5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こんなエヴァ小説が読んでみたい!!

1 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 02:59
さて、このスレにお越しのエヴァFF読者の皆様方。
あなた方はこんな風に思ったことはございませぬか。
こんなカンジのエヴァFFが読みたいなあ……と!!
ということでこのスレは時折皆様が脳内で展開させるエヴァ小説の
妄想を存分に解き放つスレです。

<<このスレの使い方>>

・こんなカンジのエヴァFFが読んでみたい!!! あるいは
 こんなアイデアを思いついた、でも自分でFFなんか書けない!!!
 という設定・展開を披露する。

・ソレに対して感想などを話す。

・すでにweb上に似たようなエヴァFFが存在している場合、
 紹介する。

・あとはこのスレを読んだFF作家様が
 ネタをとって実際に書いてくださるのを待つ、と(藁。

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:04
2げと?うんこぉぉぉおおおおおお!!!!
なめるぬぅあ?

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:12
超カッコイイ黒尽くめのシンジが可愛い可愛いレイを炭から助けて
糞生意気なアスカや無能作戦遂行ミサトや悪の組織ネルフの面々を
必殺技を駆使して惨殺しまくる自我の肥大とともに爽快感溢るる
激甘LRSが読んでみたいです。
あとアスカやミサトは戦自隊員にボロクソに輪姦されるシチュきぼーん

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:15
わくわく

5 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 03:15
>>3
>アスカやミサトは戦自隊員にボロクソに輪姦されるシチュ
これはさすがに無いですがその他の条件に合致しそうな

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:17
わくわくするFFきぼんぬ

7 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 03:18
スマソ 途中でだしてしまった ということで仕切りなおして

>アスカやミサトは戦自隊員にボロクソに輪姦されるシチュ
これはさすがに無いですがその他の条件に合致しそうなFFはありますよ

www.ksky.ne.jp/~excel/Individual/Eva/Toukou/foolish/Index_se.html
www.geocities.co.jp/AnimeComic-Cell/5198/syousetu.html

8 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 03:21
>>6
いや、このスレはあくまでFFのアイデアをだすスレであって
検索スレではないのですよ

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:24
1のお話キボンヌ

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:27
シンジが
http://teri.2ch.net/test/read.cgi/eva/1014659988/
をたてるに至った経緯を心理描写を細かく書いた小説を読みたい。

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:30
シンジが
http://teri.2ch.net/test/read.cgi/eva/1014659988/
を立てておまけにチンポまで勃てるに至った経緯を心理描写を細かく書いた小説を読みたい。



12 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 03:40
>>6
そうですな、まず1がださなきゃだめですな。
漏れが読んでみたい!! とおもうFFは…
スーパーシンジものをひたすら読みまくった厨房がそれなりの文章力で書いた
これぞスパシンの極み!!! みたいなFFが読んでみたい。
いや、典型的な断罪モノじゃなくて…例えば『断罪者に捧げる言葉』
みたいなのをどシリアスでやってみる、とか。

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 03:45
この板のネタはFF作家に役に立ってるのかどうかは知らないが、
何もこのスレで書かなくても同じ役割を果たしているスレはあるよな。

>>1よぉ、エヴァ小説について語るスレってあるよな?
そこで反応見てからでも遅くなかったんじゃないの?
スレ数が少なくて、
駄スレ保全荒らしがいて、
良スレdat落ちの危険が増してて…
そんなエヴァ板の現状分かって立ててるんだよな?勿論。
>>1が単なる駄スレ立て野郎じゃなく、責任持って盛り上げて、
最後まで完遂することを望むよ。

愚痴なんでsageだが、そう思ってる奴は少なくないと思う。頑張れよ。

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 04:12
まごころをチミに、の実写シーンの映画館のところに
思いっきり映っちゃった奴が書いたFFキボンヌ

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 04:19
シンジ以外が全員スーパーなFFキボンヌ

16 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 05:16
>>14
>まごころをチミに、の実写シーンの映画館のところに
 思いっきり映っちゃった奴

これはあの、あげた手を上下に振っていたムカつくデブのことですか?

>>15
ソレはある意味本編がそうではないかと。


        …しかしなんか1が答えるネタすれみたくなってきたな……。

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 05:30
>>13
禿同

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/26 05:36
>…しかしなんか1が答えるネタすれみたくなってきたな……。

じゃ答えなきゃいいのに(藁

19 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/26 06:10
>>18
たてたからには100逝くぐらいまでは自作自演をしてでも盛り上げなければ。

20 :1 ◆EVA.YR06 :02/02/27 18:33

   ||
 ∧||∧ 
(  ⌒ ヽ もうだめかぁ…
 ∪  ノ
  ∪∪


   ||
 ∧||∧ 
(・∀⌒ ヽ !!
 ∪  ノ   とゆーことでこのスレは廃棄!
  ∪∪

21 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/27 20:35
>>20
一日半ぶりにレスがついたと思ってみれば
トリップ似せた騙りですか。(しかもsageて終了宣言……)
せちがらいねぇ……
しかし煽り荒らしの二十や三十もつかないとは、思った以上に寂れてるねEVA板。


22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/27 20:44
>>21
したり顔でのーがき垂れてるヒマがあったら、盛り上げろや!
それができんのなら最初から立てるな!!

