5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1 : :2001/06/07(木) 04:04 ID:WKaeg0vE
,

2 :マジレス:2001/06/07(木) 04:13 ID:1M1bu3M6
ファミ通でさ、FFグッツ当たった。

3 :名無し娘。:2001/06/14(木) 21:45 ID:0Bi/w7O2
 

4 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 13:54 ID:nQS09A0c
楽屋2→http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=985341706

矢口:「え〜っと、石川家の鍵はっと?・・・あった!これこれ」ジャラジャラ
石川:「何で、合い鍵持ってるんですか?」
矢口:「いいから、遠慮しないで入って入って!」
後藤:「お邪魔しま〜す。つうか、ただいま!って感じ」
吉澤:「梨華ちゃん、私物とか送ったの届いてるでしょ?」
石川:「やっぱりお前らのか・・・届いてるよ。ダンボール5つ」
後藤:「かっかっか!届いたか、布団入ってるから、休みの日干しといてね」
矢口:「私が送ったのはどれだ?・・・これ?・・・かも?開けてみるか」
吉澤:「私は空気清浄器送ったんだけど?ここ空気最悪でしょ?」
石川:「ごめんね、最悪の空気で!」
吉澤:「空気清浄機使おうよ、空気悪いよ、淀んでる。粉っぽい」
矢口:「!」
後藤:「泡盛飲むぞ!氷持ってこいよ、石川」
矢口:「!・・・マジ?」
石川:「氷は冷凍庫ある、自分で取って来い」
矢口:「!・・・マジで?」
後藤:「ちっ!俺はお客様だぞ。あ〜面倒くせー」
吉澤:「矢口さん?・・・どうしたんですか?」
矢口:「!・・・よっすぃ〜」

5 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 13:55 ID:nQS09A0c
加護:「ぶ〜ぁあああ」
吉澤:「だぁっ!何、送られて来てんだ!」
加護:「いや〜参った!中から開けられる思うやんか?無理やでこれ、無理無理
    ハッハハ、ビックリしたで。中からは開かんねんな、怖かったわ」
石川:「亜依ちゃん?いつから入ってたの?」
加護:「何言うてんねん?ウチ荷物やん?自分、ハンコ押してたやん」
石川:「2日前だよ・・・荷物届いたの、何食べてたの?」
加護:「寿司屋に一人で入るやんか、カウンターでな板前をな、怒鳴り散らしてる
    夢を見ててん」
矢口:「誰が送ったんだ?お前一人じゃ出来ねーだろ?こんな芸当」
加護:「ん?・・・誰や!ウチをダンボールに詰めて送ったヤツは!」
後藤:「あっ!思い出した、俺だ俺!加護が言う事聞かねーから、
    ダンボールに入れたんだ」
石川:「で、送ったの?私の家に」
後藤:「違う、送ったのは別に居るはず。ダンボールを水ん中に
    沈めようとしたら、もう無かったもん」
加護:「ワレェ殺す気か!未遂やないか、助かったわ」
矢口:「このダンボールは、見覚えあるんだけどな!」
吉澤:(ねぇ梨華ちゃん、この送り状の字ってさぁ、矢口さんのでしょ?多分)
石川:(だよねぇ?でも、様子見よ?自白が一番よ)
矢口:「怪しいのは、辻だな!あいつならやりかねん!うんうん!辻で間違いなさそうだ」
加護:「辻かっ!あの野郎、隙をついて来やがった!」
矢口:「辻だ辻!辻が最悪!」
吉澤:(梨華ちゃん、どうする?辻を悪者扱いし始めたよ)
石川:「矢口さん・・・提出したい物が」
矢口:「な、何だ?辻の指紋が出たか!」
吉澤:「矢口さん・・・もう一度よ〜く思い出してくだいさい」
矢口:「何を!何だよ!」
加護:「何や?何か知ってるのか?言うてみ、エエから言うてみ。ウチは殺されかけてんぞ!」
石川:「送り状なんですけど、この字って矢口さんのですよね?」
矢口:「ん・・・ん〜そう言われればねぇ・・・その字は私のだと思う」
石川:「加護を送ったんですね?矢口さん?」
加護:「や、矢口さんっ・・・信じてたのに!」
矢口:「違う!馬鹿か!何を証拠に!憶測だ、憶測にすぎない!」
吉澤:「辻犯人説だって、憶測じゃないか!憶測返しだ!」

6 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 13:55 ID:nQS09A0c
後藤:「にゃに言ってんらよ!いいらにきっまてら〜、こんな事するのは、いいらしかいにゃい」
矢口:「あ〜!一人で泡盛飲むなよ。いつの間に飲んでんだよ!私にも寄こせ!」
吉澤:「加護、すっき腹にアルコールは駄目だぞ。お粥さん作ってやるから」
加護:「かまへんって、ビールでエエって」
石川:「昼間熱かったでしょ?」
加護:「蒸し風呂や。夕方雨降った日あったやろ?体中痒かったわ」
矢口:「ほぅ!なかなか、旨いもんだな」グビッ
後藤:「れひょ?旨いれひょ?ゴーヤとか食えそうれひょ?今にゃら」
矢口:「沖縄最高かもッ!泡盛飲んで、くせのあるもんたらふく食って、やっべ最高だ!間違いね〜」グビ
加護:「で、今日は何しに来たん?みんな揃って」
石川:「あっ、お泊まり会らしいよ、よっすぃ〜の即断で」
加護:「ホンマか、せやから無茶なペースで飲んでんねや。帰る気ゼロやもんな」
矢口:「でもね、思うんすッよ!ドラマとかね、やるっしょ?ウチらが。ぶっちゃけた話よ」
後藤:「ドラマ決まってららいえ、ちゅ〜のっ!」グビ
矢口:「聞いてよ、役者さん達は、ぜって〜ウチらの事うぜ〜って思ってるよな?
    だって歌番組にお笑いとかが来たら、睨んでンじゃんウチら」グビ
後藤:「ハイパ〜アイドルなんらよウチら、やりたい放題して良いんらって」グビグビ
吉澤:「は〜い加護、吉澤粥出来たよ」
加護:「マジで作ってくれたんや!うれし〜わ、酔っぱらいには無い優しさや」
吉澤:「た〜んと、お上がり。・・・どうよ、旨いべ?うめ〜べ?」
加護:「あっさり味が、空の胃袋に優しいわ。旨いで!よっすぃ〜最高!」
矢口:「加護!何食ってんだ?寄こせ、良いから寄こせ」
石川:「矢口さん駄目です。加護ちゃんが生きるか死ぬかの食事です!」
後藤:「かごぉ、ちょっとらけ・・・かごぉ!ぶつよ」
加護:「何やねんな、お粥さん取られてしもた・・・よっすぃ〜」
吉澤:「ごっちん!大人しく飲んでなよ、加護のでしょっ!」
後藤:「粥らんて、病人のメシらねーか!こんなの食えるか」グビグビ
加護:「お帰り、お粥さん!抜群の生命力やな、このお粥さん」

7 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 13:56 ID:nQS09A0c
矢口:「あ〜れ〜、眠くなってきたぞぉ!おっかし〜な〜」ググ〜
後藤:「で!寝らの?矢口さん寝らの?」グビグビ
石川:「よっすぃ〜、泡盛少し飲んで見ようよ」
吉澤:「うん、ごっちん、泡盛懐に締まってないで、こっちにも頂戴よ」
後藤:「らめ!独り占め・・・ヒヒヒ」ニカッ
吉澤:「何でよ、頂戴よ!あんた喧嘩する気?」
後藤:「何らと?やるにょか?面白いやろう」
吉澤:「そ〜らヨッと!」バシッ
後藤:「酔っぱらいは撃たれ強いんらよ!」ボキッ
吉澤:「手の甲の骨、折ってんじゃね〜よ!」バシッ
後藤:「折れてないらよ!」ボキッ
石川:「ストップストップ!ごっちん、仕事に影響が出るよ、ギブスしてドラマ出る気?」
後藤:「うるせ〜よッ!」ボキッ
石川:「・・・」ピクッ
加護:「泡や!梨華ちゃんの口から泡出てる!」
吉澤:「いい加減に眠ろ!」バシッ
後藤:「きゅ〜ん・・・」バッタン
加護:「寝ちゃったよ、ごっちん」
吉澤:「はぁ・・・殴っちまたっな・・・約束破っちっまった・・・約束か」
加護:「青春やな。何や?ドラマか?漫画の一場面か?」
吉澤:「加護、矢口の事許してやるの?」
加護:「宅急便の件?・・・せやな2日間、梨華ちゃんのプライベート覗けた訳やし」
吉澤:「ふ〜ん・・・男来た?この部屋に・・・な〜んちゃって」
加護:「来たで」

8 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 13:56 ID:nQS09A0c
吉澤:「マ、マジで・・・そうか?そうか?ほ〜そうか?そうかそうかそうか、いや〜愉快愉快!」
加護:「ユウキが」
吉澤:「え、え?えぇ!何しに来たの」
加護:「野暮な質問は無しやで」
吉澤:「・・・お、重いな〜!空気重いな〜、ごっちんシバキ倒した所だよ」
加護:「ユウキって以外に根性あんねんな。再確認したわ」
吉澤:「見たのか現場を!確認してないだろ?憶測だな、憶測だよ、来ただけかも知れないもんな!な!」
加護:「見たんだよね、ごっちんの布団を使ってんだよね」
吉澤:「うわ!マジか!決定項か?決まりか?」
加護:「うん、梨華ちゃんが帰って来たからから、ユウキはベランダから、私はダンボールに
    てな感じ?」
吉澤:「最中に、梨華ちゃん帰って来たの?でユウキはベランダから逃げたの?」
加護:「せやで、ウチもベランダから逃げよう思ってんけど、怖かってん。で、ダンボールに入っとた訳や」
吉澤:「じゃ〜あれだ、矢口のダンボールにワザと入ったんだな?」
加護:「せやっちゅ〜てるやん、ユウキと道路に中身ぶちまけて、それをクッションにやな。ユウキが飛び降りてん」
吉澤:「お前、さっき嘘ついてたの?」
加護:「ごっちんの前では、言われへんやろ?遊びや遊び!」

9 :う6ぉ2:2001/06/19(火) 15:40 ID:PeG635XU
こんなんも着けとくのかな?
http://web10.freecom.ne.jp/~musume_x/980124237.html
>>4より、こっちの方がいいのかな?
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mor2&key=985341706&ls=50
つうか、ここに寄生していいのかな?

10 :クズ学生:2001/06/19(火) 23:49 ID:NSIbB582
移転しちゃうの?

11 :名無し娘。:2001/06/20(水) 11:29 ID:f3gG6vwU
あっ!クズ学だ!
もー楽屋裏ネタ書かないの?ふぁっきん荘で忙しいのか?

12 :う6ぉ2:2001/06/20(水) 12:42 ID:qSsRS9KE
いや、楽屋2もそろそろ、開かなくなるじゃね〜か!って空気だったから、
緊急処置として。楽屋3を新規に立てるのもなぁ〜!って・・・

13 :クズ学生:2001/06/20(水) 12:53 ID:8L6LDLAg
>>12
なるほど。そういう気遣いだったらありがたいね。
>>11
そうね、ふぁっきんの方をとにかく今のうちに
進めておきたいんだけど、筆が思うように進まなくって。
楽屋裏の方もネタ考えてはいるんだけど、最近どんな
状況になってるんかようわからんっくて(w

スレ汚しゴメソ

14 :名無し娘。:2001/06/21(木) 07:30 ID:PrJ8JJBM
大きすぎのエラーを出してスレを開けなくするのはアホウのすることです。
う6ぉ2さんは賢い。
つーか、せっかくエラー出してもかちゅーしゃですぐ開けるじゃん、
意味無かったじゃねえか! 知らなかったよ,

15 :う6ぉ2:2001/06/21(木) 15:55 ID:0G0SfWUI
>つーか、せっかくエラー出してもかちゅーしゃですぐ開けるじゃん、
>意味無かったじゃねえか! 知らなかったよ

か、かちゅーしゃだろ、かちゅ〜〜しゃ。で、何だそれ?

頭にはめるの?この夏おすすめのお洒落アイテム?

16 :y2k:2001/06/21(木) 16:57 ID:VYjkMesA
>>15
2ch用ブラウザのことです。オレも最近その存在を知った(w
かなり便利。でも、バグもわりかし多いかな。

17 :クズ学生:2001/06/21(木) 18:19 ID:DyOlmqVE
>>16
かちゅ〜しゃはWin用のソフトだから、うちの
Macじゃ使えないんだよね。まあ、Mac使うなって
言われたらそれまでだけど

18 :y2k:2001/06/22(金) 00:58 ID:TFxRM33w
>う6ぉ2

まーともかく、ちょこちょこ書いていってくださいな。
う6ぉ2の作品好きだから。応援してます。

19 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:45 ID:oQw5NnEc
辻 : ぶるぶる
安倍:「どした?何、震えてんだべ」
辻 :「知らない人が、たくさん居る。誰?誰?」
安倍:「見た事あんでしょ。あれはミカちゃんでしょ〜よ」
辻 :「うんミカだ。後は?誰?」
安倍:「りんねでしょ、村田さんに大谷さんと斎藤さん」
辻 :「うーん、覚えられない。失格?私失格?覚えられないよ」
ミカ:「辻ちゃ〜ん、一緒だね〜」
辻 :「あっ、安倍さん。この人誰だっけ?」
安倍:「ミカちゃんだべさ!ミニモニに居る人でしょ」
辻 :「ミカ?ちゃん・・・う〜ん、覚えてない」
ミカ:「ちょっと辻ちゃん、ミカだよミカ。変な外人さんだよ」
辻 :「矢口さんに、後で聞いてみる・・・あのミカさん。あんまり
    仲良くないから、話し掛けないで下さい」

20 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:46 ID:oQw5NnEc
ミカ:「な、なに〜?何なの〜。安倍さん、何か言ってやって下さいよ」
安倍:「いや、私もあんま仲良くないから、馴れ馴れしくしないで」
ミカ: シュン・・・
吉澤:「何?何へこんでんの?ミカちゃん?」
ミカ:「よっすぃ〜!」
吉澤:「あの・・・吉澤ちゃんで、お願いできますか?仲良くないから、ミカちゃんとは」
ミカ:「よ、よっすぃ〜って呼んじゃ駄目ですか?」
吉澤:「もうちょっと、仲良くなってからね」
辻 :「よっすぃ〜、この人怖いよ〜」
吉澤:「ミカさん、あっち行って貰えます?子供が怖がっているので」
ミカ:「う、うん・・・あの、これからも宜しくね、辻ちゃん」ウインク☆ミ
辻 : ビクッ
吉澤:「ミカ!てめ〜モーニングに喧嘩売る気かよ!」
ミカ:「ご、ごめんなさい」タッタッタッタ
安倍:「ありゃありゃ行っちゃった、怒る事ないでしょ〜よ」
飯田:「見〜て〜た〜ぞ〜!よ〜し〜ざ〜わ〜!」
辻 :「リーダーだ!」
飯田:「おっ!辻、元気か?・・・吉澤オメ〜よ、今ミカの事、虐めてたべ?よっ?」
吉澤:「ち、違いますよ〜。ミカちゃんが、辻を脅かして来たんですよ」
安倍:「辻の人見知りだべ、怖がっただけ。吉澤も悪くないべ」
飯田:「なっちはうるせ〜んだよっ黙ってろ。吉澤オメ〜よ、ミカに謝ってこいよ、よっ?」
吉澤:「はいはい、分かりやしたよ!わっかりやした」
辻 :「リーダー強い!」
飯田:「おうよっ!リーダーは強いのだ!ワハハハハ」
辻 :「ワハハハ!」

21 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:46 ID:oQw5NnEc
ミカ:「吉澤ちゃん?どうしたんですか」
吉澤:「何かさ〜、飯田さんが、ミカちゃんに謝ってこいって」
ミカ:「(飯田さん、除け者にされた人の気持ちの分かる人・・・素敵)」
吉澤:「なんで?私が君に何で謝るの?何か悪いことした?」
ミカ:「え?・・・何でって・・・よっすぃ〜って呼ばせてくれなかった事じゃなくて?」
吉澤:「てめ〜、よっすぃ〜って呼ぶんじゃね〜よ!喧嘩売ってんのか!」
ミカ:「ご、ごめんなさい」タッタッタッタ
りんね「よっすぃ〜・・・怖いよ」
吉澤:「あ?りんねさんだ〜。わ〜い、動物臭い動物臭い!飼育係だ飼育係だ!」
りんね「くぉらぁっ!喧嘩なら買うよ?どうするの吉澤ちゃん?ね〜?」
吉澤:「ごめんなさい」タッタッタッタ
飯田:「り〜ん〜ね〜!」
りんね「カ、カオリ!おはようございます。おはようございます」
飯田:「カントリー娘って、偉くなったの?何、今の態度?私が喧嘩買おうか?よっ?」
りんね「違!違!よっすぃ〜が人の顔見て、動物臭いとか飼育係とか言って来たから」
飯田:「お前は、飼育係だろ?つうか、気安くよっすぃ〜とか、呼んであげるなよ、よっ?」
りんね「うん、ごめん・・・あっ!ごめんなさいですっ!ごめんなさい」

22 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:47 ID:oQw5NnEc
安倍:「カオリ凄いべ、行く所行く所連戦連勝だべ」
辻 :「風林火山っぽいね、リーダー強い」
安倍:「んなことよりさ、あいつは何処行ってんだべ?」
辻 :「環境エラ呼吸大臣?」
安倍:「あいつ来ないと撮影出来ないべ。必要じゃないのに、必要そうな扱い受けてるよね」
辻 :「あの人も1/10、ののも1/10不公平ですよね?」
安倍:「矢口と給料一緒らしいよ。TVじゃ何も喋らないのに。これでもギャラは同じ、
    おめでと〜ございますって言ってた矢口が」
辻 :「公平って何なんだ!家帰って辞書引いて調べますよ、こうなったら」
飯田:「辻は、ホント偉いよね。勉強熱心で関心関心」
安倍:「カメラキャラを必死に作ってるヤツは?まだ、来てないでしょ?カオリ聞いてる?」
飯田:「んんん、聞いてない。ののちゃん、見せしめの為にも、あいつ来たら蹴り飛ばすとけ
    ビックリしないでね。2〜3m人が横っ飛びするの、見たこと無いでしょ」
辻 : ぶるぶる
安倍:「姐さんの蹴りも凄いけど、カオリの蹴りも凄いもんね。辻、カオリを怒らせちゃ駄目だよ」
辻 : ぶるぶる

23 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:47 ID:oQw5NnEc
松浦:「ハハハ・・・ホントですよね〜・・・へへへ」
石川:「あ、あの〜・・・お話中申し訳ないですか・・・そろそろ・・・ねっ?」
加護:「せやで、心配してるで・・・こっちも仕事にならんのや」
保田:「何が?私はここでいいのよ、キャラ的に」
松浦:「ハハハ・・・はぁ〜あ・・・(梨華ちゃん、何か言ってよ)」
石川:「保田さんは10人のほうって決まったんですよ」
保田:「誰が決めた?従わなきゃいけないの?自己演出はしちゃいけないの?」
加護:「黙って向こう行けや」
保田:「ん?加護?何、聞こえなかった」
加護:「聞こえへんように、言っとんじゃ」
保田:「まだ?衣装さん!私の衣装まだないわよ!早く持ってきなさいよ!」
松浦:「向こうに用意してありますよ、きっと・・・何でもありません」
保田:「亜弥だっけ?生意気だなお前!干すよ、芸能界から干すよ」
加護:「お前が干されるんじゃ」
保田:「加護?聞こえたよ、お前って誰?」
加護:「あわわわわ!しらんしらん、ウチちゃうで」
保田:「お前って誰だよ?」
矢口:「てめぇだよダ〜ヤス!連動してるんだよ、てめぇのせいで、全部ストップしてるんだよ!」
後藤:「圭ちゃん、わきまえなよ自分のポジションをさぁ」
保田:「わ、分かったよ、少し夢見ただけじゃん!」

24 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 12:47 ID:oQw5NnEc
安倍:「来た!来た!」
保田:「スミマセンスミマセン」
飯田:「圭ちゃん!カオリンキックー!」ドカ
保田: ぴゅ〜
辻 :「お〜」
吉澤:「お〜」
ミカ:「お圭ちゃん、遅いですよ〜」
保田:「あ?」
飯田:「あ?」
安倍:「お圭ちゃん?何でミカが、そんな呼び方出来るんだべさ?」
吉澤:「よっすぃ〜キークー!」ドカ
ミカ: ぴゅ〜
辻 :「お〜」
飯田:「リーダーの正当後継者に、よっすぃ〜を任命する」
辻 :「わ〜い、三代目リーダーも凄い強い!」

