqCYAeQ
>>176
(^▽^)/~ふぁいと!!d(O^〜^O)←これ(・∀・)イイ!

180 :名無し娘。:2001/05/12(土) 03:31 ID:FVqCYAeQ
>>147-148
これも(・∀・)イイ!
「ダウナー石川」萌え…

181 :名無し娘。:2001/05/12(土) 13:04 ID:7mOupRRk
見つめあう2人
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=989491875

182 :名無しさん:2001/05/12(土) 13:41 ID:Z2rQZmWM
あのさー、よっすぃーって梨華ちゃんがピアスあけたからあけたんだろ?
ガイシュツ?

183 :名無し娘。:2001/05/12(土) 13:47 ID:GXzO/v8M
そうなの?ゴメン初耳だ…茶髪といいいつも同時期だな。

184 :名無し娘。:2001/05/12(土) 14:12 ID:i6dhExFM
log0076出て行けや。
羊嫌いなんとちゃうんかい。ウザいレスばっかすんな

185 :名無し娘。:2001/05/12(土) 14:23 ID:10ITMnlM
いしよしウォッチャー同士マターリやろうよ。羊らしくさ

186 :しじみ:2001/05/12(土) 14:25 ID:Pw/aXXVw
>>184
そうゆうのは放置。
気持ちはわかるがマターリといこうよ。

187 :ドラム:2001/05/12(土) 14:45 ID:jow6Qf8.
>>183
そういう話を聞くとまた新たな小説のネタが(藁

188 :名無し娘。:2001/05/12(土) 14:59 ID:sWToLX0c
>>187
いいねぇ(wドラム氏の小説の続き早く読みたいっす(w

189 :名無し娘。:2001/05/12(土) 15:31 ID:Mq4n.ihU
石川は最初からピアス付けてなかったっけ?

190 :いしよし君:2001/05/12(土) 16:51 ID:nQRItiRI
http://tkovt.virtualave.net/cgi-bin/data/139.jpg
http://tkovt.virtualave.net/cgi-bin/data/140.jpg
既出だったらごめんね。
でもいつもこの並びだよな・・・・そこがいいんだけど。

191 :名無し娘。:2001/05/12(土) 17:04 ID:WrrGAi.Q
>>190
改めていいねぇーうーむ・・・・

192 :名無し娘。:2001/05/12(土) 17:10 ID:MpE83or6
>>190 たまらんね。いしよし萌え〜
明日のハロモニ運動会SPで絡みでないかな。

193 :名無し娘。:2001/05/12(土) 17:11 ID:WrrGAi.Q
>>192
運動会はいつまでやるんだ?早く普通のハロモニに戻って欲しいな

194 :名無し娘。:2001/05/12(土) 17:16 ID:MpE83or6
全2回だから明日までだよ、たしか。
でもしばらくしたらミュージカルSPやるんじゃなかったかな

195 :名無し娘。:2001/05/12(土) 17:17 ID:WrrGAi.Q
>>194
お〜それは多いに楽しみやな。ミュージカル関連は絶対絡みは有るとおもわれ

196 :しじみ:2001/05/12(土) 20:39 ID:zM27OAu2
5 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2001/05/12(土) 15:10
(0^〜^0)
 ↓
(○^〜^○)
 ↓
(○ ^〜^ ○)
 ↓
( ○ ^〜^ ○ )
 ↓
( ○ ^〜^ ○ )
 ↓
( ○ ^ 〜 ^ ○ )ノ◎ ウマー



6 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2001/05/12(土) 15:16
( ○ ^ 〜 ^ ○ )ノ◎ ウマー   (T▽T)
  ↓
( ○ ^〜^ ○ )    (T▽T)
  ↓
( ○ ^〜^ ○ ) (T▽T)<もう少しよ、ヨッスィ
  ↓
(○ ^〜^ ○)  (^▽^)<がんばって!
  ↓
(○^〜^○) (^▽^)<やればできるよ、ヨッスィ!
  ↓
(0^〜^0)   \(^▽^)/

狼より転載。いいねこれ♪

197 :名無し娘。:2001/05/12(土) 21:02 ID:mSaxfXxQ
>>196
(・∀・)イイ!

198 :名無し娘。:2001/05/12(土) 21:28 ID:HeftD.52
すでにハロモニしか楽しみがない。

199 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/12(土) 22:48 ID:VxNIGFzU
>>156
今回のは、駄目な人には駄目な文体かもしれんですね。
ハードボイルド圭式というのは、わかったようなわからんような…。
「蘇える金狼」の娘。バージョンみたいなやつ?
ますますわからんな、こりゃ(w

200 :log0076:2001/05/12(土) 23:40 ID:6SFWs/aY
>>182
んなの本人に聞かなきゃわからんけど。藁
ネタとして楽しみゃいい…

>>199
あいや、、放置されなんだ…わざわざすいませんなぁ…

【ハードボイルド】
文学上、感情を交えず、客観的な態度、文体で事実を描写する方法。
(広辞苑 第四版)

↑ちうことのようです。
バイオレンスものも読んでみたい気はしますが。藁
『新・LOVE論』ですでにやってるしね。

201 :名無し娘。:2001/05/12(土) 23:40 ID:JYnHP34Q
>>190
この吉澤の髪型好きだわ。サイドがちょっと跳ねててカコイイ
>>199
自分は逆に、軽めで甘い短編をリクエストしたいな

202 :名無し娘。:2001/05/12(土) 23:46 ID:9PVCZ012
最近モームス出演番組は物凄い手の抜きようだな。
ミュージカルがあるからだろうけど…モーたいは何を考えて作ったんだ?(w

203 :名無し娘。:2001/05/12(土) 23:53 ID:JYnHP34Q
>BW
ハードボイルドやりすぎちゃうと
冗長で無味乾燥になるから、無理に合わせる必要ないぞ
主観・客観バランスよく、が一番いい

204 :名無し娘。:2001/05/12(土) 23:58 ID:hQ7CLekM
読み手も大事だろうけどあんま意識しすぎるのも作品に良くないよ。
書きたいように書いて頑張ってくれ。
(馬鹿はあんま相手にするな)

205 :log0076:2001/05/13(日) 00:10 ID:qwcBywM6
別にリクしてないが。。

>>202
野球にゃ勝てん(数字取れてないみたいだけど)

206 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/13(日) 00:30 ID:9aV.zZvY
とりあえず、マイペースでやるということで…

207 :神宮:2001/05/13(日) 00:40 ID:GgkQw72w
(^▽^)マイペースマイペース主義らしい♪

208 :名無し娘。:2001/05/13(日) 00:41 ID:GNctt6UI
ハロモ早く通常放送に戻ってほしい
運動会よりもこの↓続きが気になるぅ…
http://up.e-chome.net/morning2ch_3514.jpg

209 :log0076:2001/05/13(日) 00:47 ID:qwcBywM6
>>206
書けば成る、書かねば成らぬ何事も。藁…
いっぱい書いてくらさい

>>207
もう5月だね……保健し(略

>>208
残念ながらお蔵入りだっぺ(●´ー`●)

210 :いしよし君:2001/05/13(日) 01:50 ID:zSGfD/Cs
http://up.e-chome.net/morning2ch_3437.jpg
これもある意味いしよしだよね。
こんなとこまで一緒だわ。

211 :名無し娘。:2001/05/13(日) 01:52 ID:Y2ov5U26
>>208 よ〜く観察してその上妄想もしてみた。

[ ゜皿 ゜]を見つめる(0^〜^0)、
でもってそれを膨れっ面で見てる( ^▽^)。

[ ゜皿 ゜]<……(交信)
(#0^〜^)<飯田さんカコイイネ!
( T▽T)<私が体操のパートナーなのに…

>>210 いちご娘。ってこんなCMあったっけ…

212 :名無し娘。:2001/05/13(日) 02:35 ID:gRmyx6vo
>>211
良いな(w

213 :名無し娘。:2001/05/13(日) 02:38 ID:fZtq6xzQ
ハロプロ2001春の写真集赤の最後の写真
石川に抱きついてるのが保田じゃなくて吉澤だったらなあ・・・

214 :ドラム:2001/05/13(日) 09:15 ID:RSy52ioI
>>53の続きです。
彼女はしばらくの間石川の寝顔を見つめていた。
が、やがて彼女の枕元にひざまづく。
右手を伸ばすと、さっき乾かしたばかりの栗色の髪にそっとふれる。

「綺麗な黒髪だったのに、ちょっともったいないかな……」
 石川の髪をすくように撫でる彼女の右手。
 髪をいじりながら、いつしか妖しく高鳴ってくる吉澤の胸。
 思わずいたずらしたくなって、右手の指をそのまま石川の顔に持っていく
吉澤。

「梨華ちゃんて、ホント可愛いな。お肌もツルツルだし、シミとかも
ないし……」
 おでこの生え際から鼻すじ、頬にかけて指をすべらせていく。
「羨ましい……あたしなんか、ホクロいーっぱいなのにさ」
 人差し指で石川の鼻の頭を撫でる吉澤。
 赤ちゃんみたいなすべすべの白い肌、長いまつげ、綺麗なピンク色の唇……
つぶらな彼女の瞳は、今は閉じられていて見えなかった。

「ううーん……」
石川の顔が、ゆっくりと左右に振れた。あわてて右手を引っ込める吉澤。

215 :ドラム:2001/05/13(日) 09:18 ID:RSy52ioI
彼女はしばらく石川の寝顔を凝視していたが、また静かに寝息を立て始めたの
を見てほっとしたように胸をなで下ろした。
 微笑みながらつぶやく。
「明日も早いし、あたしももう寝なきゃね。いたずらしちゃって、ごめんね」
吉澤は居住まいを正した。軽く咳払いをすると、石川の耳元に唇を寄せる。
頬を赤らめつつ、ささやくように彼女は言った。

「おやすみ……大好きだよ、あたしの、梨華……」
 ためらいながら言い終わって、吉澤は恥ずかしげに唇を噛みしめた。
 真っ赤な顔でうつむく彼女。
 カーテンのすきまからこぼれてくる明るい月の光。
 夜の静けさが、あたりを覆い尽くしていく。

 そのとき……

「あたしも、よっすぃ〜のこと大好きよ……」

「え?」
 思わず顔を上げる吉澤。
 寝ているはずの石川の瞳は、いつの間にか開かれていた。
 自分をまっすぐに見つめているつぶらな瞳。

216 :ドラム:2001/05/13(日) 09:20 ID:RSy52ioI
 驚きで目を大きく開く吉澤。
「ちょっ……や、やだ……」
 彼女の顔が、みるみるうちに真っ赤に染まっていく。
「ま、まさか……起きてたの? ひょっとして全部、聞いてた?」
 石川は彼女の問いには答えずに、そのまま両手をさしのべた。
 身体を起こすと吉澤の首に両腕を巻き付け、自分の身体を引き寄せる。
「ありがと……よっすぃ〜。とっても嬉しい……」
 ふるえる声で彼女は続ける。
「あたし、よっすぃ〜にはわがままなことばっかり言って……今日だって
本当は気を悪くしてるんじゃないかって思ってて……嫌われちゃったら
どうしようかと……」
「梨華、ちゃん……」
 彼女の身体を抱きとめながら言う吉澤。
「気を悪くなんて、してるわけないじゃないか。ホント言うと、私も今夜は
一人でいたくなかったんだ。だから、いまここに梨華ちゃんが居てくれて
とても嬉しいんだよ」
 吉澤の両腕に巻き付いている石川の手に、力が込められる。
 ますます強くしがみつく彼女。
「嬉しい、ありがと……よっすぃ〜、大好き」
「あたしも、さ……梨華ちゃん」
 吉澤は、彼女を抱き留めている腕の力を緩めた。
 ふたりは、ゆっくりと布団の上に倒れ込んでいく……

217 :ドラム:2001/05/13(日) 09:21 ID:RSy52ioI
とりあえず出来た分だけ更新しました。
残りはまた今夜にでも。

218 :名無し娘。:2001/05/13(日) 13:28 ID:7ygId0T6
吉澤、お前はやっぱり男でした
さあ、石川とセクースするのです…

(○^〜^○) <オレ…男だったっけ…
(○^〜^○) (^▽^)))<よっすぃーおやすみー!

(○^〜^○) <梨華ちゃんと…セクースしたい…

石川、吉澤は男…吉澤は男…お前は吉澤に抱かれたくなるのだ…

ボー…(○^〜^○)  ジー(^▽^ )


※上のは狼にあった催眠術ネタね。軽くワラーリしたので転載させてもらった

219 :yoshinozawa:2001/05/13(日) 14:17 ID:bbFy5jwU

  (○^〜^○) <プチモビクスで今日もホノボヨヨン
⊂⌒ .  . ⌒⊃
  (        )
  □□□□□□
 (  )□□(  )
 (_)    (_)

220 :大運動会:2001/05/13(日) 15:04 ID:Pw0U166g
ヨッスィー・・・ v(^▽^)(○^〜^○)<ヨッスィ〜のYoチェケラッチョー!

221 :名無し娘。:2001/05/13(日) 16:26 ID:j.oVxpO.
>>214-216
イイ!

222 :名無し娘。:2001/05/13(日) 16:29 ID:PngVuWPw
>>214
白い肌ってとこだけ違和感を覚えたw

223 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/13(日) 20:25 ID:Nww4TpZ6
>>222
「白い」は「肌」の枕詞みたいなものだからねぇ。かくいう私も、「白い肌」と
何度も書いて、そのたびに書き直した覚えがあります(w

224 :名無し娘。:2001/05/13(日) 20:34 ID:cWtzAIqI
ここが昨日logに文句垂れられてたスレか
狼で言ってたぞ 見てきな?
logはこれからここに来て一言言い続けるってさ
このスレの皆さんかわいそうにな

225 :名無し娘。:2001/05/13(日) 20:46 ID:YmYLRq0c
まぁ色々な考え方がある方が良いので、logの意見も貴重だ。
基本はマターリで…。

226 :名無し娘。:2001/05/13(日) 21:00 ID:1Ip7zYYU
>>224
( ● ´ ー ` ● )<お節介ついでにリンク貼って欲しいべさ。

227 :名無し娘。:2001/05/13(日) 22:52 ID:c1vNX1V.
ま〜好きなだけ言わせとけば良いさ。それで本人が満足ならね

228 :log0076:2001/05/13(日) 23:33 ID:yK2rcynQ
つうか過剰反応して火に油注ぐのもどうかと思いますが。

ミュージカル逝ってきた
パンフの「石川の肩に腕をのっける吉澤、そしてその腕をつかむ石川」という
一枚の写真がよろしかったね
物語で絡むとこは特に感慨もなく
むしろ、ライブとかで目を合わせてたりしたとこのほうが、ね

229 :log0076:2001/05/13(日) 23:37 ID:yK2rcynQ
>>226
(_^▽^)<ほい♪
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=989678586&ls=100
最後、雑談だけど

230 :名無し娘。:2001/05/13(日) 23:53 ID:kW7r7v/U
>>228
要するに誰も注目してなかったところを見つけて
「どうだ!すごいぞオレは!」
と優越感に浸りたいと。コドモれすね… ( ´D`)y-゜゜゜

自分もミュージカル見たけど、物語の絡むとこで一生安眠できそうなくらい萌えたよ…
ある意味安くていいね。お手軽お手軽。

231 :名無し娘。:2001/05/14(月) 00:14 ID:PPEcwG32
(0^〜^0)のスケジュールをちゃんと把握している新妻( ^▽^)萌え

232 :log0076:2001/05/14(月) 00:19 ID:tk5tSkJ.
>>230
決め付けうぜぇ。藁

>>231
それはストーカーとも…

233 :名無し娘。:2001/05/14(月) 00:27 ID:qYPaWitM
>>232
だから新妻だって(w

234 :log0076:2001/05/14(月) 00:38 ID:tk5tSkJ.
\(^▽^)/<ただいま〜

(○^〜^○)<おかえり〜。ご飯にする? それともお風呂?

235 :名無し娘。:2001/05/14(月) 00:51 ID:um3aOsd.
( ^▽^)<ん〜お風呂入りたいな。

(0^〜^0)<そう。じゃあ、沸かしといて。

(;^▽^)<えっ…。じ、じゃご飯にしようか。

(0^〜^0)<じゃあ、りかちゃんつくっといて。

( T▽T)<ひとみちゃん…

236 :log0076:2001/05/14(月) 00:54 ID:tk5tSkJ.
ある日起きたら…

(○^〜^○)<布団の中になにか…た、卵?

大きな卵が入っていた。そして発見したと同時に亀裂が入る。

(0^◎^0)<バブ

こんにちわ、赤ちゃん

続く?

237 :名無し娘。:2001/05/14(月) 01:11 ID:um3aOsd.
( T▽T)<よっすぃ〜誰の子なんですか〜!

238 :log0076:2001/05/14(月) 01:31 ID:tk5tSkJ.
(○^〜^○)<知らないよ〜……、でも、せっかくだし……育てようよ

(;^▽^)<う、うん。でもぉ……、私養ってけるかなぁ

(○^〜^○)<大丈夫。私も節約するからさ

( ^▽^)<じゃ、じゃあ三人で頑張ろう (0^◎^0)<バブ (○^〜^○)

石川は吉澤と赤ちゃんを養っていけるのか?

続く。

239 :名無し娘。:2001/05/14(月) 01:35 ID:OnN27cic
おじゃ魔女どれみみたいな展開だな
面白そう(w

240 :log0076:2001/05/14(月) 01:38 ID:tk5tSkJ.
>>239
…お邪魔どれみってなんだ。。

即興だからオチ考えてねえや

241 :log0076:2001/05/14(月) 01:46 ID:tk5tSkJ.
翌日

バタバタ\(;^▽^)/<会社、遅れるぅ〜…  (○^〜^○ )<おはよ〜

(^▽^)<……朝ご飯、ベーグルとゆで卵だけ? うん、節約節約♪>(○^〜^○)

(^▽^)<(行動力あるなぁ…)その意気だね! エヘヘ(○^〜^# )>

\(^◎^; )/<って、もう時間ないよ…、いってきまーふ(ハグハグ  ハーイ(○^〜^○)

(((○^〜^○)<起きたかな…         エーンエーン>|

次回、吉澤育児挑戦

242 :名無し娘。:2001/05/14(月) 01:53 ID:rbJWUz7M
 /        /\        /\        \
 /                                 ヽ
 |    / ⌒ヽ                 / ⌒ヽ    |  
 |    (    ノ     / ̄\_/    (    ノ    /
 ヽ   丶--- '                 丶--- '    /   (T▽T)
  \                              /

243 :名無し娘。:2001/05/14(月) 01:56 ID:zRegTkWg
とんでもないご飯が出て来そうだ(w

244 :log0076:2001/05/14(月) 02:05 ID:cDLqwwK2
エーンエーン(0T◎T0)

ヨシヨシ(○^〜^○)ノ(0T◎T0)ウ…

抱きついちゃうぞ〜>((( ○^〜^○)^◎^0)ノキャッキャッ♪

(○^〜^○)<そういえば、名前決めてなかったね。どうしよっかぁ…
  \(0^◎^0)  梨華ちゃんと考えなきゃね♪

次回、大黒柱石川の奮闘記

245 :log0076:2001/05/14(月) 02:07 ID:cDLqwwK2
羊といえばAAさ。藁
なにやってんだかなぁ…

246 :名無し娘。:2001/05/14(月) 03:09 ID:nlf2cC3Y
 /        /\        /\        \
 /                                 ヽ
 |    / ⌒ヽ                 / ⌒ヽ    |
 |    (    ノ     (T▽T)     (    ノ    /  <いただきま〜す
 ヽ   丶--- '                 丶--- '    /  
  \                              /

247 :名無し娘。:2001/05/14(月) 15:11 ID:UzmL4a7c
>抱きついちゃうぞ〜>((( ○^〜^○)^◎^0)ノキャッキャッ♪
(・∀・)イイ!

248 :名無し:2001/05/14(月) 17:57 ID:9ve4GOyA
(0^〜^0)  

249 :名無し娘。 :2001/05/14(月) 21:53 ID:9RC8vmbU
なんかいしよし小説っぽいのを発見。
でも、なんか放棄されそうな感じ。期待しないほうがいいと思うけどいちおうね。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=989675249

250 :名無し娘。:2001/05/14(月) 23:11 ID:ZyBqj2vU
>>249
エロいね。このスレのPART1を思い出した。

251 :飯田圭織に発射:2001/05/14(月) 23:14 ID:2wIdc1Pg
http://www.nikkansports.com/news/battle/bt-010514-2.jpg
(・∀・) 宍戸江利花タンかわいい チンコガトレタヨ!!!

252 :たまご:2001/05/14(月) 23:53 ID:00C4Kp7I
小説書いていい?
ダメかな・・・・

253 :名無し娘。:2001/05/14(月) 23:56 ID:vcuPUojA
>>252
書いて

254 :名無し娘。:2001/05/14(月) 23:56 ID:2tgsOgsE
↑書いて!

255 :名無し娘。:2001/05/14(月) 23:58 ID:dmJsV.xQ
>>252
俺からもおねがいするわ

256 :たまご:2001/05/15(火) 00:01 ID:O2KM5kiE
いいんすか?
いやーうれしいな。
そんじゃま、書きますね。
話はほとんど石川視点で話し進みますから。

257 :名無し娘。:2001/05/15(火) 00:07 ID:Y36EcwKQ
>>256
期待!

258 :たまご:2001/05/15(火) 00:13 ID:O2KM5kiE
私がひとみちゃんに思いを寄せ始めたのは加入後すぐにあった
ハッピーサマーウェディングのジャケット撮影のときだった。
すっごく緊張してる私をひとみちゃんが優しくアドバイスしたり
してくれててだんだん惹かれていった。
あの、綺麗な瞳は純粋無垢って言葉が当てはまるぐらい透き通っていた。


今日はハロモニの収録が10時から入ってる。
その後はユニット別にラジオと雑誌の取材がある。
ひとみちゃんといられないのは私にとって何よりの苦痛。
もちろんひとみちゃんが私の気持ちを知ってるわけじゃないし
そう思ってるのは私だけ。
でも、ひとみちゃんと一緒にいたい。少しでも長くひとみちゃんの
綺麗な瞳を見ていたかった。

259 :名無し娘。:2001/05/15(火) 00:17 ID:AJPGMp0g
小説は、内容に関わらずsageた方がよいのでは。

260 :たまご:2001/05/15(火) 00:22 ID:O2KM5kiE
珍しく寝坊しちゃって集合時間ギリギリの9時に楽屋についた。
もちろんいつも遅いごっちんや安倍さんまでもがもういて
かなり気まずかった。
みんなもう私を待ってた感じで遅いよーとか言われちゃった。
まぁ、仕方ないか・・・。

今日もひとみちゃんはじっと窓の外を見ていた。
私が来てるのに気づくと外を見るのをやめてこっちに来てくれた。
「あ、梨華ちゃんいたんだ。」
「あ、ひっどーい。」
「ハハハ、嘘だよ。それよりどしたの?寝坊なんて珍しい・・・」
「あ、昨日なんか寝付けなくてさ・・ははは・・・」
「ふーん、そっか・・・まあ、いろいろ大変だね。」
私が寝付けなかった理由はひとみちゃん・・・・。
ひとみちゃんのことを考えると胸が締め付けられて寝るなんて気にはなれない。

261 :たまご:2001/05/15(火) 00:23 ID:O2KM5kiE
>>259
そうっすね・・・そうします。

262 :名無し娘。:2001/05/15(火) 00:26 ID:AJPGMp0g
>>261
いや、責めてるんじゃなくて、小説嫌いな人に
荒らされたら困るなと思って。

263 :たまご:2001/05/15(火) 00:32 ID:O2KM5kiE
「いしかわぁーちょっと来てー!」
保田さんに呼ばれちゃった。もう・・いい雰囲気だったのに・・・。
なんてことは言葉には出さずに足早に保田さんの所まで駆け足で寄って行った。
「なんですかぁ?」
茶目っ気たっぷりに聞いてみる。
「あ、ここのことなんだけど・・・・・・」
この前の失敗をネチネチ言われちゃった・・・。
まあ、私も悪いし反省反省。
「はーい、移動しますよー。」
マネージャーさんの大きな声に救われたよ。
このまま行けば一生怒られてるような気がしたから・・・・

264 :たまご:2001/05/15(火) 00:33 ID:O2KM5kiE
>>63
そうっすか・・・・確かに困りますねそういう人は・・・。

265 :たまご:2001/05/15(火) 00:41 ID:O2KM5kiE
まぁ、今日はこの辺で終了です。
また、明日更新します。
こんなんでよければお付き合いください。

266 :log0076:2001/05/15(火) 00:43 ID:KQe1HX8.
>>264
つうか長文が続くとindexが見難くなる
がそばれ

267 :名無し娘。:2001/05/15(火) 01:36 ID:LOUEIs7.
>>265
続き期待。ガンバテネ

268 :名無し娘。:2001/05/15(火) 01:56 ID:ZLKuQVHM
まじlogうぜぇ
見にくいなら羊にくんなよ

269 :名無し娘。:2001/05/15(火) 01:58 ID:UuWtb.mE
>>244
>次回、大黒柱石川の奮闘記
ツヅキ キボンヌ

270 :名無し娘。:2001/05/15(火) 01:58 ID:.zFZYM3.
もっとマターリ

271 :名無し娘。:2001/05/15(火) 01:59 ID:APj77r3A
>>268
お前みたいなのがレスする度に、あのキモチ悪い空気固定はPCの前でニタついてるんだぜ(w
いい加減「放置」ってのを覚えろよ(w

272 :名無し娘。:2001/05/15(火) 02:08 ID:oCqXEBTw
でも梨華はヒステリア

273 :名無し娘。:2001/05/15(火) 02:28 ID:uxijyrMM
>>271
すまそ。
マターリします…

274 :SR:2001/05/15(火) 12:06 ID:0fI9LCi2
「Beautiful」

シュル。
シュルシュル。
包帯を取れていく感覚。

「大丈夫です。ゆっくり、ゆっくり目を開けて」
怖いです。
「ゆっくり。ゆっくり」
怖い。気持ち悪いです。
「ゆっくり。急がないで。無理なら良いからね」
大丈夫です。あの。手を、握ってください。

……。
明かりが見えます。それとドアが。
「どうです?石川さん。私がわかりますか?」
はい。お医者さまです。
「どんな感じの人ですか?」
めがねを、かけています。
「そうです。かけてます。ちゃんと見えているようですね」
でもはっきりとは見えません。
「最初はそうなんです。あせらずにいきましょう。
 さ、今日は目が疲れるのでこれくらいにしましょう」

また、あたしの目に光が戻ってきた。
音だけで過ごした暗闇の中の1年から。
久々に見た世界は。
にじんでて。

とても。

美しかった。

275 :SR:2001/05/15(火) 12:07 ID:0fI9LCi2

あたしの目が見えなくなったのは、ささいな事がきっかけでした。
連日のリハーサルで誰もが疲れていて。
誰かがあたし背中を押して。
誰かがあたしを倒して。
誰かがあたしの腕を押さえて。
誰かがあたしの脚をとめて。
誰かの持っていたハサミと。
誰かの持っていたハサミが。
私の左目を。
私の右目を。
そして。
それっきり。
あたしの目は光を失いました。
今でもどのメンバーの責任かはわかりません。

モーニング娘。は相変わらずでした。
私の唯一の友達のラジオからもよく曲が流れています。
その声を聞くたびに。その様子を知るたびに。
あたしは悲しく、そして淋しくなりました。
地球上で自分だけが取り残されたような感じにさせられます。

久々に見た世界はとても美しく、
それだけで涙があふれそうになりました。
……。
だから。
あたしは決めたんです。
あの子達にもこの気持ちを味わってもらいたい。
誰の責任かが解らないから。
みんなに。
みんなにもこの暗闇を。
孤独を。
味わってもらうの。

276 :SR:2001/05/15(火) 12:08 ID:0fI9LCi2

あたしの目はしだいに良くなってきました。
世界はかすむ事なくとらえられる。
はっきりと見える世界は汚れが目立っている。
でも美しい。
それでも美しい。
そう思いながら。

あたしは退院しました。

自分の部屋でダーツの的を作る。
メンバーの名前を書いて。
そして目を閉じてダーツを投げる。
…決まった。
よっすぃーだ。

よっすぃー。
この1年でどう変わったんだろう?
よっすぃーの顔を思い出すと、決心が鈍りました。
こんなむなしい事はやめようかな。

いや。
思い出して。
あの暗闇の中で過ごした1年を。
いつも死ぬ事ばかり考えていたあの1年を。
同じ1年を。
あの子達は光り輝いて過ごしたのに。

そう。この復讐は正しい行為。
誰もが平等であるための。
美しい。
復讐。

277 :SR:2001/05/15(火) 12:08 ID:0fI9LCi2

「梨華ちゃん!?」
思った以上に簡単でした。
「どうしたの?もう、退院できたの?」
あたしの姿を見つけたよっすぃーは自分から駆け寄ってきて。
「でも会えて嬉しいなぁ〜」
そして。
「まだ声は出ないままみたいだね…」
隠していたナイフで。
「…梨華ちゃん?」
よっすぃーの両目を。
刺しました。

「いやぁぁぁぁぁぁぁあ!」
すごい量の血で視界が赤い。
よっすぃーは死んだかも知れない。
ごめんよっすぃー。
「あ、あ、あ、あ」
そんなに苦しめるつもりは無かったの。
目だけが見えなくなる予定だったの。

「梨華ちゃん!梨華ちゃん!大丈夫!?」
ああ。
誰かの声がする。よっすぃーの声?
「い、今、救急車呼んでくるから!」
そして。倒れる音。走る音。

もし。
もしよっすぃーが死んだら。
あたしも死んであげる。
他のメンバー達も一緒に連れてってあげる。
ううん。
世界中の人を一緒に連れてってあげるよ。

遠くでサイレンが聞こえました。

278 :SR:2001/05/15(火) 12:09 ID:0fI9LCi2

あたしはベッドで横になっていました。手は動きません。
前がよく見えなくて。暗い。

「この光がわかりますか?」
光?
わかりません。
「そうですか。気持ちを楽にしてください」
あたしは眠くなりました。

左右に揺れるあたしの肩と、首と、頭。
ああ。
思い出してきました。
1年前の事を。
あたしは。
あの日。
疲れていて。
楽になりたくて。
眉を整えようと持っていたハサミで。
自分の。
両目を。
深く。

叫び声。泣き声。倒れる音。
ああ。
そうでした。
私は。
この美しい世界を。
自分で。
封じ込めたんでした。

279 :SR:2001/05/15(火) 12:09 ID:0fI9LCi2

そして。
この恐怖を。
孤独を分かち合おうと。
よっすぃ−を。
呼び出して。
よっすぃーの。
前で。
ナイフで。
自分の。
両目を。
深く。
つきました。

「石川さん。気がつきましたか?」
はい。
「気分はどうですか?」
なんだか、落ち着いています。
あの、先生。
「はい。何でしょう?」
あたし。また目が見えるようになりたいです。
「はい。また、治療しましょう」
良かった。
また、見えますよね?
「見たいですか?」
はい。
だって。
世界は。

とても。

美しかったったんです。

280 :SR:2001/05/15(火) 12:11 ID:0fI9LCi2
>>274-279
いっぷう変わったいしよしを目指してみたんですが、
自分でもいしよしか分からなくなりました(^-^;ごめんなさい。
しかも萌えないし。

281 :SR:2001/05/15(火) 12:19 ID:0fI9LCi2
たまごさんごめんね。割り込みになっちゃって。

282 :ドラム:2001/05/15(火) 13:30 ID:U7g3qhY6
小説のほう、なかなか更新できません、すいません。気長にまっててやって下さい。

>SR
石川って自分が傷つく前に他人を傷つけるタイプかと思いましたが
こういうのも意外と合いますね

よっすぃ〜でこのパターンでも合いそう。

283 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/15(火) 15:26 ID:XeGAoUtI
壊れる。
壊れるよ。

瞳から光が消えていく。

遠く、どこかで、誰かが泣いていた。
子供の鳴き声が聞こえたような気がした。
私はハッとした。
それは私の声だった。

>>274-279
昼間からきついっす。

284 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/15(火) 15:27 ID:XeGAoUtI
うわ、またageてしまった。すんません。

285 :名無し娘。:2001/05/15(火) 15:56 ID:hrTW.hPw
なんか面白い小説の連続だな 期待!

286 :名無し娘。:2001/05/15(火) 16:12 ID:iGwOMQPI
でも>>274-279
はヒイタ・・・

287 :log0076:2001/05/15(火) 16:38 ID:XIWaljl.
>SR
いかすなぁ
昼間からやるとこも含めて。藁
おもしろかったです
いいもん読まさせていただきました(ゴチ
微妙に状況わかりにくいところあったけど、それはこっちの読解力のなさかもしらんし。

>>269
うぃ。藁
ちょっと構想中のネタと融合させたくなってきたんで、時間かかるけど。
ただこのスレ以外のとこでやります
リンクは後日。。

288 :名無し娘。:2001/05/16(水) 00:14 ID:3RxjBU3w
石川版春琴抄っすね

289 :log0076:2001/05/16(水) 00:24 ID:Wa2NbQqs
オソロにいしよしネタあったっぺ

290 :名無し娘。:2001/05/16(水) 00:56 ID:xJe1BRpc
>>274-279
けっこ好き。救われんけど(w
>>289
要ちぇき

291 :名無し娘。:2001/05/16(水) 01:27 ID:c6w4pe8E
どんなネタなの?
萌える内容なら、3時から聞いてみる。

292 :log0076:2001/05/16(水) 02:09 ID:Wa2NbQqs
>>291
簡単に言えば↓か
http://64.71.148.43/test/read.cgi?bbs=morning&key=979658926&st=705&to=705&nofirst=true
アンテナは常にはりめぐらすべさ(●´ー`●)

293 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/16(水) 02:36 ID:Iw.jVMmA
最近は小説書くことに気を取られすぎて、チェックが疎かになってるなぁ。

本末転倒(w

294 :log0076:2001/05/16(水) 02:46 ID:cbdRL78Q
>>293
書く小説によってはチェックせんでもいいけどね。藁

295 :たまご:2001/05/16(水) 10:42 ID:zXQc25Ng
「りーかちゃん!」
一番最後に楽屋から出た私にひとみちゃんが抱きついてきた。
嗚呼、この上ない喜び・・・・。
「大丈夫?最近保田さんキッツイからねぇー」
そう言いながら離れて横について歩き出したひとみちゃん。
もっとくっついてたいよー。
「そうだよねー。まぁ私も悪いんだけど・・・・・」
「ま、元気だしなって。」
「うん・・・ありがと」
ひとみちゃん、それだけ言うと矢口さんのとこに行っちゃった・・・・。
めちゃくちゃ楽しそうだよ・・・・・ショック・・・・。

そんなネガティブな気持ちでスタジオ入りとなった。
一応、笑顔は見せるけど・・・仲良さそうなひとみちゃんと矢口さんの
せいで全然やる気が出なかったよ・・。
収録が終わるとやる気のないまま楽屋へと移動・・はぁ・・ひとみちゃん・・・・。

296 :たまご:2001/05/16(水) 10:52 ID:zXQc25Ng
楽屋へ戻ると案の定新リーダー飯田さんと副リーダ(私の教育係)保田さんに
思いっきり怒られた・・・・。
確かにあれはひどすぎたかも・・・やる気のないのあからさま過ぎだったかな。
ひとみちゃんはまだ矢口さんと楽しく談笑中・・・またこの2人のせいで
聞いてないって怒られちゃった・・・・。
私への説教は次の移動時間ギリギリまで行われた。
あんなに怒られたのはかなり久しぶりだったから、相当落ち込んじゃった・・。
悪いのは一方的に私だけど何故か飯田さんや保田さんに怒りを覚えてしまう。
いや、悪いのは矢口さんだ。
矢口さんがひとみちゃんと話してさえなければ・・・・・。
嗚呼・・・だめだ・・人のせいにばっかしてちゃ・・・。

297 :名無し娘。:2001/05/16(水) 23:07 ID:/R2Kfe26
ネガティヴチャーミー イイ!

