5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浜崎の歌に救われた人の数→

1 :スナフキン:01/09/21 16:49
浜崎の歌に救われた人が多いとメディアでは煽られている
ようですが、本当にそういう人が多いのですか?
又そのような人はどのような点でどういう風に救われたの
ですか?彼女の人気が詞からくるのか、それとも単にルックス
などの戦略からきたものなのか冷静に判断するスレにしたいと
思います。よってヲタなどの偏った方の書き込みはご遠慮願い
ます。

2 :どっちの名無しさん?:01/09/21 16:51
ナニヲイッテンダ
オメエは?
寝れ

3 :スナフキン:01/09/21 17:07
ん?
あまり反応がありませんね
ということは浜崎の歌に救われた人はこの板には
一人ということでしょうか

4 :どっちの名無しさん?:01/09/21 17:27
ナニヲイッテンダ
オメエは?
寝れ

5 :にょろにょろ:01/09/23 02:00
俺も詳しく聞きたい。

6 :どっちの名無しさん?:01/09/23 02:01
       
        __;---;;  ,---_;;
      _;-'"~ ,,____'ロ'_____,, ~'-;_
    /   /        ~-;_~'';;
   /   /  _,,;;;;----::_,,  ~';; |
  /"  / /    /ヾ,, \  '|, |
  /  ./ /    /   ヽ,, ヽ, | |
 "|  ;;| ;"   /      ;|  |,| |
  |   | |   /"''    ''""'| |"|
   |   | |   ζ● >   <●)'|  |/ │ ぶっちゃけた話
   ||  ヽ| | ⌒     ⌒  | /  │       ルックスなの
   /|  ;|  | "    ▽   //|    \____   ___________________________________
    |  | | | ,,        ,,/| |       丿ノ"
     | | | | /|'  --''T~|  |        ~
    | |  ‖ ノ     |  | |
  ;;;-┤|~~"'-=,'________,,,;;;;'=| |-;;,
  |~  ||           | |  ~';
 |    |    Mai-K. ♥  ||    |

7 :どっちの名無しさん?:01/09/23 02:07
>>1
あのー、ここヲタしかいないんですけど。

8 :どっちの名無しさん?:01/09/23 02:09
本当に救われてる?救われた気にになってるだけじゃないの?
知らず知らずのうちに洗脳されて自殺しちゃったりしてな

9 :どっちの名無しさん?:01/09/23 02:10
人すくねー。
雑談とかうんとだうんくらいの7〜8人しかいねー

10 :どっちの名無しさん?:01/09/23 02:11
ここはオサマビンラディンみたいなヤツが多い。

11 :にょろにょろ:01/09/23 02:19
そういう奴の話が聞きて〜んだ。

12 :eukuser:01/09/23 02:37
僕は、マイマイの歌に救われました。

13 :麗華〇(゚ー゚*〇三:01/09/23 02:52
カタツムリですか?

14 :eukuser:01/09/23 02:55
>>13
倉木ちゃんだよ!

15 :どっちの名無しさん?:01/09/23 03:32
・・・ボクは今、命の危険にさらされていた。
「どうしたの?あゆちゃん」
テーブルを挟んで秋子さんがボクに問いかける。
『うぐぅ・・・』
なんで、なんで、こんな目に・・・。
祐一君達は今は学校に行っててボクと秋子さんは家でお留守番をしてたんだ。
そして今、ボクの目の前には秋子さんが作ってくれたおやつのスコーンとジャム。
でも・・・なんで・・・なんで!!
謎ジャムなんだよおぉぉぉっ!!(泣)
普通のジャムは?ねぇっ!普通のジャムはないの?(涙)

・・・ボクは7年もの眠りから目覚めた後、一度親戚の家に引き取られたんだ。
だけど、おじさんが転勤する事になってボクは水瀬家に居候させてもらうことになったんだ。
どうしても祐一君と離ればなれになるのは嫌だったから。

電話と手紙で定期的にきんきょうほうこくをする事を条件におじさん達はこの街に残ることを許してくれた。
眠り続けるボクを毎日世話してくれたおばさん。<<お母さんの妹だよ☆
お父さんみたいで頼りになるおじさん。<<おばさんの旦那様☆
ボクはふたりを7年前に拒絶したのに・・・ずっとボクを見守ってくれてた。
目覚めたボクはしあわせだった。家族がいる。祐一君がいる。