りんね・村田:「モー娘には、一生逆らうまい」
大谷・斎藤 :「逆らうまい」

25 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:31 ID:J5AJt4T6
石川:「みなすぁ〜ん、おはようございます」
矢口:「おっは〜、おっはおっは〜」
石川:「飯田っすぁ〜ん、おっは〜」
飯田:「はい、おっはおっは〜」
石川:「ふふ〜ん、じゃ〜ん!プリン作ってきたの」
飯田:「自分の、お昼ご飯にしな」
石川:「いや〜ん、食べてくださいよぉ」
飯田:「絶対いや、食べない。気持ち悪いもん」
石川:「美味しいですよ〜、矢口さん食べてくれますよね?」
矢口:「どっかの機関で、検査してもらってからね。成分とか気になるし」
石川:「プリンだっつてんだろがよ!食えよ」
矢口:「酔い止めとか入ってそう。船に乗るときに食べさせてね。
    今日は船乗らないからいらない」
石川:「おぃお〜ぃ、ひで〜んじゃね〜の?」
飯田:「石川、お前不自然だぞ今日、何隠してる?」
石川:「誰が大根役者だ!やっちゃうぞ馬鹿野郎」
飯田:「矢口、石川のこと押さえて、プリン食べさせてあげるから」
矢口:「ホイ来た!任せちょけ。こら石川、アホんだらぁ」
石川:「止めて!止めて!殺人だ!訴えるぞ!」

26 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:31 ID:J5AJt4T6
飯田:「これ何プリンなの?答えなさい、食べさせるよ」
石川:「焼きたてのプリンだ。天然物だ」
飯田:「口に入っちゃうよ、あんたの作ったプリンをさ!」
石川:「う〜止めてください、言いますから〜、全部言いますから〜」
矢口:「何入れた?」
石川:「下剤ですぅ、少し下剤いれちゃいました、勘弁してください」
飯田:「後は?」
石川:「え?それだけです、ホントです」
矢口:「少し味見れば、思い出す?カオリやっちゃいな」
石川:「はいはいはいはい。思い出しました!急に思い出しました」
飯田:「何を思い出した?」
石川:「ヒ素系?ヒ素系の薬?」
矢口:「石川は警察上等か?事件だぞ、もうこれは」
飯田:「ヒ素?何人分の致死量?」
石川:「ドーム一杯分はくだらない」

27 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:32 ID:J5AJt4T6
矢口:「無差別大量殺人未遂に切り替えろ、捜査方針を切り替えろ」
飯田:「動機は?動機」
石川:「注目されたくて、つい・・・やっちゃいましたぁ」
矢口:「不満・・・あったのか?」
石川:「相手にして貰えなくて、私が悪いんじゃない!世の中が・・・世間が・・・
    矢口が・・・冷たいんです」
矢口:「オ、オレかよっ!カオリだろ?間違えたんだよな?」
飯田:「矢口ィそう言えば、石川に冷たい」
加護:「せやで」
辻 :「そうそう、梨華ちゃんには動機があった」
加護:「せやから、今事件は殺人未遂として扱い!我々の求刑は無期懲役」
矢口:「梨華ちゃんに、私を殺す動機なんて無い。世間を驚かせそうとしただけだ
    よって、執行猶予1年の懲役10日を求刑」
石川:「死刑にしてくれ〜」
飯田:「容疑者石川は、精神障害の疑いがあるため。精神鑑定を行い、その結果を踏まえ
    判決を下します。本日はこれにて閉廷」

28 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:32 ID:J5AJt4T6
石川:「矢口先生、ちょっと」
矢口:「ん?」
石川:「無罪になりませんかね?頼みますよ先生」
矢口:「私の弁論の邪魔しなければ、限りなく無実に近い判決が下ります」
石川:「いや私は無実だ!無実を主張していいですか?」
矢口:「駄目だ!世間を騒がせてやろうと思った。これを繰り返しなさい。そうすれば精神鑑定の
    結果に関わらず、無実に近い判決が下る!よけいな事を言うな」
石川:「先生は私を、疑って居られるんですか?私は無実なんです」
矢口:「私を信じろ!この犯罪者が!汚らわしい!」
石川:「弁護士を代えてくれ!こいつは何か企んでいる!真実を映し出す事に情熱を傾ける弁護士を
    呼んでくれ!」

辻 :「石川が矢口に殺意を抱くようになったのは、いつ頃だろうか?」
加護:「さっぱりや、出前取へん?」
辻 :「いいね〜、寿司?ウナギ?」
加護:「今日は、カレーの気分やな、新幹線のグリーン車やけどエエやろ?」
辻 :「大丈夫かな、うのじゃないよ私たち」
乗務員「え?グリーン車にカレーを・・・それはちょっと、ご遠慮頂いて居るんですけど」
加護:「なんでや、モーニング娘。だからか?お前マジで殺すで!持ってこいや!」
辻 :「あっそれだ!点と点が一本の線で繋がった!」
加護:「さっぱりやで?なんやの?」

29 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:33 ID:J5AJt4T6
飯田:「石川梨華、年齢不詳住所不定、職業・・・自称アイドル、好きな言葉、ぽじてぶ」
石川:「間違いありません」
飯田:「精神鑑定の結果は、障害は認められない。これより最終弁論を始める」
辻 :「では、・・・え〜石川梨華、あなたは大変可哀想な女だ、同情しますよ」
矢口:「裁判長!今の辻検事の発言の撤回を要求します」
飯田:「弁護人の、要求を却下します」
辻 :「んん〜、石川さんあなたは、一寸した事でも、ん〜こう、ネガティブに考える傾向が
    あるようですね?これは先の精神鑑定の結果にも、その記述があります。弁護人宜し
    いですね?あなたは、モー娘に加護と言うメンバーと、どの位一緒に居ますか?
    答えられる範囲で・・・」ニヤ
矢口: クッ!
石川:「加護ちゃんとは、モー娘以外でも、同じユニットだったりするので・・・かなり
    一緒に居ます」
辻 :「24時間のうち、何時間?」
石川:「日によって違いますけど・・・多い時なんかは10時間以上一緒に」
辻 :「10時間!10時間もですか?10時間も一緒に居れば、多少の相手のくせも見えて
    来ますね?そして移りますよね」
石川:「は、はい」
辻 :「移るんですね?そう言いましたね?」
石川:「は、はい」
辻 :「裁判ちょ〜、一回ここまででいい?休んでいい?」
飯田:「うんいいよ、ののちゃん。矢口やって」

30 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:33 ID:J5AJt4T6
矢口:「とにかく、私を見て!見なさい!可愛いでしょ?誰に殺されなくちゃいけないの?
    誰か答えてよ!誰も答えない=誰も私に殺意を抱かない!よって石川も私に殺意を抱かない!
    以上です!」
飯田:「え?え?ホント?」
石川:「(人生、案外楽しかったナ)」
飯田:「ののちゃん、休憩終わっちゃたよ。さっきの続き出来るかな?」
加護:「ウチやるの?出来へんよ?」
辻 :「亜依ちゃんが、やってもいいでしょ。いいらさん!ね?」
飯田:「いいよぉののちゃん」
加護:「あの〜・・・加護なんですけど、普段は関西弁になってるんですよね?」
飯田:「加護?やる気あるの?無いならののちゃんと代わりな」
加護:「梨華ちゃん、どう?無期懲役間違いなさそうだけど」
石川:「(矢口先生?何か言ってよ)」
矢口: Zzzz・・・Zzzz
加護:「あんま、可愛くないよね?梨華って」
石川:「クソガギャ!殺すぞ!」

31 :う6ぉ2:2001/06/22(金) 16:33 ID:J5AJt4T6
辻 :「裁判ちょ!今の凶悪な肉声を録音しました。『クソガキャ!殺すぞ!』提出します」
飯田:「このテープは判決を下す重要な参考として使います」
辻 :「え〜、加護ちゃんお疲れ。さて、このようにここにいる、石川はいつでも何処でも切れます
    そして、殺すぞ!なんて言葉を非常によく使います。常にこの言葉が頭にインプットされて
    いる事を示しています。つまり石川という女は、些細な切っ掛けを与えればどんな相手にも
    殺意を抱くを言うとこです。以上です」
飯田:「ののちゃん!良く頑張った、感動したっ!石川は無期の方向で!閉廷!」
辻 :「裁判ちょ、石川は誰に影響されて、あんな子になってしまったのか?それは、加護です」
飯田:「加護、お前も無期!」
加護:「何でや!あほかあほか!損した、ののに協力して損した!骨折り損や」
矢口:「ムニャムニャ・・・それはシュールだな・・・何だ!加護、裁判どうなった?」
加護:「ウチ、無期やねんって」
矢口:「そっかそっか、で、私は?」
加護:「無期だな!無期」
矢口:「無期か!まっこんもんだろ?へへへ。何が何だかわかんねーや!」
加護:「ホンマや、ちんぷんかんぷんや!」
矢口:「めんどくせーから吉牛行くか?」
加護:「せやな、なっち居るかも知れへんしな」

32 :名無し娘。:2001/06/24(日) 23:18 ID:vfCrx3d6
楽しみにしてます〜。
う6ぉ2さんの世界最高。

33 :う6ぉ2:2001/06/26(火) 12:36 ID:sZGiKmV2
妄想しなきゃ!妄想しなきゃ!ソニンタン・・・ハァハァ

34 :名無し娘。:2001/06/27(水) 21:40 ID:xY7cQtH6
う6ぉ2さんガンバレ
妄想カコイイ・・・ハァハァ

35 :う6ぉ2:2001/06/28(木) 15:24 ID:ukbQ2nQc
吉澤:「バレーしようぜ、ヴァリボー!」
矢口:「いいよ、フォワード!私フォワード」
吉澤:「ん?アタッカー?アタック撃てんの?」
矢口:「得意中の得意!リベロ、な!Aクイックだろ?」
吉澤:「辻ぃヴァリボーやろーぜ!」
矢口:「さぁこい!さぁこい!声出して行こう」
辻 :「ヴァリボー?やるやる」
加護:「ドッジにしようや、ドッヂボール」
吉澤:「じゃ2人でやろうか、辻」
矢口:「ピッチャーびびってるよ!ピッチャーびびってる♪へいへいへい♪」
加護:「線引こう。マネージャーテープやテープ。ビニルテープ持ってきて」
辻 :「よっすぃ〜、ヘボ?」
吉澤:「もっと上にあげろよ、低いんだよ辻のトスは!」
矢口:「ディーフェン!ディーフェン!ゴール下に簡単に入れるな」
加護:「大きさはこんなもんやろ?当たったボールを、空中でキャッチしたらセーフやで」
辻 :「もっと強めに打っていいよ、私レーシブの天才なんだから」
吉澤:「本気モードでいいの?骨行っちゃうよ」
矢口:「1・2そー、1・2そーいいよ、足使って、止まんないよ回って回って」
加護:「ここが真ん中やで、ここで最初ジャンプボールすんねんで」

36 :う6ぉ2:2001/06/28(木) 15:25 ID:ukbQ2nQc
辻 :「ほっ!ほっ!ほいっ!」ボン ボン ボン
吉澤:「やるね〜、辻やるね〜」バシ バシ バシ
矢口:「はぁはぁ・・・やっぱり・・・横綱は強かったッス・・はぁはぁ」
加護:「線引けたで、白Tシャツチーム対ジャージチームに別れよか?」
辻 :「よっすぃ〜やっぱ2人だけじゃ、つまんないよ」
吉澤:「ん〜、リーダー呼んでこよか?」
辻 :「おっグッドアイデア!呼びに行こ」
加護:「せやな、リーダー呼んで来ようや」
矢口:「清原君?邪魔しなきゃいいよ・・・電波呼ぶの?一人の世界に入っちゃうから、
    呼ぶの止めようぜ・・・そうだね、交信しちゃうもんね」
飯田:「バレーボール?やんない、休憩中なんだから休んでなよ」
吉澤:「うわ!目からウロコだな、今、休憩してないと、後で疲れちゃうよ」
辻 :「あ〜ホントだ!危なかったね。本番中にゼーゼーしちゃう所だった」
加護:「で、ドッジボールはどうやろか?キックベースか?」
矢口:「新年明けましておめでとうございます。今年も箱根駅伝がやって参りました。
    正月の箱根を舞台にした幾多の戦い、今年のその時はもう間近に迫っています。
    今年は一体どんなシナリオを、この箱根は用意しているのか?スタートしました!
    ・・・よ〜し、箱根を走ってやる!私走る!」

マネ:「矢口!何処行った〜!あの馬鹿、何処行きやがった!」
矢口:「はぁはぁ・・・はぁはぁ・・・清水市?・・・あれ?・・・はぁはぁ・・・
    箱根越えたのか?はぁはぁ・・・いいや走り続けよ・・・トップは、矢口大学の矢口です。
    先頭は矢口。2位以下を大きく突き放しています。独走!まさに独走!箱根駅伝至上初の
    一人で箱根を超えた女・・・へへへ、明日の一面はもらった」バタッ

37 :う6ぉ2:2001/06/28(木) 16:23 ID:laZrWDj6
うの:「うっのでぇ〜す」
中澤:「あ?あたい中澤、よろしく」
うの:「テンション低っ、ビックリしたぁ!」
中澤:「・・・チッ・・・・チッ」
うの:「怖〜い、こわ〜い。中澤っち怖いよ」
中澤:「あの、あたし人見知りするんで、慣れるまで黙ってって貰えます?
    いや、黙ってて貰えますよね!」
うの:「超怖〜い!野村ファミリー?サチヨファミリー?」
中澤:「あ〜うるさいな!緊張しぃなんですよあたし。一人だけの空間
    作って良いですか?」
うの:「え〜!初対面でそんな事言われたの初めて〜!」
中澤:「(何なんだ?この女、ぶち殺したいわ)」
石川:「どーも、石川で〜す!中澤さんに差し入れに来ましたぁよ〜!」
うの:「そこの変な声!キーキーうるさいのよ!」
石川:「あ〜うのさ〜ん!見たことありますよTVで!TVですか?見ますよ」パシパシ
うの:「痛い痛い!何で叩くの?ワイドショウネタにするわよ!で、何差し入れって」
石川:「バナナですよ〜、喜んでくれますよね?中澤さん」
うの:「わ〜い!バナナ大好き〜、ありがとう、え〜と・・・きもい声の子」
石川:「石川、石川梨華です。初めまして、うのさん!」
うの:「はいはい、も〜帰っていいわよ」

38 :う6ぉ2:2001/06/28(木) 16:24 ID:laZrWDj6
石川:「中澤さん?どうしたんですか?緊張してるんですか?モーニング娘。に会って」
うの:「何か、機嫌悪いのさっきから。良く分かんない人ね」
石川:「昔からそうですよ。不思議ちゃんなんです、この子。三十路らしいですよホントは」
うの:「あんた、三十路なの?は〜サバ読んでたの?ばっかだね〜」
石川:「親戚ぐるみで隠蔽してるらしいですよ。これも一つの家族愛ですかね?」
うの:「歪んでる愛は、醜いモノね。あんた、石川だっけ?遊び友達にしてあげる。モー娘の
    裏話どんどん持ってきなさい」
石川:「やった〜!人に友達って言われたの初めてですよ〜」
うの:「そうだ、携帯の番号教えっこしよ」
石川:「やった〜!メモリー2のピザ屋消して、うの(親友)って上書きして下さい」
うの:「あんた、ピザ屋に友達いるの?」
石川:「出前友達ですよ、あとソバと中華屋も出前友達。向こうから、掛けて来る事は無いですけど」
うの:「あんた・・・妹分にしてあげるわ!毎日一回電話してあげる」
石川:「この携帯の着信音を、毎日聞けるなんて夢みたい」
中澤:「神田!うるさいんじゃボケェ!石川は帰れ!バナナももって帰れ、二度と来んな」
石川:「へっへ〜ん!また来るぜ!うのちゃん、まったね〜」
うの:「まったね〜」
中澤:「神田うの!トリャ!」ドカ ドカ バシ ガシ
うの:「何で・・・そんなに・・・殴るの・・・初・・対面・・・なの・・に・・・」

39 :名無し娘。:2001/06/28(木) 19:30 ID:cd3xXXjk
>>36-37
矢口の放置されっぷりが見事です。
ほれます。

40 :39:2001/06/28(木) 19:32 ID:cd3xXXjk
>>35-36でした。
鬱。

41 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 14:58 ID:wM7R5vKw
加護:「のの!」
辻 :「(んん、亜依ちゃんの声だ!何処だ〜?)」
加護:「ここ!」
辻 :「(何処?面倒臭いから、シカトしてよ)」
加護:「のの!」
辻 :「(気になるぞ!何処だ?亜依ちゃん」
加護:「ここ!」
辻 :「(あれ?飯田さんの声)」
加護:「のの!」
辻 :「(違うよなぁ、何処から声がするんだ?)」
加護:「ん?これ何や?」
辻 :「(あああ!飯田さんの目がクルってなった)」
加護:「引きちぎったれ」
辻 :「(飯田さんきもい、目玉がガクガクしてる)」
加護:「のの!」
辻 :「飯田さん?ちょっと口の中見せて」
飯田:「あ、あ〜〜〜〜〜っ」
加護:「あっ!めっかっちゃった!」
辻 :「ああああ!亜依ちゃん、何してんの?」
飯田:「何?」
辻 :「ああああああ、亜依ちゃん!居る!口!中!亜依ちゃん!」
加護:「出られへんねん。のの!助けて」
辻 :「どどどど、どうしよ、いいいい飯田さん、どうしよ」

42 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 14:59 ID:wM7R5vKw
加護:「この糸なんやと思う?」クイクイ
飯田: ギョロギョロ!
辻 :「だ、駄目!それは糸じゃないみたい!大切なもの」
加護:「そうなんや、切れそうやで。結んだろか?」クイ
飯田: ギョロ!
辻 :「あ〜、触っちゃ駄目みたい。それ目!目が大変」
飯田: ギョロ!
辻 :「駄目だって!ギョロってなってる」
加護:「歯の裏にヤニついてんで、飯田さん。タバコ吸ってるやろ?」
飯田:「何か・・・声しない?私の口から」
辻 :「亜依ちゃん居る!亜依ちゃん、口、中、居る」
加護:「鼻に潜入してみるわ」
辻 :「鼻?くしゃみ!コショウ!コショウ取ってくる」タッタッタ
飯田:「う〜、あれ?鼻にご飯粒入った?気持ち悪い」
加護: ズボ!
辻 :「コショウ持って来た!あ〜亜依ちゃん、顔出てる!」
飯田:「クックン、何だ?変な感じ」
加護:「へへへ、鼻の穴からスンマそ〜ん」
飯田:「加護?加護?何処?」
辻 :「飯田さん、くしゃみして。はいコショウ」パッパッ
加護:「くしゅん!・・・のの、大概にしてや。かなわんわ」
辻 :「ゴメン。飯田さん、もっと?」パッパッパ
飯田:「ひっひっひ・・・ひっぐしゅん!」
加護:「あ〜〜れ〜〜〜」☆ミ キラ〜ン

43 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 14:59 ID:wM7R5vKw
辻 :「あ・・・あれれ・・・どっか飛んでいっちゃたぞ」
飯田:「辻!ひっひっひっひっくちょん!」
辻 :「亜依ちゃん・・・亜依ちゃんを帰せ〜」ドンドン
飯田:「ちょっと、痛い痛い!何?辻ちょっと止めて」
辻 :「亜依ちゃんを何処まで飛ばした〜!」
加護:「・・・ひっぐしゅん!・・・」
辻 :「うわ!・・・びしょびしょ・・・そうしたの?・・・臭い!寄るな!」
加護:「鼻水やろな?・・・へへへ、全身やで・・・臭いやろ?」
飯田:「加護!風呂入ってきな!汚いな〜」
加護:「汚い?へへへ、何も知らない事の強さってヤツやな」
辻 :「まっ良かった良かった!これにて一件落着」
加護:「のの〜!」
辻 :「抱きつくんじゃねーよ、きたね〜んだよテメ」
加護:「のの〜助かったで〜。今度は二人でやろうな!二人の大脱出!」
辻 :「何だそのキャッチフレーズは!ふざけるな」
加護:「二人の大脱出は嫌か?ほな、明日への大脱出やな」
辻 :「やらね〜、ぜって〜やんね〜。つうか、次は助けてやんね〜からな」
飯田:「何?何?何の話?喧嘩しないの。加護は風呂入ってこい。臭いんだよ」
加護:「お、己の鼻水じゃ!臭い言うなボケ」

44 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 15:14 ID:pk98bao.
http://920ch.conte.ne.jp/musume/readres.cgi?bo=morning&vi=0203
ネタ紹介スレ見てたら↑こんなの発見した。・・・ネタ前に配役決めか、ほうほう

45 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 16:59 ID:EIKUmBH6
     ○月1日
    今日も、うけた。
     ○月2日
    今日は、ドッカンドッカンうけた。
     ○月3日
    今日はいつにも増して、冴えてた。
矢口:「と、取りあえず、沢山コピって配って来い」
    カチャ
後藤:「おはようございま〜す!」
矢口:「・・・おはよう」
加護:「一つもおもろい事、あらへんやん」
後藤:「何?何?何が?」
加護:「今日はどうなん?冴えてんのか?」
後藤:「え、何が?何の話?」
矢口:「昨日お前何か忘れてった?楽屋に」
後藤:「あー!極秘日記!・・・見たんですか?最低!」
加護:「ウソ日記やないか!うけたって何や?」
後藤:「最低!覗きと一緒ですよ!最低!」
矢口:「2日、今日は、ドッカンドッカンうけた・・・は?」
加護:「どう言うこっちゃ!」
矢口:「3日、いつにも増して、冴えてた・・・何が?」
加護:「何が冴えとったんや?いつにも増して?・・・は〜?」
後藤:「議題をすり替えるな!覗き行為を肯定するのか!」