298 :名無し娘。:2001/05/16(水) 23:37 ID:EHPqX0cw
はい! 提案致します!
えーっとたまごさんの296のところみたいに、小説でその日の書きこみを終えるときは
今日はここまで、みたいなことを書きこむのはどうでしょう?
そうするとだいぶ見やすくなると思います。
でしゃばりな発言をおゆるしください。

299 :たまご:2001/05/16(水) 23:48 ID:oC1rrf/Y
>>298
そうっすね。その方がいいですね。
次回の更新からはそうしますよ。
今日はもうちょっと書きます!

300 :名無し娘@298:2001/05/17(木) 00:02 ID:0XDVcSO6
期待してます。

301 :たまご:2001/05/17(木) 00:05 ID:Y7eb.KIk
「おーい梨華ちゃーん」
振り向くとそこには満面の笑みで微笑みかけてくれているひとみちゃんの姿。
でも、その隣は矢口さん・・・・。
「大丈夫?どした?今日なんか変だよ?」
「そうだよ。石川、あの2人は矢口でも怖いんだぞ」
矢口さんを思いっきりかわして、ひとみちゃんの腕を引っ張って2人で歩き出した。
ひとみちゃんも嫌な顔一つしないよ。
嗚呼、うれしすぎるよ・・・・この幸せがずっと続けば・・・・・
ってそんなに人生甘くない。
ひとみちゃんを取られた矢口さんが・・・・
「よっすぃーは矢口だよねー」
そう言ってひとみちゃんをの手を掴んで私を抜かしていった。
いつものネガティブ梨華なら諦めちゃうけど今日はいつもとは違うぞー。
「なーに言ってんですか?ひとみちゃんは石川と歩くんですよ。
そうだよねーひとみちゃーん」
ひとみちゃんの腕を掴んで矢口さんを抜いて歩いていく。
「り、梨華ちゃん・・・・今日は積極的だね・・・・」
なんかすっごいむきになってたからよく聞こえなかったな。
「ん?なんか言った?」
「あ、・・・いや・・なんでもないよ。そ、それより矢口さんもう来ないね。」
ひとみちゃんの声は残念としか聞こえない。

302 :名無し娘。:2001/05/17(木) 00:39 ID:twv9.6jY
いしよし神田川
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=989770733

303 :名無し娘。:2001/05/17(木) 01:02 ID:OA8DYB66
なんか・・・なんつーか変わったね、ここ。
小説の雰囲気が・・・

304 :SR:2001/05/17(木) 01:05 ID:9dlFE/1E
>>274-279を読んでくれた人どうもです。
お昼休みにひいちゃった人ごめんなさい(^-^;)
他の人のいしよし読んでお昼ご飯はおいしく食べてください。ウマー。
みなさん上手いですよね…。読んでてわくわくしちゃいます。

春琴抄って良いアイディアですね。吉澤も目をつぶせば良かったのかな?
日本文学って短くて美しい話が多くて良いですよね〜。

でも最近、現実問題、萌えるいしよしが無いんですよ。
ハロプロのからみくらいじゃ満足できません!ザ・主婦の味よもう一度。

305 :たまご:2001/05/17(木) 01:11 ID:Y7eb.KIk
「ふーん・・・そっか・・・」
ひとみちゃんをちょっと困らせてみよっかなー。
「え?何が?」
「ひとみちゃん、矢口さんが来ないのは寂しいの?」
「へ??ち、ちがうよ・・そんなんじゃないよ。」
「どうかなー?」
「ちがうよ。もう・・・梨華ちゃんの意地悪・・・・・」
「ハハハ、今日のひとみちゃんは面白いや」
「苛めないでよね・・まったくもう・・・」
「あ、それよりホントに矢口さんは?」
全然さっきから姿が見えないなー。
あれ?ひょっとして私のために身を引いてくれたのかしら?
「ホントだねー。どしたんだろ?」
と、そこへ現れたのは綺麗にメイクし直して明らかに私に対して対抗しようとしてる
態度だよ。
嗚呼、なぜ私は幸せが続かないの?
「あー矢口さんじゃんないですか!どこ行ってたんですか?」
「あ、よっすぃーのためにメイクし直してたんだよー。」
「ホントですかー?ってあ!ホントに綺麗になってるじゃないですかー」
ひとみちゃんに私、めちゃくちゃ無視されて矢口さんと2人で遠くに行ってしまった。
1人、誰もいないテレビ局の廊下に取り残されたネガティブ梨華・・・・。
そんな私に少し遅れてやってきた亜依ちゃん・・・・
「まぁ、頑張れ!」
それだけ言って走って行ってしまった・・・・。

306 :たまご:2001/05/17(木) 01:17 ID:Y7eb.KIk
まぁ今日はこんなとこです。
シリアスに書こうとすればするほどコメディータッチに・・・・・。
まあ、今のとこ、これ気に入ってるんでいいかな?
明日は出来たら更新します。

307 :名無し娘。:2001/05/17(木) 05:49 ID:6Yh4J8YA
コメディーぽくてもいいじゃん。おもろいよ。

308 :名無し娘。:2001/05/17(木) 06:41 ID:AR3XthG2
今出てるTOKYO一週間って雑誌に、舞台稽古中の
いしよし(私服)が並んで座ってる写真があったね

309 :名無し:2001/05/17(木) 14:17 ID:pEEuwWIE
>>308
マジっすか!
情報せんきゅー。
これからチェックしに逝くべさ

310 :名無し娘。:2001/05/17(木) 15:46 ID:0UxBASDM
>>308
見てぇ〜!!誰か画像うぷ頼む!!

311 :名無し娘。:2001/05/17(木) 17:28 ID:axoQahOI
「TOKYO一週間」より
http://up.e-chome.net/morning2ch_4079.jpg
http://up.e-chome.net/morning2ch_4080.jpg
別に大した画像でもないよ、多分古いし

312 :しじみ:2001/05/17(木) 22:32 ID:Hj/UGEnw
>>311
サンクス

313 :名無し娘。:2001/05/17(木) 22:50 ID:WaEAdG/U
今日のR-17、「女が女好きになって何が悪いの!」最後に言い放つシーンは
ヨカータよ

314 :名無し娘。:2001/05/17(木) 22:51 ID:bxu0rsYc
石川に言わせたいセリフだな。

315 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/17(木) 22:59 ID:hw7pumWY
>>313
見逃した…

316 :名無し娘。:2001/05/18(金) 00:01 ID:ZRMSVtE2
>>314
俺は吉澤に言わせたいな

317 :log0076:2001/05/18(金) 01:16 ID:9BNxsyZE
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=989849142&ls=50

318 :名無し娘。:2001/05/18(金) 03:03 ID:lovFi.DI
>>317
.〆⌒ヽ
( ‘д‘)<

319 :名無し娘。:2001/05/18(金) 08:33 ID:KjwT1AcQ
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=989849142

320 :名無し娘。:2001/05/18(金) 15:57 ID:U/vUEJ6s
ageてみたりする

321 :名無し娘。:2001/05/18(金) 16:57 ID:94aXE6ls
>>311
何でみんなマスクしてるんだ?

322 :名無し娘。:2001/05/18(金) 18:19 ID:gP/YZTPY
>>321 (0^〜^0)<えへへへぇ梨華ちゃんとおそろい。
あ、吉澤マスクしてなかった…

323 :名無し娘。:2001/05/19(土) 03:15 ID:iHodnlWA
>>311
http://up.e-chome.net/morning2ch_4079.jpg
いしよしですね。辻はマスクしてる。
風邪かな?

http://up.e-chome.net/morning2ch_4080.jpg
二人の間に加護が居る、うむー残念。
中澤はマスクしてるね、花粉症かな?

324 :名無し娘。:2001/05/19(土) 09:18 ID:GZbGlEqk
ネタ不足。。。こういうときは
誰か萌え小説か、萌え画像でも上げておくれ

325 :名無し娘。:2001/05/19(土) 14:13 ID:BUEDR1Cg
いまポッキーシール取り込んでいしよし作成中。
完成したら壁紙にする予定です。

326 :名無し娘。:2001/05/19(土) 17:08 ID:OTh1sA8I
>>325
それココに載せてくれるの?

327 :名無し:2001/05/19(土) 20:38 ID:3r1cQkUQ
石川と吉澤で赤ちゃんを育てるっていうやつどーなったの?
(○^〜^○)
 ( ^▽^)
(0^◎^0)

328 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 20:45 ID:8zTEfUps
「部長〜、お願いしま〜す」
今にも土下座せんばかり勢いで頼み込むバレーボール部員たちを
椅子に座って見下ろして、石川梨華(高校3年・バレーボール部
部長)は、むっつり押し黙ったままパックの牛乳を飲んでいた。
総勢10人の部員たちは、無視する石川に尚も食い下がる。
「部長は吉澤ひとみさんと仲がいいんですよね?幼稚園の頃から
一緒だし」

「あのね…」
意を決したようにようやく石川は口を開いた。
「何回も言ったと思うけど、私は吉澤さんと特に親しいわけじゃな
いのっ」
「で、でもぉ」
言いにくそうに、一年生が言った。
「部長が一番、吉澤さんとしゃべる回数が多いじゃないですかぁ」
「そうですよ。私なんか近寄りがたくて、とてもとても」
「だ〜か〜ら〜!それはあの人が、なんだかんだと私に文句をつけ
てくるからなの!私の方から話しかけたことはないんですっ!」
「文句でもいいから話しかけられたいな〜、吉澤さんになら」
石川はキッと彼女たちを睨み付けた。
「それはあなたたちがあの人のことを知らないからでしょう。
すっごく意地悪なんだから!」

329 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 20:46 ID:8zTEfUps
「そこがまたいいんですよ、いい人ぶってなくて」
「そーだよねー、自然体っていうか」
「とにかく、私はイヤだからね。あの人をバレーボール部に勧誘した
いなら、あなた達で勝手にやってよ!」
「そ、そんな〜」
もう何十回もくり返された談合は、今日も見事に決裂した。

330 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 20:47 ID:8zTEfUps
そもそもバレーボール部に入る前、性格には物心ついた辺りから、
石川梨華は吉澤ひとみが苦手であった。
二人の因縁は幼稚園の入園式にまで遡る。
初めて母の手を離れ、緊張に身を硬くして入園式に臨む石川の隣に
座ったのが吉澤ひとみだった。

『ひとりで来たの?』

知らない人々の間でウサギのように怯えていた石川に、吉澤が尋ね
た。
石川はハッとして、咄嗟に頷いた。
実際石川の母親は共働きで、入園式には出席してくれなかった。
ガチガチに緊張している石川とは対照的な笑顔で、吉澤は続けた。

『わたしもひとりだよ』

331 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 20:49 ID:8zTEfUps
今にして思えば不覚にも、石川はその人なつっこい笑顔に騙されて、
吉澤のことを「いい人そうだな」などと思ってしまった。
一人で緊張しているときに、親しげに話しかけてくれる人がいると
いうのは大変ありがたいものだ。
しかし、この出会いが実は落とし穴であったことに、当時の石川が
気づくはずもなかった。

二人は同じ星組に入れられた。
初めてできた友達と同じクラスで、石川はとても嬉しかった。
吉澤もまた、石川と同じクラスで嬉しいといい、二人は仲良く手を
つないで教室に入り、隣同士の席に座った。
(ひとみちゃんって美人だなぁ)
石川はうっとりと、吉澤を隅々まで観察した。
と、その時。
二人がその後、十数年以上にわたって袂を分かつ決定的原因となっ
た発言がなされた。

「私、りかちゃんをお嫁さんにする」

突然名前を呼ばれ、えっ、と石川は我にかえった。
その時にはすでに、吉澤の幼稚園児らしからぬ美貌が目前にまで迫っ
ていた。えっ、ともう一度、石川は刮目した。
視界が遮られ、唇に何か温かいものでふさがれたからだ。
それが石川の、早すぎるファーストキスだった。
(え、え、…え…!?)
それは園児同士の微笑ましいスキンシップにも見えたかも知れない。
しかし石川にとっては、まぎれもなく悪夢の始まりだったのだ。

332 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 20:54 ID:8zTEfUps
適当に書いていきます。

333 :あ名無し娘。:2001/05/19(土) 21:34 ID:irooy9c.
>>328->>332
イイネ!!

334 :名無し娘。:2001/05/19(土) 21:38 ID:a6QMLgUU
いいなぁーなんか話がとってもふくらみそうだ。期待!

335 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 22:14 ID:amSvQmAI
(大体みんな、見かけに騙されているんだよ)
午後の授業が始まっても、石川の怒りは冷めやらなかった。
ふくれっつら校庭を見やると、最悪なタイミングで吉澤の姿が目にはいる。
吉澤の在籍する三年二組は今、体育の授業中だ。
白い体操服で颯爽と走る吉澤を、下級生たちがうっとりとした視線で見
つめている。
それでますます、石川の怒りは増長された。
(ひとみがいいのは、ほんとーに外面だけなんだからっ!わ、私がどれだ
け彼女にひどい目にあわされてきたか…!)
みんな知らないのだ。
あえて知らせたくもなかったし、と石川は落ち込む。

入園式のキス事件以来十数年にもわたって、石川の青春はことごとく
吉澤の手によって潰され続けてきた。
奪われたのはファーストキスだけではない。
友達も、周囲の尊敬も、およそすべて吉澤に奪われ続けてきた。
幼稚園からずっと、周囲から『ひとみちゃんのお嫁さん』扱いされてきた
石川の心の傷は深かった。
石川が戦わなければならなかったのは、周囲のからかいや嘲笑だけではな
い。
最大の敵は、吉澤本人である。
そのことを思い出すと、石川は授業中であるにもかかわらず、じっとして
はいられなくなる。
吉澤にされ続けてきたセクハラの数々を思うと。

336 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 22:15 ID:amSvQmAI
(みんな、あんな人のどこがいいの!?)
吉澤のおかげで、もともとシャイだった石川は、今やすっかり必要以上に
ネガティブな性格になってしまった。
幼児期からその容姿で目立っていた吉澤は、学校の内外にファンを持って
いる。
吉澤は決して気むずかしい性格ではなかったが、その容姿に加え、勉強も
運動もトップクラスだったため、どうしても周囲の人間が萎縮してしまい
近寄りがたい人間だと思われていた。
だから、そんな吉澤と対等に口がきける石川は、周囲からは吉澤への橋渡
し役として見られていたのだった。

現在石川が部長を務め、大会に向かって心血を注いでいるバレーボール部
は、シャレにならないほど弱い。
なにせまともにプレーできる部員は、セッターである石川の他に一人しか
いないのだから。
おかげで大会優勝どころか、練習試合のカードを組んでもらうのも難しい
というていたらくぶりだ。
(だからって、あんな人の力を借りてまで優勝なんかしたくないよ。
本当にバレーボールが好きな人だけ集まればいいんだ)
とはいうものの、本心では石川だって試合したいし優勝もしたい。
せめてあと一人でも強い選手がいれば、と思うことしきりだ。
(でも…あの人だけは、やだ…っ)
石川は机に顔を突っ伏した。
吉澤のことを考えると、ジレンマに落ちいってしまうだけだった。

337 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/19(土) 22:17 ID:amSvQmAI
更新。
夜中にもう一度更新する予定です。
>>334
え〜、あまり話し膨らませない予定です(w

338 :どっかで書いてる人:2001/05/19(土) 22:33 ID:XtX/vBrI
今までにないカンジでイイっすね!

339 :log0076:2001/05/19(土) 23:25 ID:nvu0v07o
>>327
>>317を見れやヽ(`Д´)ノゴルア!

レスはしっかり見とこう、たまにはいいことあるかもね

340 :名無し募集中。。。:2001/05/19(土) 23:28 ID:rEUufLg6
逝きそう・・・・

341 :ドラム:2001/05/19(土) 23:55 ID:cbA9p7M6
お久しぶりです。
ようやく後半が出来ました。
これからアップします。よろしくお願いします。

342 :ドラム:2001/05/19(土) 23:57 ID:cbA9p7M6
>>216の続きです。

窓辺から差し込む明るい月の光が、
仰向けに横たわる吉澤の頬を、白く照らしている。
その上から彼女を見下ろしている石川。
石川は、じぶんの右手を吉澤の頬に当てた。
そっと撫でる。
「……くすぐったいよ、梨華ちゃん」
 恥ずかしげに言う吉澤の言葉を無視して、右手を動かす彼女。
「可愛いわ、よっすぃ〜」
 石川は、自分の顔を近づけた。吉澤の顔の上に覆い被さっていく。
そして、まさに唇が触れ合おうとするその刹那……
 スッ、と吉澤の唇が離れた。
 横を向いてしまう彼女。

「?……」
 不思議そうに目を丸くする石川。
 奇妙な沈黙が流れる……

343 :ドラム:2001/05/19(土) 23:58 ID:cbA9p7M6
「……あたし、可愛くなんか、ないよ」
 石川の視線を逸らしながら口を開く吉澤。彼女は続けた。
「うちは、男兄弟ばっかでガサツだしさ。顔は星が描けるぐらいホクロ
いっぱいだし。それにメッシュだって似合ってないし……」
 ふと、言葉がとぎれた。
 吉澤の口元に当てられる石川の指。
 石川は、両手で吉澤の顔を挟むように包みこんだ。
吉澤の顔を自分に向けさせる。
「梨華、ちゃん?」
 いぶかる吉澤。
石川は、ささやくように言った。

「あたし、よっすぃ〜の瞳が好き」
 言いながら、吉澤の左のまぶたにそっと口づける。
「いつもキラキラ輝いてる貴方の瞳が……好き」
 今度は右のまぶたに唇を寄せる。
 そして右の頬から顎、そして左の頬へ、星を描くように優しくキスの雨を
降らせる石川。
「可愛いよっすぃ〜の顔、ぜんぶ好き」
「り、梨華ちゃ……んんっ!」
 顔を真っ赤に染めたまま吉澤は何かを言おうとした。
 けれど、石川の甘やかな唇にそっとふさがれる。
「ん……や……んん……」
 あらがう吉澤を軽く制しながら、深い口づけをかわす石川。
「や、やめ……あ……」
 石川の唇が、吉澤の唇から右頬、喉元をすべっていく。
 そうしながら右手を吉澤の胸に当てた。
 彼女のパジャマのボタンを一つづつ外していく。

344 :ドラム:2001/05/19(土) 23:59 ID:cbA9p7M6
 やがて、月明かりの元にさらされる吉澤の身体。
 プツン……
 プラのフロントホックが外された。
 吉澤の形の良い乳房がポロンとまろび出る。

「は、恥ずかしいよ……」
 自身の胸に手を当て隠そうとする吉澤。それを石川はそっとどけた。
「どうして? よっすぃ〜の胸、とっても綺麗じゃない。隠すなんて
もったいないわ」
「梨華ちゃ……あっ!」
 せつない声をあげる吉澤。
 石川の唇は、吉澤のピンク色の突起をとらえていた。
 右のサクランボをクチュクチュと甘噛みしながら、彼女の右手は左の膨らみを
しっかりと捕まえている。
「やだ、やめて……ああ……」
「可愛い、よっすぃ〜……愛してる」
 布団の上で身もだえする吉澤の身体の上を、ゆっくりと移動する石川。
 彼女の下半身に両手を伸ばす。
「やっ、梨華ちゃん、そこだけは……」
「大丈夫よ、身体の力を抜いて。全部あたしに任せて」
 言いながら、石川は吉澤のパジャマとショーツをゆっくりと引き下ろしていく。

345 :ドラム:2001/05/20(日) 00:00 ID:MyvO6cpc
 東の空にあった月が、もうかなり高い位置まで登ってきている。
 その光に照らされて輝いている、生まれたままの姿の吉澤。
 傍らには、同じく何も身につけていない石川が寄り添っていた。
「お願いだ、もう、やめよ……ね、梨華ちゃん」
 途切れ途切れに言う吉澤の言葉に、そっと首を振る石川。
「うふふ、こんなに息を荒くしちゃって……感じてくれてるのね。いいわ、
もっともっと気持ちよくさせてあげる」

「ひっ!」
 吉澤は小さく悲鳴を上げた。
 彼女の内ももをすべっていく石川の指。
 吉澤の両足は、石川の身体が割り込んでいたために開ききっていた。
 薄めのヘアをかきわけ、吉澤の大切なところに指をはわせる彼女。
「や、やめて……んんっ!」

 内部に侵入してくる指。初めてのことに戸惑う吉澤。
「い、痛い……」
  思わず身をすくませる吉澤に、石川は優しく声をかける。
「大丈夫。身体の力を抜いて……私に任せて」
「でも、でもでも……あっ!」
 内部をかき回されている内に、どんどん息が荒くなっていく。
「うふふ、よっすぃ〜、感じてくれてるのね、嬉しい……」
「あ……あ、ああ……」
 再び石川の唇が吉澤の突起を捕らえた。
 クチュクチュと卑わいな音が部屋の中を跳ね回る。

346 :ドラム:2001/05/20(日) 00:02 ID:MyvO6cpc
「ああっ、いや……ああっ!」
 吉澤は、もうあられもなく叫んでいた。
 シーツをぎゅっと握り締め、髪を乱しながら真っ赤な顔を左右に振り
回す彼女。
 石川は空いている左腕を吉澤の背中に回した。
 じっとりと汗ばんだ吉澤の大きな身体を、きつく抱きしめる。
「よっすぃ〜、気持ちいい? ねえ、気持ちいい?」
「ああ……あっ……あ、あっ!」
「イッて……よっすぃ〜、イッてよ」

「あ、いや……い、あああぁぁっ!!!」
 ふいに、吉澤は大きく体を反らせた。
 彼女の背中を、電流がビリビリと駆け抜けていく……

347 :ドラム:2001/05/20(日) 00:02 ID:MyvO6cpc
 やがて、部屋の中に静けさが戻ってきた。
 顔いっぱいに汗を浮かべつつ、自分の髪をかき上げる石川。
 それを見上げている吉澤。
「大好き、この世の誰よりも……よっすぃ〜」
「……あたしも、大好きだよ……梨華ちゃん」
 まだ荒い息のまま、甘い会話を繰り返す二人。
 石川は、彼女の上気した頬にもう一度やさしく口づける。

「ね、よっすぃ〜……」
「ん?」
「明日、プチモビの収録が終わったら劇場に行くまで時間が空くでしょ?」
 頬にかかる髪をやさしく撫でながら言う石川。
 吉澤は無言のままうなづく。
「じゃあ、渋谷にお買い物に行きましょう。クレージュの夏の新作が出てる
頃だし……」
「え?」
 石川の言葉に、思わず目を見張る吉澤。
「だめだよ……あたし、クレージュの服なんて似合わない。それにブランド
ものは値段張るし……」
「だーいじょうぶ。あたしが見立てて上げるから」

348 :ドラム:2001/05/20(日) 00:03 ID:MyvO6cpc
 吉澤の言葉を遮って石川は言う。
「それに、カントリーで全国回ったときのギャラがまだ残ってるわ。なん
たってクレージュの夏色のワンピ、絶対よっすぃ〜に似合うと思うし。それ
に……」
 言いながら石川は身を起こす。
「言われっぱなしなんてすんごく悔しいもん。だから、二人してすっごく可愛い
格好して、安部さんたちを見返してやるの。もう二度と安部さんにダサい服装
なんて言わせないんだから」

「梨華ちゃん……」
 吉澤の瞳に、感謝の涙が盛り上がる。
「ありがと、梨華ちゃん、ありがとう……」
 うなづきつつ瞼を押さえる吉澤。
 石川は微笑みながらそれを見つめる。

 部屋の中に、窓辺からそっと忍び寄る優しい月の光。
 その光に照らされて、二人はいつまでも見つめ合っていた。

  −終わり−

349 :ドラム:2001/05/20(日) 00:04 ID:MyvO6cpc
 いしよし小説としては、これで終わりです。
 ここまで読んで下さってありがとうございました。

 なお、いしよしとしてはこれで完結なのですが、番外編が少しあります。
もうちょっとお付き合いいただければと思います。
 よろしくお願いします。

350 :ドラム:2001/05/20(日) 00:08 ID:MyvO6cpc
 一方、こちらは飯田の部屋。
 ソファに腰を下ろしている飯田、安部、そして保田の三人。
 テーブルの上には、いつものように閉店間際に飛び込んで買った京樽の
お寿司、ペットボトルのジュース、そして色々な種類のお菓子が山盛りに
積み上がっている。

「あの子たち、今頃怒ってるでしょうね……」
 ポッキーをいっぺんに二本くわえながら口を開く安部。
「まあねー、あそこまで徹底的に説教したのも久しぶりだったし」
 飯田がキスチョコをつまみつつ返事をする。
「……」
 保田は、無言のまま二人を交互に見比べた。
 彼女はテーブルの上の物にはいっさい手を着けず、さっきから持参のウーロ
ン茶に時々口を付けている。

「でさ、圭ちゃんはあたしたちに何か言いたいことがあるんじゃないの?」
 突然、飯田が保田に水を向けた。
 言われて軽く眉をひそめる彼女。
「そうね、夜八時以降は一切何も口にしない圭ちゃんが、こんなとこに居ること
自体、かなり異常だもんね」
「こんなとことは言ってくれるじゃん、なっちってば……」
 安部の言葉に不満げに口をとんがらせる飯田。
 それを横目で見ながら安部は続けた。
「どうなの?圭ちゃん……言いたいことがあるなら、はっきり言ってほしいな」

351 :ドラム:2001/05/20(日) 00:09 ID:MyvO6cpc
「………ふぅ」
 保田はゆっくりと息を吐き出した。
 ペットのウーロン茶を一口飲むと、口を開く。
「あたしさぁ……裕ちゃんにはずいぶんと怒られたよ。我慢できなくて喧嘩した
り、泣いたりしたことも何回もあった。だけどさ……」
 言葉を切り、二人を見渡す保田。
「今日みたいな髪型や服装の事であそこまで言われた事は、無かったと思うん
だ」
 彼女は、言葉を選びつつ続ける。
「ま、今日はあたしも文句は言ったけどね。本番前に騒ぎを起こしたりしてディ
レクターさんに迷惑かけたのは正直まずいと思ったから。それは石川たちも判っ
てくれたからいいとして、なっちや圭織が髪型や服装の事にまで文句つけたのに
は、正直あたしも驚いたんだ。どうしてかな?、ってさ……」
「それは……」
 口を開きかける飯田。
 保田は両手を上げて制しつつ、続けた。
「いや、いいんだよ。裕ちゃんには裕ちゃんの考えが、圭織には圭織の考えがあ
るんだし、それは違っていてもおかしくはないんだ。今のリーダーは裕ちゃんじ
ゃなくて圭織なんだから、圭織のやりたいようにやっていい。だけど、方針を変
えたのなら理由ぐらい教えて欲しいじゃん。と思ってさ……」
「……」
 ひとことで言い切り、ぐっとお茶を飲み干す彼女。
 保田は、返事を促すように二人を見渡した。
 黙りこくったまま、黙々とお菓子を食べ続ける安部と飯田の二人。
 奇妙な沈黙が続く……

352 :ドラム:2001/05/20(日) 00:10 ID:MyvO6cpc
「あたし、帰るわ」
 突然、保田が立ち上がった。
 驚いたように彼女を見上げる二人。
「なんか、またあたし除け者みたいだし……サブリーダーったって特に権限とか
あるわけでもないしね。二人とも何も言ってくれないならここに居る必要はない
よ。帰って寝るわ。それじゃ……」
 部屋のドアに向かいかける彼女。

「ち、ちょっと待ってよ、わかったよ……」
 あわてたように飯田が声を上げた。

「実はさ、モーニングがまだインディーズの頃にさ……」
「圭織っ!!」
 今まで黙っていた安部が、突然声を張り上げた。
 言いかけた飯田を制する。
 苦笑しつつ安部の方を見る飯田。
「いいじゃん、なっち……圭ちゃんにも聞いといてもらおうよ」
 飯田の言葉に不満げに顔を逸らす安部。唇を噛みながらそっぽを向く。
 それを見ながら飯田は続けた。

353 :ドラム:2001/05/20(日) 00:11 ID:MyvO6cpc
「モーニングがまだインディーズの頃にさ、挨拶回りとかやったんだよね。
レコード会社とか放送局とかいろんな所に行ったんだ。でさ、フジテレビ
のあるディレクターさんの所に挨拶に行ったら、そこに当時有名だった
タレントさんが一緒にいたんだよ」
 飯田はペットのジュースに口を付けた。
「そこまではいいんだ。みんなで普通に挨拶して戻ってきたんだけど、なっ
ちとあたしが傘を忘れてきちゃったんで取りに戻ったの。そしたら……」

「なにあの田舎者?!、って言ってたのよね、廊下まで聞こえるような
大声で!」
 安部が、突然口を開いた。
 吐き捨てるように言う。

「確かに……確かに普段着だったし、オシャレとかはしてなかったけ
ど、けど、あんまりじゃない。酷いわよ」
 その時の悔しさを思い出したように、鼻をすすり上げる安部。

「でさ、ここから先が傑作なんだ。なっちってばアパートに帰ってきた
とたんにこーんな大きなゴミ袋持ち出してきてさ……」
 両手で大きく広げる飯田。
「室蘭から持ってきた服、ぜーんぶ捨てちゃったんだよね」
「ええっ?」
 驚きで目を丸くする保田。

354 :ドラム:2001/05/20(日) 00:12 ID:MyvO6cpc
「だって、悔しいじゃない……たかが服ぐらいでバカにされて……」
 言いながら安部はテーブルに手を伸ばした。
 大きなどら焼きを掴むと、一気にかぶりつく。

 保田はソファに座り直した。もうちょっとしか残っていないウーロン茶を
全部飲み干す。
「じゃあ、まさか今日のよっすぃ〜の格好は……」
「着古しのカットシャツに膝に穴の空いたジーパン……その時のなっちの服
装とまるっきり同じだったんだよ」
 答える飯田。
「……」
 唖然とした顔で二人を見つめる保田。

「今は、モーニングの看板があるからいいわ。多少ヘンでもみんな大目に見て
はくれる。だけどこんなのいつまでもあるとは思えないし……」
 どら焼きを口から離して言う安部。
「何よりも、あたしが味わった苦痛をあの子たちには味あわせたくないのよ」

「なるほど……」
 保田は納得したように二人を見渡した。何回かうなづくと口を開く。
「でもさ、よく裕ちゃんは何も言わなかったね。服とかファッションの話は
うちらの間じゃ一番うるさいのに……」
 保田の言葉に小さく首を振る飯田。
「その事は裕ちゃんとは何回も議論したよ。だけど言ってた。それはうちらが
百回言っても判らないだろうって。あの子たち自身が気づいて直して行かない
と意味がない。何も言わなくてもそのうちあの子たちもわかるよ、ってさ」

355 :ドラム:2001/05/20(日) 00:13 ID:MyvO6cpc
「裕ちゃんは直接あの言葉聞いた訳じゃないしね。実感沸いてないのよ」
 悔しさを隠すようにムシャムシャとどら焼きを食べまくる安部。
「それに裕ちゃんて、ある意味放任主義みたいなとこもあるしね。他人に
迷惑かけるのでなければ、ある程度勝手にやらせとく部分あるし」
 飯田が言葉を添える。

「うーん……」
 まだ納得が行かないかのごとく首を振る保田。
「じゃあ髪の毛の件は? あたし、よっすぃ〜のメッシュは結構似合ってると
思ってるんだけど……」
「ああ、あれね……」
 口の中にマーブルチョコを5,6個放り込みつつ言う飯田。

356 :ドラム:2001/05/20(日) 00:14 ID:MyvO6cpc
「あれは単に山中さんがうちらの雰囲気に合わせて衣装を用意してくれてるか
らさ、急に髪切ったりしたら山中さんが困っちゃうじゃん。それに……」
 口の中でマーブルを噛み潰しながら、飯田は続ける。
「吉澤が変わった髪型にすると、すぐ石川が真似したがるじゃない。むしろ
問題はそっちでさ……ああ言わざるを得なかったんだよねぇ」
「なるほど。あの子たち仲いいもんね……」
 はんぶん苦笑しつつ言う保田。

「でも、それと似合うかどうかは別問題だわ。チャーミーがメッシュなんて
どう考えても変よ。そうでしょ?」
 安部が言葉を繋ぐ。
「まあ、ね……確かに。裕ちゃんは自分でどんどん髪型変える方だったから
みんなには言い出し難かったかもね。にしても山中さんが困るような話に
なってたとは知らなかったよ」
 保田は納得したようにうなづいた。

357 :ドラム:2001/05/20(日) 00:14 ID:MyvO6cpc
「ね、圭ちゃん?」
 安部の言葉に、顔を上げる彼女。
「明日の午前中はプチモビックスの収録だったわよね、そのあと時間ある?」
「う、うん……夕方までなら空いてるけど」
 いぶかりながら返事をする保田。
「じゃあ、収録が終わったら渋谷で待ち合わせしてお買い物しない? で、
よっすぃ〜を連れてきて欲しいのよ」

「え?……」
 保田は不思議そうな目で安部を見つめた。
「ちょうどこの間、クレージュの夏物が出たばっかりだし……クレージュの
ワンピースだったらよっすぃ〜にも似合うと思うの」
 彼女の言葉に、ぽんっ、と膝を叩く飯田。
「さすがはなっち……可愛い後輩のために、素敵な洋服をプレゼントしてあ
げるんだ。やるねぇ」
「そうよ。怒りっぱなしじゃ中途半端だしね。怒るからにはちゃんとフォ
ローすべきでしょ? あ、それから……」
 笑顔のまま振り向く安部。
「圭織も半分出すのよ。リーダーなんだから当然でしょ?」
「え、ええっ!?そんなぁ……」
 思わずずっこける飯田。

358 :ドラム:2001/05/20(日) 00:16 ID:MyvO6cpc
 そんな二人のやりとりを聞きながら、保田は自分の胸が熱くなってくる
のを感じていた。
「きゃっ!」
「な、なに?」
 二人の後ろからしがみつく保田。驚く安部と飯田に構わず彼女たちの首
すじに両腕を回す。

「やっぱステキ……二人ともかっこいい」
 ささやくように言う彼女。
「よっすぃ〜は、あたしの大事な仲間でもあるよ。お願い、あたしにも協力
させて」
 ほとんど涙声で言う。
 保田の言葉に、にっこりと微笑む二人。
「じゃあさ、収録終わったら携帯に連絡くれる?。あたしは石川を連れて
なっちと109に居るからさ」
「うん、うん」
 飯田の大きな手が、保田の肩をぽんぽんと叩く。
「そのうち、ごっちんや辻加護も連れて行きましょう。きっと喜ぶと思うわ」
「そうだね。でも、辻は服よりもどっちかって言うと食べ物の方に興味ある
けど……」
「だいじょうぶ。美味しい焼きプリンのお店があるって言えば喜んでついて
くるわよ」
「なるほど、それもそうだ」
「あははは……」
 明るく笑う安部、飯田、そして保田の三人。

 静かにふけていく春の夜。
 しかし、彼女の部屋からは明るい笑い声がいつまでも響いていた。

 −番外編 終わり−

359 :log0076:2001/05/20(日) 00:17 ID:FHyyrOCM
>ドラム
安部ちゃうで安倍やで
おつかれさま

情景は好きな感じでした、と拙いながら感想を。。

360 :ドラム:2001/05/20(日) 00:18 ID:MyvO6cpc
ここまでお読みいただきましてありがとうございました。
これで本当の完結です。

プラインドさんが石川受けな話だったので、意識して吉澤受けを狙って
みました。が、上手く行ったかどうかは判りません。
モー娘。で小説を書くのは初めてだった事もあり、判りにくい部分とか
あると思いますが、未熟者ゆえお許し下さい。
また社会人のため時間がなかなかとれず、間隔があいてしまいました。
飛びまくっていて読みにくいと思います。すいませんです。
一気に上げたのは、本編がクライマックスだったのと番外編と離すと
訳が分からなくなると思いまして・・・・ご迷惑かも知れません。すいません。

これからもし書くときがあるとすれば、失礼ながら専用のスレを立てた
いと思います。その方がごっちゃにならなくていいですしね。
それではまた。どこかでお逢いできましたらよろしくどうぞです。

ドラムでした。

361 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:21 ID:6y8BZTmA
B・Wもドラムも(・∀・)イイ!