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/27 20:51
 逆行でスーパーなシンジで第二特務機関モノなんだけど、断罪ではないやつ。

 綾な峰にそれっぽいのがあったが……。

 読みたいなー。
 と。

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/27 20:57
>>23
お前が書け
俺は読まんがな

25 :1 ◆EVA.RcI6 :02/02/27 21:37
>>22
 (´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
   ∨)
   ((

 (;´Д`)  ガンバリマスカラ
 (  八)
   〉 〉

    ヾ
 (´Д`;)、  ミステナイデ
   ノノZ乙

>>23

>逆行でスーパーなシンジで第二特務機関モノなんだけど、断罪ではないやつ
そいつは厳しいね。天誅モノでよければドウゾ
www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/8160/Aurora/index.html

26 :22:02/02/27 23:12
スマソ。いい過ぎた。
さっき上司と口論したもんで。
気にせず、続けてくれい!

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/02/28 01:52
ワロタ。でも、いい奴だよ。2人共
マタリ、マタ〜リな

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 02:20
んじゃ気を取り直して‥

シンジがレイ、アスカのどちらともくっつかず大人になって、2人と再開する
ってカンジでお勧めは何かある?

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 06:04
検索スレと化しとる……いいけど(笑)

おいらとしては

逆行前向きシンジが努力すれど、シンジ「だけ」報われず不遇になる話というのはない物か。
一応世界の流れとしては努力が実っていい方に向くけど、シンジは世界の敵扱いで糾弾されてしまうとか。
いや、たまにはこーゆー自虐的な話があってもいいかと。

30 :1 ◆EVA.RcI6 :02/03/01 11:10
>>28
ttp://homepage1.nifty.com/tortoise/ewmenu.html
お勧め、というか…その条件に合致するFFがこれしか思い浮かびません。
まあ大人というかシンジアメリカ修行系(藁 ならいくつかありますが……

>>29
ttp://www.bd.wakwak.com/~nakaya/novel/magazine/second_a_m/index.htm
かろうじて近いといえそうなのはこれぐらいしか思い浮かびません……

と、いうかあまり見ない展開というのはそれだけ起こり得なさそうってコトかも
しれませんね。例えば29氏の出した展開ですが、あまり「そう」なるような話が
ちょっとおもいつかなったんですよ。シンジだけが不遇って結構むずかしいのじゃ
ないか、と。周りの人が幸せなら当然その人たちはシンジを救おうとか考えそう
だし。世界の敵扱いといっても「そう」みなされるにはそれなりの理由ってのが
必要だけど、それがそうそう思い浮かばない。サードインパクトが起きたわけで
もなく、別に他のチルドレンに比べてそう突出した危険な力を行使できるという
わけでもない(スーパーシンジなら化け物扱いとかされてもおかしくないけど)、
そういう状況でシンジ一人が悪者ってやっぱ難しいな、とか思ったのですが
他の人とかどうでしょうか?

こんな感じで出てきた展開について感想とか語り合うスレになったらいいね……

31 :23:02/03/01 11:29
 >25 
 一応、ありがとう。
 しかし、厨なのを白状して言うけど、俺には天誅モノと断罪モノの差ってよくわからんし(爆)
 くだんの螢惑氏のあとがきのアレは読んだのだけど、言葉として適当でないっつったって、皆が皆で使っていたら、誤用でなくなるってのが世間的な法則なのになぁとか思うし。特にあんまり広くない世界なんだから、そんなことに目くじらたてんでも……。
 まあ、当人の主張を入れて「天誅モノ」としておくけどさ。
 改めて読んだ感想は……キャラのバランス的には、同じサイト内の某作より遥かにマシだったなぁと。
 まあ、そっちはミサトとアスカが本編の400%増しの馬鹿として扱われていたりするしねえ。
 とまあ、これ以上はスレ違いなので言わない。

 俺としては、もっとこう……なんていうか、キャラの一人一人が魅力的に描かれてほしいなぁと。
 アスカもミサトもゲンドウもリツコも――シンジも。
 あるキャラをよく見せるために他のキャラを貶めるって手法は、あんまり褒められるやり方じゃないと思っているからだけど。