46 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 17:00 ID:EIKUmBH6
矢口:「うるさい!殴りたいタレント女性部門一位矢口真理・・・これは?」
後藤:「そ、それは・・・つうか、見るな!」
加護:「総合第一位加護亜依・・・どう言うこっちゃ?」
後藤:「そのまんまだよ!・・・殴りたいんだよ!」
矢口:「加護の、総合一位はまだ分かるよ。何で私は女子の部一位なの?松浦は?石川は?」
加護:「何や、矢口は3人祭り嫌いか?」
矢口:「嫌いだよ!加護も嫌いだ」
加護:「ショックやでそれは、面と向かって言う言葉ちゃうで」
後藤:「の、覗き魔!矢口と加護は覗き魔だ!言ってやるみんなに言ってやる」

飯田:「嫌いなタレント女性部門第三位・・・か、一位じゃなくてよかった・・・のか?」
安倍:「私は、パシレそうで賞を受賞してるみたい2年連続で」
吉澤:「いいじゃないですか、タイトルホルダーで!格好いいですよ、私なんて無冠ですよ」
安倍:「何さ!あんたは中途半端なのよ。十位以内に名前ある?」
吉澤:「もし街で出会っても友達に慣れそうな人、第七位」
飯田:「あっそれの五位矢口だ」
安倍:「後藤ってぼーっとしてるわりに、凄い観察してるんだね人を」
吉澤:「人間観察の本格派ですね。プロの領域に片足突っ込んでる」
    カチャ
後藤:「聞いてよ!矢口さんは、変態覗き魔!」
飯田:「矢口は覗き魔・・・!後藤が言うからにはホントっぽいね」
安倍:「着替える時、みんな気を付けようね。ビデオ流出させる気だよ」
吉澤:「矢口さん怖い、ごっちんがそう言うなら、間違いないよ」
後藤:「他の人にも、教えてあげて。私もあっちこっち声掛けてくるから」
    カチャ
安倍:「後藤って良い奴だね、矢口許せない!」
飯田:「矢口のカバン調べてみる価値あるね」
吉澤:「うんうん、カメラとか絶対ありますよ」

47 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 17:00 ID:EIKUmBH6
    カチャ
加護:「後藤来はった?」
飯田:「聞いたよ!」
加護:「何か、言いはってん?」
安倍:「矢口は娘の着替えを盗撮して、高値で売ってるって」
加護:「な、何やて!初耳やで!そないあこぎな商売してけつかってはんの?」
吉澤:「許せないでしょ!も〜矢口さんと、口利いちゃ駄目だからね」
加護:「そう言うことか、そらウチに冷たい筈や。ウチが写ったら、買い取ってくれる所、
    危ない所だけやもんな。さすがにそっちには行かれへんやろし」
    カチャ
矢口:「後藤怒ってた?ははは」
安倍:「(はははじゃないっしょ!)」
吉澤:「(目を合わせたら、話し掛けてくるぞ)」
加護:「(そんな事しない人やって、信じてたのに!)」
矢口:「ははは〜はぁ?あれ?どした?ん?気まずいんだけど・・・あれ?喧嘩か?」
飯田:「あ〜!ん〜!うん!」どーん
矢口:「イテ!」
    バタン!
矢口:「な、何だよ!追い出されたぞ!コラ!開けろ!」どんどん
飯田:「ポケットから、ちっちゃいカメラ出そうとした」
安倍:「え〜マジで!も〜、マネージャーに言おうよ」
矢口:「ちっくしょ〜!泣くぞ!いいのか!あっつ、つじちゃ〜ん!虐められたよ〜」
加護:「は!のの!ののをターゲットにする気や!禁断の果実やで」
吉澤:「も〜許さない!」
    バタン

48 :う6ぉ2:2001/06/29(金) 17:01 ID:EIKUmBH6
矢口:「辻ちゃん、辻ちゃん」
辻 : なでなで
吉澤:「盗撮野郎!ぶっ殺してやる!」
    ガタガタ ドカッ
石川:「イテテテ、な、なんで、ばれちゃったんですか〜!」
吉澤:「あ、は?・・・え?・・・な?」
矢口:「と、盗撮?梨華ちゃん?・・・と、盗撮野郎!」
辻 :「梨華ちゃんきも〜い!」
飯田:「石川?何で石川なの?」
後藤:「・・・」
安倍:「なんだ?なんだ?矢口と共犯?」
石川:「へましちゃった」
加護:「何や・・・こっち向くなや!・・・しらんがな」
石川:「カメラは大丈夫みたい、アイボン?カメラは大丈夫だから」
加護:「しらんしらん、しらんで。関係ないで・・・カメラなんてしらんで」
吉澤:「加護?」
加護:「しらん言うてるやろ、文句あんのんか?」
矢口:「お前、最低だ!石川カメラ回せ」
石川:「カメラ回りま〜す」
後藤:「加護脱げ」
飯田:「辻、あっちで遊ぼ」
辻 :「亜依ちゃん、ふぁいと」

49 :名無し娘。:2001/06/30(土) 05:23 ID:R6exCVz.
相変わらずアンタすげえよ!頭ん中どうなってんだ?
俺にもアンタみてえなブッ飛んだ脳が欲しいよ。

50 :名無し娘。:2001/07/01(日) 05:18 ID:T7NTx/iw
おもろい

51 :う6ぉ2:2001/07/01(日) 17:30 ID:qDSwWh1A
のの:「え?泣くの?・・・なんで?」
安倍:「いいから!泣け。口答えするな!」
のの:「え〜ん」
安倍:「あ〜あ〜、泣いちゃった」
のの:「らって、安倍しゃんがつねるんだもん」
安倍:「デレクター!今のCGで何かとか、出来るっしょ?焼きそば食べていい?」
のの:「CG?焼きそば?・・・わ〜い焼きそば食べる〜!」

52 :名無し娘。:2001/07/02(月) 04:29 ID:waHKNRPQ
>>51う6ぉ2 にしてはイマイチだな

53 :名無し娘。:2001/07/03(火) 21:31 ID:5HzO.u9A
う6ぉ2さん、がんばれ!応援!

54 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:37 ID:0xWoPwmg
保田:「オホン!え〜、みなさん・・・少しお時間宜しいですか?」
矢口:「え?・・・誰が喋った?」
飯田:「け、圭ちゃん!みんな注目、シーシー。矢口シー」
保田:「あのサ、私にあだ名付けてくんない?」
後藤:「キモ!何言ってんのあんた?圭ちゃんでいいじゃん」
保田:「圭ちゃんってサ、普通すぎって言うか・・・普通すぎ?」
矢口:「何だそりゃ、圭ちゃんでいいじゃん。普通でいいじゃん」
飯田:「みんな聞こうよ、圭ちゃんが喋ってんだよ」
保田:「カオリありがと、あのサ、変わったあだ名付け直してくんない?」
矢口:「イヤだ!圭ちゃんじゃなくなる。圭ちゃんは圭ちゃんで居ろ!」
保田:「正直の所サ、別の人格になりたいの、私の願望叶えて」
石川:「人はそんな簡単に、変われないよ!」
飯田:「石川うるさい!聞きなよ」
辻 :「だっせー、怒られてやんの。リーダーに謝れ石川」
石川:「うるさい辻のくせに。お前後で絶対泣かす!」
加護:「いつになく強気やな。保田はん続けてや」
保田:「思い切ってチャーミー系の、あだ名欲しいのよ」
吉澤:「あはっ、チャーミー系って、保田さん叩き殺しますよ」
飯田:「黙って聞きな!聞こうよ、みんな」
保田:「何かない?・・・あだ名」

55 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:38 ID:0xWoPwmg
辻 :「ジェロニモ!」
後藤:「ジェ、ジェロニモ!あはははは、ジェロニモ!」
加護:「ジェロニモ!やったやんかのの!やっぱのの最高やわ!」
辻 :「新しいユニット出来そうでしょ、きゃはは」
吉澤:「じゃあ私は保安官やる!」
飯田:「ちょっとみんな、真面目にやりな!」
矢口:「よっすぃ〜、圭ちゃんを逮捕する〜って追っかけて」
吉澤:「逮捕する〜!待て待て〜!バンバン!」
保田:「吉澤さん?何してるのかな?」
吉澤:「ジェロニモを捕らえろ。ウォンテッド$100,000」
後藤:「やった〜!かっこいいぞ、保安官。太っ腹!」
矢口:「賞金荒らしの3羽ガラス集合!」
辻 :「御意!ウソ泣きの辻だ」
加護:「永作も若菜もウチの弟子やねんで・・・加護参上!とぉ」
後藤:「出た出た、3羽ガラス」
飯田:「何やってんの、圭ちゃんのあだ名考えろよ」
安倍:「ん〜、圭ちん、保田競輪、保田自転車、保田サイクル、木梨サイクル
    憲さん、安田成美、ナウシカ、テト、ユパ様この子を私に下さいな!」
石川:「ユパ様いいですよね」
矢口:「ちくしょ〜、ジェロニモの野郎何処行きやがった!」
安倍:「おお、石川気が合うねぇ!ユパ様いいっしょ?」
辻 :「まぁ姉貴、慌てンなって$100,000だぜ、辛抱強くやろうや」
石川:「でも巨神兵?捨てがたいですよね。あの口から放たれる、光線は圧巻ですもんね」
矢口:「チンタラやってたら、先を越されるだろうが!早い者勝ちなんだからよ」

56 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:39 ID:0xWoPwmg
保田:「・・・カオリ何ない?」
飯田:「ん〜、ほ、ほ、ほだ?けぇさん?けさん?ケムンパス?」
保田:「ゴメン。もういいや。あだ名の件、忘れていいよ」
加護:「おった!おった!賞金おったで!」
矢口:「加護でかしたぞ!捕まえろ!」
加護:「完全に包囲したで、ジェロニモはん!」
飯田:「やす・・・やっちん、やすラー、圭々・・・圭々は!圭々!あれ?」
保田:「お前ら放せよ!押すな、引っ張るな」
辻 :「抵抗するな!ジェロニモ」
後藤:「このカバン良くない?は?25万?」
吉澤:「うわ!これなんて86万だって、誰が買うんだ?何入れるんだよ?エスパー伊藤か?」
辻 :「う〜い保安官、捕らえたぞ!賞金寄こせ」
吉澤:「ちょっと見てみな、このカバン86万だって」
矢口:「いいから、ジェロニモ代寄こせ」
後藤:「うわ〜マジかこれ!腕時計みて、640万だってよ」
加護:「ロレックスかいな?あ、それのワンランク上持ってるで」
後藤:「は?何で持ってんだ?」
加護:「趣味やな、コレクターみたいなモンや」
後藤:「趣味?加護は時計が好きか?」
加護:「ちゃうけど金は使わな、金の意味無いやン」
吉澤:「勿体ない勿体ない!公園に時計あるでしょ」
加護:「銀行に金預けてる方が勿体ないやろ?冷蔵庫に、神戸牛入れっぱなしと同じやないの」
後藤:「待て、その金どっから出てんだ?」
加護:「何がいな?そない重要か?」
吉澤:「出所なんでどうでもいいけど、金と神戸牛は違うぞ」

57 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:39 ID:0xWoPwmg
加護:「お前アホやな、神戸牛は金で買うねんで、金=神戸牛やないの」
吉澤:「そうか・・・一緒だな。金下ろすか!肉食うか?家買っちゃうか!?」
加護:「そうやで、旨いで神戸牛は。今日から食卓は神戸牛に衣替えやね」
矢口:「賞金まだですか?逃げるなジェロニモ!」
吉澤:「よし、3匹連中!$100,000だったな、$1=\120として、\12,000,000だな」
辻 :「い、1,200万円!」
吉澤:「下ろしてくる!銀行行って来る!」バタン
辻 :「やった〜!かっくいい!」
後藤:「加護、金の出所言えよ」
加護:「何がじゃボケェ!そんな金有るか、信じんな」
矢口:「スゲーぞ加護、お前天才かも」
保田:「ちょっと、誰か〜!吉澤連れ戻して来て!大変な事に巻き込まれた」
飯田:「圭々ってのはどう?」
保田:「は?・・・あだ名?大陸の匂いきつくない?パンダじゃん・・・あ〜吉澤が」
安倍:「圭ちゃん、シータは?」
石川:「シータは私です!シータは私に下さい」
保田:「何?シータ?何、どっから拝借してきたの?」
石川:「天空ですよ、ラピュタじゃないですか!何とか・ウル・ラピュタ!で、ドーンですよ」
保田:「覚えてない。それより吉澤を止めろ!銀行に電話して」
安倍:「シータっていいんでない?歌手っぽいし」
石川:「圭ちゃんは、怪物君がお似合いですよ」
保田:「アニメはイヤ!吉澤呼んで来いって!」
矢口:「コラ、ジェロニモ逃げんな!賞金貰えないだろ」
保田:「正気に戻れ!何で私を捕まえると、金が発生するんだ」

58 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:40 ID:0xWoPwmg
後藤:「ピン札で1,000万って10pなのかな?100万は約1pって聞いたんですけど」
加護:「そんなモンやな、若干10p越えるけどな」
後藤:「お前には、聞いてない。なっちは見たことアンでしょ?」
安倍:「1,000万?余裕、税金で持ってかれたもんね」
飯田:「まあね、スター?スターだから?税金で1,000万持ってかれるよね」
矢口:「こえぇ!こついら怖ぇ」
安倍:「来年、後藤が1,000万行って、矢口が行かなかったらどうする?」
矢口:「え〜っ、後藤に小遣いもらう」
加護:「ウチも貰う」
辻 :「の〜!よっすぃ〜遅い!」
保田:「そうだ、吉澤戻ってこい」
    カチャ
吉澤:「・・・」
加護:「分かったな?金は、使ってナンボやねんで」
吉澤:「あのね、親がね・・・な?分かるだろ?」
加護:「しもた!」
矢口:「何だよ何だよ、賞金何処だよ」
加護:「お母さん銀行に預けとんねんこいつ!アホや」
矢口:「え?あの悪名高きお母さん銀行に?・・・てめ〜!小学生か!」
加護:「小6で気付けないヤツは、死ぬまで気付かん。お年玉なんてあって無いような物や」
吉澤:「へへへへ参ったね!銀行行ったのも始めてだし。何処銀行に行けばいいのか、さっぱり」
辻 :「使えねぇんだよ吉澤、吊るぞ!」
保田:「いいんだよ吉澤、それでいい」
石川:「おぼっちゃま君!まるでちゃま」

59 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:40 ID:0xWoPwmg
安倍:「ちゃまは私なの!似てるっしょ?吉澤はびんぼっちゃま」
矢口:「なっちは、ハイジでしょ?♪教えて〜、おじぃ〜さ〜ん〜でしょ?」
加護:「ウチは?ウチ」
矢口:「加護は、カケフ君?」
加護:「何?カケフ君って誰?」
矢口:「え?カケフ君知らないの?間下このみは?」
加護:「知るか!」
矢口:「TV出る資格ねぇ!お前は帰れ」
加護:「何でやねんな、ジェレネーションギャップや」
矢口:「日本語喋れ、お前はアヤカか?」
後藤:「そう言や昨日、元・石黒彩が手だけ映ってたぞ」
安倍:「彩ッペ?手だけ?手タレになったの?」
後藤:「事務所との契約で顔出しは駄目なんだと」
安倍:「だから手タレじゃねーか、こら後藤!」
後藤:「知らないッスよ」
安倍:「この知ったか野郎!」
    カチャ
AD:「本番入ります。お願いしま〜す」

60 :う6ぉ2:2001/07/04(水) 16:41 ID:0xWoPwmg
飯田:「おし、圭々行くぞ」
矢口:「辻、ジェロニモをロープでくくっとけ」
辻 :「え〜!面倒臭せ〜よ、保安官お前やっとけ」
吉澤:「知りまっせ〜ん、何にも分かりまっせ〜ん」
辻 :「あ〜ん、後藤やっとけ」
後藤:「い〜や!」
辻 :「石川!お前がやれ」
石川:「怪物君、靴ひも解けてますよ」
辻 :「無視すんな」
安倍:「そこ邪魔だべ辻、ドアの前に突っ立ってたら」
辻 :「うるさいブタ!」
安倍:「ブタってこの口が言ったのか!」ぎゅ〜
辻 :「痛い痛い痛い!ごめんなさい」
保田:「・・・怪物ってこの口が言ったのか!」ぎゅ〜
加護:「痛、何や!止めて〜や!痛いやろ、何も言うてまへんがな」
保田:「痛いか!この口が痛いのか?」ぎゅ〜
加護:「痛い痛いって!圭ちゃん止めて〜や」
保田:「圭ちゃん・・・圭ちゃん?嗚呼、何て素敵なあだ名なのかしら」
加護:「痛ッた〜、なんやの?圭ちゃん」
保田:「よし!加護、スタジオまで競争だ!」タッタッタッ
加護:「ジェロニモ待て〜!」タッタッタッ
保田:「何?」ぎゅ〜
加護:「圭ちゃん」
保田:「よし、競争だ」タッタッタッ
加護:「ジェロニモ!」タッタッタッ
保田:「あ?」ぎゅ〜
加護:「圭ちゃん」

61 :名無し娘。:2001/07/04(水) 20:37 ID:DseVoz8E
> う6ぉ2

やっぱあんた最強だ。
めちゃワラタ。ジェロニモでビール噴き出してしまった。
全てのネタスレの職人の中でもあんたが一番輝いてるよ。
がんばってくれ。

62 :う6ぉ2:2001/07/05(木) 17:27 ID:UbnI2Jnk
加護:「あ、ああ、あああ!虫や!虫が居るで!」
矢口:「ぎゃ〜!!」
石川:「ゴキブリ嫌い〜!」
飯田:「どこ?ゴキブリ何処?叩け、叩け!」
加護:「タランチュラも居る!」
矢口:「ぎゃ〜ぎゃ〜!」
石川:「ゴキブリ〜!何処?何処?」
飯田:「叩け!みんな新聞持て、何処だ!」
加護:「飛ぶで!絶対飛ぶ!」
矢口:「止めろ〜!外に出して!ぎゃ〜」
飯田:「みんな新聞持てって、戦闘態勢に入れ」
加護:「大群や!大群や、毛虫や」
矢口:「ぎゃ〜!煙出せ、どうなってもいいから煙出せ」
飯田:「何処だ!」バシ バシ バシ
石川:「きゃぁあぁああ!」
加護:「梨華ちゃん、危ないから机に乗ったらアカン!」
石川:「やっつけて、ゴキブリやっつけて」
加護:「パニックや!見事なパニック発生や!」
矢口:「火をつけろ、この部屋燃やせ!」
加護:「エエ感じや!まだまだ煽るでぇ、ヘビや!梨華ちゃんの後ろ」
石川:「きゃぁあああ!取って!取ってよ、噛まれちゃう!」
飯田:「何処?ヘビ?頸をつかめ、頸をガッてつかめ」
加護:「まっこのくらいでエエやろ」
    カチャ バタン カチャ
矢口:「誰?今外に出た人誰?鍵閉められた!」

63 :う6ぉ2:2001/07/05(木) 17:29 ID:UbnI2Jnk
飯田:「あ〜!閉じこめられた!壊せ壊せ!ドア壊せ」
矢口:「開けろ!開けろ〜!」ドンドン
加護:『火事やで!火事!誰かまだ居てますか〜』
矢口:「はい!居ます!ここに居ます!」ドンドンドン
加護:『全員、避難したようです・・・お〜ば〜。ぷっ何やそれ』
矢口:「大変大変!火事だって、みんな避難したって、お〜ば〜だって」
石川:「どうしよ、どうしよ!」
飯田:「窓!窓から助け呼ぼう!」
矢口:「あ〜、この窓!開かないよ!どーすんだよ飯田!」
飯田:「な、何で怒るのよ!馬鹿じゃない!」
石川:「いあぁぁぁぁあ!」
加護:『これは大きな津波や!』
矢口:「ここに居ます!助けて〜!」ドンドンドン
飯田:「誰か〜!」
加護:『う、宇宙人が攻めてきおった!』
石川:「きゃ〜!全面核戦争に突入しちゃう!」
飯田:「・・・加護?」
石川:「え?・・・加護?」
加護:『首都移転や!』
飯田:「何言ってんだこいつ?」
矢口:「確実に加護の声だ」
加護:(収まった?殺戮があったんかもな!スクープやで!第2のフォーカス創刊や!)
    カチャ
加護:「あれ?生きてやんの・・・じゃ!」
    バタン カチャ

64 :う6ぉ2:2001/07/05(木) 17:30 ID:UbnI2Jnk
矢口:「お、お〜い!また閉じこめられたぞ」
石川:「矢口さん、何やってんですか!」
飯田:「矢口のせいだ!どう落とし前付けるんだよ!お前」
矢口:「知らないよ!そんな事言うんだったら自分らだって」
石川:「人のせいにするな!」
矢口:「な!何だお前!」
飯田:「矢口が謝れ!お前がしっかりしてれば良かったんだ!」
加護:(今度は何やねん?ごっつ見たいわ〜)
矢口:「加護!鍵開けろ!」ドンドン
石川:「そうだよ、加護が外に居るんだ」
飯田:「加護!後でどうなっても知らないぞ!」
加護:『正気に戻ったか?』
矢口:「て、てめぇ!何だその口の利き方は!」
加護:(何か、怒らせてもうたな)
    カチャ
加護:「何怒ってんの?」
飯田:「ちょっとお前こっち来い!マジでムカツク」
加護:「いやや!何で怒ってんの?」
石川:「加護!言う事聞きなさい」
    バタン カチャ
矢口:「あ、待て!・・・カオリが悪い!」
飯田:「何でよ!ドアの真ん前に居るのは、あんたでしょ!」
矢口:「お前が、びびらせたんだろうが!」
飯田:「手を出せば、捕まえられただろう。チビ、のろま!」
矢口:「チ、チビって言うなよ!関係ないだろ!」
飯田:「おっ!やんのか?やんのか?」
石川:「ちょっとやだ!止めて」
矢口:「おもしれ〜じゃね〜かよ、加護、ちょっと開けろ」
    カチャ
加護:「何や?」