362 :ドラム:2001/05/20(日) 00:21 ID:MyvO6cpc
>>359
うわっちちち・・・・これは痛いっす
安部じゃなくて安倍、マイッタ
本気で失礼いたしました。

それはそれとして、感想ありがとうございました。

363 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 00:24 ID:w9Re8lSE
ドラムさん、おつかれさまです。

夜八時以降は一切何も口にしない圭ちゃん萌え(w

364 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:35 ID:wX0jgIOI
ドラムしゃん、番外編がまた(・∀・)イイネ!
でもなっちをあんまり太らせないで... ( ● ´ ー ` ● )

365 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:40 ID:nSEnnNBk
番外編ののん気な会話の時に二人が萌えていたのに萌え〜(w

366 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:47 ID:aownJpnI
スレタイトルがパクられてるけど、イイの?

367 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:53 ID:RnY6YXdA
石川がクレージュ好きってドラムの小説だけの設定なの?
石川リスペクトの浜崎あゆみもクレージュ好きだったから、
ありそうな話だけど…

>>366
よくない(w

368 :名無し娘。:2001/05/20(日) 00:53 ID:QjIq8/nw
よしごまなら嫌だが、いしごまだから(・∀・)イイ!!

369 :log0076:2001/05/20(日) 01:07 ID:FHyyrOCM
>>367
着てるのは見たことないぞ
矢口と吉澤はクレージュもってたが。
吉澤はバックだけか。

370 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:19 ID:w9Re8lSE
>>336からの続きです。

371 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:20 ID:w9Re8lSE
石川が、バレーボール部員である辻希美に呼び出されたのは、大会も近い
ある金曜の放課後のことだった。
辻は一年生ながらも、バレーボール部の中で戦力となりうる唯一の人材で
あった。
そんな辻からの呼び出しだから、きっと部活のことだろう。
石川は指定された場所である体育館の裏庭に向かった。
今年こそ優勝…は絶対に無理だろうが、三回戦ぐらいまでは残りたかった。
石川は約束の時間よりも少し早く裏庭に着いたが、辻はそれよりも先にそ
こで待っていたようだった。

「ののー。どうしたの、改まって?」
手を振りながら石川が近づくと、辻はハッとしたように少し大げさに顔を
上げて見せた。
石川が小首をかしげて立ち止まる。
「どーしたの?なにかあったの?」
「いえ、あの…」
辻は周囲をはばかるように、何度もせわしなく視線をさまよわせた。
あたりに人影はない。
今日は部活はない日だし、それでなくとここはあまり人がこない。

372 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:22 ID:w9Re8lSE
ただならぬ様子に、石川は少し眉を寄せた。
「どうしたの?」
「えーとですね…」
短く答えて、辻は押し黙った。
まったく辻らしからぬ、歯切れの悪い受け答えだ。
辻は、お気楽な部員が多いバレーボール部の中でも、特に明るい性格で石川
や他の者たちからかわいがられている。
いわばチームのマスコット的存在で、ムードメーカーでもあった。

石川自身が吉澤のせいでネガティブな性格になってしまったため、辻のお気
楽で前向きな性格は部活動を維持する上で救いになっていた。
その辻が、このような深刻な顔をしている。
石川にとってもそれは一大事になりつつあった。
「なにかあったの?」
「いえ、あの、それとはあんまり関係ないんですけど…」
石川の懸念を払拭するように、辻は慌てて首を振った。
石川はてっきり、辻がなにか不祥事にでも巻き込まれたのかと心配したの
だが、どうやらそれは杞憂だったらしい。

373 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:23 ID:w9Re8lSE
少しホッとしつつ、石川は尋ねた。
「じゃあ、どうしたの?もしかしてケガ!?」
「いえ、あの、それは大丈夫です。その…私自身の事じゃないんです…」
「ええ?」
石川ますます怪訝に思う。
「どうしたの?はっきり言って。言いにくいことだからわざわざ人目につ
かない場所を選んだんでしょう?別になにをいわれても、私は平気だから。
ね?」
「…はい」
力なく頭を垂れ、辻はようやく重い口を開いた。

「お姉ちゃんが…」
「えっ、お姉さん?」
石川は辻の姉と直接話したことはなかったが、なんどか見かけたことはあっ
た。
あのメイクは一度見たら忘れられない。
「その、私のお姉ちゃんが…病気なんです」
「えっ!?」
石川は驚き、一歩前に踏み出した。
「病気って、重いの?」
「はい…。詳しくはいえないんですけど、治らないかも知れないってお医者
さんにいわれてて…」
「そうだったの…」
石川は咄嗟にかけるべき言葉を見つけられず、うつむいた。

374 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:25 ID:w9Re8lSE
そんな大変な話を聞かされるとは思っていなかったため、心の準備もできて
いなかった。
辻は続けた。
「それで、なんで石川さんを呼びだしたかというとですね…、実はお姉ちゃ
んバレーボールが大好きなんですっ」
「あ、そ、そうなんだっ」
石川はパッと顔をあげ、少し無理して笑ってみせたが、辻の声は相変わらず
暗い。
「で、ですね。お姉ちゃんは病気でプレイすることが出来ないけど、せめて
私のプレーだけは見せてあげたいんです…」
「あ、わかった、ビデオ撮影でしょう?試合をビデオで撮ってみせてあげた
いんだ?」

石川が勝手に早合点したのにはちゃんとわけがある。
バレーボール部の中で、家にハンディビデオを持っているのは石川だけだか
らだ。
だから石川はてっきり辻が、それを貸してくれと言うのだと思った。
もちろん、石川は貸すつもりだった。
しかし、その予想も、一部外れていた。
「はい、それもそうなんですけど…」
「なに?何でも言って。私に出来ることならなんでもするから」
石川は辻を後輩として好きだったし、お姉さんのことも不憫に思っていた。
話を聞いた以上は出来る限りのことはしたい。
それは本心だった。

375 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:26 ID:w9Re8lSE
辻はまた、言いにくそうに続けた。
「私たち…次の試合、勝てるんでしょうか…」
「えっ?」
意気揚々と協力を申し出ようとしていた石川の顔の筋肉が、ピタリと止ま
る。
辻はますます言いにくそうだった。
「やっぱり、お姉ちゃんに見せるからには絶対勝ちたいんです。その方が
喜ぶと思うんです」
「う、うんっ、それはそうだよっ」
気を取り直して、石川は両手で辻の手を掴んだ。
「絶対に勝とうよ!お姉さんのためにもねっ」
「でも…」
まだまだ辻の歯切れは悪い。

「現実的に考えて、今のメンバーで勝つのは難しいと思うんです。あの、
いいにくいんですけど、うちの部でまともにプレーできるのは、私と石川
部長ぐらいなんで…」
「うっ…ま、まあ…」
その通りなのだが。
石川は言葉に詰まった。
辻は続けた。
「せめてもう一人、強い選手が入ってくれたら、何とかなると思うんです。
あの、地区予選では相手チームのレベルもそんなに高くないんで、極端な
話し、強力なアタッカーが一人いれば勝てると思うんです」

376 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:29 ID:w9Re8lSE
「そ、それはそうだけどっ…」
石川は握っていた手を離した。
「こればっかりは仕方ないよ。今から新入部員なんてとても…」
「吉澤さんが入ってくれたらなぁ…」
まるで独り言のように虚空を見上げて、辻がぽつりと呟いた。
途端に石川は、ズザッと砂埃をたてて派手に後退した。
「なな…なに言い出すのっ!?いくら勝ちたいって言っても、それは…っ!」
「…はい、わかってます。言ってみただけですぅ…」
辻は肩を落とし、首を振って見せた。

「ただ…もし吉澤さんが入ってくれたら、お姉ちゃんにいいところを見せ
てあげられるんじゃないかって…。それで、お姉ちゃんが少しでも元気に
なってくれたらいいな、って思っただけなんです。それにお姉ちゃん、吉
澤さんに憧れてて…」
「あっ…えーと…」
そんなふうに言われたら、石川には返す言葉もない。
辻はすぐに笑顔を取り戻し、石川の腕を軽く掴んだ。
「すいまんでした。へんなこといっちゃって。ただ私、お姉ちゃんのこと
を喜ばせてあげたかったんです…。もし吉澤さんが入ってくれたらって。
ちょっと夢みちゃいました…」

377 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:30 ID:w9Re8lSE
「あ、いや…あの…」
石川の背中に冷たい汗が流れた。
そんな深刻な話を聞かされて、はいそーですか、とすんなり流せるほどの
冷血漢ではないのだ。
あからさまに肩を落とした辻の背中を、石川は複雑な面持ちで見送るほか
なかった…。

378 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 01:32 ID:w9Re8lSE
更新です。続きは出来るだけ近いうちに。

(他の連載の方がやばいな…)

379 :名無し娘。:2001/05/20(日) 01:57 ID:RnY6YXdA
>>369
そうか、矢口には納得(w
>>378
スポ魂コメディ物かな? BW過労死するなよ

380 :log0076:2001/05/20(日) 02:08 ID:FO7Yx1lU
>>379
ほりゃ
http://www20.freeweb.ne.jp/art/log0076/kouhaku.riha_yaguchi_01.jpg
もろクレージュ(w
原色がどきついなぁ……、同い年だけど着れんわ

381 :ドラム:2001/05/20(日) 02:14 ID:WgkZARqU
皆さん、早速の感想ありがとうございます。

>>363
ブラインドさんから感想いただけるとは、なんとも嬉しいです。
保田が夜八時以降食べないってのは飯田か誰かが言っていたのを
参考にしました。
>>364
夜はご飯を食べないってのは飯田のANNからいただきました。
でもお菓子とかはそれなりに、ってネタが美味しかったです。
ちなみになっちはストレスを食欲に転換するタイプではないかと
思います。
>>365
あはは、そうですね。
時間的には少しずれているかも知れませんけど。
>>367,369
石川はオシャレだからたぶんクレージュ21は持っているだろうと
思って書きました。実際に着ているところを見たわけではないです。
実は、夏物のワンピはノースリーブになっていて肩が出ているので、
二の腕がむっちりしているよっすぃ〜には合わないのではと
書いてから気づきました(汗

しかしlog0076さんは良く見てますねぇ・・・・

382 :名無し娘。:2001/05/20(日) 02:15 ID:RnY6YXdA
>>380
何度見てもロゴが「北」に見える…(w

383 :名無し娘。:2001/05/20(日) 02:17 ID:RnY6YXdA
石川、ジル・スチュアートとかどうよ?

384 :名無し娘。:2001/05/20(日) 02:19 ID:vTXCimg6
ドラムさんご苦労様です。
オリメンファンの私は、最後の番外編が好きです。
とても楽しかったです。

385 :log0076:2001/05/20(日) 02:33 ID:FO7Yx1lU
>>381
石川は私服見る限りじゃオシャレではないと思うが…(マ、イイカ
スタイル良いから何きても映えるわな。。
新生タンポポ初登場の時の
http://www28.freeweb.ne.jp/play/logs/hen.jpgとかすら似合う。藁

>しかしlog0076さんは良く見てますねぇ・・・・
過去ログ読めヽ(`Д´)ノゴルア!
ってか、、こちとら去年の5月下旬から「いしよし」を見てるわけで。
今この羊のいしよしスレが湧いてるほうが不思議なのれす( ´D`)


>>383
ジル・スチュアートよか、バーバリー(ブルーレーベル)のが年齢的にもよさげかな

386 :383:2001/05/20(日) 02:41 ID:RnY6YXdA
>>385
オサレは背伸びしてこそおもろいんだよ〜なんて(w

ところで、余計なお世話だが
2ちゃんコテハンに「さん」付けは無用に思う

387 :log0076:2001/05/20(日) 02:48 ID:FO7Yx1lU
>>386
石川は顔が大人っぽい。悪く言えば老けてるからさ。。
似合ってたらなんでもいいよ(ナゲヤリ

さん付け不要。まして糞コテハンなぞに。。。藁

もう一年か。。
当時はよしごまスレが立ってたからいしよしスレ立てたっけ。
ようやく4章が終わろうとしている。。

388 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:13 ID:Ij4IeQqw
>>387
しばらく見ない間に4章はそこまでいったか。
なんか書き込んどこう。

389 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:35 ID:78RSTnoI
俺も誰かさんの小説を読んでなかったら、
こんなにいしよしにハマる事も無かったんだろうな。

390 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:41 ID:/K6x8cs2
石川の年ならジル・スチュアートは早いんじゃない?
バーバリーチェックの清楚な石川に賛成。
逆に(?)吉澤はヒスなんかでパンクに。

辻加護はミルクとか着てて欲しいですな。

391 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:41 ID:RnY6YXdA
いしよしは見た目的にも説得力があるから好きさ

392 :log0076:2001/05/20(日) 03:46 ID:OZgbDIDQ
>>389
小説からか。同じだね。

>>390
ミルクって聞いた事あるけどどういう服か思い出せんな。。
石川はハロモで着てたやね<バーバリーチェック
後にあいさがで私服として見る事ができた。スタイリストから買い取ったのかな。
吉澤がヒス好きなのは有名やね。
同系列でオゾンもええ感じやと思うけど。ヒスより癖少ないし。(私見

>>391
まー、あんだけバカップル振りを晒してたらな。藁

393 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:54 ID:RnY6YXdA
ヒスは厨房ブランドって感じがあるからちょっとなぁ…
吉澤は革モノとかクールに着こなしてほしいデス
痩せるのが大前提だけど(w

394 :名無し娘。:2001/05/20(日) 03:56 ID:aownJpnI
吉澤はオーディションの時の服は結構好きだけどな。

レディースブランドは分からん。

395 :log0076:2001/05/20(日) 04:00 ID:OZgbDIDQ
>>393
店員が(以下略
飯田や保田みたいに古着に嵌るのもよし。
ただ、今の体型じゃパンツは本人も履くのを躊躇しそうな予感。

>>394
オーディションの時の服装は、、、ブランド物ではないと思う。
ジャージは「kappa」だったけど。藁
学校指定もしくは部活動で買わされたかな。

396 :389:2001/05/20(日) 04:00 ID:e0n1CfEQ
>>392
っていうか、あんたの小説からなんだけどね。
もう、10ヶ月くらい前になるか。

397 :log0076:2001/05/20(日) 04:03 ID:OZgbDIDQ
>>396
そらぁ、お気の毒に…藁
始まったのは十ヶ月ぐらいなんだろうけど、終わったのは今年に入ってから、かもね。。

短篇二本目あたりがピークだったな(遠い目

398 :389:2001/05/20(日) 04:08 ID:e0n1CfEQ
キッカケとなったのは「You&I」だよ。
最近読み返したらそうでもなかったけど(ゴメン・・・)、
当時はかなり萌えたな。

399 :log0076:2001/05/20(日) 04:10 ID:OZgbDIDQ
>>398
そういうもんだと思うよ。
熱中していたりすると判断力は鈍るものです。

その場主義でもいい時はある(はず)

400 :名無し娘。:2001/05/20(日) 04:18 ID:e0n1CfEQ
>>399
最近はいしよし小説はたくさんあるけど、初めて読んだのはこれだった。
初めてのがこれで良かったと、今では思うけどね。

401 :名無し娘。:2001/05/20(日) 04:20 ID:DTsfPaQs
>>最近、また読んで泣きそうになったオレは・・・?

402 :log0076:2001/05/20(日) 04:23 ID:gWGQ6F9E
>>400
つうか…あの当時で「いしよし」小説となっていた作品自体が少なかったからね。。
あー…、嬉しいですな。ありがとう

get 400おめでたう。藁

昨今は「いしよし」小説が増えすぎて飽きられてるようだけど
このスレに限ってはなさそやね。。

はい、あと7時間すればハロモです
総集編@です
全部でみっつあるうちのね。ほぼ一ヶ月総集編。藁

403 :log0076:2001/05/20(日) 04:27 ID:gWGQ6F9E
>>401
人それぞれヽ(´ー`)ノケセラセラ

以上、log0076のいしよしスレ(羊)(狼)レス返しまくり紀行でした。藁

朝やん…

404 :名無し娘。:2001/05/20(日) 04:27 ID:RnY6YXdA
私としては、いしよし以外の組み合わせで萌えれること自体が不思議だ(w

405 :ドラム:2001/05/20(日) 09:34 ID:7fpdTDQ.
眠くて気絶している間にまた話が進んでますね。
皆さん感想ありがとうございます。
>>361
素直に、ありがとうございます。
気に入っていただけて嬉しいです。
>>380
掲載ありがとうございます。
しかしそんなにどぎついですか?この程度なら
渋谷とか原宿では普通かと思いますが。
>>384
感想ありがとうございます。
当初はいしよしだけで終わらせる予定だったのですが
このままだとオリメンが悪者になっちゃいますので
フォローの意味で書きました。でも簡単に終わらせるつもりが
いざ書くとかなり長くなってしまって……自分でまいた種とは
言え、辛かったです(w
>>385
ですかねぇ……石川の私服ださいっすか?
ちなみに過去ログはみんな倉庫行きになってしまっていて
探すのも辛いと言う(汗

ちなみに私は最近モー娘。にはまったので今が絶頂期です。
昔話も読んでいて面白い、ためになりますよ。もっと
聞かせて欲しいです。

406 :ななっすぃー:2001/05/20(日) 13:28 ID:gidoqn8I
>>398
同志ハケーン!!
俺もはじめて読んだいしよし(というかはじめて読んだ絡み系)小説
がそれだった。

「You and I」っていうのはやっぱりそれぞれのイニシャルからつけたのかな?

407 :401:2001/05/20(日) 13:58 ID:G/mRApfo
>>406
オレもだよ、初めて読んだいしよしが「You and I」だよ。
>イニシャル そう言えばそうだ。全然気付かんかった。

408 :名無し娘。:2001/05/20(日) 14:59 ID:US2I.FzQ
ポッキーシールでつくったいしよし壁紙できたよ
あかもってないから上げれる場所教えて

409 :名無し娘。:2001/05/20(日) 16:41 ID:2bH8.4GU
>>408
http://up.e-chome.net/upload.cgi

410 :名無し娘。:2001/05/20(日) 21:45 ID:mQD4t.T2
ハロモ、ラストで吉澤にどつかれるチャーミー…
ああいうのは仲良くないとできないよね

411 :名無しさん:2001/05/20(日) 22:12 ID:YQ8hnHhI
>410
画像もしくは動画アップきぼん。

412 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 22:21 ID:.6dP6a0Q
>>377からの続きです。

413 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 22:22 ID:.6dP6a0Q
(どうしよう…?)
それから数日、石川はずっと悩み続けていた。
今日も授業が終わっても、石川は部活に参じるわけでもなく、
ただぼんやりと一人、教室で黄昏を眺めていた。
(ののはいい子だし、お姉さんのこともかわいそう。なんとか
勝って、いいところを見せてあげたいけど…)
現状ではそれは、どう考えても不可能だ。
今のメンバーでそれが出来るくらいなら、とっくに実行している。石川
は頭を抱えた。

(他の部の部員を借りることは規則で禁止されているし…。どこの部に
も所属してなくて、運動神経抜群の人なんて、もうあの人しか…)
吉澤ひとみしか、いない。
吉澤は現在学校の部活には参加していない。
しかし、以前吉澤は、石川に言ったことがあるのだ。
『私、りかと一緒にいたいからバレーボール部に入ろうかな』
部員たちには内緒だが、石川はその時烈火のごとく怒って吉澤を追い返
した。
そんな安易な理由で、自分の大事なバレーボール部に入って欲しくなか
った。
それ以前に石川は、吉澤と一緒にいたくない。

414 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 22:22 ID:.6dP6a0Q
しかし今は、事情が事情だ。
(私が言えば、あの人、バレーボー部に入るかな…)
きっと入るだろう。
吉澤は石川にべた惚れだ。
石川の頼みなら大抵は聞く。
もっとも、石川が吉澤に頼み事をしたことなど、ただの一度もなかったが。
(でも、どうしたら…)
石川はまだまだ悩んでいた。
吉澤は石川の言うことを聞く。
けれどそれは、タダではないのだ。
要求されるのは、金銭ではない。
吉澤の『欲しいもの』は、いつもただ一つだった。

まだ決めあぐね、机に突っ伏したまま、ふぅ…と大きなため息をもらした
その時。
「きゃっ!?」
突然石川の耳たぶに、硬くて柔らかくて温かい何かが触れた。
石川は慌てて顔を上げた。
明るく、けれど裏で何かを企んでいるような笑顔が目前に迫っていた。
絶妙のタイミングで現れた彼女、吉澤ひとみは、石川の髪に触れながら
耳元で囁いた。
「どうしたの?暗い顔して」
「ちょ、離れてよ!」
石川はその手を振り払った。
耳たぶに触れたのは吉澤の唇で、吉澤はそこを軽く噛んだのだ。
こういうことをするから、石川にとって吉澤は油断がならない。

415 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 22:23 ID:.6dP6a0Q
それに石川は、吉澤の性格もイヤだが顔も嫌いだった。
男からも女からもきゃーきゃー騒がれるその容姿が、いかにも胡散臭い。
裏では何を考えているのかわからない。
ともかく石川は過剰なまでに吉澤を警戒をしていた。
自分だけは絶対にだまされるものか、と。
野良猫のように逆毛を立てて、石川は威嚇した。
「人の教室に勝手に入ってこないで!あなたは隣のクラスでしょう!?」
「そんな校則、別にないじゃない。なんか元気なさそうに机に突っ伏し
いてるから心配になっただけ」
そう言って吉澤はまた微笑んだ。

小首をかしげると、柔らかい髪が肩口でさらりと揺れる。
瞳だけ見ていると吸い込まれそうな錯覚に陥るので、石川は慌てて目を
そらす。
差し込む夕日に照らされる吉澤は、とても綺麗だった。
だから余計に石川は見たくない。

416 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/20(日) 22:25 ID:.6dP6a0Q
更新です。

417 :名無し娘。:2001/05/20(日) 22:54 ID:TVH2sYoE
ハロモニでアンカー一緒になって久々にいしよし見れると思ったのだが・・・無念。

>BW
おいおいおもしれー!!続き気になるぞー

418 :名無し娘。:2001/05/20(日) 23:00 ID:CEaPvCa2
吉澤(・∀・)カコイイ!!

419 :名無し娘。:2001/05/20(日) 23:10 ID:gwH4voGM
>>BW
いきなり耳たぶかよ(w
つかみどころないのが吉澤らしいな

420 :名無し娘。:2001/05/21(月) 00:41 ID:Nrdtjo4I
その感情は嫉妬

421 :名無し娘。:2001/05/21(月) 01:40 ID:.SDv6lU.
>>409
ありがとう。
ポッキーシールを取り込んで編集。
いしよしの壁紙にしました。
デスクトップに並べて貼ってあげてください(w

http://up.e-chome.net/morning2ch_4371.lzh

422 :log0076:2001/05/21(月) 02:05 ID:/PeZxKZA
>>421
ちゃんと見えたよ
なぜにzip…

423 :名無し娘。:2001/05/21(月) 02:13 ID:ipbIioPk
>>421
サンクス!

424 :名無し娘。:2001/05/21(月) 15:56 ID:ge26.dH6
>要求されるのは、金銭ではない。
吉澤の『欲しいもの』は、いつもただ一つだった。
よっすぃ〜・・・・ハァハァ・・

425 :名無し娘。:2001/05/21(月) 16:21 ID:4YLw6o5Q
おもしろいっす>BW
続きが読みたーいです。
>>421
どうも、感謝!!

426 :名無し娘。:2001/05/21(月) 20:14 ID:03GoD08k
ブラインド・ウォッチメイカーって名は、ドーキンスから?
現いしよし物では、新章突入のシアターと双璧で気にいった……
ときに歪み壊れゆく愛の激しさ切なさを描くのうまい>BW

427 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:29 ID:dPlNmPvY
>>415からの続きです。

428 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:30 ID:dPlNmPvY
「別に…っ、なんでもないよ。私に構わないで」
冷たく言って、石川はそっぽを向いた。
吉澤は別段傷ついたそぶりも見せず、「そう」と短く呟いてきびすを返す。
吉澤はいつもこうだ。
石川がどんなに苛ついても、吉澤は動じない。
ただ気がつくと、背後にいたりするだけで。
(こーゆーの、世間ではストーカーって言わない!?)
見守られているんだか、つきまとわれているんだか(恐らく後者だろう)、
とにかく吉澤は気がつくと常に石川の傍らにいる。
それが至極当たり前のような顔をして。

吉澤の足が、石川の席から遠のいていく。
石川の脳裏に、辻の言葉がサッとよぎった。
石川は思わず、吉澤を呼び止める。
「あっ、ちょ、ちょっと待って!」
「ん?」
吉澤がすぐに振り返る。
呼び止めてから、改めて石川はじっと手を見た。
(は…っ!?わ、わたしは一体なにを…!)
「どうしたの?」
綺麗な笑顔で、また吉澤が近づいてくる。
石川はピキンと全身を強張らせた。
(どどどどーしよう!?なんて言おう!?)

429 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:31 ID:dPlNmPvY
今までの確執から、素直に、バレーボール部に入って欲しい、とは言いに
くかった。
でも、入ってもらわなければ試合に勝てそうもない。
辻の病気のお姉さんを、喜ばせてあげられない。
(病気ってどれくらい重いんだろう?まさか、死んじゃったりとか…!)
いや、あり得るかも、と石川は背筋をゾッとさせた。
辻のあの様子はただごとではなかった。
よほど重い病気に違いない。

「りか?」
呼び止めておきながら急に黙ってしまった石川の顔を、吉澤がひょいと覗
き込む。
石川はハッと顔を上げ、そして少しだけ覚悟を決めた。
あくまで「少しだけ」だけど。
すすっ、と摺り足のような不自然な足取りで、石川は窓際に立った。
「きょ、今日は、いい天気だね」
「うん。もう夕方だけどね」
陽はもうとっくに翳っている。
が、吉澤はその点にはこだわらず、笑って受け流した。

430 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:32 ID:dPlNmPvY
「あ、明日もいい天気かなっ」
「いや、明日は雨だってさ」
「そ、そう。でも、バレーボールは雨降っても出来るよね。屋内競技
だから」
「そうだね」
「……」
そこまでが石川のボキャブラリーの限界だった。
どうにかして話題をバレーボールにつなげたいのだが、上手くいかない。
石川は気を取り直して、改めてすぅっと息を吸った。

「今年のVリーグはどうかな?日立ベルフィーユ廃部になっちゃった
けど…」
「そうなの?私はあまり興味ないから見てないけど」
「それはダメだよ!ちゃんと見てあげないと、また廃部のチームが
でてきちゃうじゃない!」
「……」
また、沈黙。
石川は必死で平静を保っていたが、本心では頭を抱えてうずくまりた
かった。

431 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:33 ID:dPlNmPvY
(どうしよう…、どうしたらいいの…っ!)
「バレーボール部に入ってほしいの?」
唐突に、吉澤が聞いてきた。
自分の世界に入り込んでいた石川は思わず、「うん」と反射的にうな
ずいた。
が、うなずいている場合ではなかった。
「えっ!?どうしてそれを…!」
「わかるよ、ふつう」
少し困ったように眉毛を下げて、吉澤が微笑む。

おかしい、と石川は訝しんだ。
極力さりげなく勧誘しているつもりだったのに、なぜわかったのだろ
うか、と。
吉澤が、机に腰掛けて言った。
「いいよ、別に。バレーボール部に入っても」
「ほ、本当っ!?」
石川の顔が、パッと輝く。
そんな石川の耳元に、吉澤はまたすいっと指を伸ばした。
「りかが、キスしてくれるなら」
「…やっぱりいい」
すぐに顔を曇らせて、石川は身をかわした。
一瞬でも喜んでしまった自分がバカみたいだと思った。

432 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/21(月) 20:40 ID:dPlNmPvY
更新です。

>>426
そうです。ドーキンスからです。意味はあるようなないような(謎
小説の方気に入ってもらえてうれしいです。でも、それはちょっと
誉めすぎかも(w 私は誉められると図に乗ってしまう方なので。

433 :名無し娘。:2001/05/21(月) 21:21 ID:fridGE7Y
>>432
いやいや、あなたの働きぶりを見てるとホント、
敬服いたします。いろんなスレで書いてるんだもん。

434 :名無し娘。:2001/05/21(月) 23:12 ID:nLPQV7.I
カタクナな石川 (・∀・)イイ!!

435 :名無し娘。:2001/05/22(火) 00:19 ID:/UABhI8U
またまた良い所で・・・(w めっちゃオモロイわ。
キス迫る吉澤(・∀・)イイ!!

436 :たまご:2001/05/22(火) 09:22 ID:Qy4RCp4o
学校サボっちゃったし続き書くかな。
>>305
からのつづきです。

437 :たまご:2001/05/22(火) 10:46 ID:Qy4RCp4o
あかん・・・・
やっぱ夜に更新しますわ。

438 :名無し:2001/05/22(火) 12:46 ID:4nOQdxG6

>>437
なんやねぇ〜ん!(w

439 :名無し娘。:2001/05/22(火) 13:45 ID:saFxDgYk
>>438
いや、436から437の一時間半の間に
様々な葛藤があったと思われ。

440 :名無し娘。:2001/05/22(火) 17:33 ID:yZhxANnM
人生たかだか80年 やりたい事をやるべし

441 :名無し娘。:2001/05/22(火) 19:31 ID:81zP.mo6
紫板のオムニバス短編集で萌えるいしよし短編見つけた。
詳しくは↓で
http://www.ah.wakwak.com/cgi-bin/sbox/~yosk/hilight.cgi?dir=purple&thp=989646261

442 :名無し娘。:2001/05/22(火) 20:56 ID:wttv2VhU
>>441
いしよしマンにワラーリした
こういうおバカなのもいいね

443 :名無し娘。:2001/05/22(火) 20:57 ID:jMFk6/dk
最近名作集あんまり萌えるものが少ない。
B.Wさんのが今一番つぼ。

444 :名無しさん:2001/05/22(火) 23:23 ID:L7jYS72M
>441
「とおいところへいっちゃったきみへ。」がある意味そーとー萌える。
せつねー・・・。

445 :名無し娘。:2001/05/22(火) 23:36 ID:U47NYhTg
>>442
同じくいしよしマンが良かった!普通の小説もいいけど、
あーいう有名アニメ、マンガのパロディも見たいね。
配役もバッチリだったし。特に市井が・・・(w

446 :名無し娘。:2001/05/22(火) 23:48 ID:u81Ew4lY
たまご待ちだYo!

447 :たまご:2001/05/23(水) 09:44 ID:1fG95V/2
吉澤視点

矢口さん・・・・ホント綺麗だなぁー・・いつもとはちょっと違うよねぇー
「ん?よっすぃ−どうかした?じっと顔なんか見ちゃってさ」
「あ、いや・・・綺麗だなって・・・・」
つい、思ったことを口にしてしまった・・・・・。
「ば、ばか照れんじゃんか・・・・」
顔を真っ赤に赤らめてる矢口さん・・・・かわいい・・!
ん?あ、そういや梨華ちゃんは?・・・・
と、そこへあいぼんが走って後ろからやって来た。
「ねぇーあいぼん、梨華ちゃん知らない?」
「あ、まだトイレのあたりにおったと思うで、なんか泣きそうな感じやったけど・・・・。
よっすぃ−なんか知らん?」
「な、泣きそう!?ホントに!?」
「そうやけど・・・」
「ちょっと私見てくる!す、すいません矢口さん先行ってて下さい!」
それだけ言って私は猛スピードで駆け出した。
矢口さんの返事を待ってると絶対「行かないで・・・・」って言われるのが
おちだから。それ言われちゃうと動けないんだよね・・・。
しばらく走ると誰もいない廊下で一人たたずんでる梨華ちゃんが私の目に飛び込んできた。
「梨華ちゃん・・・・」
「ひとみちゃん?」
「はぁ、はぁ・・・もう、心配させないでよね」
私は優しく梨華ちゃんを抱き締めた。
と、同時に梨華ちゃんは私の胸の中で静かに泣き始めた。

448 :たまご:2001/05/23(水) 10:09 ID:1fG95V/2
「梨・・・華ちゃん・・?」
「ご、ごめん・・しばらくこうさせてくれないかな?」
「う、うん・・」
梨華ちゃんの久しぶりに見る泣き顔は私に相当衝撃を与えた。
梨華ちゃんは声を押し殺し静かに静かに私の胸の中で泣き続けた。
「ゴメン、ゴメン・・・・ゴメンね・・」
時折、そうつぶやき私の服をギュ−ッと握り締めて泣いてる。
と、そこへ不意に私の携帯がけたたましい音を出してなり始めた。
「で、出てよ・・」
泣きながら梨華ちゃんは私を促した。
「うん・・・・はい、吉澤です・・」
『あ、よっすぃー?』
携帯のディスプレイの画面を見ずに電話に出た。だからちょっと意外な電話の主に
驚いちゃったよ。
「ごっちん?」
『そうだよ。ってか梨華ちゃんは?よっすぃーも早く戻って来ないとマネージャーさんから
雷落ちるよ。』
「う、うそ・・・・」
『そろそろ限界かもよ・・・・』
「わ、わかったよ!すぐ行くから、そう言っといてよ」
『うん、伝えとくよ。』
「じゃあ切るね、バイバイ」
私は電話を切って未だ泣き止まない梨華ちゃんにことの事情を話した。
「・・・・そ、そういうことだからさ・・いこっか・・ね?」
「うん・・・ゴメンね・・迷惑ばっか・・・」
「いいんだよ。梨華ちゃんの為ならさ、」
「え?・・・・」
なんか梨華ちゃんいいたそうだったけど無視して腕を掴み猛スピードで走り出した。

449 :たまご:2001/05/23(水) 10:13 ID:1fG95V/2
今のとこはこの辺でストップっちゅ−ことでええかな?
今日は後何回か更新の予定ですわ。
感想なんかあったらうれしーなーなんちって・・・・・

450 :名無し娘。:2001/05/23(水) 12:14 ID:ywVL9VBU
オモシロイ!キタイシテルヨ

451 :名無し娘。:2001/05/23(水) 12:25 ID:dZim1tS6
>>たまご 面白い!今までに無い形だけに良かったぞ!!