おばさんが毎日眠り続けるボクに丹念に運動をさせてくれたからボクは早く動けるようになった。
ボクの病室に押し掛けてきたTV局や新聞社の人をおじさんは追い払ってくれた。
とても嬉しかった。
おじさん達と別れるのは寂しかったけど秋子さんと名雪さんが暖かくこの家に迎えてくれた。
だから毎日がうれしくて楽しい。

それでボクは来年から祐一君達の高校に入るために、毎日必死で勉強をしている。
昼間は算数ドリルをやったりして一人で家で留守番。
夜は帰ってきた祐一君達に勉強を教わる。
でも、今日は秋子さんが仕事がお休みで家にいるんだ。
それでおやつを作ってくれたんだけど・・・。

16 :どっちの名無しさん?:01/09/23 03:32
「あゆちゃん、もしかして食べたくないの?」
うぐぅ、そんな顔で見ないで・・・。
はあ・・・食べるしかないの?(涙)
祐一君、ボクにもしものことがあってもボクのこと、忘れないでください。
『いただきまあぁす・・・』
「はい☆どうぞ」
うぐぅ・・・謎ジャムこんなに付けて渡さないでください・・・。(号泣)
ボクは目を閉じてジャム付スコーンを頬張る。
『○×$#&@%△☆*!!!!!!!』
うぐぅ!!意識があぁぁぁぁぁっ・・・。
ぐらり、うぐぅ・・・視界が揺れるよぅ・・・。

「あらあら、気絶するほどおいしかったの?」
『・・・・・・・・・』
「あらあら、とりあえず私の部屋に連れていきましょうか」

『うぐ・・・うぅ〜ん・・・』
ボクが目を覚ますとそこは秋子さんの部屋だった。
ボクは秋子さんのベッドに寝かされてた。
『あれ?秋子さんの部屋・・・あれっ!?』
起きようとしてボクは股間に奇妙な感覚を覚えた。
なんだか変な感じがする。それに少し股間が膨らんでいるような・・・。
ボクはおそるおそる股間の膨らみを触ってみる。
ビクン!!
『うぐぅっ!!』
すごく奇妙な、ボクの感じた事のない感覚がボクの体を駆け巡る。
『な、なんなの?』
ボクはキュロットとパンツを脱いでみた。
『うぐっ!?』
ボクの・・・あそこに・・・。
『おちんちんが生えてるうぅぅぅっ!!』
うぐぅ・・・何故?なんでぇ!?
前にお風呂に入りに行った時偶然見た祐一君のはこんなのじゃなかった。
ボクに生えたソレは大きくなってビクンビクン跳ねてる。
『う・・・ぐす・・・うわあぁぁぁぁぁぁぁん!!』
もうお嫁に行けないよ〜!!それにまだ祐一君との初体験もしてないのに〜!!(号泣)

17 :どっちの名無しさん?:01/09/23 22:49
どういういみだこれ

18 :どっちの名無しさん?:01/09/23 22:54
>>17
つまり月宮あゆのあそこにおちんちんが生えて来たってことらしい

19 :どっちの名無しさん?:01/09/24 20:49
「A song for xx 」には心を打たれた。
「居場所が無かった」
「泣かないで偉いねって褒められたりしてたよ」
「そんな言葉ひとつも望んでいなかった:

まるで俺のことを言っているように思えた。
俺は「優等生」と言われ「いい子」を演じてきてたけど、
本当はいい子じゃない。心の中では悪いことも一杯考えている。
どれが本当の自分なのか分からず、精神のバランスを壊しそうな
時に,この曲に出会った。「自分と同じ気持ちの人がいるんだ」と
分かり、もうちょっとがんばってみようと思った。

20 :名無しさん:01/09/24 21:07
あゆの新曲って長瀬とのこと書いてるの??
遠回りして辿りついたーとか

21 :なな:01/09/24 21:28
新曲は長瀬との事っぽいよねー。私もアユの詞にはかなり励まされたし助けられた。失恋した時、絶望に立った時いつも側でアユの曲が流れてたよ。だからまだいっぱい曲出して欲しい。

22 :どっちの名無しさん?:01/09/24 22:49
あゆの詩がいいというか、それをいいという人の
感受性が素晴らしい。それでいいじゃないか。
A song for xx はいいけどな。胸に直球!って感じの詩が

今日歴代アルバムベスト100みたよ。
中森明菜とかサザンとかドリカムとか聖子とか
ベスト10にはいってたけど..。
浜崎が11だった。なんかすげー。浜崎
まだそんなに長く歌手としていないじゃん?

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)