65 :う6ぉ2:2001/07/05(木) 17:30 ID:UbnI2Jnk
矢口:「カオリちょっと来いよ!」
飯田:「おもしれ〜よ」
    バタン カチャ
矢口:「何だよ?おい」
飯田:「喧嘩したいんだろ?あ?」
加護:「喧嘩はよくないで、手を出したらアカン」
石川:『ちょっと!どうして鍵掛けるの!出してよ』ドンドン
加護:「喧嘩両成敗で蹴り付けようや!な!大人やろ?」
矢口:「チッ!・・・カオリ、も〜いいよ」
加護:「せやせや、水に流そうや」
飯田:「分かったよ、はいはい。握手握手!」ゴリゴリ
矢口:「いった〜、何だよ」ゴリゴリ
飯田:「んっん〜!あ〜?」
加護:「随分と固い握手やないの?ま〜タンポポは仲良しユニットやもんな!」
石川:『開けろ!開けろ!』ドンドン
加護:「いつもの仲良し3人組で、メシでも行こうや!」
矢口:「パスタな!」
飯田:「うどんだろ?」
矢口:「あ〜!」
石川:『・・・松浦!そこら辺に居るんだろ?開けろ!』

66 :う6ぉ2:2001/07/06(金) 16:41 ID:HMBY4srE
石川:「よっすぃ〜!」
吉澤:「あ〜来くなよ、それ以上近づくな」
石川:「よっすぃ〜!」カタ
吉澤:「あっ!」
   カタカタカタカタカタカタ
石川:「やっちゃった」
吉澤:「ドミノ直せ!速攻で立て直せ」
石川:「こんな所で、ドミノする事ないでしょ〜」
吉澤:「直せ!直せー!直すまで口利かない!」
石川:「も〜子供なんだから!直すわよ」
   テケテケテケテケテケテケ
辻 :「やっちゃった♪やっちゃった♪梨華ちゃんやっちゃった」
吉澤:「うるさい!お前も直せ!」
辻 :「いーっだ、直せな〜い。私直せな〜い」
吉澤:「だったら、あっち行け!」
辻 :「♪イライラよっすぃ〜♪イライラよっすぃ〜」
吉澤:「あー!うるせー、ぶっ飛ばすぞてめぇ」
辻 :「怖〜い、よっすぃ〜怖〜い」
   テケテケテケテケテケテケ
加護:「あ〜やっぱりよっすぃ〜、ドジやねんな〜倒してもうてるやん」
辻 :「あのね〜、梨華ちゃんがやっちゃったんだよ〜」
加護:「え〜!梨華ちゃん謝り〜や。よっすぃ〜に謝り〜や」
吉澤:「お前等うるさい!」
辻 :「怖〜い」

67 :う6ぉ2:2001/07/06(金) 16:42 ID:HMBY4srE
加護:「みんなこっち来てみろや!梨華ちゃんがチョンボしおったで」
   ガヤガヤガヤガヤ
辻 :「梨華ちゃんがぶちまけちゃったんだよ」
飯田:「石川おめぇ、何やってんだよ!」
矢口:「石川は使えね〜な!やっぱり」
石川:「うるさいな〜、だから直してるの!あっち行ってて」
辻 :「そこ!口じゃなくて、手を動かせ!」
石川:「つ・・・後で泣かす」
飯田:「石川が悪いんだろ、しっかりしろよ、新メンもうすぐ入って来るんだぞ」
石川:「うるさい!エイ!エイ!」ポイ ポイ
吉澤:「てめぇ、何投げてんだよ!」
矢口:「痛った〜!当たったぞ馬鹿!エイ!」ポイ
吉澤:「・・・真理、痛て〜よ」
矢口:「あっ、石川が最初に投げてきた・・・ごめん」
吉澤:「真理帰っていいよマジで」
辻 :「(ちょっとやだ、ちょっと本気?)」
加護:「(みたいやなで、避難してよか?)」コソコソ
飯田:「(あいつら逃げた、じゃ私も)」コソコソ
吉澤:「帰れって!」
矢口:「ヤダ!ヤダもん!帰んないもん!」
石川:「(退散させて頂きますわよ、オーホッホッホッ)」コソコソ
矢口:「帰んないよ!絶対帰んないもん!」
吉澤:「帰れって!」シュッ
矢口:「痛〜い、帰らない!」
吉澤:「帰れ!」シュピッ

68 :う6ぉ2:2001/07/06(金) 16:42 ID:HMBY4srE
矢口:「痛っ・・・帰んない」ウィ〜ン シュポーン
吉澤:「あ痛!てめぇ!何機械使ってんだよ!」
矢口:「ズルじゃないもん!」シュポポポポポ
吉澤:「アイタタタタタタタ!てめぇ連射すんな!」
矢口:「お前らもじゃ!人が怒られてんのにコソコソ逃げやがって」シュポポポポポポ
石川:「イタタ!イタタ!アイタタタタタタタ、盾にしないで!」
加護:「堪忍やで!堪忍やで!梨華ちゃん堪忍や!」
石川:「痛い痛い!痛いよ、交代!飯田さん交代して」
飯田:「まだ行ける、頑張れ!石川応援してるぞ」
矢口:「石川どけ〜!全員に当ててやる!」シュポポポポポ
吉澤:「・・・」シュポポポポポポ
石川:「ああああああああ!許して!イタタタタタ」
矢口:「吉澤!」シュポポポポポポ
石川:「アイタタタ、痛いよ!一万円あげるから」
吉澤:「何?」シュポポポポポ
石川:「秘密言うから!言う事聞くから!痛い痛い」
加護:「あ〜ひゃひゃひゃひゃ」シュポポポポ
辻 :「ウィアー チャンピオーン!」シュポポポポポ
石川:「ひ、秘密1〜、松浦とは不仲、イタイタ痛い」
飯田:「ちょっと!増えてる!私持ってないよそれ」
矢口:「知るか!知ったことか!」シュポポ・・・プシュン

69 :う6ぉ2:2001/07/06(金) 16:43 ID:HMBY4srE
飯田:「痛い!イタタ・・・」
加護:「あれ?」パンパン
石川:「・・・終わり?」
吉澤:「ん〜、おかしいな?」カチャカチャ
辻 :「あ〜あ〜、壊れちった」
吉澤:「帰ろうか?」
矢口:「帰ろ帰ろ」
飯田:「いった〜!超ヒリヒリする」
辻 :「じゃねっん」
加護:「おっさ〜やで、お先にな!」
    バタン
石川:「飯田さん?泣いてるの?」
飯田:「何処で売ってんだろ、あれ」
石川:「・・・泣いてます?」
飯田:「欲しいな、あの機械」
石川:「泣いてません?」
飯田:「お前うるさい!」
石川:「何で怒るんですか〜」
飯田:「帰る!」
石川:「え?ちょっと、一緒に帰りましょうよ」
飯田:「じゃ!」
    カチャ バタン カチャ
石川:『・・・鍵、閉めた?コラー!開けろ〜、飯田!てめぇぶっ殺すぞ』ドンドン

70 :名無し娘。:2001/07/06(金) 22:46 ID:W6EWcHcg
めちゃワラタ。最高だよ。

71 :名無し娘。:2001/07/07(土) 19:54 ID:OEcRokBI
期待sageっと。

72 :.:2001/07/09(月) 12:18 ID:NunIVSB2


73 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:44 ID:8rx1PcSE
辻 :「ふぁんたじ〜?」
加護:「エエからこっちこっち」

矢口:「博士もうすぐ、完成ですね」
吉澤:「ここをグッと結んで、出来たぁ」
矢口:「やった〜!強力ゴムの贈り物人間パチンコ」
加護:「鉄砲玉連れてきたで」
辻 :「ん?ん?ん?」
矢口:「辻ちゃんは、ここに立つ!いいから立つ」
辻 :「ん?ここ?ん?ん?」
加護:『ガッガー・・・梨華ちゃん、聞こえるか?・・・オーバー』
石川:『ガッガッ・・・えるよ!聞こえる!・・・どーぞ』
加護:『ガッ・・そろそろ、秒読みやで・・・オーバー』
石川:『かしこまりました・・・もう、来るって・・・あっどーぞ』
かご:「しゃっしゃっしゃ!向こうも準備おっけーやで!」
辻 :「何?何?」
吉澤:「よっしゃ!指定の配置に付け!」
矢口:「加護、お前そっちそっち!」
加護:「ここでも問題ないやろ?」
吉澤:「風、無風!ベストコンディション」
矢口:「加護は辻の、背中を持つんだろ!」
加護:「せやったか?まぁワレがそこまで言うなら、しゃーないな」
辻 :「あっ!何するの!アイボン放して!くすぐったい」

74 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:45 ID:8rx1PcSE
加護:「ちっとの辛抱や」
吉澤:「行くよ!」
辻 :「待って、何するの?」
矢口:「5・4・3」
加護:「引っ張るで!堪忍やでのの」
    グッグー
辻 :「あわわわわ!ちょちょちょ」
矢口:「2・1!」
吉澤:「ファイァ」
加護:「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」
    びよ〜ん
辻 :「放しちゃダメ〜」
矢口:「お〜」
辻 :「アイボン、放しちゃダメだからね」
加護:「飛んで行きよった」
吉澤:「加護!梨華ちゃんに連絡!」
加護:「わかっとるがな!」
吉澤:「早くやれ、着地失敗するだろ」
加護:「慌てさせんな!」
矢口:「早く〜早く〜」
加護:「あ〜!黙っとれ」

辻 :「あわわわわわ!」

加護:『ガッガー・・・梨華!今さっき飛んでったで!』

75 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:46 ID:8rx1PcSE
石川:「まだかな〜」
飯田;「ののちゃん・・・心配」
安倍:「平気っしょ?にしても遅いねぇ」
加護:『コラ!石川のクソッタレ〜・・・居んのか?そこに』
後藤:「おい!あれ!」

辻 :「あわわわわわわ!」

後藤:「まさかな!まだ連絡ないんでしょ?」
石川:「そうなの、何てこずってんのよ!」
飯田:「連絡取れば、こっちから」
後藤:「そりゃそうだ、連絡取ってみ」

吉澤:「加護?連絡取った?もうすぐ着地だろ?」
加護:「と、と、取れたで!当たり前や!ウチはちゃんとやったで」
石川:『ちょっと、アイボン!何やってんの?』
矢口:「加護?トライシーバー何か言ってるよ」
加護:「壊れてんねん」
吉澤:「ん?どうやって連絡取ったの?」
加護:「テレパや、テレパシー」

辻 :「お、お、落ちる〜!」

飯田:「!・・・のの!」

76 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:46 ID:8rx1PcSE
後藤:「あ?電波?何をキャッチした!」
安倍:「ま、まさか!」
石川:『加護!てめ〜出やがれ!』
安倍:「梨華ちゃん、加護は後!走るよ」
石川:「後でぶっ殺してやる!」

辻 :「絶対落ちるよこれ、ほら、ほら、落ちるよ」

飯田:「ガンバって!ガンバって!」
後藤:「はぁはぁ・・・電波!そっちでいいのか?」
飯田:「うるせー!黙って走れ!」

吉澤:「飛ぶか?お前?」
加護:「何がや!アホか!ぼけぇ」
矢口:「指定の位置に着きますか?博士」

辻 :「あ!飯田だ!飯田〜、落ちま〜す。いい?」
飯田:「もうちょっと待って!」

77 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:47 ID:8rx1PcSE
安倍:「はぁ、無理無理!諦めよ〜よ」
石川:「そうっすね」
後藤:「飯田!任せた」
飯田:「ののの為なら、エ〜ンヤコ〜ラ」

辻 :「もぅ、ダメ!」

飯田:「ホッ!」
辻 :「ナイス、キャッチ!」
飯田:「のの!」

加護:「あわわわわわ!」

飯田:「のの〜!」
辻 :「飯田!」
安倍:「ちょっとエロくない?抱き合ってんの」
石川:「ハグですよ、ハグ」
後藤:「加護の野郎!」

加護:「ここやで!後藤はん!キャッチしたで!」

飯田:「加護の野郎後でお仕置きだ!」

78 :う6ぉ2:2001/07/09(月) 17:48 ID:8rx1PcSE
安倍:「辻?どうだった?カオリが織りだしたファンタジー?」
辻 :「スリリング!ぶっ飛んじゃいました」
後藤:「ファンタジアカオリ!ファンタジアカオリ!ブラボー」

加護:「あれ?後藤はん?落ちるで!ええの?」

辻 :「ふわ〜って、びゅわ〜って!で、ほっ!ってキャッチしてくれたの」
後藤:「危ない!」
飯田:「ホッ!」
加護: ガツン!
飯田:「あっ!加護・・・こらぁ!」ゴツン!
加護: ピクッピクッ
後藤:「こりゃ!甘えるな加護!」ゴツン!
加護:「痛ッた〜!」
後藤:「死んだフリか?あっ痙攣か?騙されるか!」ゴツン!
加護:「堪忍やで!後藤はん、あっのの無事やたんか?飛んで来たで心配やったんや」
飯田:「ののに触るな!」ゴツン!
加護:「いくらハゲでも、そない頭皮に刺激いらんで」

79 :名無し娘。:2001/07/10(火) 16:47 ID:fHunivKg
激ワラタ。これからも頑張ってくれ!

80 :う6ぉ2:2001/07/12(木) 15:15 ID:kvcBubrE
吉澤:「その時、電話が鳴った」
    ぷるぷる
加護:「ハイハイ」
吉澤:「その電話の声に、みな奮い立った」
加護:「何やと〜!」
吉澤:「加護は言った、やろうじゃないか!みな同じ気持ちだった」
加護:「エエやんそれ!そうしようや」
吉澤:「プロジェクト、えっくすぅぅ」
加護:「うるさいで自分、電話してんねん」
吉澤:「ゴメン、誰?ねぇ誰?誰と喋ってんの〜」
加護:「ののや!」
吉澤:「ののは言った!これ以上金を出す訳にはいかない」
加護:「ちょっとだけやんかぁ、なぁって」
吉澤:「それでもののは、言い放った」
加護:「せやから、返すっちゅ〜とろうが!いてまうどアホンダラァ」
吉澤:「思わず涙があふれた」
加護:「泣くなや!何で泣くんや、怖ないやろ」
吉澤:「風の中の昴〜」
加護:「土下座か?土下座したら金貸してくれるか?」
吉澤:「みんな何処へ行った〜」
加護:「ナンボでも頭さげんでぇぇ!」

81 :名無し娘。:2001/07/12(木) 22:59 ID:hyWT8Umk
ショートコント萌え
シチュエーション&セリフがいつも(・∀・)イイ!

82 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:03 ID:SdwNe40Y
加護:「何って格好しとるん?」
辻 :「うるさい、辻ちゃんマンだ!」
加護:「何やねんな」
辻 :「出たな、加護ックデビル!」
加護:「ええ!」
辻 :「変身してよ」
加護:「変身してよって言われてもやな」
辻 :「誰か衣裳かして」
後藤:「は?衣裳をおもちゃにしちゃ駄目」
辻 :「飯田さ〜ん」
飯田:「なぁにののちゃん、衣裳?いいよ貸してあげるね」
辻 :「やったぜ」
加護:「これ着るのかいな?」
飯田:「お前には大きすぎるだろ」
加護:「せやな、のんちゃん無理やで」
辻 :「ん〜、切ろ。裾切ろ、いい?飯田さん」
飯田:「え〜、切るのは駄目だよ」
辻 :「いいらしゃん・・・だめぇ?」
飯田:「少しならいいよ」
辻 :「さすがリーダー」
加護:「ホンマにエエの?遊びやで」
飯田:「だってののちゃんが」
辻 :「♪チョキチョキ」
飯田:「あ〜、あんまり切らないでね」
辻 :「平気平気!楽しいね」
加護:「そのくらいでエエやろ、のんちゃん」
辻 :「着れる?」
加護:「着れた着れた、これでエエか?」
飯田:「(衣裳さんに言わなきゃ)」

83 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:04 ID:SdwNe40Y
辻 :「よし、出たな!加護ックデビル」
加護:「良く分かったな!」
辻 :「今日は綱渡りで、天ぷらになっちゃ駄目よ対決だ」
加護:「何所でやんるん?」
辻 :「ん〜、作ろ」
加護:「え〜、今から?」
吉澤:「何見てんだよ」
辻 :「へへへ」
吉澤:「矢口さ〜ん、木材切るの手伝って」
矢口:「え〜、カメラ回すの?カメラ無しじゃやらないよ」
辻 :「矢口さん」
矢口:「よっしぃ〜、こっちにはペンキ塗るから」
吉澤:「寸法あってませんよ、それ」
辻 :「ちゃんとやってね」
吉澤:「分かってるって」
加護:「(すまんな!みんなすまん!)」
矢口:「出来た!」
吉澤:「出来たね」

84 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:05 ID:SdwNe40Y
辻 :「よし、対決だ!」
加護:「ああ、せやな」
辻 :「音出ませんか?」
保田:「は?」
   デッテテテテ デッテテテテ
加護:「つ〜な渡り、綱渡り」
辻 :「天ぷらになっちゃいけません」
加護:「天ぷらってさ、粉いるやろ?」
辻 :「ん〜、石川ちょっと来い」
石川:「はい?粉?天ぷら粉と卵?油?」
辻 :「石川用意しろ」
石川:「何でよ?私やだよ、用意したらしたで、また文句言うでしょ」
辻 :「うるせーな、用意しろよ」
石川:「も〜、分かったわよ」
加護:「すまんな」
辻 :「楽しみ〜、超面白いよ」
AD:「そろそろ、お願いしま〜す」
辻 :「え〜!もう?」
矢口:「はーい、今行きま〜す」
吉澤:「よっしゃ、加護行くぞ」
飯田:「衣裳さんアリガト!さすがプロっすね」
辻 :「も〜!石川が遅いからだ!」ぷんぷん
保田:「はいはい、行こ」

85 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:06 ID:SdwNe40Y
AD:「本番参ります、5・4・3・2・・・Q!」

石川:「あれ?卵買って来たんだけど」

辻 :「あれ〜、なんか飯田さん」
加護:「へんな衣裳、何か可哀相」
飯田:「可哀相とか言うなよ(ののちゃん喜んでるからいいか)」
辻 :「よっすぃ〜、指切ったの?」
吉澤:「そうなの、吉澤さっき、指切っちゃたんですよ」
辻 :「どじ!どじ!ばっかだな〜」
後藤:「(このくそ餓鬼!何考えてんだ)」
矢口:「(後藤、顔顔!笑ってな)」
後藤:「(つうか、あんた良く笑えますね)」
吉澤:「ちょ〜イッテーの」

石川:「どうしよ、用意しておかないと、ぶたれるからな〜」

後藤:「あ〜後藤ですね、イグアナを飼っ」
辻 :「きも〜い!きも〜い!きも〜い!」
後藤:「(餓鬼てめ〜、かぶってんだよ!)」
矢口:「(抑えて、イグアナはしょうがない。抑えて)」
飯田:「(後藤!何て顔してるんだ!)」
加護:「(あれ?安倍さん梨華ちゃんいないで)」
安倍:「(ホントだ!どうして?)」
加護:「(ののが粉買わせに行ったきり)」
MC:「(何か喋ってくれ!)えーっと、クーイズ!」
辻 :「おっ!がばんばりますよ」
安倍:「(粉買いに行ったの?馬鹿だねどうするの?)」
飯田:「(後藤!ののちゃんを睨むな)」
後藤:「(後で10回殴ってやる)」

石川:「あと、油を温めておかないと、怒られちゃう」

86 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:06 ID:SdwNe40Y
MC:「辻ちゃんだけ?やる気有るの」
菊池:『また、ののスペシャルで行くか!やっぱ残りは駄目だ』
辻 :「やる気!満々れすよ〜」
加護:「(安倍さん、どうしるん?一回止めてもらう?)」
矢口:「(後藤、顔!笑って)」
保田:「(クイズ答えるぞ〜、三問正解すれば決勝に行けるナ
     今日の目標は編集しずらい映り込み)」
MC:「(やべ、保田答える気だ!子供向けの問題だぞ)」

石川:「取りあえず、出来たぞ!スタジオ行ってみようかな?
    病気の振りしてようかな」

87 :う6ぉ2:2001/07/14(土) 17:07 ID:SdwNe40Y
    がやがや
矢口:「おい、後藤本番中は感情抑えてろよ」
後藤:「だって、喋ろうとすると、毎回邪魔するんだもん」
飯田:「後藤、ののちゃんを睨むな」
後藤:「ん〜、だから〜」
加護:「安倍さん?何にも触れませんでしたね、梨華ちゃんの事」
安倍:「いないんだもん、しょうがないべ」
石川:「あの、お疲れ様でした」
矢口:「はいお疲れ〜、って何してんだよ!」
飯田:「あ〜!石川お前!何してんの!」
加護:「あっぶな!」ガン
保田:「あ〜あ!なんで粉ぶちまけてんだよ!」
加護:「知らんやん、こんな所に置いておく方が悪いんやないの」
石川:「あ〜っ!せっかく買って来たのに」
飯田:「お前は馬鹿か?こんなの足元に置いて」
吉澤:「あっちっ!」
矢口:「何で油が有るんだよ!吉澤やけどしたぞ」
石川:「え〜っと、それは」
辻 :「使えね〜な、相変わらず」
加護:「(お、お前)」
飯田:「も〜決めた!リーダー権限で、石川の処置を決める」
石川:「違うんです。辻ちゃんが」
飯田:「ののが何したんだよ!」
石川:「贔屓ですよそんなの」
飯田:「うるさい!石川天ぷらになれ」
安倍:「あはっ!みんな梨華ちゃん抑えようよ」
石川:「あ〜」
辻 :「こんな奴やっちゃえ、やっちゃえ!」

88 :名無し娘。:2001/07/14(土) 20:02 ID:0JDIC3HM
>>85の加護と後藤のセリフに激ワラタ
素晴らしいスレだ

89 :名無し娘。:2001/07/15(日) 01:19 ID:45T1uzPk
>>86
「今日の目標は編集しずらい映り込み」最高なセリフだ(w

90 :名無し娘。 :2001/07/17(火) 11:45 ID:yQrf.oLk
なんかここのネタ、娘の新曲に合うな。ドタバタコメディーって感じで良いYO

91 :名無し娘。 :2001/07/18(水) 12:38 ID:a8g9iJfc
一人前に忙しかったりもする。
終末の連休前には、イヤ連休中には、来週頭までには
一本書くつもり。つーか、第一声は決まっている。

飯田:「みんな、メンバー会議するから集まって」

92 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 12:39 ID:a8g9iJfc
↑名無し娘。じゃん!