452 :名無し娘。:2001/05/23(水) 13:49 ID:8kjgR60A
おもしろーいよ>たまご
普通の感想ですみません
今日夜勤なので、更新されることを
願いながら寝ます。明日の朝が楽しみだ

453 :名無し娘。:2001/05/23(水) 15:09 ID:iiBZ.ePg
俺こういうのダメ。

454 :名無し娘。:2001/05/23(水) 16:52 ID:oJl/xPro
俺はこーいうの大好きだけどなー 続きをよろしく

455 :名無し娘。:2001/05/23(水) 18:27 ID:HiPY3joI
>>450
ありがとうございます。頑張りまっせ−
>>451
いやーなんかめっちゃうれしいなー
マジでうれしい・・・・
>>452
面白いっすか・・・うれしい・・・
夜勤ですか・・・がんばってくださいね。
>>453
だめっすか・・・・・
>>454
大好きですか・・・真剣にうれしい・・
続き頑張ります!

そんじゃー続きスタート!

456 :たまご:2001/05/23(水) 18:28 ID:HiPY3joI
名前入れるの忘れた・・・・しかもあげてしまった・・・
どうしよう・・・・やばい・・かな?

457 :名無し娘。 :2001/05/23(水) 18:51 ID:Tp9EGJMQ
うん、大丈夫

458 :たまご:2001/05/23(水) 20:24 ID:HiPY3joI
さがったとこで続きスタート!

459 :たまご:2001/05/23(水) 20:55 ID:HiPY3joI
私と梨華ちゃんは私が一生懸命走ったおかげですぐに移動の為のバスの
ある駐車場まで着いた。
「あ!よっすぃーこっちこっち」
ごっちんが一人バスから出て私たちに手招きをした。
場所を確認して私は梨華ちゃんの腕を掴んでゆっくりとごっちんの
とこまで行った。
「もう、2人とも・・・早く乗ってよ。」
ごっちんはそれだけ言って足早にバスに乗り込んでいった。
「梨華ちゃん・・・行こうか?」
梨華ちゃんは泣きやんでいるものの目を真っ赤に腫らしてる。
あー多分今入ったら責められんだろうな・・・・。
「梨華ちゃん?聞いてる?」
「え?あ・・・うん。行こう」
梨華ちゃんが自ら腕を組んできた。
私はそのままの状態で梨華ちゃんとバスに乗り込んだ。

バスに乗り込むとマネージャーさんが仁王立ちして待っていた。
「吉澤!石川!今まで何やってたの!」
「あ・・・いや・・・その・・」
「○○さんもういいじゃないですか。ちゃんと戻ってきたんだし」
さっすが飯田さん頼りにしてますよ。
「でもね・・・・今許すと・・」
「さ、2人ともこっちおいで」
飯田さんと保田さんがバスの後ろから手招きしてる。
飯田さんが言うならいいよね?
ってことでごちゃごちゃうるさいマネージャーさんを無視してバスの後方の
二人用の席に座った。
「ねぇねぇ、二人ともどこ行ってたの?」
前の席に座ってるごっちんが聞いてきた。
「ってか石川泣いてたんじゃないの?」
保田さんが梨華ちゃんの目の腫れにいち早く気づいた。

460 :たまご:2001/05/23(水) 21:40 ID:HiPY3joI
「あ、ホントだ!石川、目腫れてんじゃん」
次に気づいたのは飯田さん。
「ん?ほんまや、梨華ちゃん目腫れとるやんか」
「あ、はれてるのれす。なにがあったんれすか?」
みんなからの一斉の言葉は梨華ちゃんを固まらせるだけだった。
「あ、ゴメン・・今、そのことに触れないで」
せめてもの気遣いで私はみんなに言った。
梨華ちゃんは震えてずっと私にしがみついてきてた。
私の言葉を聞いてみんな私たちの周りから姿を消して違うことをしだした。
中澤さんがいたら事細かに詮索してくるだろうけど
いないからちょっと一安心。
卒業は寂しかったけどこういう面では助かった・・。

ってあ!矢口さんのこと忘れてた・・・・・。
バスの中を見回すと一人用の席にポツンと座って窓の外を眺めている矢口さんがいた。

461 :たまご:2001/05/23(水) 21:42 ID:HiPY3joI
今日はこの辺で終了です。
もしかしたら夜更新するかも・・・・。

462 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 21:55 ID:l9A7Wt.I
>>431からの続きです。

463 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 21:56 ID:l9A7Wt.I
「そーゆー交換条件を出してくるなら、頼まない!」
「大した条件じゃないと思うけどなー」
心底がっかりしたように、吉澤が言った。
「私はりかがずっと前から好きだし、りかも私のこと、好きだし。問題
ないじゃない。ぜんぜん」
「あのねっ!」
石川はムキになって吉澤に詰め寄った。
「私がいつ、あなたのことが好きだなんて言ったのよ!?ちょっとちや
ほやされているからって、自惚れないでよねっ」

「ほら、そーゆーところ」
背伸びして突っかかってくる石川の腰を、ぎゅっと吉澤が両腕で抱いた。
しまった、と石川があせった時にはもう、石川の体は完全に捉えられて
いた。
「そーやって他の人みたいに媚びないところとか、時々私のこと盗み見
て赤くなっているところとか」
「赤くなってなんかいません!離して!」
「すぐムキなるところか、凄い好き」
「やだぁっ!!」
ぺろ、と吉澤の舌が、猫のように石川の頬を舐めた。
石川の爪が、吉澤の制服の背中に深いしわを刻み込む。

464 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 21:58 ID:l9A7Wt.I
「こっ…こういうことするからやなのよ、あなたが!」
「なんでー?気持ちいいでしょう?」
明らかに楽しんでいる様子で、吉澤はさらに密着してくる。
ぐぐーっと両手それを押し返しながら、石川はあまり使いたくはなかった
切り札を出した。
「お姉さんが、病気なの!」
「お姉さん?りかの?」
「ちがう、私のじゃない。のののお姉さん」
吉澤の目が、一瞬きょとんと見開かれる。

チャンスだとばかりに、石川はさらにたたみかけた。
「どうやら不治の病らしいの。すごく重いんだって。ほんとなんだよ。それ
で、そのお姉さんがバレーボールが好きで、あなたのファンでもあって…
私たちが試合に勝つのを楽しみにしているの。だから…っ」
もしもこれが間違ってて不治の病じゃなかったらごめんなさい、と石川は心
ので謝った。
吉澤は相変わらず、鳩が豆鉄砲でも食らったような顔つきで石川を見ている。
しめしめ、と石川はほくそ笑んだ。
ここまで言えば、協力するだろう。
少々汚い手のような気もするが、別に嘘はついてはいない。
少しでも人の心があるならば、きっと協力してくれるに違いないはず…。

465 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 22:00 ID:l9A7Wt.I
「だから、なに?」
「……え?」
いけしゃあしゃあと、吉澤は言ってのけた。
「それと私がバレーボール部に入ることと、何の関係があるの?」
「えっ!?あの、だから…っ、お姉さん、かわいそうじゃ…」
「かんけーないよ、そんなの。私には知らない人だし」
「ちょっと!あなたには人の心ってものがないの!?」
石川が激高する前に、吉澤はさらに顔を近づけてきた。
「入部しろっていうならするよ。ただし、私が聞くのはりかのいうこと
だけ」
「…うぅ…っ」
その『意味』をよくわかっているだけに、石川は決して喜べない。

「ね?りか」
囁いて、吉澤はそっと目を閉じた。
何を要求されているのかなんて、聞かなくてもわかる。
石川はじっと唇を噛んだ。
それからおもむろに、つま先で背伸びして。
石川の唇が、ほんの少しだけ、吉澤の頬に触れた。
吉澤が目を開ける。
「…したよ…っ」
妙に偉そうに、でも耳まで真っ赤にして、石川は吉澤を上目遣いで睨ん
で言った。

466 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 22:03 ID:l9A7Wt.I
吉澤は笑いをかみ殺し、わざと呆れたような声を作って頭を掻いた。
「私、忙しいんだよね」
「なにがっ?」
恥ずかしいのを我慢して言うことを聞いたのに、と石川が気色ばむ。
吉澤の双眼に、不穏な光が宿った。
「今、モデルの仕事本格的にしないかって話、きてるしさ。他にも色々
ね。そーゆー時に、時間を割いてバレーボールするわけだからー」
「…何が言いたいのっ?」
「この程度じゃ、全然足りないよ」
にやりと笑って、吉澤は石川の唇を指でなぞった。
石川はますます下を向き、眉を寄せるばかりだ。

467 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 22:04 ID:l9A7Wt.I
更新です。

468 :名無し娘。:2001/05/23(水) 22:30 ID:ceQQHn2.
>>466
モデルに誘われる吉澤…
現実も早くこうなるといいなぁw

469 :名無し娘。:2001/05/23(水) 22:38 ID:xOaVrQT.
>たまご
一人孤立する矢口が切なくて(・∀・)イイ!
>BW
前半誤字が多い気が・・・。疲れてるのかな?
とりあえずいじわるよすぃが(・∀・)イイ!感じです。(w

470 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 23:25 ID:eMZPXyH.
>>468
大丈夫だYo!と、信仰者のように祈ってみる。

>>469
疲れてます(w

471 :名無し娘。:2001/05/23(水) 23:42 ID:ceQQHn2.
勝手に転載 http://up.e-chome.net/morning2ch_4571.jpg
吉澤かっこかわいいね

472 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/23(水) 23:51 ID:eMZPXyH.
>>471
なかなかいいー。できれば髪を(略

473 :名無し娘。:2001/05/24(木) 00:13 ID:YlpHgwGI
>>たまご
何気に辻が・・・(w おもろいで〜!

>>BW
とっても有りそうな石川の表情に萌え〜♪

474 :log0076:2001/05/24(木) 00:17 ID:ks2JIrHE
>BW
パラレルものだから仕方ないんだろうけど、、
台詞の内容で話に入れなくなることがあるかな…

475 :ナナツ:2001/05/24(木) 01:37 ID:KklH2hqg
>>471
髪の毛ヒドイ・・・。

476 :名無し娘。:2001/05/24(木) 02:11 ID:uwCFLz16
>>471 不思議の国のアリスのウサギみたいだ(w

( T▽T)<ここどこ!?
(((0^〜^0)<急げ急げー!
( ^▽^)<あっ、よっすぃーだ! 助かったぁ!
(((0^〜^0)<用事があるんだよぅ! 忙しいんだよぅ!!
(;^▽^)<え…ちょ・ちょっと待ってよ、よっすぃー!!
(0゚〜゚0)<待てないYo! 怒られちゃうじゃん!!
( T▽T)<…そんなぁ、ヒドイ

477 :名無し娘。:2001/05/24(木) 08:18 ID:F2MMihec


  あげ

478 :名無し娘。:2001/05/24(木) 12:02 ID:HI1G7MlE
>>476
いいなこれ(w

479 :名無し娘。:2001/05/24(木) 12:05 ID:sDGiWypo
モー。たい、期待していいのかねぇ…

480 :名無し娘。:2001/05/24(木) 13:18 ID:KCjq8fFk
石川の足ツボ・・・だよな?
今日のモー。たいは?
なのに何故か料理対決とかラテには書いてあるが?

481 :名無し娘。:2001/05/24(木) 13:30 ID:f/5ml.tk
>>480
足ツボはお蔵入りの可能性有り…らしい

482 :名無し娘。:2001/05/24(木) 19:05 ID:drkn0l9I
>>たまご>>BW
あなた達二人マジで(・∀・)イイ!!

483 :名無し娘。:2001/05/24(木) 20:21 ID:/Bv33Sd.
モーたい、萌え所無し
吉澤が料理の戦力にならないことを再確認した(w

484 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/24(木) 23:26 ID:UOUxcPyE
>>474
違和感…?
どこをどう現実とリンクさせるのか、あるいはパラレルをパラレルとして割り
切らせるのか、そのバランスが難しい。勢いで書いているときは、そういう部
分の配慮というか工夫が疎かになりがちです…。

485 :名無し娘。:2001/05/24(木) 23:32 ID:3MN2huLE
>>484
オモシロイから、気にするなYo

486 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/24(木) 23:48 ID:UOUxcPyE
とかなんとかいいつつ

( ^▽^)<♪マイペース マイペース

更新は明日、かな。

487 :たまご:2001/05/25(金) 00:26 ID:u7gNrKpk
ネタが思いつかんので名作集で前に書いたやつをコピペで紹介します。
これは私が書いたやつだからなんの問題もありません!

488 :たまご:2001/05/25(金) 00:33 ID:u7gNrKpk



「梨華ちゃんさー好きな人いんの?」
「え?うーん・・・・・ひとみちゃんには内緒」
ここは誰もいない楽屋、早く来すぎてしまった二人はなにやら会話中。
「あたしさー梨華ちゃん好きなんだよね」
そう言ってひとみは梨華を後ろから抱き締めた。
「ちょ、ちょっとひとみちゃん?」
「好きなんだ。梨華ちゃんが」
梨華の肩に顔をうずめてひとみが言った。
「や、やめてよ!」
梨華はそう言うとひとみを突き飛ばした。
突き飛ばされたひとみはよろけながら梨華に近づいてきた。
「痛いなー梨華ちゃん。」
そう言いながらどんどんひとみは梨華に近づいてきた。
「い、いや・・・・来ないで・・・」
「私は梨華ちゃんが好きなんだよ。」
「いや・・・・」
ついに梨華を捕らえたひとみは梨華を前から思いっきり抱き締めた。
「やめて・・・・・」
そんな梨華の言葉など聞こえていなかったように、ひとみは梨華の
唇にキスを落とした。
気が付くと梨華は涙を流していた。
「なにも、泣くことないじゃん」
「・・・・・・・・」
「あーあ、もういいよ。ジュース買ってこよっと」
ひとみは財布を持って楽屋から出て行った。
残ったのは無理に抱き締められて服が乱れ涙を流している梨華ただ1人。

489 :たまご:2001/05/25(金) 00:34 ID:u7gNrKpk

そんな梨華のもとにやってきたのは、後藤だった。
『ガチャ』
「おはよー!」
「あ、ごっちん・・・・今日は早いんだね。」
「うん、なんか早く起きちゃってさ。それよりなんかあった?」
「え?なんもないよ」
「うそ。だって泣いてんじゃんか、梨華ちゃん」
「ホントなんでもないよ」
「そう?だったらいいんだけどさ。なんかあったら言ってね」
「うん、ありがと」
「じゃあ、私ジュース買ってくるよ。」
そう言って真希は楽屋から消えていった。
(こっから石川視点で)
ひとみちゃんはなんであんな事・・・・・。いつものひとみちゃんじゃないよ。
私の大好きなひとみちゃんじゃないよ。なんで?好きって言ってくれたのは
うれしかったよ。でも、無理やりあんなこと・・・。あんな、あんな事。
とりあえず、私は服の乱れを直して、近くの椅子に腰掛けた。
と、そこへごっちんとひとみちゃんが戻ってきた。

490 :たまご:2001/05/25(金) 00:35 ID:u7gNrKpk

「そうそう、それでねー・・・・・」
「えーマジで?ちょーうけるじゃんそれさー」
『ガチャ』
「あ、梨華ちゃんの分も買ってきたよ」
ごっちんに手渡されたのはコーラの缶だった。
「あ、ありがとう・・・・・」
「さ、元気出して!」
ごっちんは私の肩を叩いた。
「うん!」
ごっちんの一言ですごい元気が出た。
そして、次々にメンバーは集まってその日の仕事が始まった。

仕事が全部終わって帰ろうとした私にひとみちゃんが話し掛けてきた。
「ねぇ、梨華ちゃんこの後なんかある?」
「え?ないけど・・・・なに?」
あんなことされた後だったからひとみちゃんに対する警戒心はすっごくあった。
「どっかご飯でも食べに行かない?2人でさ」
「う、うんいいよ・・・・」
私とひとみちゃんはこじんまりとしたイタリアンの店に行った。
店の人も私達に気を使って奥の席を用意してくれた。
席について一通りのものを注文すると、私はひとみちゃんに今朝のことを聞いた。
「ひ、ひとみちゃん?」
「なに?」
「け、今朝のことなんだけど・・・・・・」
「ああ、あれね。私さあれ本気だから。」
「えっ?」
「本気で梨華ちゃんが好きだから」
「・・・・・・・」
「私は真剣だから」
「じゃ、じゃあなんであんなこと・・・・・なんで嫌がられることするの?」
「ああするのが一番はやいじゃん。ってそんなに嫌だったの?
そうは見えなかったけど」
ひとみちゃんは不気味な笑みを浮かべた。
「い、嫌だったに決まってんじゃんか・・・・・」
「ふーん。ま、いいけどね。」
余裕の笑みを浮かべたひとみちゃん。なんか怖いよ・・・・・・
そしてしばらくの沈黙が続いた。しかし、その沈黙はひとみちゃんによって破られた。
「あ、そうだ・・・梨華ちゃん今日うちに泊まってね。」
「へ?何いってんのよ。行かないよひとみちゃんの家なんて」
「あーひどーい。せっかく誘ってあげたのにさ」
「行きたくなんかないもん・・・・・・・行きたくなんか・・・・・・」
そこへ料理を持ったウェイトレスがやってきて、頼んだものを綺麗に並べて
消えていった。
「さ、食べようよ。冷めちゃうからさ。」
「あ、うん・・・・・」

491 :たまご:2001/05/25(金) 00:36 ID:u7gNrKpk

私達は食事中何の会話もなしに食事を終えた。
そして、ひとみちゃんが立ち上がったから私もそれに付いてレジに向かった。
ひとみちゃんが全額払おうとしたから、私は慌てて財布を取り出して払おうとしたけど
それはひとみちゃんに阻まれた。
お金を出そうとする私の手を握って私に向かって微笑んだ。
払い終えるとさっさとひとみちゃんは足早に店から出た。
私もそれに続く。
「ねぇ?いくらだったの?」
「いいよ。別にさ私が誘ったんだから」
「でも・・・・」
「あ、そうだ梨華ちゃんは今日うちに泊まるんだよね?」
「誰もそんなこといってないじゃんか」
そんな私を無視してひとみちゃんはタクシーを拾った。
「さ、乗って梨華ちゃん」
キツクひとみちゃんが私の腕を掴んでいった。私はどうしてもあれに逆らえなかった。
「あ、××××に行ってください」
タクシーはひとみちゃんの家に向かって走り出した。

492 :たまご:2001/05/25(金) 00:36 ID:u7gNrKpk

「さ、入ってよ。」
ひとみちゃんに掴まれた腕はタクシーがひとみちゃんのマンションにつくまで
離されることはなかった。私は確信した。もうこの人からは逃げられないよ。
「結構広いんだね・・・・・」
最近1人暮らしを始めたひとみちゃんの家にくるのは初めてだった。
私は促されてシンプルな綿で出来たベージュのソファーに腰掛けた。
「そ、そろそろ離してくれる?」
腕はまだ掴まれたままだった。
「やだよ。離したら梨華ちゃん逃げちゃうでしょ。」
「・・・・・・・」
私は何にも答えられなかった。確かに今、腕を離されたら確実に逃げちゃうと思う。
「ほら、何にも答えられないんじゃんか。だからはなさいよ」
ひとみちゃんがそう言い放った瞬間思いっきり腕を引っ張られひとみちゃんに
押し倒された。
ひとみちゃんの綺麗な顔が私の顔に今にも付きそうなぐらい近くにあった。
ひとみちゃんの小さな息が私の顔にずっとあたってる。
私達はしばらく見つめあった。
「ひ、ひとみちゃ・・・・・」
ひとみちゃんって呼ぼうとした瞬間、私の唇がひとみちゃんの唇で塞がれた。
離そうとしてもひとみちゃんの力にはかなわない。
そして、ひとみちゃんの舌がだんだん私の口の中に入って来る。
入ってきた舌は無理やり私の舌を絡ませようとする。
いくら拒もうとしてもどんどん舌は侵入してくる。
ついには大量の唾液を入れられた。とうとう我慢できなくなった私は
精一杯の力でひとみちゃんを突き飛ばした。

493 :たまご:2001/05/25(金) 00:36 ID:u7gNrKpk

「痛いよー、梨華ちゃん。これからだったのにさー」
ひとみちゃんはどんどん私に近づいてくる。
ソファーに座ってる私にひとみちゃんは腰を折り視線を合わせてくる。
「や、やだ・・・・やめて・・・もう近寄らないでよ・・・・・」
そんな私の言葉は完全無視でひとみちゃんはもう一度私を押し倒した。
「やめてよ・・・・・も、もう・・・・・・」
私は知らず知らずのうちに涙を流してた。
それに気づいたひとみちゃんは私から離れてソファーとテーブルの間の
床に座り込んだ。私とは背中合わせに座って表情がよく見えない。
「ゴメンね・・・・・・あ、あたし・・・・・あたし・・・・」
聞こえるか聞こえないかの声でひとみちゃんが言った。
「なんでこんなこと・・・・」
私はソファーに座りなおしてひとみちゃんに聞いた。
「スキなんだ・・・梨華ちゃんが・・・・どうしようもないぐらい好きなんだよ」
ひとみちゃんは涙を流しながら私のほうに向いて言った。
「だったら、何でこんなこと・・・・・なんでこんな嫌がることするの?
こんなひとみちゃん好きじゃないよ・・・私の好きなひとみちゃんじゃないよ」
「え?好きって言った?梨華ちゃん好きって言った?」
「あ、いや・・・・・それは・・・・・」
「梨華ちゃん好きって言ってよね?」
ひとみちゃんは私の両腕を掴んで思いっきり揺さ振った。
「うん・・・・・言ったよ・・・私はひとみちゃんが大好き・・でも、今のひとみちゃんは
だいっ嫌いだよ!」
「そうだよね・・・・嫌いだよね・・・こんな奴さ・・」
「でも・・・・このひとみちゃんは大好き!」
私はひとみちゃんに思いっきり抱きついた。
さっきとは反対に私が押し倒す結果になった。

494 :たまご:2001/05/25(金) 00:37 ID:u7gNrKpk

「乱暴なひとみちゃんなんて嫌いだよ・・・」
「梨・・・・華ちゃん」
「その顔だよ。」
「え?なに?」
「私はそのひとみちゃんの顔が好き。純粋なひとみちゃんの顔が好きだよ。」
「あ、ありがと・・・・うれしいよ・・・」
ひとみちゃんはかなり照れてる。この顔も好きだな。
「乱暴じゃなければ・・・・・さっきの続き・・・・」
「梨華ちゃん・・・・いいの?」
「うん・・」
「じゃあ、向こういこ」
ひとみちゃんが指差したのはひとみちゃんの寝室。
「うん・・・・」
私がひとみちゃんの上から降りるとひとみちゃんは立ち上がって
私を思いきり抱き締めた。
その瞬間私は体が浮き上がったかと思うとひとみちゃんが私を抱っこしてた。
私はひとみちゃんに思いっきり抱きついて寝室に運ばれた。
ベットにそっと寝かされて、甘い甘いキスをした。

これから私たちの長い夜が始まっていく・・・・・・・

 END

495 :たまご:2001/05/25(金) 00:39 ID:u7gNrKpk
どう・・・ですかね?
とにかく感想が欲しいです!
名作集だとレスつかないときとかあっていいのか
悪いのかの判断がつかなくなるんでね・・・。

496 :log0076:2001/05/25(金) 00:54 ID:wz8..B/.
>>484
いや、読者の愚痴なのでむつかしく考えなくてもいいっす。藁
勢いがあるうちが華。。

497 :名無し娘。:2001/05/25(金) 02:22 ID:qbhVXfGs
>>495
いいんでないかい?って言っても、山ほどいしよし小説
読んだから、良いとか悪いとかがよう分からなくなってるんだけど(W

498 :名無し娘。:2001/05/25(金) 10:46 ID:2w.Cqjd.
>>496
logは人に注文付けてる暇があったら
早く狼のいしよしAAスレ更新してくれ…

499 :名無し娘。:2001/05/25(金) 15:53 ID:Z5gkU/2Y
>>495
これまたええと思うでー。最近いしよし小説の質が上がったかと・・・・
ところで最近絡みがない二人だが・・・いつになるのやら・・・・

500 :たまご:2001/05/25(金) 21:19 ID:wA83osac
矢口視点

今、矢口はすごい幸せ。よっすぃーが隣にいてくれる。この上ない喜び・・。
そんな矢口の喜びを一瞬にして消えさせたのは加護だった・・・・・。
加護は後ろから焦るように走ってきた。
「ねぇーあいぼん、梨華ちゃん知らない?」
よっすぃー何でそんなこと聞くの?
矢口・・・辛くなってくるよ・・・・。
「あ、まだトイレのあたりにおったと思うで、なんか泣きそうな感じやったけど・・・・。
よっすぃーなんか知らん?」
泣きそう?石川が?なんで?
「な、泣きそう!?ホントに!?」
「そうやけど・・・。」
や、やだよ・・・よっすぃー行っちゃダメだよ・・・よっすぃー・・・
「ちょっと私見てくる!す、すいません矢口さん先行っててください!」
そう言ってよっすぃーはすごいスピードで今来た道を逆方向に走り出した。
「よっすぃー・・・・・」
無意識に声に出してしまった・・。
「あ、あのさ・・・・加護・・・」
泣きそうな自分を必死にこらえさせて加護に話し掛けた。
「なんですか?」
「さ、先に行ってくれないかな?矢口忘れ物しちゃったからさ・・・・・」
加護は勘のイイ子だから多分矢口の嘘は簡単に見破られるだろうな。
「わ、わかりました・・・。マネージャーさんには伝えときますから・・・・。」
加護はそう言って静かな静かなテレビ局の廊下に『タッタッタッタ』と
靴の音を響かせて走り去っていった。
加護がいなくなったのを確認すると矢口は人目に付かない通路奥のベンチに座って
声を押し殺し泣き始めた。

501 :たまご:2001/05/25(金) 21:34 ID:wA83osac
保田視点

「あちゃー忘れちゃったよ。取って来ないと・・」
「どしたの?圭ちゃん」
「あ、カオリ・・タオル忘れちゃってさ・・・ちょっと取ってくるよ。」
「わかった。伝えとく」
「サンキュ!じゃ、行ってくる」
私は自分のタオルを楽屋に忘れてきたことに気付き今来た道をダッシュで戻った。
少し走ると誰かがすすり泣くような声が聞こえてきた。
全体を見渡しても誰もいない。
でも、声だけはちゃんと耳に届いてる。
「圭・・・ちゃん?」
不意に誰かに後ろから呼び止められた。
それは小さな体を小刻みに震わせながら泣いている矢口だった。

502 :名無し娘。:2001/05/25(金) 21:37 ID:qbhVXfGs
おおっ!?波乱の予感!?

503 :たまご:2001/05/25(金) 21:46 ID:wA83osac
「矢口・・・・どしたの?何で泣いてるの?」
矢口は返事をしないでずっと泣いている。
「圭ちゃん・・・」
そう言って矢口は私の胸の中に顔を埋めて泣いていた。
「矢口・・・何があった?」
「よっすぃーが・・・・・よっすぃーが・・・」
「吉澤?吉澤になんかされたの?」
矢口はまた黙ってしまった・・・。
「や、矢口・・・そろそろ戻らないと・・・お、怒られるから・・・
だからさ・・・戻ろうよ。」
「うん・・・」
そう言うと矢口は私の腕を強く掴み必死にしがみついていた。

何があったのかは聞かなくても大体想像できる。
吉澤・・・この名前を聞けばメンバーなら誰でもわかるんじゃないかな。
矢口の今の精神状態は普通じゃない。
誰かに頼らなければ誰かを頼らなければ矢口が普通にいられることは出来ないだろう・・・・。
そんな矢口を見てるとこっちまで胸が苦しくなってくる。

私は矢口とともにゆっくりと歩き出した。
「あ、そうだ・・・矢口これ着けたほうがいいよ。」
私は自分のカバンの中からサングラスを取り出した。
これなら矢口の目の腫れを気付かれずに済むかもしれない。
「・・・・あ、ありがとう・・。」
矢口はそう言ってサングラスを受け取り私の腕を掴んでない方の手で
サングラスをかけた。

504 :たまご:2001/05/25(金) 21:47 ID:wA83osac
えーっと今日はここまでです。
感想かなんかあったらレス下さい。

505 :名無し娘。:2001/05/25(金) 22:38 ID:o0YygyoU
やっぱ(#´▽`)´〜`0 )だな

506 :名無し娘。:2001/05/25(金) 22:40 ID:qbhVXfGs
矢口どうしたぁ!?

507 :名無し娘。:2001/05/25(金) 23:09 ID:.oPsJetM
俺もやっぱ(#´▽`)´〜`0 )だな

508 :log0076:2001/05/25(金) 23:18 ID:E8hnhJtk
>>498
ごめんね。
今週は作品のことまで頭回らんよ…
小説もやってないわけでなし。。

509 :名無し娘。:2001/05/25(金) 23:35 ID:HpZigbQU
うむ。(#´▽`)´〜`0 )だな

510 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:05 ID:FIOVEN8Y
>>466からの続きです。

511 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:07 ID:FIOVEN8Y
「ねえ、りか…?」
吉澤の手が、石川の制服の胸元に差し入れられる。
普段なら「ふざけないでよっ!」と怒鳴って手を振り払って立ち去
るところだが、今日の石川は逆らわない。
(このくらい…っ)
なんともない、と思いたい。
(この程度で、誰が怖じ気づくもんですか)
同い年のくせに、いつも自分を子供扱いする吉澤の態度が気にくわ
ない。
キスされたって、それ以上のことをされたって、鼻で笑って無視し
てやる、と石川は意地になりつつあった。
それでバレーボール部の戦力を得られるのなら、安いものだ、と。

512 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:08 ID:FIOVEN8Y
「きゃっ…!」
直接肌に触れられて、石川は喘いだ。
吉澤の指先が、きゅっと石川の胸の突起をつまんだ。
「かわいい、りか」
爪の先でそこをこすられるたびに、得も言われぬ痺れが石川の全身
に走る。
吉澤は石川を机に座らせると、ひどく楽しそうな仕草で石川の上着
を脱がせ始めた。
石川は慌ててドアを見た。
「人が…っ」
「誰も来ないよ、鍵も閉めてある」
(最初っからそのつもりだったのっ!?)
確かに教室の鍵は、いつの間にか閉められていた。
吉澤が入ってくるときにちゃんと閉めたのだろう。
吉澤のそんな用意周到なところも、石川は嫌いだった。

513 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:10 ID:FIOVEN8Y
夕闇の教室に、石川の乳房が浮かび上がる。
はだけられたブレザーの裾を握って、石川は目をそらし続けた。
「女同士なのに、わ、私の胸なんか見て…、なにが、楽しいの…っ!?」
吉澤に胸を触られながら、石川は毒突いた。
吉澤が床に膝をつき、石川の裸の胸に顔を寄せる。
あ、と石川が目を見開いた時にはもう、吉澤の唇は石川の乳首を捉えて
いた。
熱く濡れた感触が、石川のソコを包む。
「いやぁ…ん…っ!」
思わず漏らしてしまった声に自分で驚いて、石川は慌てて口を両手で押
さえた。

しかし、未だ吉澤の口に含まれたままの部分は神経の塊のようになって
ピリピリし、石川を困惑させる。
「楽しいよ」
石川の胸の果実が、吉澤の口腔の中でくちゅっと鳴かされた。
「それに、おいしい」
「や、めてよ…っ」
そのたびに石川の足は、持ち主の意思を無視して跳ね上がる。
たかが胸を弄られただけで、石川は少しもじっとしていられなくなって
しまう。

514 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:12 ID:FIOVEN8Y
(や、やだ…っ)
感じてしまっているのが、自分でもわかった。
たかがこれぐらいのことで。
大嫌いな吉澤にいやらしいことをされて感じている。
それがますます石川を苦しめるが、身体の疼きを鎮める方法がない。
吉澤に気がつかれたくない一心で、石川は思わず吉澤を突き飛ばしていた。
不意をつかれた吉澤は床に尻餅をついた。
「あ、あのっ、ちょ、ちょっと待って…っ!」
「今更待てないよ…」
床に座りながら、吉澤は目を細めながら低く呟いた。
このままでは確実にヤラれてしまう。
石川は本能的にそれを感じ取っていた。

(な、なんとかやりすごさないと…っ!)
「あのー、バレーボール部…」
石川は苦し紛れに唐突に話題を変えた。
「入るよ」
吉澤が短く返して、立ち上がる。
「あ、あの…、私たち勝てるかな?」
「そのために私が入るんでしょう」
「で、でも、勝負に絶対はないし…」
会話が途切れたらオシマイとばかりに、石川はしゃべり続けた。
「勝てる。私が保証する」
吉澤は自信満々に答えて、行為を再開しようとする。
が、石川も貞操の危機に必死の応戦を続けた。

515 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:17 ID:FIOVEN8Y
「でもコートの上では何が起こるかわからないじゃない。例えば…」
ぐだぐだ話し続ける石川に、さすがの吉澤も少し苛立ってきた。
せっかくいいムードにもっていったのに、すべて台無しだ。
「わかったよ…。じゃあ、勝ってからってことでいいのね?」
「え…あっ、うん…」
「約束したからね?」
「う、うん…」
そう返されたら石川も頷くしかなかった。
それを聞いた吉澤は、妖しげな笑みを浮かべた。
(私は何か、致命的な間違いを犯してしまったのでは…?)
石川は後になってそれに気がついたが、すでに遅かった。

516 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:18 ID:FIOVEN8Y
更新です。

517 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:20 ID:FIOVEN8Y
書く側からすると、どんな感想でもありがたいものですよね…。

518 :名無し娘。:2001/05/26(土) 01:28 ID:Gp3EoNg.
待ったぞー こりゃまた(・∀・)イイ!! 楽しい時間をいつもサンクス!