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 12:27
EOEアフターシリアスLRSをキボンヌ
・シンジ、レイの性格は本編準拠(勿論スーパー逆行ドキュソではない)
・レイの設定も本編準拠(ゲンドウと関係あり、ユイのクローン、使徒の力を持つ)
・レイはシンジの肉人形ではなく、ストーリーの途中で対立する描写がある
・最後は2人の関係が周りの良識ある大人にも認められてハッピーエンド
・ゲンドウ、アスカの生死は問わず
・レイは巨人でも人間サイズでも可

こんなのないすかねえ…

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 18:09
>>30
シンジが迫害される話だったら、これを忘れちゃいかんだろう。
Love Abduction Stories
ttp://www.bd.wakwak.com/~nakaya/novel/magazine/las/index.htm
ま、逆行はしてないんだけどさ。

って、サードインパクト後の話は不可だった?
まあ、>>29にむけて、てことで許して。

>>32
みたことないなあ。ていうか、みたいよそれ、あれば。
短編でならどっかありそうだけどなあ……。

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 19:04
ここにあるの書いたら神?

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/01 20:20
神です。おれはこれが読みたい。

367 名前: 名無しが氏んでも代わりはいるもの 投稿日: 01/11/20 17:28
じゃこんなシチュエーションで読んでみたいっす。
シンジ司令(29)アスカ作戦課長(29)レイ技術部長(30)で
リツコ1st(14)ミサト2nd(14)加持3rd(14)なんてので。
ついでにトウジ・ケンスケ・ヒカリとマヤ・日向・青葉も地位逆転させて。
ついでにシンジの横には渚カヲル副司令で。
あ、ゲンドウと冬月の置き場所がないな。
ああ、ゲンドウは最後の使徒でいいや。冬月は加持の位置で。

36 :35@作家志望:02/03/01 23:49
漏れはLASだから自動的にそっちの流れに・・・・
2週間ぐらいまてw

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 10:50
>>36
うん、待つよ・・・俺。

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 11:55
35は難しい設定だな(w;;

やだよー処女作がこんなのなんてw

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 19:39
加持がサードって事は飄々としたリアリストか?
本編の加持は好きくないが貞本の加持ならカコイイ話になりそう。
リツコは理詰めのパイロットで、ミサトは感性で動くパイロットか。

シンジがどんな司令かって事だよなぁ。
優柔不断なトップなんてつかえんな(藁

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 23:14
その辺はカヲル副指令はじめアスカ作戦部長やレイ技術部長がフォローするのでは(笑

シンジ「う〜ん、どうしようかな〜」
カヲル「シンジくんの思うとおりにすればいいよ」
アスカ「ガツンといっちゃいなさいよ!」
レイ 「よくわからないわ」
シンジ「うん、じゃあA−17発令で」

35の設定だと加持サードとシンジ指令の関係が原作より希薄になるから
ドラマの焦点は他に狙う必要があるね。

あとその設定だと赤木ナオコと葛城博士がエヴァのコア?
初号機のコアがなにかってのが謎に出来るね。弟か?

しかし最後の使徒ゲンドウってやっぱ14歳バージョンなのか?怖ェ。
あ、逆にゲンドウがシンジのクローンというのもありになるのか。
加持サードとは仲良くなりそうもないが(笑

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 23:29
369 名前: 第141話 明日の意味は 投稿日: 01/11/20 18:08

「碇司令」

細身の美青年から、そう呼びかけられた青年は、戸惑いの表情を浮かべていた。

「15年ぶり・・・だね」

伏目がちに相槌を打つ青年の名前は、碇シンジ。
弱冠24歳で、国連特務機関NERVのトップに上り詰めた男だ。

「ええ、そうですね、碇司令」

彼の隣にたたずみ、碇司令を補佐する彼の名は、渚カヲル。
副司令、と言う肩書きとは裏腹に、どこか影のある雰囲気を持つ男。
碇シンジは、そんな彼の静かな微笑みを見て思わず苦笑いした。
彼の瞳に吸い込まれる様な、不思議な感覚を抑えながら。

「カヲル君・・・僕たちだけの時は止めてよ、そんな言い方」
「ごめんね、シンジ君。つい、癖で」

悪戯っぽく笑う渚副司令の目は、笑っているのだろうか。
深刻な事態を告げているはずなのに、
二人を見ているとなぜか緊迫感は感じられない。
15年・・・そう、15年振りの襲来だと言うのに。

「あっ・・・冬月さん」

長い廊下の遠くから、カツカツと靴音を鳴らせ、
二人に近づいて来た冬月は静かに敬礼すると、そんな二人の光景に
内心苦々しく思いながらも、表情には出さず早口に報告する。

「シンジ君、いや、碇司令だったね、失礼。使徒に関する定時報告なのだが」
「使徒の様子はいかがです?」

カヲルは突き放した様に尋ねる。冬月の嫌味には慣れていた。
冬月コウゾウ、30歳。いや、正確には誰も彼の正しい年齢を知る者はいない
出生から経歴まで嘘と捏造で固められた男。
諜報部員なら、それも許されるのだろうが。
しかし、年齢の割には古風な名前、そして年寄りじみた言い回しをする人だな、と、
ネルフの職員たちの失笑を買っている事に、本人は気づいていなかった。