93 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:07 ID:xbI9bvFA
飯田:「みんな、メンバー会議するから集まって」
全員:「う〜い」
加護:「よっしゃ!Aチームはこっちや」
全員:「(エ、エッエッAチーム?)」
飯田:「集合して〜」
全員:「(Aチームに行きてぇ!)」
飯田:「早く〜、パッパッとやっちゃうよ」
加護:「Aチームはこっちやで」
矢口:「な、なっち。会議だって、移動しよう」
安倍:「う、うん。め、迷惑メール送ってから行くから、先行ってって」
矢口:「つ、辻!若いもんから動け!」
辻 :「(Aチーム行っていいのかな)」
矢口:「辻ィ動け!」
辻 :「アイボン大すっき!」タッタッタッ
全員:「(チッ!)」
飯田:「新曲の打ち合わせするって言ってんでしょ!」
加護:「Bチームは向こうやで!」
全員:「(ビ、ビ、Bチームはゴメンだ!)」
後藤:「(何げに、何げに)」
飯田:「後藤!早くおいで」
後藤:「(うわぁぁ!名指しかよ)」トボトボ

94 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:09 ID:xbI9bvFA
石川:「そうそう、加護ちゃんにお話があるんだった」
矢口:「待て石川!会議の後にしろ、お前はリーダーも元へ走れ!」
石川:「きゅ、急用なんです。ごめんなさい!加護ちゃん」タッタッタッ
矢口:「ヤロー!あ〜ん、待って〜梨華ちゃん」タッタッタッ
飯田:「矢口!何処行くつもりだよ!こっち来い!」
矢口:「うっせー電波!交信しとけ!」タッタッタッ
飯田:「何だよ矢口、なぁ後藤?どうした、暗い顔して?」
後藤:「べ、別に。私Bチームでも構いませんから」
飯田:「何だよBチームって?まぁいいならいいや」
安倍:「(あと圭ちゃんと吉澤か・・・バランス的に私はAチーム)」
飯田:「お前ら早く集まれ!何チンタラしてんの」
保田:「吉澤、カオリが呼んでる。つうか先輩が呼んでるんだぞ」
吉澤:「や、保田さん!Aチーム行くつもりですか!」
保田:「先輩の言う事は絶対!しかも、私は副リーダーだ、従え」
吉澤:「ごっち〜ん!圭ちゃんって呼ばないから嫌われた〜!」
後藤:「しょうがないよ」よしよし
安倍:「(圭ちゃん!)」バチバチ
保田:「(ここは譲らないよ〜!)」バチバチ
安倍:「あれ?圭ちゃんAチーム行きたいの?」
保田:「な、な、な、な、何を言い出すの?そんな訳ないじゃん」
安倍:「だべさ〜、AとかBとか元々ないもんね」
保田:「そーだよね。じゃあ、なっちが先に行きなよ」
安倍:「い、一緒に行くべ。一緒に行こうべ」
保田:「何を警戒しているの?先行きなよ」
安倍:「何も警戒なんてしてないべさ!」
保田:「北海道出身だから?気になるの?」

95 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:10 ID:xbI9bvFA
安倍:「ば、馬鹿にすんでねーよ!北海道出身は関係ねーべ」
保田:「くさ!ジャガイモくさ!」
安倍:「臭いとか、言うでねーよ!三角定規を組み合わせた様な顔して!パズル?パズル?」
保田:「パ、パズル!くさっパズルだって!久しぶりに聞いたね!」
安倍:「なにさ、Bチームの分際で」
保田:「うさい養豚場に送るぞ!あっ無理か、食用じゃねーからな!お前は食に向かない」
安倍:「あ〜クソ!加護がAチームとか言うから悪いんだ!」
保田:「それ賛成、加護が悪い」
安倍:「加護!こっち来い」
飯田:「お前らがこっち来いよ!このボケ茄子」ゴン
安倍:「痛ッ!あれ?もしかして怒ってる?怒ってるでしょ?」
飯田:「当たり前だろ!あんたらがそんなんで、下の子らが付いてくる訳無いでしょ!」

加護:「見てみ、Cチームの連中が怒られてるで」
矢口:「だっせーなあいつらは、お荷物だなありゃ」
辻 :「Bチームも見て!」

後藤:「・・・」
吉澤:「・・・」

加護:「はぁ〜、逆に疲れるで」
石川:「空気の様な関係なんだよ、お互い」
辻 :「・・・」
矢口:「・・・」
加護:「石川?Bチームやで自分」
石川:「え?何でよ!私Aチームで、リーダー矢口さんのサポート役として」
矢口:「いやいや、私リーダーって器じゃないし」
加護:「ウチやで、リーダーは」
辻 :「Bチームはあっち行け」
石川:「いや!Aチームが好き」
加護:「そら自分勝手やで。Bチーム行き」

96 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:10 ID:xbI9bvFA
石川:「ごっち〜ん、みんなが虐めるの〜」

後藤:「・・・」
石川:「ごっちん?・・・よっすぃ〜?」
吉澤:「・・・」
石川:「空気的存在?いい意味でだよね?いい意味で空気だよね?」
後藤:「・・・」
吉澤:「・・・」

辻 :「何か、可哀想」
加護:「あの笑顔が、涙を誘うんやろな。エエ映画見た感じや」
矢口:「喋んなきゃ、いい人なのにね」

飯田:「ホントに分かった?」
安倍:「完璧に理解したっしょ」
保田:「うん、分かった」
飯田:「じゃあ、会議するからみんな呼んで来て」

加護:「何や!不法侵入やで」
安倍:「会議だってさ」
矢口:「不法侵入しといて、何だその態度は!」
安倍:「下らないね!さっと集合しろ!言って分からなきゃムチだよ」
辻 :「暴力反対!」
加護:「はんた〜い」
安倍:「言ってわからなきゃ・・・どうなるんだっけ?」
矢口:「言う事聞くよ私は」
安倍:「辻と加護は?」
加護:「渋々やで」
辻 :「うん、イヤイヤ言う事聞く」
安倍:「へっへ〜ん、言う事聞かした。大人?私大人?」
矢口:「大人!」
加護:「矢口の太鼓判や、お墨付きや」

97 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:10 ID:xbI9bvFA
飯田:「じゃっ!会議するよ」
辻 :「(ねぇ、あの御菓子取って)」
安倍:「(あれ?う〜ん届かない。ねぇ、あの御菓子取って)」
吉澤:「(よいしょ!ハイ)」
安倍:「(はい、半分頂戴)」
辻 :「(いいよ、このくらい?)」
安倍:「(おっ!あんがと)」
加護:「(何食っとんねん?ウチにもくれや)」
辻 :「(ん?よっすぃ〜!もう一個取って)」
吉澤:「(あ〜!旨いのこれ?よいしょ、よいしょっと、ホレ)」
辻 :「(投げんな!はい)」
加護:「(甘そうやなこれ)」
矢口:「(加護半分よこせ)」
保田:「(吉澤?何持ってんの?御菓子?半分くれ)」
後藤:「(ん?何みんな持ってんだ?おっ御菓子か、旨いのかな?よいしょっと」
飯田:「ここまでOK?」
石川:「(何か寂しそう飯田さん)」

98 :う6ぉ2 :2001/07/18(水) 14:12 ID:xbI9bvFA
全員:「まっじー!何だこれ!」
飯田: ビク「何だよ!」
石川:「その御菓子私が作ってきたんです。美味しいですか?」
全員:「フザケてんのか!」
石川:「何でですか〜」
飯田:「どうしたの」
全員:「これ食って見ろ!」
飯田:「ハモってるから、これ食うの?」
全員:「食え!」
飯田:「うわぁぁ!何だこれ!」げほっ
石川:「まずいですか?」
全員:「殺す気か!」
石川:「飯田さんまで、ハモってます」
全員:「お前は、もう何も作ってくるな!」
石川:「そんな〜」
飯田:「あ〜、まじ〜。石川はもう何も作ってくるな!」
全員:「異議な〜し」
飯田:「会議終了、今日はもう解散!」

ひ、暇じゃん!

99 :名無し娘。:2001/07/18(水) 18:58 ID:rs7f5RGs
う6ぉ2さんが、あしたもひまでありますように。

100 :名無し娘。:2001/07/18(水) 20:24 ID:KTS9sMBU
100get!!

>>95 「お前は食に向かない」
>>96 「矢口の太鼓判や、お墨付きや」
   「いい意味でだよね?」

激ワラタヨ
凄すぎる!

101 :う6ぉ2:2001/07/18(水) 22:29 ID:hdO84Gyg
>>99もれなく同感です。暇で涼しく過せますように。

102 :名無し娘。:2001/07/20(金) 12:53 ID:b23XCfts
保全します

103 :名無し娘。:2001/07/20(金) 15:24 ID:I18oQWG6
う6ぉ2=ボブって本当?

104 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 17:29 ID:Phtnx8D.
ボブって誰(何)よ。

105 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 17:43 ID:Phtnx8D.
103 ボブ見つけました。違います

106 :103:2001/07/20(金) 18:33 ID:g3ndAL12
ご返答ありがとうございます。

107 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:18 ID:IDVNikVg
    ジリジリ ジリジリ
後藤:「どう言う事だ!あち〜じゃねーか!」
吉澤:「夏だからね、夏は暑いのよ。毎年恒例」
後藤:「暑い!汗かいてるもん、ほら、流れてる!ココ」
吉澤:「嗚呼、流れてるね」
後藤:「どうする?拭くか?タオルで拭くか?」
吉澤:「コップにでも溜めとけば、誰か飲むかもよ」
後藤:「フフフ、最高それ。やってみよう!」
吉澤:「軽〜くジョギングして、汗かいといで」
後藤:「は〜い」タッタッタッ
吉澤:「汗拭いちゃ駄目だよ」
保田:「・・・吉澤?後藤何処行ったの?」
吉澤:「ジョギしに行きましたよ」
保田:「ジョギ?」
吉澤:「ジョギっすよ」
保田:「(分からん!)」
吉澤:「プール行きてぇ!」
保田:「(勝手に行って来い)」
吉澤:「プール行きません?休みの日」
保田:「誘ってくれてんの?」
吉澤:「え?・・・あぁ、違いますよ」
保田:「(あっぶね、楽しみにしちゃう所だった)」
吉澤:「保田さんって何してんスか?」
保田:「何してスか?って何だよ」
吉澤:「あっいや、休日とか」
保田:「休みの日は、寝て、食って、買い物して」
吉澤:「地元の友達とかと、遊ぶんスか?」
保田:「たま〜〜〜〜にな、そんな地元の子らも暇じゃないし」
吉澤:「うわ!何か今の大人じゃないッスか?」
保田:「何がだよ!大人とか言うな」
吉澤:「友達が暇じゃないって、大人ッスよ」

108 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:18 ID:IDVNikVg
保田:「何言ってんだ?お前の友達だってやる事あんだろ?」
吉澤:「え〜、そうかな?呼んだらスグ着ますよ?呼びます?」
保田:「え、いいよいいよ。呼ぶなよ(まさか、こいつ人気者?)」
吉澤:「来なかったら、殴っちゃうんですけどね」
保田:「(ヤンキーだ!こいつやんちゃしてんだ!珍走団だ!)」
吉澤:「部活やってた頃の、ツレなんかは速攻で来ますよ」
保田:「へ〜、そうなんだ。で、やっぱ、窃盗とか放火とかするの?」
吉澤:「せ、窃盗なんてしてませんよ!放火って何スか」
保田:「珍走行為だけじゃないんでしょ?やっぱ。正月は富士珍走行ったの?」
吉澤:「つか珍走って何スか?」
保田:「暴走族の新名称」
吉澤:「暴走族何て関係ないですよ!友達を悪く言うな〜」
保田:「マジで?珍走友達じゃないの?」
吉澤:「珍走友達なんていませんよ!」
保田:「珍走りたくないの?年齢的に」
吉澤:「珍走らないですよ」

矢口:「へ、へ、へっぷしょん!か〜畜生」
加護:「噂されとんで」
矢口:「違う、さみーんだ!」
加護:「窓の外は38℃の世界やで」
辻 :「それに引き換え、部屋の中といったら-5℃の極寒の世界」
加護:「そら、寒いわな」
矢口:「クーラー壊れてるぞ!冷えすぎだ」
加護:「冷蔵庫やで、ホンマ」
辻 :「こんな日はチゲ鍋だね」
矢口:「んんん!後藤発見!」
加護:「表を小走りしとる」
辻 :「この寒空の下、かんばって走ってる。暖かそう、ガンバレ若造!」
矢口:「後藤に声援送ろうよ!直接声を届けたい」
加護:「ホンマやな!抑えきれん、この思い!」
辻 :「横断幕作ろうぜ!」
矢口:「横断幕はめんどっちー」
加護:「面倒臭い事言いだすな」
辻 :「別にそんなには、作りたくない」
矢口:「窓開けちゃうぞ!」ガラガラ ムワァン

109 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:19 ID:IDVNikVg
加護:「・・・」
辻 :「・・・」
矢口:「・・・」
加護:「あっついで」
矢口:「後藤に声援送ろうぜ」
加護:「あっついで」
辻 :「ぁつ〜」
矢口:「閉めるか?」ガラガラ
加護:「何やねろ?」
矢口:「地獄だ!」
辻 :「脳が暑さに支配された」
加護:「何も覚えてへん!」
矢口:「後藤死ぬよな?誰か止めて来い」
加護:「足ツッタ!」
辻 :「背中かゆい」
矢口:「ミカ!行け!」
ミカ:「マジデスカ?」
矢口:「マジだ!日本語もっと上手いのも知ってるから」
ミカ:「え〜!私、別に後藤死んでも困らね〜よ!」
矢口:「行って来い!」
    カチャ
ミカ:「この恩に、利し付けて返せよ!」
矢口:「早く閉めろ!」
ミカ:「開けっ放しで行く!」
矢口:「あ〜、閉めろ閉めろ」バタン
加護:「あんなヤツやったけ?」
辻 :「調子乗って良いのは、Mの黙示録だけだ!」
矢口:「まぁ、言うこと聞いてる内は、我慢しとけ」
加護:「おっ!ミカ出てきたで」
辻 :「何してんだあれ?」
矢口:「後藤、本気で逃げてるぞ!何でだ?」

110 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:19 ID:IDVNikVg
ミカ:「後藤さ〜ん!水分取って下さいよ〜!死んじゃいます〜」
後藤:「分かったから!置け!そこに置け!」
ミカ:「何でですか?下に置いたらタオル汚れちゃいますよ〜」
後藤:「汗かいてんの!」
ミカ:「知ってます!だからタオルを!逃げるな〜」
後藤:「良いんだって!来るな」
ミカ:「逃がしませんよ〜!汗拭かなきゃ、風邪ひきますから」
後藤:「いいの、来るな!来んなって!」
ミカ:「待て待て〜!誰か捕まえて〜」

吉澤:「ごっさん、遅いな」
保田:「何だっけ?ジョギ?」
吉澤:「ジョギって何ですか?」
保田:「お前が言ったんだろ」
吉澤:「何の事でしょう?」
    ガチャ!
吉澤:「おおっ」
保田:「ビックリしたなぁ!」
後藤:「コップ!コップ!汗収集して!手伝って!早く!」
吉澤:「そんなに慌てなくても」
後藤:「もう、パンツまでビッショリ」
吉澤:「おお!すげーすげー」
後藤:「だ〜早く早く!」
保田:「わ、私も手伝うか?急ぐのか?」
後藤:「うんうん、手伝え!早く早く!」
保田:「OK!急げ急げ」
ミカ:「待て〜!」タッタッタッ びゅ〜ん
保田:「・・・何か通り過ぎってたぞ?知り合い?」
後藤:「タオル星人、汗拭け汗拭けって追いかけてくるの」
吉澤:「捕まってらやばかったね」
後藤:「よっしゃ!採取完了!」
ミカ:「発見したぞ!さぁ、汗を拭いてもらおうか?」
後藤:「ご苦労さん、タオル貸せ!」

111 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:20 ID:IDVNikVg
ミカ:「もう逃げないの?飽きた?」はぁはぁ
後藤:「あっ!お前の汗も採取したい」
吉澤:「うわぁ!ブレンドしちゃうの?」
後藤:「スペシャルドリング、汗。完成」
ミカ:「(きしょ!)」
吉澤:「水で薄める?2杯しかないよ、1個はブレンドだし」
後藤:「いや、原液のまま行って欲しい」
保田:「(あああ、手伝っちゃった!ごめんなさい!お母さんごめんなさい!)」
吉澤:「誰に口にして欲しい?」
保田: びくびく
ミカ: びくびく
後藤:「ブレンドの方はやっぱり、ミカちゃんに!」
ミカ:「あ、あ、あ、あ、あ、あ、えへへ」タッタッタッ
後藤:「逃げるな〜!待て〜」
ミカ:「来るな!来るな!飲まないよ!絶対いや」
後藤:「はっはっはっはっ!待て〜」

矢口:「ミカ刑事は容疑者後藤を逮捕できたに賭ける人!」
辻 :「はい!絶対逮捕してる」
加護:「甘いで、容疑者は逃げ方が本気やった」
    ガチャ!
矢口:「だぁぁぁ!びっくりするじゃねーか!」
ミカ:「やばい人が来るぞ!」
辻 :「刑事さん、容疑者は?」
後藤:「居やがったな!もう逃がさないぞ!加護、捕まえろ」
加護:「この悪党め!」
ミカ:「加護ちゃん!駄目」
後藤:「ミカちゃん、ドリンクの時間だよ」
ミカ:「止めて・・・ゴボゴボ・・・ゴクゴク・・・ゴボゴボ・・・ゴク・・・ゲホ」
後藤:「どう?」
ミカ:「お、美味しいです・・・ゲホゲボ」

112 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:20 ID:IDVNikVg
辻 :「飲んでみたい!」
ミカ:「!・・・飲ませてもらいな」
後藤:「みんな、辻を押さえてて」
矢口:「何だ?押さえる?」
加護:「押さえるのか?」
辻 :「自分で飲むよ」
後藤:「いいのいいの。ゴクゴクしてごらん」
辻 :「ゴク・・ん?うっぷ・・・オケ・・・ゴボゴボ」
後藤:「押さえとけよ・・・あひゃひゃひゃ!」
辻 :「ゴクゴク・・・うけ!・・・ゴクゴク・・・ゴボ」
後藤:「おいしかった?」
辻 :「・・・もう・・・欲しがりません・・・」ポロリ
矢口:「何だよ!怖ぇな!後藤!止めろ・・・ゴボゴボ・・・ゴク!」
後藤:「のど越しどう?」
矢口:「しょっぺー!」
後藤:「もう一杯あるんだけど・・・あげちゃおっかな〜」
矢口:「加護、どうする?もう一杯あるんだってさ」
加護:「いらんで!目を見てや、真剣に言うで。この通り、帰って下さい」
後藤:「その熱意に負けたよ。最後の一杯あげちゃう!」
加護:「いらんて!いりません、何でお前ら押さえんねん」
後藤:「大丈夫、こっちのは一番絞りだから」
加護:「何のや!何の一番絞り何や!」
後藤:「ゴクゴク〜♪ゴクゴク〜♪」
加護:「ゴクゴク・・・ん?・・・ゴク・・・ゴクゴク!」
後藤:「れ?・・・旨いの?」
加護:「もっとくれや!おう?もう無いんかい!」