519 :ナナツ:2001/05/26(土) 01:28 ID:Rc5U5zdg
イイっすね〜。
思わず「何でだよ、石川ー!」と言いたくなりました。

520 :名無し娘。:2001/05/26(土) 01:32 ID:MAHASL5Y
>BW
ブラック吉澤が(・∀・)イイ!
疲れてるだろうけど楽しみにしているのでガムバレ!(w

今回のおねモー。は、いしよしいないから何か寂しかった・・・

521 :名無し娘。:2001/05/26(土) 01:35 ID:rfhI8B56
黒吉澤良いっす。

522 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/26(土) 01:37 ID:FIOVEN8Y
今回のおねモー。は説教プレイか…。説教される石川を妄想中(w

それにしても、辻加護本気で萎縮していたが、ああいうのは
どうなんだろう。もちろん私はOK(w

523 :名無し娘。:2001/05/26(土) 02:24 ID:CsbcqL/g
>>BW
やばい!!メチャメチャ面白い
小説を考えられる能力が羨ましいっす

524 :あ名無し娘。:2001/05/26(土) 08:04 ID:iauRinrQ
>>BW
相変わらずいいっすねぇ〜〜
時黒吉はどんな風にバレーをするんやろか〜〜(期待
がんばってねぇーー

525 :名無し:2001/05/26(土) 21:08 ID:6qzl3hH2
背後から抱きかかえるようにして、僕は梨華の首筋にキスを這わせていった。
俯き加減に身を寄せてくる、彼女の肩にかかった髪をかきあげ、
形のよい耳をやさしく舌で湿らせる。梨華が声を小さく漏らすのを聞きながら、
薄手のセーターをたくし上げた。淡い水色のブラジャーに包まれた、
彼女の白い胸が露わになる。僕が両手をまわして、ブラジャーの上から
愛撫をはじめると、梨華の体から急に力が抜けていくのが分かる。
手足が細く、いかにも華奢に見える彼女だが、こうしてみると思いのほか
着痩せするタイプだった。掌でその弾力を愉しみながら、「結構大きいね」
と呟くと、梨華は息の乱れを抑えきれずに「そんなことないですよォ」
と恥ずかしそうに応えた。
あごから頬にかけて、肩越しに軽いキスを重ねてから、僕は梨華の顔を
こちらに向かせて、あらためて唇を求めた。柔らかく舌を吸いながら、
手ではブラジャーの透き間を探り、指先で乳首の固い感触をとらえる。
梨華が大きな溜息を漏らすようになると、僕も急にもどかしくなって、
彼女の背中のホックを外した。再度、梨華の胸に手をまわし、
ブラジャーをずらしてから、先程よりも自由になった胸に直接触れて
いった。色白の梨華の胸は、ピンク色の乳首が尖り、若々しく
張りだしていた。「ホントに、きれいだね」と感嘆の言葉が口を
ついたが、梨華は緊張と気持ちの高ぶりのなか、身をすくめるのが
精一杯のようだった。

526 :名無し:2001/05/26(土) 21:09 ID:6qzl3hH2
僕は片手を移動させ、梨華のヒップへから太腿のあたりを辿りながら、
ゆっくりと彼女の下半身の起伏と手触りを確かめていった。
滑らかなスカートの布地を隔てて、かすかなパンティのラインが指先にかかる。
さらに手を進めて、いよいよスカートの裾に触れようとした時、
息苦しさに耐えかねたように梨華が振り向き、無言で抱きついてきた。
いつもの可愛らしい笑顔ではなく、初めてみせる梨華の大人の表情だった。
まだ恋愛経験の浅い彼女が、精一杯の姿で、早く次のステップに
導いて欲しいと無言で訴えている。その梨華の手を引いてベッドの傍まで
来ると、僕は彼女にバンザイの格好をさせて、セーターを脱がせた。
既にホックのはずれた状態のブラジャーは、僕がシャツを脱いでいる間に、
彼女が自分でスルリとはずしていた。スカートを脱がせたところで、
僕はベッドに梨華を横たえると、時間をかけてキスをした。
梨華は目を閉じ、夢中になって抱きついてくる。その手をやさしく解き、
僕は体を少しずらして彼女の胸に向かい、両手で愛撫し、舌を使った。
そこには十代の裸体の魅力が満ち溢れていた。仰向けに寝ていても
梨華の美乳は崩れることなく、肌も透き通るように白い。その分、
輪郭のはっきりとした乳輪と乳首が鮮やかだった。細い体を震わせて、
梨華はあえぎはじめていた。

527 :名無し:2001/05/26(土) 21:11 ID:6qzl3hH2
それまでの胸への愛撫と平行して、僕は片手を彼女の下半身へと移した。
膝小僧をくすぐり、しっとりと引き締まった感触の太腿に指を這わせた。
パンティの布地に到達したところで、一度手を止め、太腿の付け根に
あたるその辺りの柔らかな肉を撫で、ヒップに近い奥まった場所を
迂回していく。そこで僕は思わず、予告もなしに指をそのまま太腿の側
からパンティの中へと侵入させてしまった。境界線をかいくぐって
滑りこんだ瞬間、指先はしっとりとした茂みに触れ、さらに熱いぬかるみに
到達した。梨華は驚いて短い声を上げた。いきなり大事な場所に
触れられるとは予期していなかったらしい。
「ごめん、大丈夫だよ。やさしくするからね・・・」僕は彼女に謝り、
軽くキスをする。そしてまた体を起こし、今度は正面から両手でそっと
パンティを脱がせにかかると、戸惑いながらも梨華は腰を上げてそれに
応じた。しっかりと閉じ合わされた両腿の間に、意外に密度の濃い
茂みが震えている。愛しい梨華の裸体のすべてが目の前にあった。
惹きつけられるようにその茂みに唇を寄せると、僕は梨華の匂いに包まれた。
そのまま両足を少しずつ開く。梨華は今にも泣き出しそうに顔を両手で
覆ってみせる。太腿が解かれ、茂みのすぐ下に、ピンク色の襞が
恥ずかしそうに姿を現した。薄い縦長の合わせ目は閉じられたままだが、
それでも隙間から熱い液が染み出しているのが分かる。そっと指で合わせ目の
襞を広げると、充血した粘膜の光景が目に入る。さらに、毛足の長い茂みを
撫で上げると、左右の襞の合流点に小さなふくらみが潜んでいるのを
確認できた。感動した僕は、うずくまって梨華のその部分に舌を這わせ
はじめる。「どこが気持ちいいの、梨華?」「そこ、そこ、感じるよぉ・・・」
さらに指先を用いながら、愛情を込めて梨華にできるかぎりの誠意を
尽くしてみせる。「こっちは、どう?」
「すごぃぃ、こんなの初めてですぅ、あああああ・・・」トーンの高い、
梨華のさけび声が部屋に響いていた。

528 :名無し:2001/05/26(土) 21:12 ID:6qzl3hH2
すでに梨華は十分に潤っていた。いや、それ以上に、僕自身も先を急ぎたい
という気持ちにかられていた。一刻も早く、梨華と一体になりたかった。
「よし・・・。じゃあ、繋がるよ、梨華」僕は上体を起こし、ズボンを脱ぎ捨てた。
まず舌をやさしく絡めるキスで、身を固くしている梨華の不安を和らげながら、
位置を決め、挿入する。
「うぅ、んっ・・・」梨華は眉をひそめ、息苦しそうな表情を浮かべている。
あまりの締めつけに僕も唸りながら、思わず声をかけた。
「大丈夫?痛くない?」「うん、大丈夫ですぅ。でも、乱暴にしないで・・・」
僕としても、じっくりと梨華を味わいたいという気持ちがあった。
少しずつ、やさしく腰を動かし始める。梨華の肌の感触、ぬくもりに
浸っているだけでも、歓びは大きかった。それは彼女も同様なのだろう、
細い腕に力を込めて、じっと僕の背中にしがみついて離さない。
すると、いつのまにか梨華のなかからあらためて熱い液が溢れ、
徐々に動きやすくなってきていることに気づいた。
そこで僕は繋がったまま、彼女の体を抱えて起こさせ、騎乗位の体勢に
体を入れ替えた。不慣れで落ち着かない様子の梨華に、僕は言った。
「ねぇ梨華、一度腰を上げて、自分で繋がってるところを見てごらん」
「いやっ、そんなの恥ずかしいです・・・」
そこで、僕は梨華の手をとって結合部に導き、触らせた。「えっ、何?」
彼女の手には、びっしょりと熱い液が付いていた。驚いて梨華は思わず
屈みこんで、挿入されているその生々しい部分を見つめ、ようやく
自分の状態に気づいた。それであらためて火が点いたのか、梨華は次第に
積極的になってきた。騎乗位の動きを覚えるうちに、彼女のむずかるような
声も大きくなった。僕が下から腰を速く突き動かしても、今ではストップを
かけようとはしない。むしろ自分が上になるこの体勢を存分に愉しんでいる
ようだった。

529 :名無し:2001/05/26(土) 21:13 ID:6qzl3hH2
梨華の白い胸が細かく揺れるのを下から眺めながら、僕は腰を動かし続けた。
彼女の体は軽く、細いウエストに手を添えて、いくらでも動くことができる。
「あああ、すごい、奥の方も感じるようになってきたよぉ!」
梨華の体が次第に開発されつつあることを思うと、湧き上がってくる歓びも
一層大きかった。彼女を抱きかかえて正常位に戻すと、ふたたび突進を
開始する。たった今、梨華が知りはじめた深い場所での歓びに応えるため、
僕は彼女の両脚を肩に担ぎ、覆い被さって、上から下へと激しく突いた。
もともと梨華の体はしなやかで、大胆な動きが可能だった。
「ああ、ダメ!いきそう、いきそうですぅ!」梨華はそれまでこらえて
いた感情をすべて投げ出し、泣き声を上げている。突然、肩に抱えていた
梨華の両脚が硬直し、その明らかなしるしが、まさに今、彼女が生まれて
初めての絶頂に届いてることを伝えていた。なおも動きながら梨華の手を
握りしめると、彼女はそれ以上の力で握り返してくる。必至ですがりつく
彼女の反応に誘われるように、僕も遂に大きな快楽の波にのまれた。
自制を解いて最後の動きを速める。その瞬間、体内にしびれるような渦が
湧き上がり、そのまま梨華のなかにすべてを爆発させた。
二人は重なり合い、しばらく動くことができなかった。やがて、少し息が
落ち着ついたところで、僕は梨華の紅潮した頬にそっと手をあてた。
「梨華、大丈夫?」「・・・う、うーん」ゆっくりと眩しそうに目を開けて、
梨華はちょっと恥ずかしそうに笑ってみせた。それはまだ幼さの残る、
いつものチャーミングな梨華の素顔だった。

530 :名無し娘。:2001/05/26(土) 21:59 ID:MAHASL5Y
(0^〜^0)<よして〜、よして〜

531 :名無し娘。:2001/05/26(土) 22:05 ID:1EJsd89A
>>529
いや・・・・別にこんなんいらんねん。

532 :名無し娘。:2001/05/27(日) 00:23 ID:NrmAFN9E
>>525-529
スレ違い。
どっか別の所でやってくれ。

533 :log0076:2001/05/27(日) 00:31 ID:uhgUzsoI
まー、名前入れ替えれば他の小説と変わらんけどな。。
エロばっかだな。。

534 :名無し娘。:2001/05/27(日) 02:04 ID:WF9/1NXs
>>533
最近、いしよしに萎えてきたんじゃないのか?

535 :試しに入れ替えてみました:2001/05/27(日) 03:26 ID:lTRzVCpQ
背後から抱きかかえるようにして、私は梨華の首筋にキスを這わせていった。
俯き加減に身を寄せてくる、彼女の肩にかかった髪をかきあげ、
形のよい耳をやさしく舌で湿らせる。梨華が声を小さく漏らすのを聞きながら、
薄手のセーターをたくし上げた。淡い水色のブラジャーに包まれた、
彼女の白い胸が露わになる。私が両手をまわして、ブラジャーの上から
愛撫をはじめると、梨華の体から急に力が抜けていくのが分かる。
手足が細く、いかにも華奢に見える彼女だが、こうしてみると思いのほか
着痩せするタイプだった。掌でその弾力を愉しみながら、「結構大きいね」
と呟くと、梨華は息の乱れを抑えきれずに「そんなことないよォ」
と恥ずかしそうに応えた。
あごから頬にかけて、肩越しに軽いキスを重ねてから、私は梨華の顔を
こちらに向かせて、あらためて唇を求めた。柔らかく舌を吸いながら、
手ではブラジャーの透き間を探り、指先で乳首の固い感触をとらえる。
梨華が大きな溜息を漏らすようになると、私も急にもどかしくなって、
彼女の背中のホックを外した。再度、梨華の胸に手をまわし、
ブラジャーをずらしてから、先程よりも自由になった胸に直接触れて
いった。色白の梨華の胸は、ピンク色の乳首が尖り、若々しく
張りだしていた。「ホントに、きれいだね」と感嘆の言葉が口を
ついたが、梨華は緊張と気持ちの高ぶりのなか、身をすくめるのが
精一杯のようだった。

536 :試しに入れ替えてみました:2001/05/27(日) 03:28 ID:lTRzVCpQ
私は片手を移動させ、梨華のヒップへから太腿のあたりを辿りながら、
ゆっくりと彼女の下半身の起伏と手触りを確かめていった。
滑らかなスカートの布地を隔てて、かすかなパンティのラインが指先にかかる。
さらに手を進めて、いよいよスカートの裾に触れようとした時、
息苦しさに耐えかねたように梨華が振り向き、無言で抱きついてきた。
いつもの可愛らしい笑顔ではなく、初めてみせる梨華の大人の表情だった。
まだ恋愛経験の浅い彼女が、精一杯の姿で、早く次のステップに
導いて欲しいと無言で訴えている。その梨華の手を引いてベッドの傍まで
来ると、私は彼女にバンザイの格好をさせて、セーターを脱がせた。
既にホックのはずれた状態のブラジャーは、私がシャツを脱いでいる間に、
彼女が自分でスルリとはずしていた。スカートを脱がせたところで、
私はベッドに梨華を横たえると、時間をかけてキスをした。
梨華は目を閉じ、夢中になって抱きついてくる。その手をやさしく解き、
私は体を少しずらして彼女の胸に向かい、両手で愛撫し、舌を使った。
仰向けに寝ていても 梨華の美乳は崩れることなく、肌も透き通るように白い。その分、
輪郭のはっきりとした乳輪と乳首が鮮やかだった。細い体を震わせて、
梨華はあえぎはじめていた。

537 :試しに入れ替えてみました:2001/05/27(日) 03:29 ID:lTRzVCpQ
パンティの布地に到達したところで、一度手を止め、太腿の付け根に
あたるその辺りの柔らかな肉を撫で、ヒップに近い奥まった場所を
迂回していく。そこで私は思わず、予告もなしに指をそのまま太腿の側
からパンティの中へと侵入させてしまった。境界線をかいくぐって
滑りこんだ瞬間、指先はしっとりとした茂みに触れ、さらに熱いぬかるみに
到達した。梨華は驚いて短い声を上げた。いきなり大事な場所に
触れられるとは予期していなかったらしい。
「ごめん、大丈夫だよ。やさしくするからね・・・」私は彼女に謝り、
軽くキスをする。そしてまた体を起こし、今度は正面から両手でそっと
パンティを脱がせにかかると、戸惑いながらも梨華は腰を上げてそれに
応じた。しっかりと閉じ合わされた両腿の間に、意外に密度の濃い
茂みが震えている。愛しい梨華の裸体のすべてが目の前にあった。
惹きつけられるようにその茂みに唇を寄せると、私は梨華の匂いに包まれた。
そのまま両足を少しずつ開く。梨華は今にも泣き出しそうに顔を両手で
覆ってみせる。太腿が解かれ、茂みのすぐ下に、ピンク色の襞が
恥ずかしそうに姿を現した。薄い縦長の合わせ目は閉じられたままだが、
それでも隙間から熱い液が染み出しているのが分かる。そっと指で合わせ目の
襞を広げると、充血した粘膜の光景が目に入る。さらに、毛足の長い茂みを
撫で上げると、左右の襞の合流点に小さなふくらみが潜んでいるのを
確認できた。感動した私は、うずくまって梨華のその部分に舌を這わせ
はじめる。「どこが気持ちいいの、梨華?」「そこ、そこ、感じるよぉ・・・」
さらに指先を用いながら、愛情を込めて梨華にできるかぎりの誠意を
尽くしてみせる。「こっちは、どう?」
「すごぃぃ、こんなの初めて、あああああ・・・よっすぃ〜」トーンの高い、
梨華のさけび声が部屋に響いていた。

538 :名無し募集中。。。:2001/05/27(日) 03:33 ID:lTRzVCpQ

これ以降は入れ替えることが出来ませんでした。

539 :ドラム:2001/05/27(日) 09:42 ID:C5X.VriQ
>>535-537
エロは嫌いじゃないですが。
状況説明文が長すぎるのでストーリーに入って行きにくいのが難点でしょうか。
キャラを捉えて書くともっといいと思いますよ。

540 :名無し娘。:2001/05/27(日) 11:05 ID:hd3I9yvY
妄娘。スレ@創作文芸板からのコピペだな。それ以降はおな趣味にすれば
入れ替えできたろうに。やんなくていいけどね。

541 :名無し娘。:2001/05/27(日) 12:04 ID:g7cMf.Yg
よっすぃ〜読まなかったデショ!>( T▽T)´〜`○ )<いやアレは(シドロモドロ

( `.∀´)<お母さんから電話かかってきたんだからッ!!!


この場面で萌えたヤツ、いるだろ?
俺は萌えた(w

542 :名無し娘。:2001/05/27(日) 12:18 ID:zrmCV80A
>>541
同じく萌え〜(w

543 :名無し娘。:2001/05/27(日) 12:24 ID:6K.hUegg
>>541
必死で言い訳する吉澤に萌え。
すごい素早さだったなぁ(w

544 :名無し娘。:2001/05/27(日) 12:47 ID:6K.hUegg
狼でRTCが上げてくれた画像。(^▽^)ありがとう ( O ^〜^ O )

言い訳モード吉澤
http://www27.freeweb.ne.jp/feminine/rtc//527hm04.jpg
吉澤にピシッとつっこむ石川
http://www27.freeweb.ne.jp/feminine/rtc//527hm06.jpg
http://www27.freeweb.ne.jp/feminine/rtc//527hm07.jpg

545 :名無し娘。:2001/05/27(日) 12:58 ID:3Qn/yLag
( `.∀´)<私も二回ぐらい読まれなかったわよ!

546 :名無し娘。:2001/05/27(日) 22:52 ID:FnWqEuAg
>>503
からの続きです!

547 :たまご:2001/05/27(日) 22:53 ID:FnWqEuAg
名前忘れた上にあげてしまった・・・・。
鬱だ・・・・もう寝ようかな・・・・

548 :名無し娘。:2001/05/27(日) 22:55 ID:/VYvqKxI
寝ろ。

549 :名無し娘。:2001/05/27(日) 22:57 ID:4GkQwric
更新してから寝ろ(w

550 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:06 ID:uEN09OvI
>>544
hm06の吉澤、二重あごじゃん(w
醜いね

551 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:09 ID:1MavIEXw
>>541
でも、吉澤自身がアンケートしてるわけじゃなくて
スタッフが調べたのを読んでるだけだったんだな・・・萎えだよ

552 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:21 ID:f/c.0AAE
「じゃ、みんな目つぶって、よすぃの背中にシール貼った人、手あげて!」
( ^▽^)/”サッ  (←一番手)

本日MUSIXの、ちょっといしよし萌え
吉澤も顔かなりすーきりしてたよ

553 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:26 ID:4GkQwric
>>551
君、今まで全部吉澤がやってると思ってたのか…
そんな上手くスケジュール合うわけないじゃん(w
>>552
同意〜
この調子で痩せてくれりゃ文句ないね

554 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:36 ID:g7cMf.Yg
>>551
オマエオモシロイコだな(w

>>552
即答だった石川がなんとも嬉しそうだったな

555 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:38 ID:k6oX19fc
ひろみについてって欲しく無かったな

(^▽^)<郷さんの家って豪華かなぁ?
(O^〜^O)<郷さんの家ってゴージャスかなぁ?
ところでこれはフォローだったのか?(w

556 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:40 ID:/jEQDd.M
石川+吉澤で新ユニットが結成されといいかもね。
歌は当然「うしろゆびさされ組」。

557 :名無し娘。:2001/05/27(日) 23:45 ID:1MavIEXw
>>553
だから全員分ない時もあるのかと思ってたんだよ
>>555
フォローじゃなくて乗っただけでしょ

558 :log0076:2001/05/28(月) 00:00 ID:/wkr5nos
>>534
いや、小説に萎えた(読むほうね)
書くほうもゆったりモードだけどよ。藁

559 :はんぺら:2001/05/28(月) 00:11 ID:VoV0HpmQ
今日のこれ、ちょっとよかった・・。
http://plaza20.mbn.or.jp/~mamorin101/yoshizawa_ishikawa004.jpg

560 :名無し娘。:2001/05/28(月) 00:13 ID:8HhtwPDk
>>555
そうであったと願いたい

561 :名無し娘。:2001/05/28(月) 00:15 ID:u7C32C9Y
>>559
(・∀・)イイ!
更に隣のヤッスーが非常に何か言いたそうな顔しててワラタ

562 :名無し娘。:2001/05/28(月) 00:58 ID:MuJRXmpY
>>559
これは(・∀・)イイ!  今日は久々のいしよしだ

563 :たまご:2001/05/28(月) 01:02 ID:ruHY1EHc
>>503
からの続きです。

564 :たまご:2001/05/28(月) 01:07 ID:ruHY1EHc
サングラスをかけ終えた矢口が話し掛けてきた。
「ホントにゴメンね・・・・いっつも圭ちゃんには迷惑かけっぱなしだね」
涙声の矢口・・・・。
「いいんだよ。気にするなってば」
「う、うん・・・・」
そんな話をしてるうちに移動用のバスまでやってきた。
ゆっくりここまで来たけどマネージャーさんが怖いんで・・・・
慌ててやってきたふりを2人でした。

矢口はバスに乗り込むと一人で座席に座って誰とも話そうとはしなかった。

そんな矢口が心配でならなかった。

その数分後吉澤と石川が連れ立ってバスに乗ってきた。

565 :ドラム:2001/05/28(月) 01:14 ID:2axc303.
今日のMUSIXのいしよし、萌えでしたねー
石川が変な髪型でちょっと萎えたけど、よっすぃ〜の顔色も良くなってたし
何よりシール貼り事件で二人はかーなーりーラブラブであることが証明さ
れたっす(嘘)。

566 :たまご:2001/05/28(月) 01:19 ID:ruHY1EHc
吉澤視点

「矢口さん・・・・・」
一人で窓の外を見ている矢口さんにむかって出た無意識な言葉。
この言葉に気付いたのは幸い(?)にも梨華ちゃんだけだった。
サングラスをかけて悲しい目をしている矢口さん・・・・。
なぜだかもの凄く愛しい・・・。
やっぱ・・・謝った方が良いよね・・・。
私が悪いことしてなかったとしても矢口さんの悲しい目の原因が
自分にある気がしてならなかった。

私は謝りに行く為に立ち上がろうとした。
けどその動作は隣に座ってる梨華ちゃんによってさえぎられた。
梨華ちゃんが私の服の袖をぎゅっと掴んでたのである。
「り、梨華ちゃん?」
「行っちゃヤダ・・・・」
梨華ちゃんの懇願するような目・・・私・・・これに弱いんだよね・・・・。
けど・・・謝らなきゃダメなんだ!梨華ちゃんに負けてちゃダメだ。
「け、けどね・・・矢口さんに謝らないとさ・・・」
「行かないで・・・・」
今度は上目遣いで甘えたように私を見てくる・・・ああ・・ダメ・・これには逆らえない。
「わ、わかったよ・・・。行かない・・。」
渋々行かないと言ってしまった・・・。

567 :たまご:2001/05/28(月) 01:20 ID:ruHY1EHc
今日はここまで!
明日(正確には今日)テストだ・・・・勉強しないと・・・。
感想等お願いします。(ってこんな短さじゃ感想も何もないかな?)

568 :名無し娘。:2001/05/28(月) 01:39 ID:In7mbo32
>>たまご
今日はこれで終わりか。もうちょっと読みたかったYO!

とりあえずテスト頑張って!!

569 :名無し娘。:2001/05/28(月) 08:40 ID:64xnxfPA
1万円メロンを食べるVTRでおもわずウットリした声で
「よっすぃ〜。」と言ってしまう石川萌え

570 :名無し娘。:2001/05/28(月) 08:45 ID:6YCRzve6
>>たまご
実によくわかる状況だな(w 甘える石川に萌え〜

571 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:29 ID:tDOGgvrY
>>515からの続きです。

572 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:31 ID:tDOGgvrY
最高の見せ場を見事にかっさらったのは、やはり吉澤だった。
石川からのトスを受け、吉澤は打点の高いスパイクを放つ。
ボールが相手コートに突き刺さった瞬間、審判が笛を鳴らした。
(勝…っちゃっ…た…)
石川は唖然と、体育館の天上を見上げた。
部員たちが一斉に石川のまわりに駆け寄り、口々にはしゃぐ。
「やったー!勝ったーッ!」
「すごーい、やっぱり吉澤さんは凄いよー。石川部長ありがとっっ、
吉澤さんを説得してくれて!」
「う、うん…」
部員たちにもみくちゃにされ、礼を述べられても、石川自身は少し
も喜びに浸ることができなかった。

573 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:31 ID:tDOGgvrY
今までは、いくら辻が球を拾いまくって、石川がいいトスを上げた
としても、全くといっていいほど勝てなかった。
しかし今日の試合は違った。
優秀なアタッカー一人いるだけで、吉澤一人が入っただけで、今ま
でとはまるで別のチームのようだった。
(私たちが今までやってきた事って一体…)
試合に勝ちながらも、石川は自己嫌悪に陥ってしまっていた。
吉澤はというと、試合終了の瞬間も、別段はしゃぎもせず、緊張も
せず、といった態度であった。
吉澤にとっては、これくらいは、騒ぐほどのことでもないのだろう。
できて当然程度のことなのだ、きっと。

574 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:33 ID:tDOGgvrY
にっこりと艶やかに微笑んで、吉澤は部員たちに囲まれた石川の前
までやってきた。
「約束」
吉澤の、繊細な指が、すっと石川の耳元に伸ばされる。
ぴくんっと石川が後ずさるのも構わずに、吉澤は石川の髪をつまん
で弄んだ。
「守ってよね?」
「わ、わかってるよ…」
約束は絶対守る、が石川の信条だったが、今だけは難癖つけて反故
にしたい気分だった。

部員たちが、不思議そうに尋ねる。
「なんですかー、約束って?」
「あ、わかった、打ち上げのことでしょう?どこでやります?打ち
上げ」
「どこでもいいよ…」
それどころではない石川は、ぐっと涙を飲み込んだ。

575 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:36 ID:tDOGgvrY
『約束』

バレーボール部入部を条件に、石川は吉澤のセクハラに耐えていた。
しかしとうとう耐えきれなくり、石川はその場を何とか逃れるために、
吉澤と約束をしてしまった。
もしも試合に勝ったなら、もう一度吉澤とああいうことをする、と。
もちろん石川にそんな気はなかったのだが、吉澤の誘導尋問にみごと
に引っかかってしまったのだ。
(なんで、あんな約束しちゃったんだろう…?)
『約束したでしょう?』
そう言われたら石川には、返す言葉がない。
本意でなかったとはいえ、確かに約束してしまったのだから。
(わたし、どーなっちゃうの…?)
石川は思わず、両手で自分を抱きしめていた。

576 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:38 ID:tDOGgvrY
逃げ出す勇気さえ持てないまま、石川は吉澤の部屋に連れて行かれた。
その時の石川はまさに売られて行く子牛、♪ドナドナド〜ナ
幼稚園の頃は、石川と吉澤はまだ仲が良く、お互いの家を行き来して
いたので、この家に来るのは初めてではない。
が、吉澤しかいない時間帯に訪れるのは初めてだった。
「入って」
ガチガチに緊張した石川の背を押して、吉澤は自室に招き入れた。
勧められても石川はソファに腰掛けることもせず、部屋の隅に立ち尽
くしている。

「なにか飲む?」
問われても、石川はただ首を振るだけだった。
吉澤はさらに続けた。
「じゃあ、CDでも聞く?あ、そうだ。りか、『チャーリーズエンジ
ェル』見たいって言ってたよね。DVD手に入ったから、それを…」
「…さ、さっさとしてよっ!」
猫がネズミをいたぶるようだと、石川は思った。
その前振りに耐えきれず叫んだのだ。
「やらしーことしようと思って連れてきたんでしょう!?だったらさ
っさと終わらせて、私を家に帰してっ!」

577 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:40 ID:tDOGgvrY
「……」
肩を怒らせて怒鳴る石川を、吉澤はしばらく、じっと無言で見つめて
いた。
それから大きく、ため息をついた。
「それじゃまるで、私がケダモノみたいじゃない」
「ケダモノでしょうっ!あんなっ…あんなこと、して…っ」
思い出すだけで石川は、顔から火が出そうになる。
あんなセクハラをされるのは、もうこれっきりにしてもらいたいと思う。

激昂する石川とは対照的に、吉澤は静かで冷静だった。
吉澤は、しばらくなにかを考える仕種をした後に、おもむろにドアを
指した。
「じゃ、帰りなよ」
「…えっ?」
毒気を抜かれて、石川はハッと顔を上げる。
吉澤は拗ねたようにそっぽを向いた。
「この前は、ちょっとやりすぎたと思ってる。けど、そこまでりかに嫌
われたら、もうしない、っていうかできないよ。ただ私は…」
一言区切って、明瞭に、吉澤は告げた。
「私はりかが好きだから、りかといたかった。ふつうに遊んだりしたか
った。でも、りかは、私のこと友達とも思ってないでしょう」
「それはっ…」
確かにそうだけど。

578 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:41 ID:tDOGgvrY
「それはあなたが、私に変なこと、するからでしょう…っ!?」
「私は好きな子にしかああいうことはしないよ」
吉澤は視線を石川に戻し、まっすぐ石川を見据えた。
今度は石川が、視線を逸らす番だ。
「好きな子にしか興味ない。触りたいのもしゃべりたいのも、りか一人
だけ」
「そんな…っの…っ」
おかしい、と言いたいのに、石川の声は出ない。

石川は吉澤が苦手だった。
ずっとずっと、初めてであった瞬間から、吉澤は石川にはないものをた
くさん持っていて、いつも自信に満ちあふれていた。
いつだって、一片の迷いもなかった。
石川は心密かに、吉澤のように堂々と、マイペースに振る舞いたいと思
っている。
でも、できない。
吉澤のようには、なれない。
そんな吉澤に好きだとか大事だとか言われたって、石川はとても喜ぶこと
はできなかった。

579 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:42 ID:tDOGgvrY
「…りか?」
吉澤が、口を閉ざして一歩前に歩み出た。
石川が泣き出したからだ。
ぎゅっと目をつぶって、うつむいて、肩を震わせながら、声を殺して涙だけ
こぼして。
吉澤はもう一度、呼んだ。
「りか」
「さわ…らないで…」
触れてくる手を、石川は尚も拒絶する。
「嫌い…っ」
震える声で、石川は訴えた。
「あな…たなんか、大っ…嫌い、よ…っ!」

「…いいよ、それでも」
困ったように、吉澤が笑った。
触れるか触れないかの微妙なタッチで、石川の頬を両手で包み込む。
「ごめん、いいすぎた」
「……」
吉澤は今、何も悪いことは言っていない。
ただ石川を『好き』と言っただけで。
『好き』と言われることがこんなに悔しくて苦しいなんて、石川は知らな
かった。

580 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/28(月) 12:43 ID:tDOGgvrY
更新です。

581 :名無し娘。:2001/05/28(月) 14:13 ID:bWJcid12
む。真っ昼間から更新ごくろうさま

582 :名無し娘。:2001/05/28(月) 14:22 ID:wzQMkCVI
>>580
いいなー面白くてたまらねーよ(w 続きも頑張ってくれよ〜!

583 :たまご:2001/05/28(月) 14:22 ID:BYBbx/Xc
それではテストも後1日だし続き書くかなー。
>>566
からの続きです!

584 :たまご:2001/05/28(月) 14:42 ID:BYBbx/Xc
結局、私は矢口さんに謝ることも出来ずに次の収録のスタジオまで来てしまった。
到着と同時にバスからマネージャーさん、前に座っていた辻と加護、
安倍さんと飯田さんは仲良く手を繋いでバスから降りていった。
「じゃ、じゃあ・・・降りよっか?」
「うん・・・・」
これまた守ってやりたくなるような寂しげでそれでいて悲しげな声。
私は立ち上がると思い切って梨華ちゃんに手を差し出した。
手を繋ごうって意味なんだけど・・・梨華ちゃん分かってくれるのかな?

暖かくて柔らかな感触が私の腕を包んだ。
分かってくれたみたいだ。
パッと顔をあげると照れ臭そうにはにかんでいる梨華ちゃんと目が合った。
私も思わず照れてしまって2人とも顔が真っ赤だ・・・。
ああー梨華ちゃんかわいいよ・・・・。

梨華ちゃんの手を引っ張りグッとこちらへ寄せて立たせると手を繋いだまま
バスから出ようとした。
けど、そんな私の背中に氷のように凍てついた刃が突き刺さった。

585 :たまご:2001/05/28(月) 14:51 ID:BYBbx/Xc
一旦ここでストップです。
レスがついたら更新するかも・・・・。

586 :名無し娘。:2001/05/28(月) 15:19 ID:Wn1dR0n2
>>585
おいおいもったいぶらずに続きあるなら頼む!

587 :名無し娘。:2001/05/28(月) 15:24 ID:GN8aCApc
更新せよ、更新せよ、交信せよ。

588 :たまご:2001/05/28(月) 15:48 ID:BYBbx/Xc
その刃は紛れもなく矢口さんのものだった・・・。
パッと振り返ると矢口さんを心配そうに見てる保田さんが目に入った。
矢口さんは入り口の方向を向いていて保田さんは入り口に背を向けて矢口さんを見ていた。
矢口さんの方を見るとおぞましいようななんともいえない表情でこちらを見ていた。
それに怯えを感じた私は梨華ちゃんの手を強く強く握り締めてバスから
逃げるように下車した。
マネージャーさんに促されて楽屋へ行くとさっき既に降りていたメンバーが
楽屋の中でお菓子を食べたり、雑誌を読んだりと思いっきりくつろぎモードだった。

589 :たまご:2001/05/28(月) 16:02 ID:BYBbx/Xc
入った私達はカバンをおいて置いてあったパイプ椅子に腰掛けた。
他のメンバーはまだ私たちに気を使ってか話し掛けてくることすらしなかった。
けど、梨華ちゃんとはずっと手は握りっぱなしだ。
なぜだかもの凄く幸せな気分だー♪
と、顔がにやけた直後梨華ちゃんがボソッと・・・
「ちょっとさ・・・外でない?」
「あ、うん・・・」

梨華ちゃんに誘われてビルの屋上までやって来た。
なんか妙に寒い・・・。
「ひ、ひとみちゃん?」
「ん?なに?」
「さっきはホントにありがとう・・・すごくうれしかったよ・・・・。」
「梨華ちゃん・・・・」
「わ、私ね・・・ここまで人に優しくしてもらったのひとみちゃんが初めてだと思うんだ・・・。」
「え?なんで?」
「な、なんでって言われても・・・・。」
つくづく嫌になるよ・・・こんな馬鹿なことを聞いてしまった自分が・・・。
「ひとみちゃん・・・・聞いて欲しいことがあるんだ・・・・」
梨華ちゃんのいつになく真剣な眼差し・・・・。こっちまで真剣になってきちゃったよ。

590 :たまご:2001/05/28(月) 16:05 ID:BYBbx/Xc
今日はここまで・・・でも、、また後で更新するかも・・・
感想等よろしく!

591 :名無し娘。:2001/05/28(月) 16:26 ID:f7nbDvXw
>>590
この後、矢口はどーなるんですかー♪
うーん楽しみ

592 :名無し娘。:2001/05/28(月) 16:31 ID:nvn.XB3.
石川のこの後の出方がとっても気になる・・・・

593 :名無し娘。:2001/05/29(火) 00:10 ID:YaWs1Ass
BWもたまごも、すげぇ(・∀・)イイ!よ!
なんでこんなん書けるんだ・・・。 マジ尊敬っす!

594 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:27 ID:DxPmDw8k
>>579からの続きです。

595 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:28 ID:DxPmDw8k
「泣かないで」
そっと、壊れ物でも扱うように、吉澤が石川を抱きしめる。
駄々をこねる子供のように、石川が吉澤の腕の中で暴れる。
吉澤は微笑んでいった。
「ぶってもいいよ」
「やだっ、離してよ…っ!」
力一杯押しても、吉澤の腕から逃れることは出来ない。
身長も、力も、違う。
それが石川にはますます腹立たしい。

吉澤の掌が、優しく石川の身体を撫でる。
石川の身体から、力が抜ける。
力だけでなく、心とか思考とか、そういうものまで抜けていってしまい
そうになる。
だから石川は吉澤が嫌いなのだ。
吉澤は時々、卑怯な魔法のようなことをするから。
「ん…っ」
魔法にかけられているから、唇をふさがれても石川は逆らえない。
ぐったりと力を抜いて、されるままになってしまう。
体温が、たまらなく気持ちいい。

596 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:30 ID:DxPmDw8k
「あっ…ん…」
唇を少し離して、吉澤は石川をソファに押し倒した。
石川は両腕を吉澤の肩に突っ張らせる。
「や、だ…っ」
「好き」
口付けの雨が、石川の頬に降ってくる。
「大好きだよ、りか」
「や、やだ…よぉ…っ」
なにをされるか知っているのに、石川は動けない。
逃げられない。
こんなことをされて逃げない自分なんか自分じゃない。
吉澤といると、自分が自分でなくなってしまう。
だから吉澤が嫌いなんだ。

「きゃっ、あん…っ!」
服をはぎ取られ、露わになったブラジャーの上から、吉澤の歯がきゅっ
と石川の乳首を挟む。
じわりと拡がる甘い痛みに、石川は身をよじった。
「やだ…っやだ、やめ…て…っ!」
肢体をばたつかせて、石川は抗う。
けれど吉澤にスカートを脱がされたときにはもう、石川の性器は甘い蜜
を垂らし始めていた。
「かわいい、りか」
言って、吉澤は石川の秘部に手を這わせた。

597 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:32 ID:DxPmDw8k
石川は両手で口を押さえ、しきりに首を左右に振り立てる。
やめて、と視線で訴える。
「今日は意地悪しないから。やさしくするから。ね…?」
「…う…っ」
とても返事なんか出来なくて、石川はじっと不安げに吉澤を見た。
石川の返事を待つまでもなく、吉澤は目の前のごちそうにしゃぶりつく。
「あんっ、んんっ」
言葉通り、吉澤の愛撫はひどく甘かった。

すでに濡れてきているソコを、優しくゆっくりと舐め回す。
充血しているクリ●●スにねっとりと舌を這わせ、さらにその下の秘部
にゆっくりと指を挿入する。
それだけで石川は、すぐにでも達してしまいそうになってしまった。
「や…あ、あっ、もう…あ…やぁぁ…っ!」
「いいよ、イッちゃっても」
吉澤は石川の中に指を深く突き入れて、同時に空いている方の手でクリ
●●スをしごいた。
その瞬間、石川はあっけなく達してしまった。
激しく身体を仰け反らせ、痙攣をくり返す。

598 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:34 ID:DxPmDw8k
「あん…っや、ぁんっ!」
(やだ…っやだぁ…こんなの…っ!)
吉澤のしなやかな髪を両手で掻き回しながら、石川はしきりに腰を蠢か
せた。
指を突き入れられている秘部を中心にして、体中が溶けてなくなってし
まいそうになる。
(どうして、こんなのが…っ気持ち、いいの…!?)
嫌いな相手にいやらしいことをされて感じている自分が、石川は許せな
かった。

「あ、はぁはぁ…ん…あふぅ…っ」
熱い吐息が、石川の口から漏れた。
身体の中で荒れ狂っていた欲望を、吉澤がすべて解放させた瞬間だ。
「もう一回…できるよね?りか」
「ん…」
石川の全身から、くにゃりと力が抜けた。
今の快感で石川の身体は、すっかり味をしめてしまった。
心を裏切って、ねだるように腰を浮かせて、吉澤を誘う。
吉澤が、淫戯を再開させた。
「あん…っ」
一度達した身体は、吉澤の続けざまの愛撫に、気怠い快感を石川に伝えて
きた。

599 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:37 ID:DxPmDw8k
さっきのようにすぐに追い上げられることもなく、ただぬるま湯に浸るよ
うな緩い快感がいつまでも続く。
石川はうっとりとして目を閉じた。
「気持ちいい?りか」
吉澤の問いに、石川は無意識のうちに首を縦に振っていた。
もう、逆らう意思も思考も残されていなかった。


結局石川は初めてのセックスの後、そのまま吉澤に抱かれて寝てしまった。
なんだかひどく、疲れていた。
(ひとみのバカ、ひとみのバカ、ひとみのバカッ…!)
そんなふうに何度も念じながら、でも居心地がいいのはなんでなんだろう。
不思議に思いながら、石川は吉澤の腕で眠りについた。

600 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 02:49 ID:DxPmDw8k
更新です。

ところで、他スレで書いていたものは、みんな消えちゃったんですけど(w
残っているのはここだけで、、、復旧しないのなら、それはそれでいい
んだけど…ね。

601 :コスモ:2001/05/29(火) 03:06 ID:Je5BDdkw
ブラインド・ウォッチメイカーさんの小説素晴らしいですね。

これからも頑張って下さい。

602 :名無し娘。:2001/05/29(火) 03:20 ID:xsKFWMGY
起きてて良かった…。
ヨカタヨ!小説、これからも楽しませて下され。

603 :名無し娘。:2001/05/29(火) 03:27 ID:2noc1eGc
このスレでBWの小説をチェックするのがオレの毎日の楽しみなので
今後とも頑張ってくれい。

604 :名無し娘。:2001/05/29(火) 03:41 ID:gbT4ZUaU
(0^〜^0)<ブラインド・ウォッチメイカーさんいつもお世話になっています。
        

605 :名無し娘。:2001/05/29(火) 07:11 ID:.T9xOgeY
BWありがとう!いしよしマンセー!

606 :名無し募集中。。。:2001/05/29(火) 07:41 ID:aSjNCIiE
>BW
どのスレが消えたの?俺がチェックしてたやつは全部残ってるみたいだけど
他に匿名で書いてるやつある?

607 :名無し娘。:2001/05/29(火) 09:14 ID:9gKnzQrg
>>BW
昨日の夜は板が飛んでた模様。
もう大丈夫な模様。
そしてありがとう( ● ´ ー ` ● )

608 :名無し娘。:2001/05/29(火) 16:54 ID:1gjRZNII
( ^▽^)<BWさんこれからも石川とよっすぃーのラブラブな小説
       お願いしますよー!

609 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 20:59 ID:yV8DTZH.
レスくれた方、ありがとうございます。励みになります。

消えたスレは元に戻っているようで、安心しました。

610 :名無し娘:2001/05/29(火) 21:50 ID:TSbrrKD6
「んんっ…。んんーー。」
梨華の口から息が漏れる。ひとみの胸の揉み方はかなりうまく、梨華の乳首は
これ以上無いくらいぷっくりと膨らんでいた。
ひとみはもう完全に梨華がいいなりになる事を確信して、すかさず次の
行動へと移った。右手を梨華の下の方へと向かわせたのである。梨華は
びくっと反応してその場にしゃがみこんでしまった。
「ひとみちゃん!!それだけは絶対にダメだよ。」
梨華はそう叫んだがひとみは相手にはしなかった。相変わらず反応良い
乳首と梨華の息の荒さと熱さを見ればそれも当然だった。ひとみは
スカートの中に手を突っ込み、梨華の白くてプリント柄の下着の上から
クリの辺りを丁寧に優しく撫でていった。服の上から梨華のアソコが
ぐちょぐちょに濡れて柔らかくなっている事がひとみにはすぐわかった。
「梨華ちゃん、気持ち良くしてあげる。」
ひとみは梨華の手を後ろ手にすると、どこからともなく手錠を出して、モニターの
載ったテーブルの台と梨華の手を繋いでしまった。そして、梨華の足を大きく
開き、スカートの中に顔を入れてゆっくりとパンテイ―を下ろしていった。
梨華のアソコから蒸れた匂いが立ち込めていた。

611 :名無し娘:2001/05/29(火) 21:51 ID:TSbrrKD6
「梨華ちゃん、こんな凄いことになってるんじゃ言い訳できないよね。」
ひとみは梨華の服を丁寧にゆっくりと脱がしていった。あっという間に
梨華はスカート一枚だけの姿にされてしまった。そしてひとみも自分の
服を脱ぎ始めた。梨華は全てを観念したのか、もう抵抗はしなかった。
「梨華ちゃんのアソコすごいねー。まだまだピンク色だけどだいぶ使ってるね。
濡れ方がハンパじゃないよ。クリも結構発達してるし…カワイイんだー。」
ひとみは梨華のアソコを指で広げると、どんどん出てくる愛液をたっぷりと
指につけて集中的にクリトリスをいじりだした。
「ひ、ひとみちゃん!!ヤダ!!ダメ!!変になっちゃう!!!」
ひとみは梨華の声を無視してさらにクリトリスを指でこすり続けた。梨華は
手の自由が利かないので身体を横に揺らして耐えていたが限界はすぐに訪れた。
「ひとみちゃん!!!やめて!!お願い!!それ以上やられるとおしっこが
出ちゃいそうなの!!んんっ…んんーっッ…。」

612 :名無し娘:2001/05/29(火) 21:52 ID:TSbrrKD6
ひとみはその反応を見てクリトリスの愛撫を止めるどころか、左手でぴんぴんに
なっている乳首をいじって、右手ではクリトリスをつまんだり擦ったりと容赦なく
責め続けた。梨華のアソコから聞こえる音が「ぴちゃぴちゃ」から「ぬちゃぬちゃ」
といった感じの鈍い音に変化してきた。梨華の年齢にはそぐわない程のおびただしい
量の愛液が出てるのである。ひとみは仕上げと言わんばかりに右手の動きを激しくした。
「あ…ぁぁ…やめて…やめ…ひとみちゃん…。出ちゃう!!!」
梨華の肩から力が抜けるのが分かった。そして同時に梨華のあそこから
「ぴゅぴゅっ」と液体が勢い良く飛び出してきた。続けて「しゃーっ」という音と
共に梨華から液体がたっぷりと出てきて床を濡らしていった。梨華はその液体が
出続けているのを止める意思は無い様に見えた。
「ふふっ、やっぱり梨華ちゃんってとっても感じやすいんだ。こんなにいっぱい出し
ちゃって。とっても気持ち良かったでしょ?」
ひとみは満足そうな顔で梨華の顔を覗き込んだ。

613 :名無し娘。:2001/05/29(火) 21:52 ID:Mgi6LwrA
続きplease

614 :おさる:2001/05/29(火) 21:56 ID:bPuiPems
ぬおおおおおおおお!!
すんげ〜〜〜〜〜〜パンチラをみつけちまった〜〜〜〜〜
どうしたらよかと?
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie1.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie2.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie4.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/a09.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/a02.htm

さらに、きょうれつなものは、これだ!!
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/an4.htm

615 :名無し娘。:2001/05/29(火) 22:00 ID:.T9xOgeY
>>611-612
見た事ありまーす。

616 :名無し娘。:2001/05/29(火) 22:04 ID:.T9xOgeY
訂正。
>>610-612

617 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:06 ID:yV8DTZH.
>>599からの続きです。

618 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:07 ID:yV8DTZH.
翌朝目が覚めると、ビー玉みたいにきれいな目が間近にあった。
んん…とうめいて寝返りをうって、石川は慌てて起きあがる。
「おはよ」
妖しく笑って、吉澤がこつんと額を押し当ててきた。
なぜだか石川はそれをよけることができなかった。
「…ど、どいて、よ…っ」
精一杯の虚勢を張って、石川はようやく吉澤の腕の中から這いだした。
床に足をついた瞬間、鈍い痛みにも似た痺れが下肢を中心にして全身
を貫く。
「あ…っ」
「大丈夫?」
崩れそうになる石川の体を、吉澤が慌てて支えた。

石川はかぁっと顔が熱くなるのを感じながらも、キッときつい視線で、
吉澤を睨み付けた。
「言っとくけどっ!」
後ろから石川を抱いたまま、吉澤がきょとんと目を見開く。
「これで、あの…、私があなたのものになったとか、そういうこと
思わないでよ!?」
「はいはい」
吉澤は喉の奥で、笑いをかみ殺していた。

619 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:09 ID:yV8DTZH.
石川は自分の動揺を吉澤に悟られないようにするために、さらにつっか
かる。
「もう〜、私、無断外泊じゃないっ!どーやって言い訳すればいいのよ、
親に!」
「それなら大丈夫だよ」
吉澤はにっこりと笑っていった。
「りかのお母さんには、昨日のうちに電話しておいたから。りかちゃんは
疲れて寝ちゃったのでウチに泊めます、ってね。ちゃんと口裏合わせてお
いてね?」
「わ、私はあなたのその用意周到さが嫌いなのよっ!」
感謝するべきか怒るべきか、一瞬だけ石川は迷ったが、無断外泊の原因を
作ったのだって他ならぬ吉澤なのだから、やっぱり容赦なく怒ることに決
めた。

その日、二人は初めて一緒に登校した。
石川には不本意だったが、吉澤はあらかさまなくらいに嬉しそうだった。
石川さえ嫌がらなければ、手を繋いで歩きたかった。
二人は隣同士の、別々のクラスだ。
教室に着けば必然的に離ればなれになる、はずだったのだが、しかし。
吉澤が、きゅっと石川の手を握って言うのだった。
「離れたくない」
「ぶつよ」
甘える吉澤の手を、石川は容赦なく振り払う。
「昨日はあんなにかわいかったのにさー。なに、その態度」
「そ、そう言うこというのやめてよ、もうっ!」

620 :たまご:2001/05/29(火) 23:10 ID:S6wAAaKA
>>589
からの続きです!

621 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:10 ID:yV8DTZH.
教室の入り口でもめている二人を、教室中の人間が口を開けて注目する。
石川はハッとして口を押さえた。
(い、いけない、ここは私のクラスだった…!)
自分のクラスメイトに、こんな醜態、見られたくはない。
石川は急いで平静を取り戻し、ハエでも追っ払うような手つきで「しっ
しっ」と吉澤を手払いした。
「もーいいです。あなたはとっとと自分の教室に行って下さい」
「うわぁ、高飛車な物言い」
「いーからとっとと行ってっ!」

もうすぐ授業が始まることもあり、吉澤は石川の怒りをかわし、隣の教室
に逃げ込んだ。
はーはーと肩で息をする石川のまわりに、数人の女生徒達が一斉に集まっ
てくる。
「いーなー、いーなー石川さん、吉澤さんと手ぇ繋いでた〜」
「繋いでませんっ」
一方的に、握られていただけだ。
「部長〜、やっぱり吉澤さん、正式にバレーボール部に入ってもらいまし
ょうよ〜。なんか本人も乗り気っぽいしぃ」
彼女たちはみんな、あの悪魔の正体を知らないんだ。
石川は心でそうぼやいたが、如何せんそれをバラすと石川自身が受けた
仕打ちもバレてしまうので、言えない。

622 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:11 ID:yV8DTZH.
「とにかく私は、ぜぇーったい、あの人をバレーボール部に入れるのは反
対っ!」
「えー、なんで〜」
「あーあ、勿体ない」
「考えなおそーよ」
勝手なことを言う部員たちに、石川はバンッと机を叩いて怒鳴った。
「だったら、あなたたちが、体張ってでも入部させればいいじゃないっ!」
「な、なに泣いてるの?」
「やだぁ、体張るなんて、えっちー」
「でも、ちょっとイイかも?吉澤さんならねー」
(うぅ…っ)
のんきな少女たちには計り知れない苦悩を、石川は抱えていた。
瞼に涙が浮かんでも仕方ないような苦悩を。

623 :たまご:2001/05/29(火) 23:11 ID:S6wAAaKA
ありゃ・・・・邪魔だったみたいだ・・・
出直そうかな・・・

624 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:12 ID:yV8DTZH.
>>623
後5分待って下さい。

625 :たまご:2001/05/29(火) 23:14 ID:S6wAAaKA
>>624
そうします。

626 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:15 ID:yV8DTZH.
エピローグ

その日の放課後。
誰もいないはずの教室に二つの影があった。
吉澤と辻である。
「はい。ののごくろうさん。これ、約束のモノね」
吉澤はヨーグルトやら揚げパンやらがたくさん詰まったビニール袋を辻に
渡した。
「わぁ、ありがとうございまーす。あれぇ、でも約束の分より多くないで
すか?」
「多い分は、成功報酬だよ。ののの演技のおかげで、思った以上の成果が
あったからね」
「でも、部長にあんな嘘ついて…。なんか悪いことしてしまったんじゃな
いかって…」
「ののー。今度行列のできるメロンパン買ってきてあげようか?」
「吉澤さーん、協力できることがあったらいつでもいってくださーい」

627 :たまご:2001/05/29(火) 23:15 ID:S6wAAaKA
って5分経った?かな?

628 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:16 ID:yV8DTZH.
そう、すべては用意周到な吉澤の策略であったのだ。
唯一の不安は、石川が試合途中で手を抜いてしまうのではないかというこ
とだった。
しかし、勝負事となると石川は周りが引くぐらいマジになってしまうこと
を吉澤は熟知していたので、その可能性は低いと践んでいた。
結果は案の定だった。

未だに頑なな石川を落とすために、吉澤は次の作戦を練るのだった。
(ふふふっ。ここまで来たら後は時間の問題ね♪)
一人密かにほくそ笑む吉澤である。
石川の苦悩はまだ始まったばかりだった。


END

629 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/29(火) 23:18 ID:yV8DTZH.
以上で完結です。最後までおつきあいいただきありがとうございました。

たまごさん続きどーぞ。私も楽しみにしてました。

630 :たまご:2001/05/29(火) 23:41 ID:S6wAAaKA
「うん・・・聞くよ・・・」
きちんと身構えて返事をした。
「わ、私ね・・・今日、ひとみちゃんが矢口さんと仲良くしてるのがすっごい
辛かったんだ・・・・人のせいにするのはダメだって思うけど・・・・・
今日の収録の失敗はそれが原因なんだ・・・・。
ホントに辛いんだ・・・ホ、ホントに・・・・」
梨華ちゃんは少し腫れも納まったとうのにまた、涙を流してる。
その姿はとても頼りなくてちょっとでも力を加えると飛んでいきそうで
ホントに、ホントに愛しいやつ。
「ひとみちゃんがスキなんだ。どうしようもないぐらい・・」
「梨華ちゃん・・・」

私も梨華ちゃんがスキだって思ったことは何度だってある。
愛しいって思ったことだって何度あるか・・・・。
でもそれはなんか違うって思って来た。
恋愛感情じゃないってそう思ってた。
一瞬思う一時的な感情なんだって自分で自分に言い聞かせてきた。
そうやって自分を偽ってた。
けど、けど・・・・今この瞬間、自分を抑えることが出来ない。
一時的な感情じゃないんだ・・・・・私は本当に梨華ちゃんが・・・・ス・・キなんだ・・。

631 :たまご:2001/05/29(火) 23:53 ID:S6wAAaKA
「梨華ちゃん・・・・私も・・・私も梨華ちゃんが大好き!」
思いっきり叫んだ。
すっごい、いい気分かな?
「ひとみちゃん・・・・うれしいよ・・・。」
折れそうなぐらい細い梨華ちゃんをぎゅっと抱き締めた。
折れそうな梨華ちゃんを折れるかとと思うぐらいきつくきつく。
初め何をされてるのかわかってなかった梨華ちゃん。
けど、だんだん分かって来たみたいで私の背中にそっと手を回してきた。
私も、もの凄くうれしいよ。
「ひとみちゃん・・・信じていいんだよね?」
「当たり前でしょ!もう呆れる位信じちゃってよ」
ちょっとおどけてみる。
私は抱き締めてた梨華ちゃんを離すと両肩を掴んでそっと口付けた。
すーっごい優しいキス。

632 :石川梨華&吉澤ひとみ:2001/05/30(水) 00:17 ID:Ltj8X3.6
( #^▽^)<BWさーんネガティブな石川描くのとっても上手いですよ〜♪
        あの後私はどうなっちゃうんでしょーか(w
( O^〜^O)<BWさん!梨華ちゃんを攻めるよし子とっても良いよぉー!

( ^▽^)<たまごさんの小説も続き期待でーす♪
( O^〜^O)<私は梨華ちゃんと矢口さんどっちを取るんでしょう??

633 :たまご:2001/05/30(水) 00:20 ID:DYd65002
『ガチャ』
と、不意に屋上の扉の開く音がした。
私達はその音にすばやく反応して即座に離れ、ドアの方向に振り向いた。
そこには・・・・呆然としてる矢口さんと目をぎらつかせてる保田さんだった・・・。
沈黙・・・・・私達はその場から動くことが出来なかった。
向こうも同じような雰囲気だった。

「吉澤・・・・・」
沈黙を破ったのは保田さんの一言だった。
「なんですか?」
「なんで?なんで矢口が辛い思いしなきゃならないんだよ!
思わせぶりな態度なんか取るんじゃないよ!」

思わせぶり・・・・・保田さんの一言はひどく私の心を締め付けた。
確かにそうだったかもしれない。
2人だけで話したり、手を繋いだり・・・・。
矢口さんがそう思っても仕方なかったのかもしれない。
矢口さんに思いはなかった・・・・・と言えばうそになる。
けど、今は矢口さんとは仲良くしたい!って気持ちはほとんどない。
梨華ちゃんと・・・梨華ちゃんを愛したい!
その気持ちで今は胸の中がいっぱいだ。
私は保田さんの問いかけに何もこたえることは出来なかった。
ひどく自分自身を後悔した。

634 :たまご:2001/05/30(水) 00:24 ID:DYd65002
今日はここで終わりです。

吉澤は梨華っちを取りましたが・・・・最後までどうなるかはわからない!
テスト終わったんでじゃんじゃん更新します!(予定・・・・(w
やぐっちゃんの今後に期待してください。

635 :名無し娘。:2001/05/30(水) 01:18 ID:xAqXVItI
BWさん、石川先生もがんばってね。

636 :shi:2001/05/30(水) 01:18 ID:tFuJviYM
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie1.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie2.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/annie4.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/a09.htm
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4413/a02.htm

637 :log0076:2001/05/30(水) 02:36 ID:n0KRzylI
マジでなんのスレだかわかんねえよ…
萎えるレス多いしよ

638 :名無し娘。:2001/05/30(水) 02:43 ID:siA1mmQQ
じゃあ見るな (はぁと)

639 :名無し娘。:2001/05/30(水) 03:21 ID:4XU/USlk
つか、来んな(w

甘々批評もたまにはイイジャン
今更だが、先週のMUSIXのいしよしは萌えた。久しぶりに。

640 :名無し募集中。。。:2001/05/30(水) 03:53 ID:Ozbi/KRk
>>637
君のそのレスが一番萎える
コテハンならもう少し深く考えて書き込んだ方がいい

641 :ナナシー娘。:2001/05/30(水) 04:05 ID:xnOwZJL6
作者の方々ご苦労様です。どれも楽しくよまさせていただいております。
やっぱ、いしよし強いですネ。現役最強でしょう!
これからも、こっちが驚くような設定作品、楽しみにしてます。

642 :log0076:2001/05/30(水) 04:16 ID:MJB5AxIA
>>639
たまには………ね

>>640
一週間以上も暖めたさ。。藁

643 :名無し募集中。。。:2001/05/30(水) 04:35 ID:Ozbi/KRk
>>642
そっか、それで思いついたレスがそれなんだね

644 :名無し娘。:2001/05/30(水) 05:06 ID:4XU/USlk
>>642->>643
なんか空しくなりつつも、ワラタ。君ら漫才やってんのか。

BW、ご苦労さんでした。
もっといろいろあんのかと思ってたけど、やけにあっさり終わったな(w
ま、気が向いたらまた次回作、ガムバッテ。

645 :コスモ:2001/05/30(水) 08:52 ID:4wjdr3dc
BWさん、お疲れ様でした。
毎回とても文章表現が上手で感心させられます。
葉楼学園、いしよしごまをめぐって進行中の物語。同様
コピーして保存させて頂きました。

次回作も期待しています。
頑張って下さい。

646 :名無し娘。:2001/05/30(水) 09:10 ID:qZ6gWjbY
むむ、名作板のような雰囲気…(ニガワラ

647 :名無し娘。:2001/05/30(水) 16:37 ID:4wjdr3dc
BWさんの作品がある他のスレ知ってましたら教えて下さい。

お願いします。

648 :名無し娘。:2001/05/30(水) 16:48 ID:R37/yQys
JUST ONE MORE KISS

649 :名無し娘。:2001/05/30(水) 16:49 ID:3ZjR1nPs
>>647
教えて君ウザ過ぎ
ここ見て自分で探せ
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=976650275&ls=50

650 :残念ながら:2001/05/30(水) 18:22 ID:lIRQBctA
log0076のほうがまともに見える
書くほうも読むほうも名作集板臭いというか精液臭いというか

651 :名無し娘。:2001/05/30(水) 18:29 ID:drLStcMQ
小説が読めればどんな雰囲気でも気にしない。
そんな神経質になるようなことでもないだろ。
まあ、このスレの1とかBWみたいな作者達なら別だけど。

652 :名無し娘。:2001/05/30(水) 18:33 ID:IHMbOrIg
>>650 そこら中の馴れ合いが始まった小説スレで、同じような事書くのも
あんましまともじゃないがな。
スレッド評議会(代理)&log 

653 :名無し娘。:2001/05/30(水) 18:36 ID:FJ.2ce/w
他の人が小説書いてるスレで同時に自分の小説を載せる神経がわからない
読みにくい以前の問題

654 :名無し娘。:2001/05/30(水) 18:40 ID:FJ.2ce/w
今回ばかりはlogに一票
いちごま会並の気持ち悪さだよ、このスレ

655 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 19:02 ID:1Jba/alQ
>>644
見透かされてるし(w
話を膨らますと書く量が倍になるので大幅カットです。
長編はエネルギー量が全く違ってくるので、今の私に
はちょっと辛い。

656 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 19:15 ID:1Jba/alQ
古参vs新参の意見の食い違いというものは、ネット上ではよくあること。
とくに、モー板分割前のカオスな雰囲気に慣れ親しんできた者には、マターリな
このスレに違和感を感じるのは当然といえば当然。

で、私は、狼と羊で住み分ければいいんじゃないの?と単純に思っておりま
すが。

657 :名無し娘。:2001/05/30(水) 19:22 ID:9/ucc7WU
あんたマターリの使いかた間違ってる

658 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 19:23 ID:1Jba/alQ
結局、何のために小説を書いてるのかって話にもなりますね。内面的欲求に基づい
た極めて私的な作品もあれば、はじめに読者ありきの作品もある。両者は厳密には
分けられないにしても、このスレの小説の場合、需要があるから書いているという
側面が強いはずです。だから感想を聞きたがる。これは良いとか悪いとかの問題で
はなく、ここはそういう所なんだ、という割り切りも必要なのではないかと。

659 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 19:24 ID:1Jba/alQ
>>657
あらら、そうですか。すいませーん。

660 :名無し娘。:2001/05/30(水) 19:35 ID:lIRQBctA
エロネタはサーバーとの契約にひっかかるからログ押さえられてる、
というのは知ってる上で書いてる?新参でも古参でも、知ってて腹くくって書いてるなら
それでいいよ 捕まるまで頑張れ

661 :名無し娘。:2001/05/30(水) 19:38 ID:Aa1y1GJU
>>660 なんでさっきから回線切ってID変えて反論してんの?
そんなに必死になることでもないだろ。
ここまでバレバレだと逆に笑えてくる。

662 :名無し娘。:2001/05/30(水) 19:42 ID:YLII.hGg
>>647
教えて君ウザ過ぎ
ここ見て自分で探せ

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=988936680

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=989722648

http://teri.2ch.net/mor2/kako/987/987950238.html

http://teri.2ch.net/mor2/kako/986/986829952.html

663 :名無し娘。:2001/05/30(水) 19:44 ID:g0EZgMX6
こういうことで小説の作家さん達が
書かなくなったら(書く気がなくなったら)
    ↓
 (゜д゜)ウツー

664 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 19:46 ID:1Jba/alQ
>>660
ヤレヤレ┐(´ー`)┌ マイッタネ。

665 :名無し娘。:2001/05/30(水) 20:17 ID:5dkOUBlY
本気で議論してるのがいちばんかっこわるい。
仮にも2ちゃんねらだろ?

666 :じゃない:2001/05/30(水) 20:42 ID:4jRuw31Y
ちろりとおじゃましつつget666

http://www.helloproject.net/htdocs/info/video_li.html
ビデオを予約しちゃった人はDVDに変更を。ロケ地品川。

667 :名無し娘。:2001/05/30(水) 20:52 ID:TT9cpaDM
( ● ´ ー ` ● )<じゃないありがとう
オリジナル・カラオケ・ビデオ「愛車ローンで」(ロケ地・品川)まであるのか…
6/27が待ち遠しいYo!

668 :ナナシー娘。 :2001/05/30(水) 21:49 ID:rANRnbIk
BWさん変な奴の意見あなんか気にしないで!
味方はたくさんいますよ!

669 :しじみ:2001/05/30(水) 22:05 ID:gUuMXkL2
>>668
あんたいいこと言った!

670 :名無し娘。:2001/05/30(水) 22:09 ID:qZ6gWjbY
まあ、熱くなりすぎんようにな
気楽に頼むわ

671 :名無し娘。:2001/05/30(水) 23:15 ID:jVukIR7M
logとこのスレみたいになってきたな(藁
ま、それが2chだなぁ。。。

672 :あ名無し娘。:2001/05/30(水) 23:45 ID:FQQvcPEg
書きたいひとはどんどん書いてちょ!!
馬鹿は放置で・・・
ROMってる人もいっぱいいると思うから。ね!

673 :スパンロケ:2001/05/30(水) 23:53 ID:GmOZBKoE
久々の登場。コソーリ

  I LOVE YOU〜♪
\ ^▽^)(^〜^○/
   LET'S GO!!

DVDありがとう。品川ロケマンセー。

674 :名無し娘。:2001/05/30(水) 23:55 ID:LH20cgI.
>>673
ワラタ

675 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/30(水) 23:58 ID:PIhbTZJE
>>673
スケバンと呼んじゃったよ(w
疲れか…

676 :log0076:2001/05/31(木) 00:14 ID:TSs66KLg
>>656
新参とかそんな事はどうでもいい
あなたは分けてるのか?

>>668-669
こゆのがいかんちゅうの。。ニガ藁

677 :名無し娘。:2001/05/31(木) 00:17 ID:26eFGiRE
>>676 なんだ本物だったのか?
偽だと思ってたYo! 

678 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/31(木) 00:27 ID:SKPOVoC.
>>676
というか、分けて考えたがる人間がいるつうことで。昔はこうじゃなかった、
みたいな。

まあ、なんとなく批判を許さない雰囲気があって、それが気にくわないというの
はわかるよ。ただ、批判ばかりだと書く方としては正直萎えるね。その批判が的
を射ていればいるほど(w

679 :log0076:2001/05/31(木) 00:36 ID:TSs66KLg
>>677
あっそ。
本物に決まってるだろ。
偽のほうが頭いいんだよ(実話)

>>678
>批判ばかりだと書く方としては正直萎えるね
ここではなさそうだから安心してどうぞ。藁

つうか私はただ単に「読みづれえぇ!!」ってことなんだけどね

680 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:06 ID:tsAlmXPc
>>679
テメーのおかげでさらに読みづらくなってんだよ。氏ね

681 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:12 ID:26eFGiRE
logの理想は小説以外は保全書きこみのみってことか。
どうでもいいが理想を押し付けられている気がしてならんよ。被害妄想スマソ。

682 :log0076:2001/05/31(木) 01:13 ID:TSs66KLg
>>680
言いたいことはそれだけかい?
こっちは至って真面目だよ。

683 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:13 ID:mKZqU3OE
このスレは読みづらいというが、文章自体が読みづらいlogよりはまし。
しかしこのスレに対する意見はlogに賛成。

684 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:16 ID:V3/0UMSU
( ´▽`)(´〜`○)
たのしければなんでもよし。

685 :log0076:2001/05/31(木) 01:16 ID:TSs66KLg
>>681
そうじゃないよ
くだらねーリスペクトレスは見ていて気持ち悪い、そんだけ(ぶっちゃけ…)

>>683
読みづらい、ってことね
それしか言ってないよ、今のとこ

686 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:22 ID:LAZN29iA
色々ありのごった煮状態も、まあありかなと。
もちろん、logさんのような考えも、あって当然でしょうけど。
ただ、現状はBWさんの小説読みたいって人が多いって事なんでしょう。

ところで、肝心のいしよしネタが少ないのがどうも・・・。
OHSORO聴いてると、やはりかおりか本線のような気もしてくるし。

687 :log0076:2001/05/31(木) 01:25 ID:TSs66KLg
>>686
飯田と吉澤のほうが仲よさげだす

テレビジョンを立ち読もう。

>logさんのような考えも
本人の意図してるものとあなたがたの意図しているものが食い違ってるような気がしてならないのですが。藁
BWや各名無し娘。のレスを見ているとね…

688 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:25 ID:tsAlmXPc
>>685
小説は別でやってここは雑談スレにしたいっていうのがお前の主張?