113 :う6ぉ2:2001/07/20(金) 20:21 ID:IDVNikVg
後藤:「もう無いよ。旨いの?」
加護:「旨い!ビックリした」
矢口:「味覚障害かお前」
加護:「かもしれんな!けど、旨かった」
後藤:「気持ちいい!旨いって言ってくれて気分がいい!」
加護:「旨いもん!明日も頼むわ」
後藤:「OK!毎朝届ける!まっとけ」
ミカ:「(私の汗って酷いのかな?)」
後藤:「ミカ!風呂入ってるか?」
ミカ:「何でよ!加護ちゃんの下がおかしいのよ」
後藤:「ブレンドの方が、明らかに不味いんだ!味見してねーけど」
ミカ:「私の汗はそんなに汚くないわよ!」
矢口:「私の汗って何だよ!おい汗って何だ!」
ミカ:「おめ〜らは、後藤の汗飲んだんだよ!」
矢口:「後藤?何飲ませたって?」
後藤:「汗を少々」
辻 :「矢口さんどうする?こいつ」
矢口:「重り腰に付けて泳ぐか?」
辻 :「20kg買って来い!」
後藤:「いや、それは現実的じゃないな」
矢口:「40kgだな」
後藤:「だって、泳ぎに行く時間とか」
辻 :「今度の休みに、プール行こうぜ!」
矢口:「行こう!プールに行こう」
辻 :「重り付けてたら、監視員に怒られるから。浮き輪に砂詰めよう」
矢口:「うん!現実的だ。後藤!明日までに、砂入り浮き輪用意しとけよ」

114 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:32 ID:DqGN2TLo
中澤:「7人祭りは楽しいのか?」
平家:「そない事、言わいでもエエやないの」
中澤:「きみどり色の衣裳がお似合いでエエなぁ」
稲葉:「ホンマ、よく似合ってるで」
平家:「何しに来てんな?」
中澤:「なんや、邪魔か?」
稲葉:「邪魔なんか?この人嫌やわ、大物気取りや」
平家:「なに〜な!なんか用あってんやろ?」
中澤:「別に用って用では、なぁ?」
稲葉:「せやで、用って言うかやな」
平家:「はっきり言いや!なんねんな?」
中澤:「余ってるやろ?」
稲葉:「せやせや」
平家:「余ってる?何が?」
稲葉:「嫌やわ、みなまで言わせんといてーや」
中澤:「せやで、恥かしいわ」
平家:「なんねんな、言いーや」
稲葉:「あと2人くらい、余ってんねやろ?」
平家:「え、なに?入りたいの?」
稲葉:「な、そないハッキリ言わせんといてーや?なぁ裕ちゃん?」
中澤:「せやで、ポッてなるわ。赤面や赤面」
平家:「無理やで、ハッキリ言うたるわ、無理や!」
稲葉:「え?そない事ないやろ?なぁ裕ちゃん?」
中澤:「余ってんねやろ?知ってんで」
平家:「無理だって」
中澤:「お、お前はなんや?責任者か?た、担当呼べ!」
稲葉:「せやせや!係の者を呼びーや!下っ端」
平家:「なんやねん!ちょっと待っとけや、ぼけぇ!チンピラァ!」

115 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:33 ID:DqGN2TLo
中澤:「これで、安心や。担当出て来たら、話は早い」
稲葉:「せやな、9人祭りになるんやな。新しい振り考えとかなアカンわ」
中澤:「ホンマやホンマや」
平家:「居らんかった!帰れ」
中澤:「な、何や居らんって!」
稲葉:「どーなってんねん」
平家:「知るか!多分3人祭りの方に居るわ、あっちの方がメインやからな」
中澤:「松浦居る方か?」
稲葉:「後輩やし、言う事聞くやろ。平家ごくろうさん!行こか、裕ちゃん」
中澤:「行こ!こんなヘンピな所にいつまでも居られへんからな」
矢口:「あれ?裕子じゃねーか!」
中澤:「お前誰や?」
稲葉:「せやせや!誰や?」
矢口:「みんなのアイドル矢口真里だ!」
稲葉:「まぁエエわ、3人祭りの所行こう」
中澤:「せやな、ごめんな忙しいねん」
矢口:「ゆ、裕子、ボケっちゃたの」

松浦:「ちょっとスタッフ、何なの弁当は!このインポ野郎!」
加護:「これ1500円やな?ウチらは3000円のやつやろ!」
松浦:「米が違うのよ!米が!使えないわねぇ」
中澤:「こらぁ!スタッフさんはいつからお前らの、下僕になったんや!」
松浦:「違うんですよぉ〜、加護ちゃんが」
中澤:「加護、頼むで自分」
加護:「なんやの?おばちゃん」
稲葉:「お、おばちゃん?ちゃうやろ!お姉ちゃんやろ!」
加護:「くそババァ!うんこ漏れてんちゃうん?」
中澤:「何やこのくそ餓鬼!」

116 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:34 ID:DqGN2TLo
石川:「老いぼれ!関係者じゃないだろ!おいスタッフ、さっさと追い出せよ!」
稲葉:「ちょ、ちょっと!スタッフさん?なんでこいつの言う事に、そない忠実やねん」
中澤:「あかんで!スタッフさん!タレントを調子に乗せてどないすんねん!」
加護:「ロリコンスタッフ、表に放り出せ!弁当買ってこい」
石川:「肩揉んで、疲れてんのよ!仕事やらないわよ」
松浦:「3回周ってワンって言え!」
稲葉:「いたたた、いった〜い!」
中澤:「ショックやわ!」
稲葉:「飯田やったな?今のリーダーは、言ってやらなアカンで!」
中澤:「行こう!飯田シバク」

飯田:「駄目だよ、調子に乗っちゃ」
安倍:「だべだべ」
吉澤:「分かってますよ」
中澤:「か〜〜〜〜おりっ!」
飯田:「め、名誉リーダー!」
稲葉:「飯田!どう言うこっちゃ!」
安倍:「あんた誰だべ?」
稲葉:「ブタ!お前は飯田か?ちゃうやろ、だまっとれ!」
飯田:「あ、あの、何を怒っていらっしゃるんですか?」
中澤:「3人祭りの事何やけどな、どう言うこっちゃ!」
飯田:「彼女らはキャリア組ですから」
中澤:「キャ、キャリア組ってなんや!」
稲葉:「せやせや、何やキャリア組って」
飯田:「制度が変わったんです」
稲葉:「制度?聞いてへんで!何やの?」
飯田:「うちらの事務所も企業ですから」
中澤:「キャリア組言うて、調子乗らせるのが企業努力か!」

117 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:35 ID:DqGN2TLo
飯田:「事務所の方針ですから」
中澤:「アカンで!そんなん廃止や!」
飯田:「名誉リーダーが御勇退されてから、全てが変わってしまいました」
中澤:「お、お前は何をしてたんや!言うたやろ?事務所の背広軍団には気を許すなって」
飯田:「すいません!背広会議に参加させられて、おかしいぞ!って思った時には、もう遅くて」
中澤:「くっそ〜!背広の野郎どもめ!」
稲葉:「裕子、ココは反背広軍の旗揚げを!みんな裕子に着いて行くで!」
中澤:「反背広運動は、若い子らには酷や!ウチがゲリラ活動で時間を稼ぐ、その間に、
    他の事務所と連携取って、地下から若い子を救い出してやってくれ!頼む」
飯田:「私も名誉リーダーと共に戦う!」
中澤:「あんたは、現役リーダーやろ!みんなのそばに居てやり」
稲葉:「せやで、飯田は現場や!現場で踏ん張り」
飯田:「わ、分かりました」
吉澤:「私は戦えるよ!戦闘員として、コキ使って下さい!」
稲葉:「あんたらの為に裕子が、戦うんや!あんたが出て来たら意味無いやろ!」
中澤:「吉澤は、現場でみんなを護り!」
吉澤:「で、でも!中澤さんとなら、スゲー事出来る気がするんです!」
中澤:「アカン!現場に残りな」
吉澤:「嫌です、足引っ張りませんから!手伝わせて下さい!」
稲葉:「吉澤!残り」
吉澤:「じゃあ、一人で戦います!」
中澤:「あほ、一人にさせられへんやろ!一緒に戦うか?邪魔するなや」
吉澤:「はい」
     コンコン
稲葉:「山・・・」
矢口:「・・・川?」
稲葉:「よし、入れ」

118 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:35 ID:DqGN2TLo
矢口:「なにしてんの?」
稲葉:「え?いや、寸劇をチロっとな」
吉澤:「ハズカシ」
飯田:「裕ちゃんはまってるんだもん、ちょっとビックリしたよ」
中澤:「ちゃうねんって、3人祭りがな、スタッフにタメ口っつうか、生意気やねん」
矢口:「ああ、3人祭りはね」
飯田:「あの子達はエースだもん」
安倍:「エースかぁ、はぁ〜」
飯田:「で、でも10人のエースはなっちだよ」
安倍:「そんな事分かってるべさ!」
矢口:「ははは、辻ちゃんじゃないの?」
飯田:「ちが、違うよ!辻はホラ、マスコット?」
安倍:「辻はエースじゃないべ、何言ってんの矢口はも〜」
吉澤:「7人のエースはごっちんですよね?矢口さん」
矢口:「ば、ばか!私だよ!センターは譲らないよ、あいつ喋んないし」
稲葉:「7人はみっちゃんちゃうん?平家さんやろ?」
中澤:「せやで、みっちゃんやで。矢口やない」
矢口:「何でぇ!後衛だよ平家さんは!」
     コンコン
平家:「やっぱりや、裕子も貴子も早よ帰りーや、いつまで居んの?」

119 :う6ぉ2:2001/07/21(土) 14:36 ID:DqGN2TLo
中澤:「何やねんな!エエやないの」
稲葉:「せやで、エエやんか」
平家:「今日は休み何やろ?」
中澤:「寂しいねん、なぁ?」
稲葉:「子猫やねん」
平家:「うちら、まだまだかかりそうやで、まだ呑み行かれへんで」
稲葉:「え?まだかかるのかいな?どうする裕子」
中澤:「パチンコしてみよか?運試しの意味も込めて」
稲葉:「エエね、せやけど財布持って来てないで」
中澤:「え?マジで?」
稲葉:「そらそーやん、裕子と平家が居るんやで、うちの財布の出番ないやん」
中澤:「う〜わ!マジで?怖いわこの人!パチ行きたい?」
稲葉:「行こうやないの、面白そうや!」
平家:「裕子頼むわ、遊んだって」
安倍:「私からもお願いするべ」
中澤:「しゃーないな、遊んだる!パチンコ行こ」
稲葉:「んじゃ!仕事終わったらテルしてや!携帯にTelやで!」
平家:「裕ちゃんお金大丈夫か?貸したろか?」
中澤:「銀行寄っていくわ!」
矢口:「ん〜!稲葉さん可愛いね」
保田:「そうか?あーなりたい?」
矢口:「ん〜!それはない」
吉澤:「私は絶対に、あーはなりたくない」
飯田:「そんな事言わないの!」
平家:「ある意味!私は7人祭りより、3人フィーバーがエエな」
飯田:「パチンコと引っかけてんの?山田くん呼ぶ?」

120 :名無し娘。:2001/07/21(土) 15:33 ID:qFMfyPzE
おぉ、大量に更新だ!
大いにワラタ。頑張って欲しい!

121 :名無し娘。:2001/07/22(日) 02:49 ID:Dz10Uq46
>>116 キャリア組ですから
>>119 子猫やねん

ツボ入りまくり。
激ワラタ

122 :名無し娘。:2001/07/23(月) 12:44 ID:f8TMtxVg
あげ

123 :名無し娘。:2001/07/25(水) 09:20 ID:IHCjllRY
更新お待ちしてhozen

124 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:15 ID:Cwq4mnJw
石川:「あれ?また、やっちゃった?」
矢口:「だから、お前は喋るな!」
加護:「空気読めや、空気!」
石川:「空気が読めないんです」
矢口:「読む気はあるのか?」
石川:「空気を体内に取り込めって事ですね」
加護:「もうこいつはエエねん、みんなで盛り上げて行こうや」
矢口:「そう、石川に進歩を望んじゃ駄目」
石川:「何でですか〜、くっそ〜山ごもりするぞ!」
矢口:「新鮮な空気を吸って来るのもいいんじゃない?」
石川:「止めるなら、今のうちですよ?ほらほらお部屋出ちゃいますよ?」
加護:「富士の樹海地図作ってきてくれへんやろか?」
石川:「あ〜、ドアノブに手が掛かっちゃいましたよ。見て下さい」
矢口:「樹海のどっかにハワイにつながる洞穴があるんだよ」
加護:「マジで?見つけたいわ!」
石川:「ないですよ、そんなの。あるわけ無いじゃなですか」
飯田:「・・・」
石川:「あっ!また、やっちゃった」
加護:「お前は山でも何処でも行っとけや!」
矢口:「あるんだよ・・・それが」
加護:「あるんデッか!」
飯田:「何かムーっぽい話だね、別冊ムー?」
矢口:「富士山に行く道ってさ、樹海沿いでもあるんだよな」
飯田:「そりゃそうだな」
矢口:「バス停あるだろ?国道ぞいにポツポツと」
飯田:「バス停ぐらいあるよ。観光地だし、辺りに人だって住んでるもん」
矢口:「樹海なんて、サッと入っちゃってさ、探索気分でフラフラ進めば
さっきまで居た道路の方向すら分からなくなるんだよ」

125 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:15 ID:Cwq4mnJw
加護:「車の音は聞こえるやろ?」
矢口:「山をなめるな、自然をなめるな!神々に謝れ」
加護:「す、すまん」
矢口:「方向感覚ゼロになるんだよ」
飯田:「東西南北の事か?」
加護:「東南西北やな」
石川:「白発中なんちって!」
矢口:「で、見つかったらしいんだわ。ハワイ行きの洞窟」
石川:「無視された。雀荘通いかよっ!とか蛭子かよっ!とか言う空気でしょ?」
矢口:「発見した。あったハワイ行き」
加護:「パスポートは何処で見せんの?」
矢口:「都内でOKみたい」
加護:「無理出てきたで、ハナっから無理有ったけどもやな」
矢口:「パスポートって空港だけだぞ、必要なの」
飯田:「え?そうなの?」
矢口:「あったり前じゃん!空港以外でパスポート必要と思った事あった?」
飯田:「あ〜、ないない」
矢口:「でしょ?洞窟で行けばノンパスポート」
加護:「都内でOKちゃうんかい?」
矢口:「アホ!空港ではパスポートとチケットでワンセットだ!」
加護:「ア、アホとはなんや!」
矢口:「アホだからアホだ!」
石川:「パスポートいらないのかよっ!」
加護:「・・・」
石川:「やっちゃった!」
飯田:「あ〜!矢口ウソ吐いてる。陸続きの所もパスポート必要ですぅ〜だ」
矢口:「必要ない!絶対いらないの!」
石川:「必要ないですよね」

126 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:16 ID:Cwq4mnJw
矢口:「・・・」
石川:「アレ?駄目ですか?」
矢口:「とにかく!樹海からハワイに行けば、パスポートはいらないの」
加護:「アホ!歩きか?洞窟の中は歩きか?ハワイまで歩くのか?」
矢口:「レンタサイクルがある」
加護:「レンタサイクルって、自転車かい!」
矢口:「自転車だ!」
石川:「自転車乗ったのかよっ!」
矢口:「ああ、乗ったさ!」
石川:「お!返事してくれた」
飯田:「お前が発見したの?その洞窟」
矢口:「そ、そうだよ文句ある?」
石川:「発見者かよっ!」
矢口:「・・・」
石川:「くそっ!」
加護:「今の発見者かよっ!で冷めたわ」
飯田:「冷めたね、もうこの話お終い」
矢口:「あ〜あ!つまんね〜の」
石川:「くそっ!樹海行って来る!」
加護:「行け行け!戻って来る必要ないで」
石川:「骨拾ってきてやる!」
加護:「黙って行けや」
    バタン
加護:「やっと行きよった!あ〜清々した」
矢口:「樹海を舐めてるな、あいつは。死ぬぞあいつ」
加護:「かまへん」

127 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:16 ID:Cwq4mnJw
    ブロロロ ぷっしゅ〜
石川:「着いた〜!な〜んだ、ハイキングコースになってんじゃん」
坊主:「泣く人がいるぞ」
石川:「ぼ、坊主!」
坊主:「自殺してなんになる?」
石川:「自殺?・・・ドアホ!自殺なんてするか!」
坊主:「お止めなさい」
石川:「だから、違うって!白骨を拾いに来たんだ!」
坊主:「目を見れば分かる」
石川:「しない!」
坊主:「一度話し合おうじゃないか?」
石川:「うるさい!」
坊主:「貴女という、この世でたった一人の・・・お、お待ちなさい」
石川:「付いてくるな!」
坊主:「なぜ、死に急ぐ」
石川:「だから、私は死なない」
坊主:「人は誰でも、年老いて死ぬんだよ」
石川:「坊主一回死んでこい!」
坊主:「落ち着きなさい。あっ!そこ穴開いてる」
    ズボッ
石川:「きゃ〜!・・・お〜い坊主、助けろ〜」
坊主:「よいしょ!」
石川:「一人でも上がれたからな本気出せば、調子に乗るなよ」
坊主:「何を!や〜」ドン
石川:「きゃ〜!」

128 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:18 ID:Cwq4mnJw
坊主:「ざま〜みろ!助けてほしいか〜?」
     ・
     ・
     ・
石川:「坊主のやろう・・・はっ!」
ミカ:「どうしたの?ぼーとしちゃって」
石川:「ここは?」
ミカ:「汽車の中よ」
石川:「汽車?」
ミカ:「今日はお祭りがあるんだ!」
石川:「あるんだ!って、言われても」
ミカ:「川で溺れる事にしたから」
石川:「溺れる?」
ミカ:「カンパネルラって呼んでいい?」
石川:「カンパネルラ?」
ミカ:「賢治ってさぁ」
石川:「お、お前ミカじゃね〜な!誰だ」
ミカ:「おおっ白鳥座!蠍座もあった」
石川:「死なないぞ!私はまだ死なないぞ」
     ・
     ・
     ・
石川:「はっ!・・・樹海じゃねーか!」
坊主:「大丈夫?返事しないからビックリしたぞ。落としちゃってゴメンね」
石川:「ゴメンねじゃねーよ、あっちの世に召される所だったんだぞ」
坊主:「いいじゃん、生きてるんだし」
石川:「まぁな!ぎゃはははは」
坊主:「がはははは!」

129 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:18 ID:Cwq4mnJw
石川:「あ〜、笑い合えたの久しぶり」
坊主:「そうか!がはははは!」
石川:「ぎゃはははは!」
坊主:「がはっはっはっはっは!」
石川:「ぎゃははははははははは」
坊主:「生きてるって素晴らしいだろ!」
石川:「素敵です!何があっても生きます」
坊主:「帰れ!お前はもう帰れ!」
石川:「うん帰る!バイバ〜イ」
坊主:「気を付けろよ〜」

    カチャ
石川:「ただいま!」
加護:「・・・」
石川:「加護ちゃん!元気ないぞ!」
加護:「・・・」
石川:「こら!笑え!」
加護:「・・・」
石川:「おい!みんな」
矢口:「お前うるさい」
石川:「うるさい?生きてる証拠!」
矢口:「・・・」
石川:「何か言え!こら、笑え!」
飯田:「何かあったの?」
石川:「ぎゃはははは!」
加護:「病気や病気」
矢口:「菌が移るぞ!近寄るな」
石川:「追い駆けっこか?待て〜待て〜!」

130 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:18 ID:Cwq4mnJw
矢口:「何だよこいつ!ムカツクな」
加護:「空気読めや!気持ち悪がられてるんや」
石川:「生き生きしてる私を見て!」
加護:「きしょ!寄るなや」
石川:「最高の気分よ!ぎゃはははははは」
加護:「何で笑ろとんねん」
飯田:「石川怖いぞ!止めろ」
石川:「歌いましょう!お〜それっい・こ・う・ぜ!」
加護:「・・・」
石川:「歌うのよ!」
矢口:「気分悪くなってきた」
飯田:「帰ろうか、今日はもう帰ろう」
石川:「お〜それっ行こうぜ!ぎゃははははは」
矢口:「気分悪い、帰るわ」
加護:「ウチも帰るで」
飯田:「帰ろう!明日もあるし」
    バタン
石川:「一緒に帰りましょうよ、待ってくださ〜い」
矢口:「うわ!付いてくるな〜!逃げろ〜」ダダダダーッ
石川:「待ちやがれ〜!ぎゃはははは」
加護:「アカンで!早よ逃げなアカンで!」
石川:「ぎゃははははは」
    カチャ
辻 :「こっちこっち!隠れて」
加護:「あっののや!」
飯田:「早く早く!追い掛けて来てるよ」
辻 :「こっちこっち!」
加護:「危なかったで、ホンマ。ギリッギリッやった!」