689 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:29 ID:26eFGiRE
>>683 の「文章自体が読みづらいlog」ってのは本当だな。
俺にはlogの文章が何を言っているのかわからないみたいだ。
それとも俺に読解力がないってことか…

690 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:30 ID:LmihjnfI
>>67
おう! 背景にはぁとがぼよよ〜んと広がるところもいいよな!
ぼちぼちdvd買うか

691 :log0076:2001/05/31(木) 01:30 ID:TSs66KLg
>>688
小説、雑談なにやったってOKだと思うよ
そこまでどうこう言いたかない(片足つっこんでるが
>>650 >>653の意見に近い感じかな
「精液臭い」は思ってないけど。藁

692 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:34 ID:7Qvt.y8A

               ,ヘニニ /~~⌒~⌒~⌒~ヾ  , ―--、
               | |( /            )'" /" 〉
               |  |(   /~⌒⌒⌒ヽ )ニ/ ,ヘ./    λ
   ___          |  | ( ξ    、  , |ノ /\|: i    ‖i /
  _|‖ト,  , --------vλ  〉-(6ξ--―●-●|-v=、_l: |     ‖.|< アゲ−
 |○)~|\iヽ,____ ´ ̄`ー\/____ヽ      ) ‥ )∨i/ 人    ‖ ヽ. \
  |○) .|ヾ.\ト-vレ-‐´ ̄ ̄\   \  _ ー=ノ i ∨ /:::::\  〃::ヽ i
  |ニニニ|ヾ、` \ハ_____  i回  〉---|`ヽ、___/|~ ̄|i|:  |::::::::::::i___||::::::::| |
  .\  \  ` \ト、__` i回 λ_____ト  |  | -‐ト|:  i;::::::=‐-◇-‐=:||
    .\___\|~ト 、 ||\ト、__  ∧| ____| `ヽ|____l三_| |: ヽ;;;::`ー、 ,-´;;//
     |_________|\i|ト、 |\レ丁 λ三人  〉-〉_-ト、 `ヾ.  `ヽ::::||::://
     \_______.\||``ト、 |-′/ ゞ、`ェェェ/回ェ=〈 \  ヾ.  |::::|:::| |
         |===「|=、:〈| ./〃  /7 ̄~|l-||,,,,, |゛  ヽ  ヾ.  |:::::::||
         |_____トl=、ト、_| /〃  //.゚"""|| ||ψ ト、。  〉   i: |::::::||
          ゝヒ___.|ニi ̄ レ´l /ヾニ、、__||=||_,,i┤ \.人__  |: |:||:| |
         , -‐―--- 、, ‐|./ 〃 √`┬′ ゞ、__`//i .`i `i|i´|
        ノ  """"  i))ゝ、__/.ノ  /'""  `ー<,_λ  | ‖|
       /""";;;;;;;;;;;;;;:::.. ト、ニ,==i》   i ,==-    /\ ヽ .|  .|
       〈;;;;;;;;;;''''"""""'  |゛\;;;/   ゞ,   ,;;  /゛  l  〉| ハl
       ゝ、==- ___________.ト、ミ ノ     ~l`ー-―´`ゞ-、i.へレ' ノ
        __〉i ̄ぐ|;  "/ `‐ィ′      `‐´i`ー-、  ヾ,人
       уλ._  |;  / "/           `'‐λ `ー-´_,λ
        〈.〈/  ̄∧ '/  /               `'ー-‐、/
        〉、ヽ__//レ;_/
        `ヾ-‐ ´

693 :686:2001/05/31(木) 01:35 ID:LAZN29iA
>>logさん
さんくす。テレビジョンはチェックしてなかった。
TokyoWalkerしか買ってないもんで。

688さんの言ってるように、小説はよそでやってって事なんですかね。
まあ、判らんでもないですが、ぽこぽこ小説スレ立てるよりは、
こーゆーのもありかなと思うんですが。まあ、見ずらいと言われれば
それまでなんですけども。

694 :log0076:2001/05/31(木) 01:37 ID:TSs66KLg
>>693
テレビジョンで娘。連載やらされとるんやで…

ながーい小説はスレ立てたら?って思うことはないとは言わない
短篇ならまだしも

695 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:41 ID:LmihjnfI
なんだ log関連談義中か……
logは、いしよし古参だから新規ものも全部しきりたい気持ちもわかる
だが、正直いって、logの現作品よりBWのほうが俺は面白く読めたな
logには他者作品のケチより、作品で勝負してほしい、それでこそ本筋だぜ?

696 :log0076:2001/05/31(木) 01:44 ID:TSs66KLg
>>695
あのー、それが本旨と外れてるっていいたいんですが…
新参とか古参なんてくだらない事よく言えるな、、、藁

697 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:45 ID:tsAlmXPc
>>694
俺はお前のくだらない雑談なんか見たくも無い
妄想と割り切った小説の方がよっぽど面白い

698 :686:2001/05/31(木) 01:45 ID:LAZN29iA
>>logさん
重ね重ねどうも。早速コンビニへダッシュ。

これ以上は無駄レスと言われかねんのでひかえますが、
おっしゃる事はよーく判ります。
ただ、BWさん他の方の書くものが受け入れられてるってのも
また現実でして・・・。
個人的には、いしよし雑談スレってのを作ればいいかなとも
思うんですが。(既に存在してたらすんまそん)

699 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:46 ID:d94idaUE
ぶっちゃけた話、名作集板臭くてなにが悪いのか理解できないのだが?

700 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:46 ID:/xSHdKcU
>>696
本人がどう発言したところで695の言ってる通りにしか見えないぞ。藁。

701 :log0076:2001/05/31(木) 01:47 ID:TSs66KLg
>>697
勘違いだっての。。
本旨と外れるレスはよしてくれ

>>698
夜道は危険やで。藁

>いしよし雑談スレってのを作ればいいかなとも
>思うんですが。(既に存在してたらすんまそん)
ここがそうでないのかい?

702 :名無し娘。:2001/05/31(木) 01:48 ID:HvG/hxp2
人それぞれ好みがある。やりたいようにやればいい。

703 :log0076:2001/05/31(木) 02:03 ID:TSs66KLg
>>700
決め付けたいならそうしとけ
いつまでたっても終わらなくなるだけだからな

>>702
その言葉が諸刃の剣である事をお忘れなく

704 :名無し娘。:2001/05/31(木) 02:04 ID:84/BvYYc
>>702
そうだな。雑談ありのプチ小説ありので、良質作には評価を、ってんで俺は満足

705 :名無し娘。:2001/05/31(木) 02:05 ID:K.Tl/FVQ
なんだかんだで、もうすぐ新スレか

706 :log0076:2001/05/31(木) 02:06 ID:TSs66KLg
>>704
プチ小説にしちゃあでかいっす

>>705
そうだね

707 :名無し娘。:2001/05/31(木) 02:06 ID:HvG/hxp2
いしよしスレ住人の心意気
荒らしに遭遇した時は、相手をせずに無視してください。

708 :log0076:2001/05/31(木) 02:08 ID:TSs66KLg
>>707
ブラクラにマジギレして見たくもないようなレスつける輩がいるようなスレじゃ…(略

709 :名無し娘。:2001/05/31(木) 02:21 ID:tsAlmXPc
煽るのもいいかげんにして下さい
俺みたいに無視できないやつだっているんだから

710 :log0076:2001/05/31(木) 02:22 ID:TSs66KLg
>>709 逆でしょう? そちらが本旨と関係のないレスを重ねる事で話が余計な方向にそれてるんですよ

711 :名無し娘。:2001/05/31(木) 04:05 ID:Oqy8Jrsc
今回ばかりはlogを支持するかな。あまりに同人臭くなると萎える…。
荒れさせたくない気持ちも解るが、意味のないリスペクトレスは不要だ。
感想書くんなら、もう少し考えた方が双方のためだろ。

712 :名無し娘。 :2001/05/31(木) 06:09 ID:eG.Q7KMI
荒れたな・・・。スレの主役になれて良かったな > log
>> 628
お疲れさん。また気が向いたらいしよし頼む。

713 :名無し娘。:2001/05/31(木) 08:02 ID:VeStYS0Q
>>711
この文は間違いなく、logの自作自演だな
全体の流れや文体から、はっきりそれがわかる
残念ながら、今回の一連のlog発言は独善的で見苦しい
だが可哀想なやつでもある・・狼でがんばりなよ

714 :名無し娘。:2001/05/31(木) 08:06 ID:IJPRrvXw
批判しか出来ないヤツは小者だから気にするな(笑

715 :名無し娘。:2001/05/31(木) 08:19 ID:NHRPlfbo
嫌なら見ない。
これ基本。
わざわざいらんこと言って見たくも無いレスを量産させてるのは
御自分の主張とも食い違ってると思われ。

716 :名無し娘。:2001/05/31(木) 08:32 ID:NuC8nvSQ
本当に無視できないんだね・・・取り巻きと同じだよ

717 :名無し娘。:2001/05/31(木) 14:03 ID:tr6tT1Ds
>>713
いや、>>711は俺で、男なんだけどね。
人が増えれば、当然批判も出てくるだろ。
logみたいな見方する奴もいるってことだよ。

718 :名無し娘。:2001/05/31(木) 14:09 ID:CCkGljDc
報復で狼のいしよしスレ荒らしてきまーす

719 :名無し娘。:2001/05/31(木) 15:20 ID:vsDHGNlA
>>717
まあ無理すんな(w

720 :名無し娘。:2001/05/31(木) 17:06 ID:ZePiZXoE
もうハロモニでいしよしがお好み焼き作った時みたいには
盛り上がらないのかYO!

721 :名無し娘。:2001/05/31(木) 17:10 ID:ylQ7oKQc
今日はみんなモーたい見て、萌えネタでも探すべさ( ●´ー`● )

722 :いしよし初心者。:2001/05/31(木) 17:27 ID:xMghc5CQ
話を蒸し返して恐縮ですが、ここで小説書いちゃいけないって人が多いので
しょうか?
短編は良くて長いのは駄目とか言ってますが、どこまでを長いと呼ぶのか
についてもお教え願いたい。

723 :名無し娘。:2001/05/31(木) 17:38 ID:EaLDdzkE
>>718
ややこしくなるからヤメレ!

此処っていっつも最後の方になると議論がたえないね!(w
マターリマターリヽ(´ー` )ノ
>>721も言ってるけど今日のモーたい。は何か収穫あるかのう?

724 :名無し一匹狼:2001/05/31(木) 17:43 ID:dPtfJMc2
ちょっと上の方見ると、
なんて下らない言い合いしてるんだろう

725 :名無し娘。:2001/05/31(木) 17:56 ID:ylQ7oKQc
>>722
いざ、長さの解釈を聞かれると困るな…(w
個人的には長くても、ある程度まとめて上げてくれりゃ構わんと思うが、
マジ長編なら別スレで書いてリンクで誘導した方が適切かもね

726 :名無し娘。:2001/05/31(木) 18:43 ID:jKTRsls6
おやおや荒れてるねー きっと3ヵ月後には似たような論争がまた
繰り広げられるんだろうけど
 スレってのは本来目的別に立てるからなあ、雑談と小説とか
例えば後藤スレに吉澤ネタを振ったらそりゃスレ違い(少しはいいだろうが)
同様に雑談スレがやたら小説じゃあ…ね

ただ俺はことなかれ主義なんで、今のままでも構わないけど
基本的にはlogの主張が正しい ただ世の中正しければ通るって
わけじゃないんでね  長文すまん

727 :名無し娘。:2001/05/31(木) 18:51 ID:jKTRsls6
>>722
いけないってわけじゃないさ
ただネタはネタスレ、雑談は雑談スレ、小説は小説スレ
って暗黙の了解でわけてるからなあ
狼より羊の方が礼儀正しくそうなってる中で
異質だからこう揉めるんだろ であと当事者がlogだから(w

728 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/05/31(木) 19:02 ID:zsxndHDY
ごちゃまぜの雰囲気が好きなんだけどね…。

とりあえず、もーたい見るか。

729 :名無し娘。:2001/05/31(木) 19:26 ID:zgXjrU2c
モーたい吉澤、かっけー。
ああ、ここに石川がいたらっ(w

730 :名無し娘。:2001/05/31(木) 20:13 ID:rk6af9SI
つーか、いしよしとか言う前にもっと可愛い服着せろやゴルァ!!!!
ゴールデンでお披露目なのに作業服ばっか…
吉澤はかっけかったけどね

731 :    :2001/05/31(木) 20:27 ID:INjijx9.
    

732 :    :2001/05/31(木) 21:21 ID:B37n7r9k
「ねえ、梨華ちゃん、早く脱がせて」
ひとみが強く懇願すると、梨華はひとみの着ていた服を一気に剥ぎ取り、
ブラジャーとパンティーだけの姿にさせ、自分も同じ格好になった。
そしておもむろにひとみを立たせると、二人でベッドへと移動した。

「よっすぃーの体って白くて綺麗だね、羨ましいよ〜」
仰向けのままのひとみに梨華が話しかける。
「そ、そんなー、でもわたし梨華ちゃんみたいにおっぱい大きくないし……」
「でも、すごくきれいなおっぱい、ねえ、見ていい?」
「う、うん」
梨華がひとみのブラジャーを外すと、小ぶりだが形のいい胸が露わになる。
ひとみは恥ずかしさからか、とっさにその胸を腕で隠す。
「ふふふ、かわいい、恥ずかしいのね」
そう言うと、梨華も自らのブラジャーを外した。
そして優しくひとみの両腕をどけると、乳房をそっと揉みはじめた。

733 :    :2001/05/31(木) 21:24 ID:B37n7r9k
「……あぁ、はぁはぁ」
梨華の優しい愛撫にひとみは思わず声を出してしまう。徐々に興奮が
高まっていくのが梨華にはわかった。そして乳房を両手で寄せると、
そのピンク色の隆起した乳首を唇と舌で刺激する。
「あ、あぁ……、か、感じる」
ひとみの頭の中はもう真っ白になっていた。アソコから液が止めど無く
溢れてくるのがわかった。猛烈に触って欲しいという欲望が頭を支配する。
「ねえ、梨華ちゃん、早く下もお願い……」
すっかり大胆になったひとみは自ら梨華に更なる愛撫を求める。
「ふふ、なんていやらしい子なの?しょうがない子ね、してあげる」
梨華は左手と舌でひとみの胸を刺激しつつ、右手をひとみのアソコへと
向かわせる。そしてワレメを中指でそっとなぞった。
すると体に電流が走り、ひとみは背を仰け反らしてその快感に耐える。
ひとみのパンティーはもうすでに、じっとりと濡れていた。
梨華はクリトリスを探し当てると、中指を震わせ刺激した。

734 :    :2001/05/31(木) 21:26 ID:B37n7r9k
「あ、あぁん、き、気持ちいい……」
ひとみはもう完全に梨華に支配されていた。目の前の風景が白く霞む。
「じゃあ、これも取っちゃおうね」
そう言うと梨華はひとみのパンティーを脱がし、足を大きく広げた。
「わあ、こんなに濡らしちゃって、なんてスケベな子なの?」
「い、いや、恥ずかしい、で、でも、感じちゃう……」
「よっすぃーったらホントにかわいい……」
梨華はそう言うやいなや唇をひとみのアソコへと持っていった。
舌先に力を入れ固くし、ひとみの勃起したクリトリスを刺激する。
「ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ」
激しい舌づかいで、卑猥な音をわざと立てる梨華。
ひとみはもはや、肉欲の赴くままに体をくねらせる。
「ねえ、よっすぃー感じる?」
梨華が口をいったん休め尋ねる。
「か、感じるよぉ、ね、ねえ、中までちょうだい……」
もうひとみはただひたすらイかせて欲しかった。

735 :    :2001/05/31(木) 21:27 ID:B37n7r9k
「じゃあ、入れるね……」
そう言うと、梨華は中指をひとみの奥深くへと挿入した。
そして一番敏感な部分を探り当てると、そこを激しく刺激した。
「クチュクチュクチュクチュクチュ」
梨華の指の出し入れによって出される音が部屋にこだまする。
「あ、あぁん、そこ、もっと……」
「ん?ここがいいの?もっと激しくするね」
ひとみの要求に合わせて、梨華は指の動きを更に激しくする。
「ん、んあぁぁ、あぁん、はぁはぁ……」
ひとみの呼吸が一段と荒くなる。ひたすら押し寄せる快楽に耐えるため、
シーツをギュッと掴んだ。絶頂の瞬間が迫る。
「も、もうダメ、い、イク、イッちゃうーーーー」
ひとみの絶叫と共に、透明の液体が吹き出した。激しく噴出された
その液体は放物線を描き、梨華の腕やシーツに到達した。

736 :    :2001/05/31(木) 21:27 ID:B37n7r9k
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」
激しい息づかいでぐったりするひとみを、梨華は隣で優しく見つめていた。
そしてその吐息が少し弱くなるのを見定めると、ひとみに話しかけた。

「今日のよっすぃー、すごく乱れてたよ、ちょっとびっくり」
「あ、うん、ごめんね、今日はわたしだけ感じちゃって……、今度来た時は
わたしが梨華ちゃんにしてあげるから」
「うん、ありがと、じゃあ、今度ね……」
そう言うと、梨華はそっとひとみに口づけをした。

その後再び体を重ね合うと、今度は深い眠りへと落ちていった。
こうして今日も人知れず、二人の秘密の情事が重ねられたのだった。


−終−

737 :    :2001/05/31(木) 21:28 ID:B37n7r9k
 

738 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/05/31(木) 21:32 ID:PLwghfIc
ひさしぶりに見たらなんかすごい面白い展開になってるじゃん
石川ヲタの石川本人に負けないくらいの底意地の悪さが発揮されてるね

739 :名無し娘。:2001/05/31(木) 22:06 ID:a7KK14XU
「李さん一家」のいしよしバージョン(辻加護付き?)のAAをもう一度みたい

740 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/05/31(木) 22:08 ID:PLwghfIc
石川の性格は某小説系石川ヲタ糞コテハンにそっくり
つまり最悪って事

741 :名無し娘。:2001/05/31(木) 22:09 ID:TOrS0Nfo
ぶっちゃけた話、logってかわいいの?

742 :名無し娘。:2001/05/31(木) 22:13 ID:rk6af9SI
アン石もlogもここはあんまり荒らすな
ここにいるのは石川ヲタだけじゃないんだからな

743 :名無し娘。:2001/05/31(木) 22:16 ID:yhjXQ2Ps
KITTY GUY.

744 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/05/31(木) 22:34 ID:PLwghfIc
別に荒らしてるわけじゃないよ
このスレ同人臭くて好きだし(石川のってのが気に食わないけど)

745 :名無し娘。:2001/05/31(木) 22:53 ID:yhjXQ2Ps
KITTY GUY.

746 :log0076:2001/05/31(木) 23:16 ID:YDYNDKLk
なんでもかんでも自作自演扱いかよ。藁
猜疑心は全てを腐らせるよ

>>722
線引きはないと思います
私見では、ある一定時間の間に全部あげるとか。藁

>>742
自作自演とか決め付けてる時点で話が進まない事を理解してらっしゃる?

747 :名無し娘。:2001/05/31(木) 23:25 ID:FerdV.q2
このスレの始めの方(レス1〜20あたりまで)を見てみると、
このごちゃ混ぜ感を作者や読者が気に入っている気がする。
logが読みづらいのは悪いと思うけど、ぶっちゃけて言うとネットなんて
おもしろけりゃ(・∀・)イイだろ。
それに名作集的雰囲気は対して悪いとは思わん。
まあリスペクトレスが急激に増えたのには驚いたけどね。

748 :log0076:2001/05/31(木) 23:29 ID:YDYNDKLk
>>747
ごちゃまぜLOVEね( ´ Д `)

>おもしろけりゃ(・∀・)イイだろ。
さぁ…一概には言えん。

>まあリスペクトレスが急激に増えたのには驚いたけどね。
驚いたつうか萎えます

749 :名無し娘。:2001/05/31(木) 23:37 ID:Mt27yUfY
>>748
>驚いたつうか萎えます
まぁ、書いている立場からすると、馴れ合いたく
ないのはわかるが、最初の頃は嬉しかっただろ?

750 :log0076:2001/05/31(木) 23:41 ID:YDYNDKLk
>>749
最初の一週間はね

751 :名無し娘。:2001/06/01(金) 00:25 ID:KgpTksOs
馴れ合いウゼェなら掲示板になんか書くなボケ
一人でノートにでも書いてろや

752 :名無し娘。:2001/06/01(金) 00:32 ID:Sw6pyc2o
>>751
ごもっとも。

753 :名無し娘。:2001/06/01(金) 00:46 ID:W1WHKKFw
(○^〜^)<馴れ合いはスキじゃないから〜♪
( ^▽^)<誤解されてもしょうがない〜♪
(○^〜^)<♪それでも僕は君のこと〜いつだって思い出すだろう〜♪>(^▽^ )

754 :名無し娘。:2001/06/01(金) 00:52 ID:M.QiDfOg
スレが上がるとアンチが来るってのは本当ですね(w

今週のもーたいは石川が全然出なくてつまんなかったっす。
よっすぃ〜はウンチ飲んじゃうし(w

755 :名無し娘。:2001/06/01(金) 00:55 ID:Sw6pyc2o
( ^▽^)<新スレ立てるには丁度いい頃合じゃないですか〜?

756 :名無し娘。:2001/06/01(金) 01:40 ID:3/zxLby.
>>755
いや、さすがにまだ早いでしょ。
850越えるくらいでないと。

757 :名無し娘。:2001/06/01(金) 02:00 ID:WkzA7D7I
もっとマターリでいこうよ。BWやたまごの小説も面白いんだからさー

758 :名無し娘。:2001/06/01(金) 06:06 ID:s2SfXcDo
いしよし雑談出来て、ついでにいしよし小説も読めちゃう、
つーのがええわな。ここ。
>>754
飲んじゃった後、ダラダラこぼしてる吉澤に萌え
変にカワイこぶらんのが、イイ!(・∀・)

759 :名無し娘。:2001/06/01(金) 13:03 ID:qP51LWS6
相互リンクのいしよし小説専門スレを立てて、そこは小説と保全カキコだけ
で、ここはその感想(ほめ過ぎ注意)と雑談、小ネタ、AA、画像スレにする、
でどうよ?
この先、いちいちウザlogにでしゃばられるのも迷惑だから、
ここらでケジメ付けとこうよ

760 :名無し:2001/06/01(金) 14:31 ID:7vS6wilY

>>759
もうこのスレも800逝っちゃうしねー。
そんなとこでいいんじゃない?
小説書きの人達がそれで納得するならさ。

もういい加減いしよし話&小説以外の厨房論議は
聞き飽きたしな。

761 :ドラム:2001/06/01(金) 16:31 ID:x1WxMllk
>>759
基本的に賛成です

一つ意見するなら、いしよし小説とその感想は別スレで、
テレビやラジオ等のいしよし突っ込みネタや画像、雑談はこちらで
と言う住み分けがよりベターではないでしょうか。

762 :名無し娘。:2001/06/01(金) 18:10 ID:47iWvQQM
>>759 賛成。けどここの良さは小説書くのに敷居の低さだと思ってたから、
ちょっと残念かな。

763 :名無し娘。:2001/06/01(金) 18:55 ID:BQC1kTVc
>>758
>>762
同意。一つのスレで小説やら雑談が出来たのがここの良さだったと思うなー
ウザlogは放置というのがここの暗黙の了解なんだからええんちゃう?

764 :名無し娘。:2001/06/01(金) 19:13 ID:B2nXfRkA
>>763
確かにいしよしものならまずここにくれば何か楽しめる、
というゴッタ煮の旨味、捨て難いんだよね

765 ::2001/06/01(金) 21:32 ID:W16bd54k
http://dempa21.tripod.co.jp

766 :名無し娘。:2001/06/01(金) 21:54 ID:EvONd4e2
>>765
スレ違い(w
新メン募集かあ
今の新メンは何て呼べばいいんだろうか

767 :名無し:2001/06/01(金) 23:15 ID:5w0yAPH.
>>766
メンバーでいいじゃん(w
または第3期増員メンバーとか

768 :名無し娘。:2001/06/01(金) 23:27 ID:3FLMfMW6
別に今まで通りでいいじゃん。何で少数派しかも糞logの意見なんかに
合わせようとするの?

769 :名無し娘。:2001/06/01(金) 23:33 ID:2Ud8U3pI
>>768
雑談と小説が同時に盛り上がった瞬間にまたlogが来て、
一気にテンション落とされると予測できるから(w
たぶん新スレにも来るつもりだろうしね。

770 :名無し娘。:2001/06/01(金) 23:34 ID:x.JxZB8k
とりあえず、これでしばらく解散はないんで安心するよ。

771 :名無し募集中。。。:2001/06/02(土) 00:10 ID:1sD5T4sI
今までどおりでいいよ

あの糞がまたケンカ吹っかけてきたら
狼のいしよしスレと小説ヲタスレ荒らすだけだし

772 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:20 ID:sB19PL4.
>>771
そりゃやめとき(w

773 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:27 ID:fJshSFj2
>>771
荒らしてるのお前さんかい?
もう止めときなされ…

774 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:31 ID:k42z29mY
今狼のいしよしスレ荒らしてる奴、厨房臭さまるだしでカコワルイよ!
あと、あのコピペはBWにも迷惑かけてると思うが・・・
とりあえずヤメトケ

775 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:35 ID:Afx5RemA
ここはとりあえずスレ立てた1の意見も聞きたいし多数派に合わせたほうが一番ベストちゃうの?

776 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:45 ID:fJshSFj2
今、狼の小説ヲタ専用スレでlogが叩かれてるが…
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=990965688

777 :名無し募集中。。。:2001/06/02(土) 00:52 ID:1sD5T4sI
logがコテハンでここかきこんだら狼のいしよしスレ荒らすから

778 :名無し娘。:2001/06/02(土) 00:55 ID:w04Z/67c
もう荒れてるし…(w

779 :あ名無し娘。:2001/06/02(土) 01:07 ID:8jAp0UjA
荒しウザイ!!
logがなんで迷い込んできたんや?
ちゃんとsagaれてなかったんかなぁ

780 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:11 ID:Afx5RemA
ま〜そう怒らずにさ。logの過去になんかあったんだろ?(w
心の狭いしょーもない奴はほっとけほっとけ。気にせずやろうよ

781 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:15 ID:wpHL/ccE
「無意味なリスペクトレスしない」「読みやすくする」
こんなことは、logとは関係なしに当然のことだと思うが。
自作自演とか取り巻きとか言われて無駄だと思うけど(w

782 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 01:18 ID:bIZDfQ.U
>>780
わざわざ人の名前出してるのもそぉとぉだぞ(w

BWはもう寝ちゃったかな

783 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:22 ID:Afx5RemA
>>782
はいはいもう十分分かったから。夜遅いんだからもう寝ようね。
文句つけるくらいなら黙って去ろう。

784 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:24 ID:fJshSFj2
自分は、言うほど読みにくくはないと思うんだけどね?
同時連載あってもせいぜい作家2人くらいだし
このスレにはパート1から棲み着いてるから単に慣れただけかもしれんが…

785 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:28 ID:VNOy21YE
この騒動が終わらないと
BWの小説は読めないのかな

786 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:29 ID:w04Z/67c
>>782 つーかBWに文句つけに来たんなら狼戻ってくれよ。
BWが来なくなったら迷惑だ。

787 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:36 ID:Cbpj0BYA
そろそろ移行かな

788 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:43 ID:rrCOtxDU
( ^▽^)<さすがに800超えたら新スレ立てませんか〜?

789 :名無し娘。:2001/06/02(土) 01:54 ID:fJshSFj2
新スレまでに問題の決着を付けたいね
争いを持ち込みたくないし
>>788
850くらいまでは大丈夫だと思う

790 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 01:59 ID:bIZDfQ.U
>>786
聞きたい事があるからね
興味がある

791 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:00 ID:1sD5T4sI
迷惑だから名無しで書込んで

792 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:01 ID:1sD5T4sI
>>789
ま、今までどおりでいいんじゃないの?
文句あるんだったら読まない書込まない

793 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:02 ID:w04Z/67c
>>790
どうせパクリかどうかだろ? 実際問題それが気になってんのお前だけだよ。
もしパクリだったとしても面白ければいいと思ってる俺には、お前の行動は迷惑
極まりない。

794 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:02 ID:yOxM0Nk6
>>790
お前何聞くんだよ?余計な事言うなよ

795 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:07 ID:bIZDfQ.U
>>793
>>794
そら気になるさね
人間としての歪んだ好奇心さ

796 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:07 ID:5hvDEAgU
大体娘。題材に二次創作やってるんだからパクリも糞もない。
二次創作自体がパクリ、パロディなんだから。
面白ければ良い。

797 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:08 ID:1sD5T4sI
>>795
だから名無しで書いて下さいお願いします

798 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:08 ID:w04Z/67c
つまりその歪んだ好奇心でこのスレ住人の楽しみを減らして行こうというわけか。
自己中もここまでくると本気で氏んで欲しくなるよ。

799 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:09 ID:/xXsn7mc
logさまへ

たのむから消えてください。
悪いけど、あなたの書く物より、BWさん他の物の方が面白い。
とっても迷惑。とりあえず、多くの人を不快にさせているって事を
理解して下さい。

800 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:09 ID:bIZDfQ.U
>>798
じゃあ、本人に伝えといてください(w

801 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:12 ID:bIZDfQ.U
>>799
だから作品のおもしろさは言ってないよ(w

802 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:13 ID:1sD5T4sI
お願いだから名無しにして・・・

803 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:15 ID:w04Z/67c
>>800 パクリだったとしても、原作とどこまで似てるかがまだわからんだろ?
お前も俺も。誰が言い始めたのか知らんが、ここでどこがどう似てたのか
教えて欲しい。煽りではなく。

その似ている程度によっては、お前の小説も他の小説のパクリと考えられることも
あるだろう?
logは結論を急ぎすぎている感がある。

804 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:16 ID:bIZDfQ.U
>>803
いや、、
本人に聞くからいいです

今日はお休みのようなので

805 :799です:2001/06/02(土) 02:16 ID:/xXsn7mc
だから・・・わかんないかなあ。
このスレにはBWさん他のカキコを楽しみにしている人がいて、
あなたのカキコはそれを邪魔してるって言いたかったんですけど・・・。
本当に目障りなんです、実際。
お願いですから、ご自分のたてたスレで好きなこと書いてください。
頼みます。

806 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:17 ID:I9LJS8Xs
>>804そのときには名無しで。

ところで、新スレは?

807 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:18 ID:Afx5RemA
笑っちゃうなーお前さ自分の書き込みもう一度冷静に読み直せよ。
反抗期のガキみたいだな(w BW批判する前に自分の国語能力をもう少し
マシにさせてから言いな(w

808 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:19 ID:bIZDfQ.U
>>805
典型的な取り巻きさんなんですね
恐れ入ります

>>806
自分で立てれよ

809 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:20 ID:1sD5T4sI
>>808
ねえ、なんで名無しにしないの?

810 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:21 ID:yOxM0Nk6
>log
どういう目的があったか知らないけどお前の糞レス>>637以来このスレが
こんなくだらない議論スレになったことについてどう思ってんの?
こんな状況になる可能性があることぐらい予想できたはずだろ

811 :789:2001/06/02(土) 02:21 ID:fJshSFj2
自分は、新スレこれまで通りのスタイルでいいと思う
ただし、リスペクトレスの行き過ぎには各自注意する方向で
logの不満の片方は飲む、これで文句無いんじゃない?

812 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:21 ID:v2.ZRoxI
ID:/xXsn7mcみたいな奴が一番ウザイ

813 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:23 ID:Afx5RemA
>>809
暇なんだろ?誰にも相手にされなくてさ。ネットの世界でしか相手にされないんだろうよ。

814 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:25 ID:1sD5T4sI
>>811
リスペクトレスなんてこのスレに存在しないからそれでいいですよ

815 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:25 ID:bIZDfQ.U
>>809
意地ってことで

>>811
下一行について言ってただけなんだけどね
ここまで言い合えるのはすごいね

816 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:27 ID:bIZDfQ.U
>>815
下一行じゃないや…
>リスペクトレスの行き過ぎには各自注意
ってことを言いたかったんだ

817 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:27 ID:1sD5T4sI
>>815
あなたのくだらない意地でこのスレが荒れると迷惑なので名無しにして下さい

818 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:27 ID:1sD5T4sI
>>816
リスペクトレスなんてどこにありました?

819 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:30 ID:bIZDfQ.U
>>818
聞く前に自分で探そうよ
過去ログ残ってるしさ

820 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:30 ID:w04Z/67c
>>810 やっぱりlogはその質問には答えないみたいだな。
俺も狼で散々聞いたが 「勘違いもはなはだしい」 的な内容だけで、次からは
無視された…

821 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:31 ID:1sD5T4sI
>>819
みても無いから聞いてるんです

822 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:31 ID:teoMR4Aw
どれがリスペクトレスかなんか、各人の判断によって変わる。
logの仕切りなぞ放っておいて、まったりとやりゃいいだろ。
リスペクトレスは荒らしや煽りじゃないんだから、とやかく言われる必要なし。
俺はしないけどな(w

823 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:32 ID:bIZDfQ.U
>>820
なにをクダクダと…
第一糞レスというか問題提起みたいなもんやし

824 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:32 ID:6ZyAe4.c
荒らしは相手にせず、今まで通りやればいい。

825 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:33 ID:1sD5T4sI
>>823
その問題定期が要らなかったと言うのがこのスレの総意なのでは?

826 :799です:2001/06/02(土) 02:33 ID:/xXsn7mc
ウザイと言われましたか・・・すみません。
自分はただ、logさんの書き込みでつまんない言い合いになるのが
とてもイヤだっただけなんですが。
他にも好きな小説ありますけど、単にlogさんのが自分に合わないだけで。
もう一度お願いしたいですけど、ここから撤退なさる気はないんですかね。
せめて、名無しになさっては如何でしょうか。

827 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:35 ID:bIZDfQ.U
>>823
総意て…
気味悪い事言うなぁ

>>826
あのさ…
だから作品の事は言ってないんだけど
読み違いもここまで来ると…

828 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:36 ID:Afx5RemA
立ち去らないわ黙らないわで あんた相当性格悪いな。恥ずかしくはないの?
もう頼むからやめてくれよ。ブスは性格もブスなんだなホントに・・・。

829 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:37 ID:w04Z/67c
>>826 その丁寧な言葉使いがウザイだけだと思われ。
2ちゃんではタメ口が普通なんじゃない?

830 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:38 ID:1sD5T4sI
>>827
あなたの方こそ読み違えてますよ・・・
あなたがコテハンでここに書込むと荒れるので
名無しで書き込むか二度と来ないで欲しいと826さんは言ってると思うんですけど・・・

831 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:38 ID:bIZDfQ.U
>>829
いや、見当違いもいいところ

832 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:40 ID:w04Z/67c
>>831 logには何もいってないが?

833 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:40 ID:kmSynVQA
ああパクリを指摘したのは俺だ 一つはハッキリ文庫名を
言える が、BWの書いたやつをどこで見たのか思い出せない
それにその話は完結していないので、あまりとやかくは言えないが

834 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:40 ID:7Gk9UGPU
どーでもいいけどいしよしの話をしようよ
ここは何のスレなの?

835 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:40 ID:yOxM0Nk6
>log
スレの雰囲気壊さないために多少のウザイレスにも目を瞑ってた奴だっているはずなのに
お前は何も考えない馬鹿か?行き過ぎれば多数派の意見で自然と流れは変わっていくもんだ
お前が糞レスしたところで流れは変わるどころかこうして荒れるだけなんだよ

まさに>>825の言うとおり

836 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:41 ID:bIZDfQ.U
>>835
だから「総意」って言うのはあかんでしょう

837 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:42 ID:fJshSFj2
>>834
これで構わない
膿みはこのスレ中で出し切ってしまった方がいい

838 :799です:2001/06/02(土) 02:43 ID:/xXsn7mc
logさんへ

作品云々の件は私の勘違いです。すんません。
言いたい事は830さんがおっしゃってくれました。
logさんも、自分のカキコについて過剰に反応する輩がいるというのを、
もう少し考えてください。お願いします。
パクリの件については、名無しで書かれては如何でしょうか。

839 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:43 ID:w04Z/67c
>>833 勝手な願いとは重々承知だが、文庫名を言ってもらえんか。
たまたま似てたということかもしれないしさ。

840 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:45 ID:bIZDfQ.U
>>838
さんづけやめれ

>過剰に反応する輩
ブラクラ踏んだごときでレスするやつもいるからな(w
あの頃からたまってたよ

841 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:46 ID:kmSynVQA
>>839
いやそりゃ構わないけどさ。ちょっとその文章探すから待ってくれ
それにパクリってのは人によって受け止め方が違うし
>>837
賛成だな。このスレでケリをつけたいもんだ

842 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:47 ID:yOxM0Nk6
>>836
問題提起がいらなかった事じゃなくて“お前の”問題提起と称する書き込みは
必要なかったって事だろ

843 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:48 ID:w04Z/67c
未だにブラクラ引きずってんのか…(w
あれは他の奴が注意して終わっただろ?
注意する人間が誰かってのも、おさまりやすいかどうかに繋がるんだけどね。

844 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:50 ID:bIZDfQ.U
>>843
消化不良気味だったのさ

845 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:51 ID:fJshSFj2
自分はもう寝るけど、
話しが長引いたら、別の死にスレに移ってやってくれ
新スレいしよしパート4で喧嘩の続きを…ってのは絶対止めてくれよ

846 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:52 ID:bIZDfQ.U
>>845
お疲れさま

900超えても大丈夫だよ

847 :799:2001/06/02(土) 02:52 ID:/xXsn7mc
じゃlogへ

あんたがカキコする事で、スレが荒れる事については、
何とも思ってないのか。もちろん、無視できない方も悪いんだけど。
とりあえず、出て行く気は無さそうなので、最後に一つだけ言わせてくれ。
リスペクトレス云々言う前に、(wってのはやめれ。不愉快極まりない。

848 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:52 ID:1sD5T4sI
>>844
あなた一人の欲求を満たすためにこのスレは存在してるんじゃないんですよ
何故あなたが今叩かれてるかもう一度考えて見て下さい

849 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:54 ID:m3h1zLWs
>>847
logは(藁だろ(w

850 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:54 ID:bIZDfQ.U
>>847
(w
それを言っちゃあ…おしまいよ♪
ってことになるが。。
よほど、現実世界でも嘲笑されてる方なんでしょうか

851 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:56 ID:1sD5T4sI
>>850
揚げ足とりしないでもっと本質的なことについて答えて下さい

852 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:57 ID:w04Z/67c
>>850 ゴメソ爆笑!! なんだよネタ出来るんなら最初からやれよ。
>よほど、現実世界でも嘲笑されてる方なんでしょうか
これlogが言われてることそのままじゃん(w

853 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 02:57 ID:bIZDfQ.U
>>851
ごめん
今日はもう答えれない
夜にね

854 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:58 ID:yOxM0Nk6
いまだに前スレのブラクラ後のレス云々言ってる方がよっぽど滑稽にみえる

855 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:58 ID:K52HgmcU
>>850
>よほど、現実世界でも嘲笑されてる方なんでしょうか

友達居なかったってネット上で嘆いてるお前のことな・・・

856 :名無し娘。:2001/06/02(土) 02:59 ID:kmSynVQA
>>850
ハッキリ書けば?どう考えているのか
まあそれに対して反発受けるのは当然わかっていることだろうけど
そうもしないと収まらない

 ところで見つけた。改めて比較したがパクリとしか(略
ただ今の話題と違うので論旨がずれないかと心配だ

857 :これは誰のことなのかな?:2001/06/02(土) 02:59 ID:uu/37HOY
84 名前: log0076 投稿日: 2001/03/02(金) 00:10

人の手の重さ、暖かさ。

高校では友達と呼べる友達は一人ぐらいしかできなかった。
だから自然と先生たちと話す機会のほうが多かったように思う。
卒業式が終わった後、1年の担任のもとに向かった。定年まであと何年か、それぐらいの
先生だ。一年の頃は、集団行動がいやでいやでしょうがなかった。
家では泣いてた事もあった。それでも学校には毎日通っていた。(ここがようわからん…
宿泊旅行を休みたいと直接言いに言った。母親と先生と3人で話した。
先生は言った。
「行きたくないなら行かなくていい。オレもそうだった。気にするな。」
そんな感じで言われた。不器用な先生の笑顔に、私は泣いていた。ぽろりとね…从´∀`从
うれし泣きだった。安心した、といったほうがいいかも。

858 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:01 ID:1sD5T4sI
>>853
約束守って下さいね

859 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 03:01 ID:bIZDfQ.U
ああ、まともなレスハッケソ

>>856
はっきり書くと、
小説以外でなんとかなってくれたら楽しいなぁ
ってとこかな

膿は出し切っておけ、と命令してる人がいるようなので出しといたら?

860 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:03 ID:1sD5T4sI
>>859
意味わかん無いです
もっとはっきり書いて

861 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:04 ID:w04Z/67c
>>859 なんだぁ? ごちゃ混ぜが嫌なのか小説が邪魔なのか、
わかりにくいレスすんなよぅ!

862 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:05 ID:yOxM0Nk6
俺はただBWの文読むためだけにこのスレをブックマークしてたのに…
お前らのおかげで楽しみが一つ無くなりそうだよ
ありがとうよ糞log、氏ね

863 :799:2001/06/02(土) 03:05 ID:/xXsn7mc
logとまともに話そうとしたおいらがマヌケだったって事か・・・。
ネットなら何言ってもOKって事かいな。
とりあえず、まともに仕事してるし、それなりに信用もあるさ。
伊達に映像業界で?年もまれてませんわ。
ふざけた事ぬかすな。

最後の一言じゃなくなってすまん。

864 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:07 ID:bTAG4yWI
・・・・・

865 :log0076usgm008n470.ppp.infoweb.ne.jp:2001/06/02(土) 03:07 ID:bIZDfQ.U
>>857
私ですがなにか?

>>860
小説ばっかじゃいやだいやだい(w

>>861
小説は邪魔ではない(当たり前だろが)
ごちゃまぜはうざい
( ;´ Д `)えっ

うーん。
私も含めて粘着なやつらばっかや

そいでは、また

866 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:08 ID:bTAG4yWI
もういいよ
狼のスレ荒らして敵は取ってあるから

867 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:08 ID:lZfIhiP6
はたして、あなた方にlogさんを悪く言うことができるのでしょうか?
確かにlogさんは、モ板コテハンの中での人気は下から数えた方が早いですし、
お世辞にも可愛いとは言えません。
さらに言えば性格も自己中で大人になりきれない部分を持っていますが、
それでも日本のトップに位置する妄想小説家兼マジ石川ヲタなのです。
それに引き換えあなた方は何ですか!
妄想力もマジヲタ度もきっとlogさんより下でしょう?
もしイベント等でlogさんと出会ったとしても、あなたは相手にもされないことでしょう。
ネットという匿名性を利用して人の悪口を言うことは確かに楽しいことかもしれませんが、
それは人として「log以下」の行いであるということを自覚しましょう。
いいですか! これが最後の忠告です!
いますぐパソコンの電源を切って首をくくりなさい。
さもないとlogを箱詰めにして送りつけますよ!!!

868 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:08 ID:kmSynVQA
>>859
いや膿はこの場合一つしか当てはまらないと思うんだがね

まあいいや 誰も何もBWには文句つけないだろうしそれは俺も同じ
ただ文章書くうえでの信念とかポリシーはどうなってるのかとちょい
思っただけなので
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=989337099&st=132&to=148
角川ルビー文庫
秋月こお『リサイタル狂奏曲』富士見二丁目交響楽団シリーズ 定価510円

立ち読みしにくいだろうな(w
になみにこれは妹のだ。と言い訳しておく

869 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:09 ID:uu/37HOY
結局logは自分の思いどおりにいかないと嫌なんだろ?そうとしか思えないんだけど

870 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:10 ID:bTAG4yWI
>>865
このスレのほとんどの住人がごちゃまぜで納得してるのに
自分は嫌だからと言って文句を付けるのか
それは気に食わないからと言って荒らす奴と同じ理論だ

871 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:10 ID:kmSynVQA
失礼 信念もポリシーも同じだな

って何も解決しないで今回も終りそうだな・・・

872 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:11 ID:bTAG4yWI
logは荒らしだから徹底無視ってことで

873 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:12 ID:uu/37HOY
logは気に食わないからと言って荒らす奴をモー板だからアリだと肯定するような人間だからな

874 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:13 ID:w04Z/67c
ふむ。パクリでも一番短いやつ(たぶん)だったからいいや(w
他の長いのかと思って神経質になってた。

875 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:13 ID:kmSynVQA
要はいしよし雑談スレだったはずなのに小説ばかりなのが
嫌なのか・・・
そんな事言っても妄想するネタがないんだから、今までの流れに
なるのは必然 どうしようもないだろ

876 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:16 ID:kmSynVQA
>>874
あとは
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=991036336
で始まってるやつ でも元は指摘できない うろ覚えだから
他は知らん そうかも知れないし、そうじゃないかも

俺は個人的には小説練習スレッドの保田が吉澤に片想いするやつが
好きだから、あれはオリジナルだと思いたい

877 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:18 ID:w04Z/67c
>>876 良かった。男女物は嫌いで読んでないから、もしそうでも
(まだ俺オリジナルだと思いたかったり w)ショック軽い。

878 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:18 ID:iLzW6Cfw
新スレは?

879 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:22 ID:djTeqd0g
とりあえずlogのやり方はまずかったが、それはおいといて
雑談と小説わけるかわけないか、決めればいいんだろう?
そこをはっきりさせて、新スレいこうや

880 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:25 ID:w04Z/67c
悲しいが新スレでは確実に小説は減ると思われ。
わけて立てると更に敷居が高くなって減る気がする。

881 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:29 ID:VNOy21YE
logの思い通りなうえに
小説は減るのか・・・

882 :スパンロケ:2001/06/02(土) 03:30 ID:99YvUw3c
logもう寝たんか。話あったんだけどな。

883 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:31 ID:teoMR4Aw
分ける必要ないだろ。
狼のlogいしよしスレも小説と雑談とリスペクトレス(笑)が入り乱れてるし、
そんな感じでいいだろ。

884 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:31 ID:yOxM0Nk6
小説が無くなるならこのスレに用は無い

885 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:31 ID:3E0TFXNc
なんだったら、スレタイトルから、いしよしを外せばどないだろ。
いしよしのタイトルはlogにやって、好きなようにしてもらえば。
こっちはこっちで、マターリいけばいいんでない?

886 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:37 ID:IbnuZDEY
なんだ、のぞいてみたらまたlogが荒らしてるのか、残念。
たぶん、こいつは他人のいしよしが我慢できない自己愛人格障害の傾向あるね
どうlogのレスを客観的に読んでもまともじゃない。
どれだけ正当な意見をしても無駄。無視しかない。しばらく荒らされるが我慢だな。

荒らす理由はひとつ。本当は自分がリスペクトレスがほしい。
かなわない。だから他人に嫉妬し、他人を攻撃することで自分を守ろうとする。
分裂性パーソナリティーの典型。心の病気だから、正論通じないよ。

887 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:37 ID:djTeqd0g
俺はこのままでいいと思ってる
わけると廃れるし、両方みるの面倒くさいし
見にくいってのは、まあ、その通りだけど別に読めないほどじゃないし
寝よ・・・
多数決とるってのは2ちゃんぽくないけど、羊っぽいとは思う

888 :名無し娘。:2001/06/02(土) 03:47 ID:wpHL/ccE
>>885
それはかなり勘違いした意見だと思うが。
で、俺は小説とそれ以外を分割、に一票。

889 :名無し娘。:2001/06/02(土) 04:00 ID:3E0TFXNc
>>888
うーん・・・logがいしよしってスレ名にこだわってそうなんで、
新スレでもごちゃごちゃ言われたらかなわんと思って言ってみたのだが。
しかし狼のいしよしスレだけじゃ満足できんのかな。

小説は書き手がいないとなりたたないし、BW氏などはこのスレで
書きつづけていたので、下手に分けないほうがいいと思うがなあ。
つーか、logって何様?なんでも自分の思いどーりにならんと
気がすまんのかね。まさに886のいうとーりだわ。

890 :名無し娘。:2001/06/02(土) 04:02 ID:5hvDEAgU
>>889
大体元は吉澤レズスレでいしよしスレでは無かった気が・・・。
いつからこうなったんだ(w
まあ、過去のことを穿り出すのはやめるか。

891 :名無し娘。:2001/06/02(土) 04:21 ID:VNOy21YE
このスレ終わっちゃいそうなんで
とりあえずわけないに一票

892 :名無し娘。:2001/06/02(土) 04:26 ID:GHClsfmU
新スレ作ってもBWはもう来ないだろな・・・

893 :名無し娘。:2001/06/02(土) 04:41 ID:yOxM0Nk6
BWは去りogが残るってことか
なんてこった…

894 :名無し娘。:2001/06/02(土) 07:09 ID:1bzPiMhE
ごちゃ混ぜになった小説を読むのが辛いならコピペをして自分のパソで編集しろや!!

あと、パクリでも何でも面白ければそれでいいんだよ!!
むしろ面白くなるんだったらどんどんパクれ!!

895 :名無し娘。:2001/06/02(土) 07:13 ID:1bzPiMhE
しまった…上げてしまった…

BWがひとこと「logは完全放置で」と言えば皆それに従うだろーに…。

896 :名無し娘。:2001/06/02(土) 08:06 ID:sVVO69S2
俺は今のままでいい
log?知ったことか

897 :名無し娘。:2001/06/02(土) 09:33 ID:ewyNL99A
バカ女はどうでもいいとしても、パクリ指摘されたら普通はもう書けないだろう?
残念だが他の作者に期待。名作集板にもいいのあるしね。このスレにはこだわらないよ。

898 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:02 ID:FqQOEgpM
小説とその他のスレ分割の方に一票
パクリに関しては読んでいる方は面白きゃいいだろうが
書いてる人間自身のプライドやモラルの基準を疑うね
BW系の作者なら名作集板にいっぱいいるので俺もそっちに期待

899 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:06 ID:G3wLDU3k
>>811を書いた者だが、意見は変わっていない
別けない、でいい

900 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:15 ID:ZR75SBdE
イシカワとヨシザワのいる話でパクリネタでひとつ思いついたんだけど、
書いてもいいかな? 短編で。

パクりはどうでもいいけど、作者が表明しとかないと後からややこしく
なることもあるよね。

901 :レッツ自作自演:2001/06/02(土) 13:20 ID:ZR75SBdE
>>900 書け。

902 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:22 ID:ZR75SBdE
>>901 ではあり難く。
元ネタは藤原薫『昔の話』より、甘い小指の夢を見た

まじで気分悪いんで今、気を紛らわすために書く。胃袋が氏にそうにきしょい。
だから途中で途切れたら、PCの前でゲロってると思ってくれ。

903 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:26 ID:ZR75SBdE
「・・・?」
 目覚めた時に感じた、かすかな違和感のもとを探して、吉澤はぐるりと部屋を見渡した。
 それから身体をあらためる。身を起こしたとき右方向に感じたふわんとした奇妙な感触。
「わ・・・」
 左手で右手を掴むと、ふわふわと沈んだ。
 パンになっていた。

904 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:27 ID:ZR75SBdE
 混乱した頭をスッキリさせようとシャワーを浴びたかった。

 が。

 右手が溶けそうなので、やめた。

905 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:28 ID:ZR75SBdE
 毎朝のなわとび。

 右手がもげてしまうかも・・・

 そう思って、やめた。

906 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:31 ID:ZR75SBdE
 むかし読んだライトノベルでこんなのがあったっけ。

 おいしいクッキーになるからって狙われている人種の話。

 眼鏡姿の女のコが表紙だった。
 

907 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:32 ID:ZR75SBdE
 どうしよう、これから?

 ベッドの上で膝を折りたたんで体育座りのようにまるまりながら考え込む。

 甘いにおい。

908 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:33 ID:ZR75SBdE
 右手だった。

 香りをかぐ。

 とても美味しそうだ。

909 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:34 ID:ZR75SBdE
 ぱく。

 小指をかじる。

 中身はチョコレートだった。

910 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:35 ID:ZR75SBdE
 吉澤の右手から小指が消えた。

 小指の無いアイドルってどうだろ?

 だけど、とても幸せな気分だった。

911 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:39 ID:ZR75SBdE
 パチンと両方の頬をはたかれて目が醒める。
「おはよっ。もー起きないと遅刻しちゃうよ」
 もう一度。目を開けるとベッドの上に完璧なまでに身支度を整えた石川がいた。いつも不思議なのだが、石川は一人でどうやって、幾何学的に複雑そうな模様を描く髪形にできるのだろう? 残念ながら吉澤は未だその過程を見たことはない。
 加入してからツアーのときはずっと同じ部屋にいるのに、いつも石川に(それも完璧に身支度し終わったあとの)起こされる。

912 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:42 ID:ZR75SBdE
「お茶を飲むくらいの時間はあるよ。飲む?」
「んー・・・」
 吉澤はゆっくりと身を起こした。違和感。
 右腕を眺めると、第2関節のすぐ上ぐらいから小指が消えていた。
 右手の向こうにはティバッグを入れたままの湯呑を手にした石川が、悲しそうな表情で吉澤を見ていた。

913 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:45 ID:ZR75SBdE
 吉澤は今しがた見たばかりの夢の話をする。甘い小指の夢の話。石川は怪訝そうに首を傾けた。
「よっすぃー、まだ寝ぼけてる?」
 意味がわからない。
「その指はバイクで事故った怪我でしょう? Dioの撮影のとき」
 思い出せない。

914 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:47 ID:ZR75SBdE
 目覚し時計のベル。

 目を開くと、吉澤はまだベッドのなかにいた。

 夢。夢だったのか・・・?

915 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:48 ID:ZR75SBdE
 目覚まし時計を止めた右手には小指がない。

 それどころか、地面に立つとふわりと身体が沈む。

 今度は足がパンになっていた。

916 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:49 ID:ZR75SBdE
 また食べてしまう・・・

 今度は自動車事故よと石川が言う。

 身体の一部がパンになるたび、吉澤の過去が変わっていく。

917 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:50 ID:ZR75SBdE
 このまま食べつづければ。

 残るのは頭。

 それを食べるのは・・・

918 :名無し娘。:2001/06/02(土) 13:50 ID:ZR75SBdE
 ・・・誰?

919 :お粗末過ぎてゴメン:2001/06/02(土) 13:51 ID:ZR75SBdE
-了-

920 :あーあ:2001/06/02(土) 15:06 ID:bvV33CN2
一番好きなスレが一番嫌な形で終わるか・・・

logとかいう女・・・何で嫌われてるか良く解かったよ。

921 :たまご:2001/06/02(土) 15:33 ID:krxhCjGE
続きどうすりゃいいの?
いろいろ考えてたのに・・・・・・。

922 :名無し娘。:2001/06/02(土) 15:38 ID:Pq19w/ak
>>921
明日にはスレの方向性も決まるだろう
しばし、待たれよ

923 :名無し娘。:2001/06/02(土) 15:54 ID:VvN5Cyng
>たまご
読みにくいって言われてもごちゃまぜで書きたい?
それとも専用スレで平和に書きたい?そのへん聞きたいんだがどうでしょう
読むほうは、またごちゃごちゃいちゃもんつけられて萎えられるよりは
小説スレなりM-SEEKなりで落ち着いて書いてほしいんだが・・
読みたいのは別にどこで書いてても読むさ。みんなそうでないのか?

924 :鈴木S:2001/06/02(土) 16:00 ID:ZR75SBdE
邪魔する。
http://bad.adam.ne.jp/bbs/log0076/
log0076板作ったよ。なんかlogに対して文句があるときはスレが大事ならこちら
にどうぞ。本人が来るかどうかは分からないが。

読みにくいってことを言うのは、読んでないやつだから今回の場合は気にするな。
読みやすくしたいならhttp://bad.adam.ne.jp/bbs/bad/あたりで小説部分だけ
転載してもらっても構わない(いやむしろお願いします) 宣伝で失礼した。

925 :名無し娘。:2001/06/02(土) 17:55 ID:NoV7vHI6
パクったのパクらないだのでここまで荒廃するとわ。
そしてそこまでムキになる反抗期logの意味が俺にはよく理解できない(w
平和にいきたいなら新スレにごちゃまぜリンク貼るのが適切じゃん?
932と同様に1か小説書きの意見が聞きたい。

926 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/02(土) 18:03 ID:o/ICGSvM
だーいじょうぶ、まーかせて!
私がきたからには心配することないよ!

927 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/02(土) 18:06 ID:o/ICGSvM
ごめん、あげちった。。。

928 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:13 ID:xJuNo2AY
さあ、part4から出直そうぜ! logは抜きでな。
ミュージカル特番よかったぜ。早く誰か新スレたててけれ。

929 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/02(土) 18:15 ID:o/ICGSvM
>>928
わたしたてるけどいい?

930 :名無し一匹狼:2001/06/02(土) 18:21 ID:eVQvSHT2
logがレスを返さなきゃいいんだよ
無視する事を覚えろバカ女

931 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:28 ID:TPZ7YlI2
オマエガナー
俺が作者だったらこんな連中相手に書かないな

932 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:35 ID:WBbhGBk2
アンチ厨房がいつのまにか馴合いしてる・・・(藁

933 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:44 ID:k8aPEDek
いしよし雑談したい奴は狼いしよしでいいんじゃないの?
logはさておき、意外と他の人はまともだよ。実はROMって役に立ってる俺・・

934 :たまご:2001/06/02(土) 18:44 ID:krxhCjGE
別にどこでもいいけど・・・・
でも、まあ私的にはここに書くほうがいいかな。
だって画像も見れるし、人が多いからいろんな意見が聞けるわけだしね。
読みにくいっていわれてもここに書く以上仕方ないんだから
ここで書いちゃえばいいんじゃない?

935 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:49 ID:ewyNL99A
書いてやるんだから読みにくいのは我慢しろってこと??そう読めるよ

936 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:51 ID:B.cUN3ZE
>>935 べつにそれでいいんじゃない?

937 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:52 ID:lAgZXDHA
作者の心配して損した。あほくさ。

938 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/02(土) 18:54 ID:Rf93bv56
とりあえず新スレ立てるよ?

939 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:58 ID:5wXMKmHw
他で書け、とさんざん言われても意地張って聞かない、
これってlog0076がずっとやってきたことじゃん。


目糞鼻糞ってオチだね。いーんでないの? 苦笑

940 :名無し娘。:2001/06/02(土) 18:58 ID:9yLXM2zc
吉澤スレからpart3前半までの雰囲気で続行きぼん
本来なかなかの良スレ。つづけてねっ!(はぁと)

941 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/02(土) 19:02 ID:Rf93bv56
1はどうしたらいい?
画象とかもってないんだけど

942 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:02 ID:6ZyAe4.c
新スレでは荒らしは無視が徹底できるといいな。

943 :たまご:2001/06/02(土) 19:05 ID:krxhCjGE
とにかく、どこでもいいから書けて沢山の人に読んでもらえれば
それでいいんだけど・・・・・。

944 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:06 ID:B.cUN3ZE
>>942 興味ある話題(+)にしかレスを付けなければ、いいスレになるだろう。
興味ある話題(−)は>>924でやりゃーいーじゃん

>>943 自分でスレを立てれる実力はあると思うよ。どこで書いてもチェックするさ。

945 :たまご:2001/06/02(土) 19:09 ID:krxhCjGE
>>944
いや、私はここで書くからいいんであって
自分でスレ立てて書くとなんか責任みたいに感じちゃってなんかね・・・・。
ここで書く分には変な責任とかも感じないでいいからさ

946 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:16 ID:QBDFg2Kk
新スレでlogへの注意書きでもつければ無視できるんじゃないか?
1の特権だと思う。

947 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:18 ID:QBDFg2Kk
>>939 logの場合は他で書けが多数、ここはそれが少数だったとおもうが?

948 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:18 ID:B.cUN3ZE
>>945 ま、テケトーにやんなよ。
>>946 余計logを呼び込むぞ。やるんなら「ノリの違う・ソリの合わない書き込み
にはRESしないこと」程度でいいんじゃない?

949 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:23 ID:kTBQw3.s
アンチ石川が新スレ立ててもいいとは思うが名前は「アンチ石川」じゃなくて
「1」かなにかにしてくれ。その方が何かと波風立たないだろう

950 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:28 ID:9yLXM2zc
>>948 >>949
ほぼ同意。世の中は闇だらけ、ここくらい楽しくやろうぜ。夜露氏苦!

951 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:29 ID:k8aPEDek
余計な注意書きを載せること自体、無視できていない墓穴と思われ

952 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:35 ID:QBDFg2Kk
>>951 logが書き込む前だからいいんじゃないか?
最初に書いとけば誰も相手にしないと思われ。

953 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:37 ID:lAgZXDHA
たまごも、どこでもいいって言ったりここがいいって言ったりどっちだよ?
ちょっとlog的だぞ。ちやほやされてもカンチガイするな。

954 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:39 ID:B.cUN3ZE
効果が期待できないのにイヤな書き込みをしまくって喧嘩状態になったのがイタい。
相手が荒れるとわかってて煽る書き込みをするlogもlogなら、通じないとわかって
いて相手するほうも相手するほうだ。。。

955 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:43 ID:NvegrJkQ
でもいくら気になったからって、いきなりBWのパクリ疑惑追求し始めたのには引いた。
タイミングが最悪だったな、自分から目を逸らさせるために見えてもしょうがないよ…
BWももう書かない気がするし、通りすがりの所はもう本人くらいしか書き込んでない
どっちも俺が好きなスレだったからショックだ…

956 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:47 ID:ewyNL99A
まさに目クソ鼻クソってことで。書く奴も読む奴も荒らす奴も。

957 :名無し娘。:2001/06/02(土) 19:56 ID:9yLXM2zc
( ^▽^)<新スレ、まだですかー?

958 :名無し娘。:2001/06/02(土) 20:48 ID:pJt3W6Bs
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=991482095
新スレへお引っ越し

959 :log0076:2001/06/02(土) 23:12 ID:JLUz/.8E
>>958
新スレおめ

いっこだけ謝罪
799へ
本気で癪に障ったようなので、この場を借りて謝罪します
多分心が晴れることはないでしょう
私は相変わらずだと思いますから

ごめんなさい

960 :名無し娘。:2001/06/03(日) 01:07 ID:2Pf8FGMo
>>959
俺はlogの主張してたことは間違ってなかったと思う。
ただ、その後の対応が拙かっただけ。

でも、きちんと謝罪したんだな。ちょっと見直したよ。

961 :名無し娘。:2001/06/03(日) 01:20 ID:WzqYDSdw
全く不器用なやつだな…(ニガワラーリ

962 :log0076:2001/06/03(日) 01:24 ID:f1rfaJos
>>960
あくまで799にだけなんだけど(w

新スレ、なんかもう変な感じ
あえてここで書いておく
読む人いるかは謎だが

963 :名無し娘。:2001/06/03(日) 01:30 ID:UCkUl2/E
俺にはマターリしてるだけのようにしかみえんがね。
固定で馴れ合ってるよりずっとマシ。
お願いだから間違っても新スレには書き込まんでくれ。

964 :名無し娘。:2001/06/03(日) 01:42 ID:WzqYDSdw
あれでダメなら自然に潰れるだろうし、
自浄作用があれば、これからも続いていくだろう
ちと過剰反応かもな

965 :名無し娘。:2001/06/03(日) 02:06 ID:T5VI1SWk
新スレで早速過剰反応してる奴がいるからダメかもな

966 :799:2001/06/03(日) 02:23 ID:aGG4hO4g
まさか謝られるとは思わなかったのでちとビックリ。
もう気にしちゃいないけどな。

とりあえず、文字にするとキツイ言い回しもあるって事は
忘れんでくれ。まーlogに限った事じゃないけども。
笑って済ませられる人もいれば、おいらの様に、マジでむかつく奴も
いるという事で。

967 :名無し娘。:2001/06/03(日) 02:30 ID:7OAZGxl.
2chでは馴れ合いが過ぎると潰れる、ということですね。

968 :名無し娘。:2001/06/03(日) 02:35 ID:T5VI1SWk
>ここ数日間変な人に文句着けられるのが嫌で
まだこんな書き方してる奴いるし。

969 :名無し娘。:2001/06/03(日) 02:36 ID:UCkUl2/E
>>968 見ないフリでで話を変えて行こう…

970 :log0076:2001/06/03(日) 03:12 ID:BsBgmhuo
酒場の愚痴のようだ..藁

新スレの「1」の書き込みはあー書く時点で…(呆

971 :sage:2001/06/03(日) 06:36 ID:F0/84QNM
何も言わずに読む人と
書き手と仲良くしたい人

何も言わずに書く人と
読み手と仲良くしたい人

いろんな人が
いる場所だから

合わない人は
さようなら

合わない書き手も
さようなら

さようなら

972 :名無し娘。:2001/06/03(日) 07:25 ID:.6eJjDPs
>>970 「たてたよ」だけの書き込みでそこまで想像できるlogってすごいね。
その想像力と読解力を他の所でも発揮して欲しいくらい。

973 :名無し娘。:2001/06/03(日) 07:52 ID:qQ/Pq49s
新スレの1ってアン石でないの?

974 :名無し972:2001/06/03(日) 09:35 ID:9AQbjQKU
>>973 あっ、本当だ…
>新スレの「1」の書き込みはあー書く時点で…(呆
ってあるからアン石のこと忘れてた…(恥

975 :名無し娘。:2001/06/03(日) 15:22 ID:n3yjbY/6
ログが言ってる「1」って元1の事だと思うんだけど。
違うのかな?

976 :ブラインド・ウォッチメイカー:2001/06/03(日) 22:38 ID://fLQPMY
この状況で語ることなどもはやなにもありませんが、騒ぎの当事者として一言だけ。

読んで楽しんでもらえればそれでよかった。それが私の楽しみでもあった。

ただそれだけです。

では。

977 :名無し娘。:2001/06/03(日) 23:16 ID:PU/ZPbYc
>>976
いろいろあったけど、あんたは何も悪くなかったよ。
このスレの最大の功労者の一人だったと思う。

あんたの話が大好きだった。
名無しでもいいから、またどっかで書きつづけて欲しい。

978 :名無し娘。:2001/06/04(月) 00:53 ID:IMEMCd7g
激しく同意。

979 :名無し:2001/06/04(月) 01:01 ID:Ga5XFaQc

も一つ同意

980 :名無し娘。:2001/06/04(月) 06:42 ID:7HZf8PkE
いやパクリは悪い。

981 :名無し娘。:2001/06/04(月) 19:54 ID:9Iis28wY
「悪い」なんて言い出したら、TVや雑誌の画像をアップするのも「悪い」
ことですよ。でも、ここは2chなんだからさ…

982 :名無し娘。:2001/06/04(月) 23:10 ID:pFT00KOU
金取ってたわけでないし、俺はどうでもいいと思ったよ。
パクリだって言ってなかったことは別として。

983 :977:2001/06/05(火) 00:00 ID:6WE8Bqao
>>980
もしも、煽りで書いたんじゃなければ
何に対して悪いのか、てのを尋ねたい。

元ネタに、ていうのであれば >>981 の言うとおりだ。
UP職人も広義では著作権に引っかかるよね。
でもそれらはネットの世界では、
暗黙の了解として許容されているのではないだろうか?

スレ読んでる人に対して、てのはスレの住人の意識次第だと思う。
俺は元ネタを全く知らなかったので、あれで充分楽しめたし
今さら元ネタをチェックしようという気にもならない。

そりゃ、パクリは生理的に嫌だ、て人もいるだろう。
これだけ人が集まってくる掲示板なんだから、
俺と意見が違う奴がいるのも当たり前のことだと思う。
でも、俺はあくまでBWの話が好きだったから、どうしても悪いとは思えない。
あの煽り騒動が無ければ、ずっとBWの話が読めてたのに、
と思うと残念で仕方ない。

ま、BWはもう書かないかもしれないし、
書くことがあってもBWのハンドルでではないだろう。
でも、いつかどこかで「この話しおもしろいなー」て思った作品が
BWの書いたものであれば嬉しいな、と思ったんだ。

984 :名無し募集中。。。:2001/06/05(火) 00:16 ID:PdYb2f92
>>983 980ではないが、一言断れば荒れないものを故意に隠してパクってた
んなら、かなり悪質だと思うよ。逆に俺は見そこなったから。パクりの程度にも
よるが、傍目に分かるんなら相当なものだろ。しかも、ボーイズラブからパクッ
てるならモ板の別作品をパクるのの次ぐらいには悪いと思う。

985 :某アップ職人:2001/06/05(火) 00:21 ID:ounh7OQo
ばれないと思って小説パクッてちやほやされてうぬぼれたあげくに
ばれた途端に被害者ヅラしてばっくれるような奴と一緒にしないでほしい。
不愉快極まりないよ。

986 :名無し娘。:2001/06/05(火) 00:27 ID:ECJOrR4w
そういえば全部がパクリだってわかんないんだよな…
わかってんのは二つ。
一番短いのと男女物。
他がどうなのかわからないからなんかつらいよ。

987 :アンチ石川(元石川ヲタ):2001/06/05(火) 00:32 ID:OV4XMf4g
パクリは是
あぷは非

988 :名無し娘。:2001/06/05(火) 01:05 ID:Wmd84E7.
まぁ、パクるっていうかストーリーを借りるんなら、あらかじめことわりを書かなきゃダメだと思う。
でも、BWには実力はあることは確かだよ。

某スレで見かけたけど、BWってコテハンじゃなかった。

989 :?????:2001/06/05(火) 04:45 ID:9vvmFcRw
自分の妄想を表現するのに多少プロの作品とかを参考にするのは当然
おもろいアイディア持ってる、文書く実力もあるBWを馬鹿な論議で困らせるな

990 :名無し娘。:2001/06/05(火) 04:55 ID:aN5VagQg
(0―0ヽ)<この世はパクッてなんぼやで〜

991 :名無し娘。:2001/06/05(火) 04:56 ID:tWUJ88xU
ほんとどうでもいいんだけど、グリーンデイも盗作疑惑で訴えられてたね

992 :名無し娘。:2001/06/05(火) 04:57 ID:d6QxPIUg
っていうか、新スレ立ててくれ。1000に届くぞ

993 :名無し娘。:2001/06/05(火) 05:10 ID:PD7oNvGA
>>992
立ってるよ

994 :名無し娘。:2001/06/05(火) 05:11 ID:rc3U5.VE
>>992
どんなタイトルの新スレだよ?

>>BW
読んでて楽しかったよ…
またいつかどこかで…

995 :名無し娘。:2001/06/05(火) 05:23 ID:xc48k0Ik
パクリか…
今回とは別の話だけど、パクリかどうかの見定めって難しいね。
logのYou&IはEDが同じの古い少女漫画を見たことがあって、パクリかと思ったほどだ…
つってもlog少女漫画読まないらしいし、違うんだろうけどさ。

996 : :2001/06/05(火) 05:29 ID:PD7oNvGA


997 :名無し娘。:2001/06/05(火) 06:19 ID:DEKqSDNM
BWの、もー読めんのかぁ…それだけが残念でならん。
クソが。誰のせーでもないが、ムカつくわ( ´ Д `)

998 :名無し娘。:2001/06/05(火) 07:24 ID:kJlesFio
自分のせいじゃん。ジゴウジトク カッコワルーイ

999 : :2001/06/05(火) 07:29 ID:9NkVfozk


1000 : :2001/06/05(火) 07:29 ID:9NkVfozk
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

328 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)