131 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:19 ID:Cwq4mnJw
辻 :「どうしたの梨華坊、事務所のプッシュに耐えきれなくなった?」
矢口:「シッ!通り過ぎるぞ」
石川:『待て〜!待て〜!ぎゃははは』
飯田:「・・・」
石川:『あれ?本気で逃げてんじゃねーよ!居ないぞ、何処行った!』
加護:「(怖くなってきたな)」
辻 :「(梨華坊キチガイ?)」
矢口:「(シッ!)」
加護:「・・・」
石川:『ぎゃはははは!臭いだ!匂いがする!』
矢口:「匂い?」
石川:『ここか?・・・違った、こっちか!』
    カチャ バタン カチャ バタン
石川:『ここか!こっちか!近いぞ近いぞ!このへんか!』
    カチャ バタン カチャ バタン
矢口:「ああ、来る来る!どうする?」
石川:『残りのドアを発表します!ドコドコドコドコドコ、デン!1個』
矢口:「ここだけじゃね〜か!」
加護:「せーので、逃げようや、タックルや!タックル!」
飯田:「よし!ド、ドアが開いたら、一斉に飛びかかろう!」
矢口:「こ、興奮してきたな。いつでも来いや!」
石川:『ぎゃはははは!どんなお顔で、お出迎えしてくれるのかしら?』
加護:「来るで!」
    カチャ
加護:「今や!」
石川:「チャオ〜!キャ〜」
矢口:「一発蹴っとけ!みんな一発ずづ蹴っとけ!」ドカ
石川:「痛いですぅ!止めて下さい」

132 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:29 ID:RuBeDgSA
飯田:「うるさい!辻の分も蹴ってやる!」ドカドカ
辻 :「あっ!自分で出来るよ!」ドカ
加護:「よっしゃ逃げよ!エイエイエイエイ」ドカドカドカドカドカ
石川:「ちょっと酷いですぅ!」
加護:「ああ、最後尾になってもうた!やばいで」ダダダダーッ
辻 :「何で最後に沢山蹴ったの?」ダダダダーッ
加護:「仕留めるつもりやった」ダダダダーッ
辻 :「かっくいい〜」ダダダダーッ
加護:「ちょっと!姉ちゃん達早いわ〜、置いて行くなや!」ダダダダーッ
矢口:「(知るか!)」ダダダダーッ
飯田:「(生け贄はチビッ子の役だ!)」ダダダダーッ
加護:「あ!来てる!追って来てるで!」
辻 :「エイ!」サッ
加護:「ア、アホ!足出すなや!」スッテンコロリ
辻 :「アイボン!友達だよ」ダダダダーッ
加護:「足痛い!逃げられへん」
石川:「ぎゃはははは!転んでんじゃないわよ!」ダダダダーッ
加護:「堪忍や!堪忍したってーな」
石川:「堪忍もなにも、一緒に帰ろうって言ってるだけでしょ」
加護:「それがきっついねんって、メンバーに見られたら洒落にならんやろ?」
石川:「な、何よそれ!一緒に帰ってる所くらい見られたっていいじゃない」
加護:「イヤやぁん、あいつ友達おらんのかい!って目で見られるんやで」
石川:「わ、わたしが友達でいいじゃない!」
加護:「厳しいでそれは!正直、きついわ」
石川:「いいの!一緒に帰るのよ」
加護:「アカンって、見られるって」
石川:「あれ?足どうした?」
加護:「これ?八重歯のドアホが・・・うわ!何してんねん!」

133 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:30 ID:RuBeDgSA
石川:「おんぶ」
加護:「は、放さんかい!止めて〜や!何でこんな仕打ちされなアカンの」
石川:「病院行く?」
加護:「お前じゃ病院行くのは!降ろさんかい!」
石川:「おんぶしてやってんだろーが!」
加護:「罰ゲームか?逃げ遅れた罰か?‘この子転んじゃってホント駄目な子
なんですよ’扱いか?」
石川:「痛んでしょ?」
加護:「この姿を見られる方が痛いんじゃ!」
矢口:「や〜いや〜い!誰におんぶされてんの〜」
加護:「な、なんや!なにがや!ちゃうわアホ!」
矢口:「誰におんぶされてんの?聞いちゃっても支障ない?ねぇ?」
加護:「うるさいねん!あっち行け!お前も降ろさんかい!」
辻 :「おんぶされちゃったの?可哀想〜」
加護:「何で近くに寄ってくんねん、あっち行け」
辻 :「どう?どうなの?こいつの背中は?」
加護:「じゃがましいわボケぇ!」
石川:「矢口さんも、手伝って下さいよ」
矢口:「・・・」
石川:「じょ、状況わかってんのか!何で返事しないんだ!」
矢口:「空気読めよ」
石川:「こ、このチビだけは!・・・あっち行け」
矢口:「加護、明日みんなに何て言う?」
加護:「もう、行かへん!仕事行かへん!」
矢口:「ふ〜ん、じゃぁ私からみ〜んなに言っておくね」
加護:「それは勘弁してくれや〜」
矢口:「いいじゃん、上手いこと言うから」
加護:「信用できひんよ」
矢口:「いいじゃんいいじゃん、言っちゃうよ!」

134 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:30 ID:RuBeDgSA
加護:「え〜!かなわんな〜、言うがな、自分で言うがな」
矢口:「明日も来るの?仕事する?」
加護:「当たり前やないの」
石川:「矢口、辻ちょっとは手を貸せ!」
加護:「・・・」
石川:「おい!おい!誰か居ませんか〜」
加護:「居るがな、おぶってるやろ!」
石川:「返事しろ!矢口!」
矢口:「・・・んっ」ぷぅ
加護:「!・・・フッフッ」
辻 :「スフフフフ」
石川:「あ?舐めてんの?」
矢口:「・・・くっ」ぷぅ〜ぷっ
加護:「あはははは」
辻 :「あはははは」
石川:「つまんね〜よ」
矢口:「・・・んっ」スー
加護:「スカしよった!スーやって!」
辻 :「あはははは」
矢口:「・・・ほっ」ぷっぷぅ〜
加護:「クラクションや、危ないで〜って教えたんか?」
辻 :「あはははは」
石川:「フフッ・・・あ〜つまんね!」
矢口:「・・・んあっ・・・うっ!」
加護:「出ーへんのかいっ!」
石川:「ぎゃはははは!出せよ!ここまで来たら出せよ!」
加護:「ホンマや!出すべきやろ今のは?」
石川:「シッ!・・・うぅ」ぷぅっ

135 :う6ぉ2:2001/07/25(水) 18:30 ID:RuBeDgSA
加護:「やめ〜や!乗ってる身にもなってくれや・・・ほっ」ボンッ
石川:「ああ〜、手に、手に何か、風来たよ〜」
加護:「でや!参ったやろ・・・はっ」
矢口:「辻た〜ん、仲良くしてね」
加護:「ちゃう!ちゃうねん!」
辻 :「お邪魔?お邪魔してた?」
加護:「ちゃうねんって!堪忍して〜な」
矢口:「そう言えば辻ちゃん、今日は生け花の日だわ」
辻 :「あ〜、そうだった!急いで帰らないと!大変だ」
加護:「ちょっと待って〜な!」
石川:「・・・ほ!」プリッ
加護:「・・・」
石川:「プリッだって、ぎゃはははは」
加護:「・・・」
石川:「ん!」ぷっぷっぷ〜
加護:「・・・」
石川:「ぎゃははははははははは」
加護:「(この辺で堪忍して〜な)」
石川:「ぎゃはははははははははははははははははははははははははははは
    ははははははははははははははははははははははははははははは!」

136 :名無し娘。:2001/07/26(木) 09:56 ID:lzewvt7Q
長編ありがとう。
言霊でも降りてくるんすか?

137 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:28 ID:5IOtnmws
安倍:「ねぇねぇ」
矢口:「ハイハイ、何でしょう?」
加護:「あう!偉い事に気づいても〜た!」
矢口:「お!どうした?何だ?」
飯田:「これって、どうやるだったけ」
矢口:「こうやって、このボタンをね」
辻 :「駄目!いや〜だ!」
矢口:「ん?何が何が、誰が虐めるの?こら、後藤」
後藤:「辻今日23個目ですよ、一個ぐらい頂戴よ」
矢口:「23個も食ったのか?一個あげなさい」
保田:「あれ、ここの振りはどうだっけ」
矢口:「そこは圭ちゃんは左から、サッサッサッ」
吉澤:「矢口さん、高1の時のノート貸してくださいよ」
矢口:「お〜、持ってきた持ってきた!」
石川:「(チビのくせに大変そうだな〜)」
矢口:「ふ〜、やっと一息付けるわ」
安倍:「矢口〜、教えて〜!」
矢口:「ハイハイ!なに?」
飯田:「針に糸が通らないよ〜!」
矢口:「貸してごらん」
辻 :「お腹空いた〜」
矢口:「弁当全部食べっちゃったの?パン買って来てほしい?」
加護:「ジュースも買って来いや!」
矢口:「他はない?あとから言うなよ」
石川:「ひよこ饅頭」
矢口:「ひよこ饅頭か、遠いな。まぁ欲しいならいいよ、あとは?」

138 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:29 ID:5IOtnmws
石川:「生八つ橋」
矢口:「か〜!帰りの飛行機間に合うかな、まぁいいや」
石川:「うなぎパイ」
矢口:「え〜、そんなに!メモって行くか」
石川:「中田(英)のパルマ戦チケット」
矢口:「売ってんのかな〜」
石川:「オーロラの写真」
矢口:「オーロラの写真は大変そうだな」
石川:「(本気なのかな?)」
矢口:「もうない?行って来るよ」
安倍:「行ってらっしゃ〜い」
    バタン
石川:「(ドキドキ)」
    1時間経過
石川:「(ドキドキ)」
    5時間経過
石川:「(私のせい?)」
   10時間経過
石川:「(Zzzz)」
   24時間経過
石川:「矢口さんか行方不明!」
安倍:「そう言えば、見ないね」
加護:「不便や!あいつ居らんと不便や」
辻 :「なんか、頼んだ気がするんだけど」
石川:「どこ行っちゃんでしょうね?事件に巻き込まれたとか」
飯田:「そげなこと、言うもんでないよ」
安倍:「ん〜、誰か何か聞いてない?」
吉澤:「あ!明け方、矢口さんから電話あった!」

139 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:30 ID:5IOtnmws
安倍:「何で早く言わないの」
吉澤:「何か、世界地図見てくれって言ってた」
飯田:「そんで?」
吉澤:「北極圏がどうの、グリーンランドがどうのって」
飯田:「何だそりゃ?」
吉澤:「オーロラの観測がどうのとか、訳の分からない事を」
安倍:「で、切ったの」
吉澤:「何時だと思ってんだ!てガチャンって切った」
安倍:「なにしてんのさ〜!」
吉澤:「ごめんなさい」
石川:「(言うべきか?言わないべきか?)」
飯田:「石川どうした?何かあるのか?」
石川:「な〜んもないです。矢口さん心配ですね」
安倍:「警察に連絡しちゃおうよ」
石川:「そ、そのうちヒョコって戻ってきますよ」
   48時間経過
吉澤:「え〜、明け方電話ありました」
飯田:「お、そうか。報告してみろ」
吉澤:「撮った!撮った!撮った!でガシャン」
飯田:「撮った?なにそれ、他は」
吉澤:「以上が全てです」
飯田:「生きてるんだな?間違いなく本人だったか?」
吉澤:「本人です」
石川:「(撮った?帰って来られたらヤバイな)」

140 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:32 ID:5IOtnmws
   72時間経過
飯田:「どうなってんだ!」
安倍:「矢口に続き石川までもが神隠し」
吉澤:「え〜、電話の報告していいですか?」
飯田:「またあったの?」
吉澤:「テープに取りました」
飯田:「お〜!吉澤日々成長してるな」
    カチャ
矢口:『日本は何時だっけ』
吉澤:「今、4時23分です」
矢口:『で?何か用?」
吉澤:「いや、そっちが掛けてきたんですよ。あ〜そうそう、今借りてるノートの
    字が読めないのがあって」
矢口:『何で!綺麗じゃん』
吉澤:「いや、漢字漢字!」
矢口:『辞書ひけ!あれ?いしか』
吉澤:「や、矢口さん?」
  :『ツーツーツー』
    カチャ
吉澤:「以上です」
飯田:「いしかって言ってたな」
安倍:「石川だろ〜な」
飯田:「何しに行ったんだ?」
安倍:「でもまあ、事件で無くてよかった」
   85時間経過 吉澤邸
飯田:「あ〜眠い」
吉澤:「そろそろですよ」
飯田:「矢口と石川を怒鳴ってやんないとな」
吉澤:「もう、掛かって来る時間ですよ」
飯田:「何て言ってやろうか?」

141 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:33 ID:5IOtnmws
   96時間経過
飯田:「結局、電話なかったな」
吉澤:「ん〜、何か引っかかりますね」
飯田:「どうして?」
    カチャ
石川:「ど〜も〜!心配した?」
飯田:「おっ!あれ矢口は?」
石川:「え〜、矢口さんなんて知りませんよ〜」
飯田:「ウソつけ、矢口に会ってただろ」
石川:「違いますよ〜」
吉澤:「矢口さんとの電話のやりとりを、テープに取ってたんだよ」
石川:「!・・・そしたら?(やっぱりあの電話!直ぐ切ってよかった)」
飯田:「聞け!テープを聞け」
    カチャ
矢口:『日本は何時だっけ』
吉澤:「今、4時23分です」
矢口:『で?何か用?」
吉澤:「いや、そっちが掛けてきたんですよ。あ〜そうそう、今借りてるノートの
    字が読めないのがあって」
矢口:『何で!綺麗じゃん』
吉澤:「いや、漢字漢字!」
矢口:『辞書ひけ!あれ?いしか』
吉澤:「や、矢口さん?」
  :『ツーツーツー』
    カチャ
飯田:「石川って言ってんだろ?」
石川:「無理から聞けば、聞こえなくもないですけど」
吉澤:「いやいやいや、明らかじゃん」
飯田:「違うの?一緒に居たんじゃないの?」
石川:「違いますよ〜」ニヤリ

142 :う6ぉ2:2001/07/26(木) 11:39 ID:zob9IpI.
これから、どう処理していくか?

言霊様と相談しなくっちゃ

143 :名無し娘。:2001/07/26(木) 15:00 ID:lzewvt7Q
やっぱ矢口ッスね。

144 :名無し娘。:2001/07/27(金) 19:14 ID:UQsrWvxI
週末期待sage

145 :名無し娘。:2001/07/29(日) 07:18 ID:RrBnRv36
う6ぉ2さん応援sage

146 :名無し娘。:2001/07/30(月) 08:44 ID:heXii6XE
待ってますsage

147 :う6ぉ2:2001/07/30(月) 17:41 ID:1CBQrGwI
sageててくれたので

辻 :「出たなぁ、へなちょこ!」
石川:「へ、へなちょこ?」
辻 :「へなちょこ野郎!」
石川:「事務所の石川班に言い付けるわよ」
辻 :「へなちょこ女!」
石川:「は、班長〜助けて〜」
加護:「どないしてん!」
石川:「どちらさん?」
加護:「班長やで、おさや長!」
石川:「班長さん?あのね、辻ちゃんが、へなちょこって言うんです」
加護:「お〜てるがな」
辻 :「やーい、へなちょこ」
加護:「へなちょこで正解やがな」
石川:「へなちょこじゃないぞ!へなちょこって言うな!」
加護:「いや!へなちょこや」
辻 :「ウンコ臭いんだよ」
石川:「石川班に集合掛けっぞ!電話すっぞ!」
加護:「つうか、石川班って何やの?」
石川:「モーニング娘。課の最大派閥石川派だ」
加護:「あからさまな石川プッシュしてる奴らの事か?」
石川:「プッシュって言うな!本来のポジションに着いてるだけだ」
辻 :「あれれ、凄いこと言っちゃった」
石川:「適材適所!運命なのよ」
加護:「臭ッ!たまらん」
石川:「臭いって言うな!TVとかで絶対言うなよ」
辻 :「お前臭いんだよ、首から消臭剤ぶら下げとけ」
加護:「それ名案や!そうしようや」
石川:「そ、そんなに臭いの?」
辻 :「地球にやさしくない人、ベスト1だクイーンだ」

148 :う6ぉ2:2001/07/30(月) 17:41 ID:1CBQrGwI
加護:「せやせや、アメリカのサイエンスって雑誌に特集組まれとったで」
辻 :「学会での発表が楽しみ、今からワクワクしちゃう」
石川:「え〜、臭いなんて、誰も言ってくれなかったよ〜」
辻 :「近寄れないもん」
加護:「逃げてたんやで、今まで」
石川:「あっ!そう言えば石川班って、防護服来てた気がする」
辻 :「カナリア持ってるでしょ?いつも」
加護:「目安になんねんな、小動物って。敏感やん?致死量少ないやん?」
辻 :「今日はキッパリ言うよ、お前臭い!寄るな」
加護:「喋んな、申し訳なさそうにしとけ」
安倍:「駄目っしょ!んな事いうもんじゃね〜!」
石川:「昔の面影をまったくと言っていいほど残してない、安倍さん」
安倍:「加護、辻!なしてそんな事ばかり言うの!」
石川:「モーニングの影の存在になりつつある、安倍さん。私いいんです!」
加護:「本人がエエ言うてるがな、ブ〜やん」
石川:「私決めました!強化無臭月間に突入します」
安倍:「酷いこと言われてんのに、いいだべか?オラはそげんな事言われたら、腹立つべよっしょ!」
辻 :「室蘭は黙れ!つうか何語だ?道産子じゃねーだろホントは」
石川:「いいんです。痩せただの、太っただの、フォーカスだのしか話題のない安倍さん」
安倍:「そう?んじゃ知らないべっさ〜ね、辻も加護も調子に乗るんでなかとよ」
辻 :「なんだよブ〜ちゃん、なかとよって九州じゃね〜のか?」
石川:「無臭にして頂戴!あんた達、私を無臭にしてごらんなさい」
加護:「納豆やったけ?のの」
辻 :「あっそうだ!納豆納豆、賞味期限切れの納豆」
石川:「ちょ、ちょっと!何してんの!やめて、臭ッ!コラ」
加護:「エエがな!あと熱湯やったな?」
辻 :「そうそう、熱湯に付けるの」
石川:「熱ッ!馬鹿か!おまえら馬鹿か!」

149 :う6ぉ2:2001/07/30(月) 17:42 ID:1CBQrGwI
辻 :「つけ込んで置くの」
石川:「熱ッ熱ッ!放せ!馬鹿か!」
加護:「暴れたらアカンがな」
安倍:「な、何をにしてんの!」
加護:「いや、納豆菌がやな」
石川:「お肉ちゃん、助けて!」
安倍:「やめちょけ!火傷しちょろ〜が」
辻 :「うるさい!つけ込むんだ!さらに出来る事なら、3時間は寝かせたい!」
安倍:「願望は聞いてないっちゅっねぇ〜、ストップストップ」
加護:「じゃがましい!聞けや、納豆菌がやなエエみたいやねん」
石川:「誰か〜!有能な人物〜」
飯田:「どうした?酢か?酢か?酢で磨いとくか?」
矢口:「ここに本棚を置きたい!おさるは何処?あさる!手伝え」
加護:「自分ベトベトやで!気持ち悪ッ!」
辻 :「う〜わう〜わ!ネトネトしてるぅ〜、逃げろ〜」タッタッタッ
加護:「待って〜や」タッタッタッ
安倍:「臭い!臭い!」
飯田:「酢だな?酢が必要だな?」
石川:「どう?匂い消えた?どうどう?」
矢口:「くっさっ!アホかお前!嗅がせるな」
マネ:「・・・臭い!」
石川:「あっ!石川班班長!匂い消えましたぁ?」
マネ:「はぁぁあ!寄るな!寄るな!事務所に電話電話」

石川班「え!石川班解散っすか!・・・新メン?イヤまだ、聞いてないっすよ」
マネ:「いいから!もう無理だから、新メンに期待するしかないから」

150 :「う6ぉ2面白い」:2001/07/31(火) 00:10 ID:tFO1gniU
>>148 「カナリア持ってるでしょ?」
     「私を無臭にしてごらんなさい」
>>149の安倍と飯田と矢口のセリフ

激ワラタ


ボブと同世代って、20代後半だったのか・・・

151 :名無し娘。:2001/07/31(火) 13:04 ID:wymrGMnc
応援sage!
「導かれし娘」とか、シリアスな小説読んだ後にここ来るとホッとする(w

152 :う6ぉ2:2001/07/31(火) 20:14 ID:sLpufHu.
そんな事より、どうやってこのスレッドに入ってんの?

いくら過去ログ探してみても、見当たりませんが?

153 :名無し娘。:2001/07/31(火) 21:03 ID:wymrGMnc
>>152 う6ぉ2さん
フハハ、お気に入りに登録済みです!

154 :名無し娘。:2001/07/31(火) 23:27 ID:RQaYzwlw
>>152
かちゅ〜しゃのお気に入りに登録してありますのでどこまで落ちても大丈夫

155 :名為し娘。。。:2001/08/01(水) 03:34 ID:1XngyBaY
>>152
影デアル私ニトッテハ造作モナイコト……ニンニン。

156 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 14:36 ID:5jG53PdI
安倍: ジー
加護:「ん?」ニコッ
安倍: ジー
加護:「何やの?」チュ
安倍:「やっぱいいべ」スタスタスタ
加護:「ちょ、ちょっと待ちいや!気になるがな、何やの?」
安倍:「ついて来る事ないっしょ」
加護:「気になるがな、何が『やっぱいいべ』やの」
安倍:「お前はいいの」
加護:「のけ者や!のけ者にされてる!」
安倍:「いいから。なっちは、もう行くから」スタスタスタ
加護:「今日寝られへん!気になって寝られへん!絶対、寝られへん!
    なんなんやろなぁ〜、気になるわぁ〜、ついて行ってみよう」
安倍:「っていう事だから」
飯田:「了解了解、んじゃ後でね〜」
加護:「何?何の話?」
飯田:「え?な、何でもないよ」スタスタスタ
加護:「あいつ生意気や!安倍さん教えてや、何やの?」
安倍:「いいから、いいから」スタスタスタ
加護:「何やろ?まだ誕生日ちゃうしな〜」
保田:「えっ!ホントに?」
安倍:「声デカイって!シー」
保田:「内緒なの?誰かに聞かれちゃまずい?」
加護:「内緒ちゃうで、みんな知ってんで、デッカイ声で言うてみよぅ」
安倍:「圭ちゃん!」シー
加護:「お前ホンマ、何やねんな怒るで!何の話やの」
保田:「そ〜だったのかぁ!」スタスタスタ

157 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 14:37 ID:5jG53PdI
加護:「なぁて安倍さん、ウチにも教えて〜な」
安倍:「18禁!」
加護:「自主規制や、自主規制かけよった。PTAビビッてんのか?」
矢口:「18禁?私はOKだよね」
安倍: スタスタスタ
矢口:「ぉぃお〜い!ぉぃお〜い!」
加護:「ダサイなぁ自分」
矢口:「何だと〜!」
加護:「18禁に引っかかる18歳相手にしてられんわ」スタスタスタ
矢口:「待てよっ!ぉぃ」
保田:「真理ちゃん」
矢口:「何だ!相談したい事は、特にないぞ」
保田:「いやいや、自分本位も程々にしろよ」
矢口:「え?相談あるの?乗る乗る!言って言って!」
保田:「お前な頭ん中で、ドンドン話先進みすぎ」
矢口:「ん〜、分かんない!難しい、固いよ話が」
保田:「飛ばしすぎ」
矢口:「それはあるかも!ん〜、難しいな、別の人に聞いて」スタスタスタ
保田:「あ〜!あいつは、いつもこうだよ」
安倍:「圭ちゃん、矢口には言わなくていいよ」
加護:「せやな、あいつには言わなくてエエな」
安倍:「加護、少し離れない?腕くっついてるから」
加護:「マンマークや、フリーにはさせんで」
安倍:「えぇマンマーク?ゾーンにしてよ〜」
加護:「アカン、目ぇ放したら直ぐ誰かとまた、内緒話するやろ?」
安倍:「するよ、そういうゲームだと思えばいいっしょ?」
加護:「ゲーム感覚でウチの事ハブってんのか?最悪やで」

158 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 14:37 ID:5jG53PdI
安倍:「結構楽しいよ」
加護:「ハハ、そうか?ほな、ボチボチ交代してくれへんやろか?」
安倍:「それは無い」
加護:「せやろ?せやからウチはマンマークや」
安倍:「でも、熱くない?」
加護:「熱いなぁ」
安倍:「お前汗かいてるぞ」
加護:「熱いからなぁ」
安倍:「離れれば?」
加護:「内緒話するやろ?」
安倍:「う〜ん」
加護:「う〜ん」
辻 : ジー
安倍:「何?」
加護:「何や?」
辻 : ベタ〜
安倍:「熱いんだよ!」
辻 :「危うく仲間外れになる所だった」
安倍:「熱い!離れろ」
加護:「挟み撃ちや、オセロやったら自分ひっくり返ってるで」
辻 :「黒がいい?やっぱ白?」
安倍:「熱い、熱い」
加護:「さっき何の話ててん?」
安倍:「それは言えない」
辻 :「何の話?」
安倍: ゴニョゴニョ
辻 :「え〜!ホント?」

159 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 14:37 ID:5jG53PdI
加護:「ちょっと待ったて〜や、18禁ちゃうん?」
辻 :「これは仰天事実ですぞ!」スタスタスタ
加護:「仰天事実?何のや、何の事実や?」
安倍:「いいでないの、世の中知らない事が、あるから楽しいんだべよ」
加護:「寝られへんねん!世の中の事、全部知りたいわぁ」
安倍:「聞いても加護には理解出来ないって」
加護:「え、何やろ?」
安倍:「何だと思う?」
加護:「なぜ京本正樹は、TVに毎日の様に出てる月があるのか?とか?」
安倍:「そんな事じゃない」スタスタスタ
加護:「アカン!マーク外しても〜た!やられる!」
安倍:「って、言うこと」
石川:「え〜!そ〜だったんですか?知らなかったぁ」
加護:「案の定や!してやられたりや」
安倍:「加護には言っちゃ駄目だからね」
石川:「は〜い!加護ちゃんには内緒」
加護:「何やお前?何が『は〜い!』や、アホか」
石川:「知ってて当然、娘なら!知らなきゃ脱退、娘から!」
加護:「何やねん、そのスローガンは!」
石川:「内緒!」
加護:「殺すでホンマ」

160 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:18 ID:bHVfY3Ac
矢口:「今何時?」
保田:「ぴったり11:00」
矢口:「遅刻だな?あいつ遅刻だな?」
保田:「だな」
加護:「つうかお前、ちゃんと伝えたか?」
マネ:「それはもう、万が一のためにFAXもしといた」
加護:「せやったなぁ、加護家にも届いてたわ」
マネ:「メンバー全員に送ったから」
加護:「ほな、何で来ないねん?」
矢口:「確認しておくぞ。あいつは字、読めたな?」
マネ:「うん、親に電話で確認した『うちの子を馬鹿にするな』って怒られた」
矢口:「だよな、字は読めてる。でも、来てない」
後藤:「達筆過ぎたんじゃないっすか?」
マネ:「と思ってね、ワープロ打ちのも送ったんだわ、あいつには」
後藤:「そうなの?」
マネ:「万一、見にくかったり、読みづらかったりしないように、明朝体と
    ゴシック体で打ち出して、それでも駄目な時の為に、8ヶ国語に翻訳
    したものも、送ってある。何かの間違えがあるといけないと思って」
後藤:「手間の掛かる野郎ですね」
辻 :「今その原稿持ってる?見して」
マネ:「これ、字もデカイだろ?」
飯田:「読んでみるぞ『今日はお疲れさまでした。明日(○月○日)の集合時間
    と場所(地図も送ります、参照して下さい)です。午前10:50に貴方の
    家(東京で借りてる部屋、実家ではありません。つうか、このFAXを読ん
    でる部屋)の前に集合してください」
辻 :「日時に関しては、日本標準時とお考え下さい。だって」
マネ:「完璧でしょ?分かりにくい点あるかな?」

161 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:19 ID:bHVfY3Ac
矢口:「つうか!ピンポン押せよ!ここだろ?」
マネ:「過保護すぎない?」
矢口:「黙れ!何で私らもここに集合なの?お前一人で、迎えにくりゃいいだろ」
マネ:「仲間じゃん!」
矢口:「遅刻仲間じゃないぞ!押す」
   ピピピピ〜ンポ〜ン
矢口:「連射してやった」
   ピピピピピピピピピピピ〜ンピ〜ンポ〜ン
マネ:「近所迷惑だから止めろ」
   カチャ
安倍:「うるさいべ!」
矢口: ポカ〜ン
安倍:「何だべ!」
飯田:「パジャマ?」
安倍:「今まで寝てたんだから、パジャマだべ!」
マネ:「あのな、時計見てみろ」
安倍:「はぁ?時計?う〜わ!11時じゃない!どうしてくれるんだべ!」
マネ:「すいません、巻きでお願いします」
安倍:「あ〜も〜!」
   ガチャン
矢口: ポカ〜ン
辻 :「見た?」
加護:「怒ってたで」
後藤:「意味分かんない」
マネ:「これだから、一人で来るのイヤなんだよ!」
吉澤:「見事な、逆ギレでしたね」
飯田:「ノーメイクのなっちも刺激的だね」

162 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:19 ID:bHVfY3Ac
矢口: ポカ〜ン
加護:「矢口?大丈夫か?」
矢口:「何が?あれ、ここは?お前誰だ?」
加護:「記憶喪失か?ショックやったか?」
   カチャ
安倍:「さっ行くべ!いつまでココで足踏みしてるつもり?」
加護:「待ち〜や、何か忘れてるやろ?」
安倍:「え?ハンケチ持ってるべさ、あっトイレトイレ」
   バタン
加護:「あ、違!あ〜行ってもうた」
保田:「ここらで一発かまそ〜よ!」
マネ:「そうは言っても。姐さんが居ないから」
矢口:「リーダー!出番です」
後藤:「ひゅ〜ひゅ〜」
飯田:「リーダーです。かましますか?一発カミナリ落としますか?」
矢口:「行け!ゲンコかませ!」
   カチャ
安倍:「ちょっと!水が流れないじゃない!どう言う事だべ!」
飯田:「リーダーとして、え?水?」
安倍:「誰かがやったっしょ!」
吉澤:「デカ過ぎるウンコしたんだろ!」
石川:「帰ってきてから、勝手に直せ!」
安倍:「誰だべ?後ろの方から、茶々入れてるのは?」
辻 :「やめさせちゃおうよ、こんな人」
安倍:「何だお前!人の部屋の前で何だべ?」
辻 :「お前、足手まといなんだよ」
安倍:「何を〜!」

163 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:19 ID:bHVfY3Ac
マネ:「ま〜ま〜、トイレは事務所に任せて、行こうか?」
飯田:「リーダーとして、言わなきゃいけない事があるんだけど」
マネ:「車の中で言え。行くぞ!時間がない」タッタッタッ
加護:「置いていくなや!待って〜や」
吉澤:「このカバン重いなぁ!よいしょ、よいしょ」
辻 :「よっしぃ〜、早く早く!」
加護:「ウチも居るでぇ〜!待って〜な!」
吉澤:「よいしょ、よいしょ!重たて〜!」
加護:「ちょっと、止まるなや!吉澤〜」
吉澤:「妙に重いんだよ、何か片寄ったかな?」
矢口:「シー!シー!」
吉澤:「矢口さん?カバンから出てくれます?重いんですけど」
矢口:「平気!平気!」
加護:「早よ、行けや!」
吉澤:「よいしょ、よいしょ!重い〜!」
矢口:「ブランブランして、ちょっと怖いかも」
吉澤:「よいしょ、よいしょ!は〜、着きましたよ〜」
矢口:「ご苦労様です」

飯田:「なっち!ココに座りな」
安倍:「なんだべ?」
飯田:「今日の遅刻の原因を言いな!」
安倍:「寝坊」
飯田:「昨日は何時に寝たの?」
安倍:「みなが眠りに付く前には、安眠だべさ」
飯田:「う、夜更かしは?」
安倍:「まったくしてないべ、すっごい寝た」

164 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:20 ID:bHVfY3Ac
飯田:「えっと、昨日の前の日は?」
安倍:「速攻で寝てるべ」
飯田:「怒れるポイント欲しいんだけど」
安倍:「え〜、怒られる事か〜、何があったけかな〜」
飯田:「なんかない?」
安倍:「あっ!筋トレで腹筋ラスト5回さぼった」
飯田:「なんで、最後さぼるの!ちゃんと最後までやらなきゃ駄目でしょ!」
安倍:「はい」
飯田:「何で怒られてるか分かる?」
安倍:「腹筋5回さぼったからだべ」
飯田:「うんよし、言いたいことは、それだけ!明日からと言わず今から、心入れ替えてよ!」
安倍:「はい」
飯田:「これでみんな、納得した?」
加護:「そんなんで許されるのか?あれやろ、同期やからやろ」
飯田:「な、なに言ってるの!」
加護:「そうなんやろ?同期やから、その程度なんやろ?」
飯田:「ち、違うよ!そんな事ないよ、みんな平等だよ」
矢口:「加護ちゃん、ウチらはどんなに頑張っても、中途採用は中途採用なんだよ」
加護:「せやな、埋められんな、そればっかりは」
飯田:「そんな事言うモンじゃないよ!」
加護:「エエねんで、リーダーさんも人間様や、好き嫌いもあるやろし」
飯田:「じゃ〜、どうすればいいの?もっとなっちを怒れはいいの?」
加護:「何やの?同期は同期で仲良うやって下さいよ」
飯田:「きー!なっち!もう一回説教するよ!」
安倍:「馴れ合いでいいんでない?加護もそう言ってくれてるんだし」
飯田:「駄目だよ!そんなの」
安倍:「私は一回怒られたんだから、もうイヤ」

165 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:20 ID:bHVfY3Ac
飯田:「ちょっと、なっち協力してよ」
加護:「仲良うやり〜や」
飯田:「う〜!姐さん・・・」
後藤:「(同期って、私はどうするんだ?いつも危険にさらされるのか?)」
保田:「後藤?顔青いぞ」
矢口:「どうした?」
後藤:「お姉ちゃん!ずっと着いて行きます!」
保田:「なんだ?お姉ちゃんだって」
矢口:「ドラマの練習じゃない?」
加護:「同期の仲、深めといた方がエエで、これからの娘。内では」
保田:「どうして?」
加護:「リーダーさんはな、安倍には怒らんねん」
保田:「え?駄目だよそんなの!」
加護:「リーダーさんに言って〜や」
飯田:「圭ちゃん!聞いて、いくら怒っても『そんだけ』て言うのこの子」
保田:「カオリはなっちの事、怒ったんでしょ?」
飯田:「うんうん!怒った!なっちに聞いてもいいよ」
加護:「アレで怒ったことになんの?」
矢口:「なれ合ってるだろ?なっちとカオリは!」
加護:「そーやねん」
矢口:「いいじゃん別に」
保田:「駄目だよ!示しが付かないじゃん下の子らに」

166 :う6ぉ2:2001/08/02(木) 15:21 ID:bHVfY3Ac
矢口:「何だそれ?示し付けるために、怒るのか?」
飯田:「それだけじゃないけど、そういう面もあるんじゃない?」
矢口:「知らね〜よそんなの!下の連中に言う事は、言えばいいじゃん」
保田:「でもウチらがダラダラしてたら、下の子らもだらけるでしょ」
矢口:「その時のために、暴力があるんじゃん!」
飯田:「あー!凄いこと言ったぞ!暴力が何だって?」
矢口:「言う事聞かす為に、暴力があるんだって!」
飯田:「暴力を肯定するのか!危険な思想だ」
矢口:「正義の暴力も悪か?アンパンマンとバイキンマンはどっちが悪だ?」
保田:「バ、バイキンマン!」
矢口:「だろ?じゃあ、アンパンチは?」
飯田:「正義の握り拳」
矢口:「だしょ〜」
飯田:「暴力OKにしようか?」
保田:「だな」
矢口:「つう訳!分かった加護ちゃん」
加護:「リーダーは安倍の事しっかり叱ってたで、あれでエエんちゃうかな?」
矢口:「不満なんだろ?」
加護:「ぜ〜んぜん!安倍も反省しとった」
飯田:「じゃあ加護は、さっきので納得?」
加護:「あれがベストやろ、どう考えても」

167 :名無し娘。:2001/08/02(木) 17:55 ID:3g7of.eA
マネのFAX
カバンに入ってる矢口
最高ッス

168 :名無し娘。:2001/08/03(金) 01:40 ID:ZqUnv8hg
相変わらずスゲェな。でもひとつだけ。
話と話の間に1レスいれといてくれると助かるんだが。

169 :名無し娘。:2001/08/03(金) 02:56 ID:e6ttXebQ
>>168
俺はそんな所が好き。すげーハイテンポでかっ飛んでるようで…

170 :う6ぉ2:2001/08/03(金) 10:13 ID:IObzsWUI
矢口:「誰だ!私のプーさんアフロにしたの!」
石川:「ま〜何て可愛いのかしら」
矢口:「お前か?」
石川:「見て下さいよ、このアンニュイ感」
矢口:「お前だな?」
石川:「プーさんを100倍楽しく見る方法ですよね」
矢口:「アフロかぶせたな?」
石川:「ん〜たまんない!」
矢口:「アフロにしてやる」
石川:「キャー」
    ・
    ・
    ・
安倍:「きゃっは〜!何だその頭!」
飯田:「あっはっはっはっ」
石川:「見るな〜」
加護:「ぶははは!急にこっち見るなや」
石川:「なんだよ〜」
後藤:「アフロってるね〜、いい感じ」
吉澤:「でっかい鼻くそみたい」
辻 :「巣だな、ひな鳥見せて」
石川:「なんだよ〜、見るなよ〜」
保田:「石川、そんなに注目されたいのか?」
矢口:「お仕置きしてやった」
石川:「どの位で直りますかぁ?」
後藤:「坊主頭にすれば?」
石川:「写真集の撮影、大丈夫かな?」
加護:「何て?」
石川:「写真集!」

171 :う6ぉ2:2001/08/03(金) 10:14 ID:IObzsWUI
加護:「フライデーかいな?」
石川:「週刊誌じゃないよ、写・真・集!」
加護:「聞いてへんで、なんのや?タンポポか?」
石川:「ソロよ!ロ〜ソ〜写真集」
加護:「え?何て?」
石川:「私一人の写真集」
加護:「自腹でか?アホや、プリクラで我慢し〜や」
石川:「自腹じゃないわよ、私の写真集は商売になるの」
加護:「聞いてへん!わて聞いてまへんで!」
後藤:「売れねー!絶対売れねー!」
石川:「ごっちん、あなた偽物ね!ホントのごっちんは、そんな事言う子じゃない!」
後藤:「ズリネタだぞ!写真集なんてズリネタだ!」
加護:「汚れや!石川は汚れ!」
石川:「なんですって〜」
加護:「寄るな汚れ!向こう行けや」
石川:「清純派よ、汚れじゃないぞ!正当派清純路線だ」
後藤:「どっちにしろズリネタだ!」
加護:「アカンわ、お母さんに何て言おう」
後藤:「モーニングはエロエログル〜ピ〜に成り下がったな」
加護:「NHKもう出られへん」
後藤:「石川のせいで、わいせつグル〜ピ〜になった」
加護:「放送禁止や、放送自粛や!えらいこっちゃ」
後藤:「銀行融資も絶望的、株価は落ち込む一方」
加護:「不況や不況!戦後最大の経済不況や、平成不況やで」
石川:「だから、この写真集で不況をぶっ飛ばします」
後藤:「解散だ!お開きだ!」
加護:「石川のせいや!責任取りぃや!謝り〜や」
石川:「謝るもんか!」

172 :う6ぉ2:2001/08/03(金) 10:14 ID:IObzsWUI
矢口:「おい、アフロ!」
石川:「私?」
矢口:「頭引っ込めろ、前見えない」
石川:「ごめんなさい」
矢口:「帽子かぶれ」
石川:「帽子?」
安倍:「麦藁帽あるべ、これかぶれ」
石川:「これですか?どう?似合います?」
加護:「ぶはははは!なんやそれ?アフロに麦藁帽って」
後藤:「どうなってんの?髪の毛どうなってんの?」
石川:「変?」
矢口:「帽子取ってみ」
石川:「取るですか?」
加護:「あ〜!アカンでぇ」
後藤:「チンポだ!わいせつにも程があるぞ」
矢口:「あははははは!その形はヤバイって」
石川:「え〜?どうなってんの?」
安倍:「乗ってる!チンポ乗ってる」
加護:「写真撮らなアカンわ!カメラカメラ」
矢口:「記念だ記念、みんなも撮れ」パシャパシャ
後藤:「今、使い捨てしか持ってないよ」カシャ
石川:「ポ、ポーズとりますか?」
加護:「エエで!正当派汚れや」パシャ
安倍:「石川の新しい一面を、発見した」パシャ
後藤:「梨華ちゃんこっちこっち」カシャ
石川:「もっと私を見て、そして撮りなさい!フィルムに収めなさない」

173 :う6ぉ2:2001/08/03(金) 10:15 ID:IObzsWUI
矢口:「いいね〜!そのアンニュイ感?ん〜たまんない!」
    ・
    ・
    ・
本屋:「マジっすか?これ」
出版:「OK出たから、大丈夫のハズですけど」
本屋:「タイトル『チンポヘアー』ってまんまですよ」
出版:「私としましても、上がOK出してるんで・・・なんとも」
本屋:「こんな事言いたくないですけど、店には置けないですよ」
出版:「ですよねぇ」
    ・
    ・
    ・
石川:「お、お母さん!違うの違うの!生き恥とか言わないで・・・あ!切れちゃった」
矢口:「おばさん、ご立腹?」
石川:「だって、娘が写真集出すって喜んでいたんですよ」
矢口:「でも、これが・・・芸能界ってもんじゃない?」
石川:「チンポヘアー」
矢口:「ぷぷっ!気を落とさないで、ポジティブポジティブ」

174 :名無し娘。:2001/08/03(金) 18:01 ID:vwx0icys
やっぱ、おもろいわ

175 :「う6ぉ2面白い」:2001/08/03(金) 18:12 ID:qNEppVA6
>>171 「汚れじゃないぞ!正当派清純路線だ」
     「謝るもんか!」
>>172 「乗ってる!チンポ乗ってる」
     「もっと私を見て、そして撮りなさい!フィルムに収めなさない」

激烈にワラタ
実に素晴らしい。

137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)