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 23:31
370 名前: 名無しが氏んでも代わりはいるもの 投稿日: 01/11/20 18:10

そうか、やっぱり普通は「アスカ―ミサト」、「レイ―リツコ」ラインなのか。
オレのイメージは逆なのな。
どっちかって言うと、アスカが技術部長でレイが作戦部長のほうがいいなあ。
みんな忘れてるかもしれないけど、アスカはあの年で大学出てる秀才だし。
(天才かどうかは知らん)
レイも貞元版だと、紅茶のエピソードなんか結構アバウトな性格で、
ミサト嬢に似ているような気がするし。

「レイ―ミサト」「アスカ―リツコ」のイメージなの。

43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 23:32
378 名前: 山水 投稿日: 01/11/21 10:57

「シンちゃん!」

碇シンジ司令に勢い良く抱きつくと、その腕を彼の首に軽く絡めながら、
上目遣いに見上げる少女。彼女の名は、葛城ミサト。
サードチルドレンに選ばれた、戦う乙女。

「ねぇねぇシンちゃん、今度の日曜、デートしない?」
「ミサトさん・・・」

困った様な表情を浮かべるシンジをよそに、マイペースなミサトは尚も続ける。

「それからぁ、、、今度の出撃のリーダーは、アタシよね?ア・タ・シ!」
「いや・・・それは」

シンジは押しの強い女性が苦手だった。
14歳の少女に振り回される自分に、少し苦笑いをしてしまう瞬間。

「ミサト、見苦しいわよ。」

いつの間に側にいたのか、冷たく言い放つ白衣の少女。

「何よぉリツコ、アンタ妬いてんでしょー」

ミサトのふざけた話し方が、リツコには我慢出来なかった。

「司令、馬鹿の相手でお困りでしょう。」
「いや・・・ははは」

いつもクールだな、リツコさん。
彼女を見ていると、シンジは居たたまれなくなる。
押しの強い女性も苦手だが、冷静で隙のない女性も苦手なのだろうか。
それにしてもシンジは、なぜか年下の者に“さん”付けする事に抵抗がない。
負け犬根性、と職員に影で囁かれているのは公然の秘密だった。

「ミサト、行くわよ」
「えーっ!んもぅ、、、シンちゃん、またね」

無理矢理腕を引っ張る赤木リツコ。やはり14歳。
ファーストチルドレンに選ばれた少女は、いつも白衣を愛用している。
母親の形見、と言う事ぐらいしか、プライベートな事は聞いていないシンジ。
そう言えばセカンドチルドレンはどうしたのだろう。

「リツコさん、あの・・・加持君は・・・」
「たぶん畑ね」

スイカが好きな男の子には興味ないわ、とでも言いたげに、
投げ槍な言葉でその場を後にした彼女を陰から見つめる瞳。

「先輩・・・」

潤んだ目で見つめる少女の手には、お弁当が握られている。
伊吹マヤ、14歳。
チルドレンを目指し、ネルフの研究機関で特訓を受ける内に、
いつしかリツコを先輩と呼んでいた。
同級生なのに変かも、と、自分でも気にしていたが、
今ではそれも慣れてしまっている。

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/02 23:35
35設定で行くなら立場と年齢は変われども性格はそのまんまにしておくことが必要だね。
それでこそギャップが引き立つから。

45 :35:02/03/02 23:38
搭乗するEVAですけど、
00=リツコ
01=ミサト
02=加持
ってなるん?主役は誰にするかって事になっちゃうんだけどね…

46 :36:02/03/02 23:39
ごめん36だった鬱

47 :36:02/03/02 23:41
漏れてきには、
01=加持の方が動かしやすいかなと。
クールな所を全面に引き出したい。



48 :ちょっと書いてみた:02/03/02 23:55
「……学校のテストからこんな所に呼び出されるなんてな」
そうひとりごちたのは後ろ髪を伸ばした少年だった。
身長は160センチ半ば。セカンドインパクト後に生まれたことを考えると同年代の少年よりは良い体格と言えるだろう。
目の前を進む黒服に案内されて、幾度のセキュリティチェックをこなした果てについたのは巨大な部屋だった。
その奥には小さな机がぽつんとあり、男が座っている。
黒服に促され近づく。
「加持リョウジ君、だね?」
机の脇に立っている銀髪の男が、そう尋ねた。
リョウジは頷く。
「おめでとう。君はチルドレンの適性検査に合格した。」
銀髪の男はそれだけを言う。
「ど、どういうことですか?」
加持は驚きはしたが、内心では予想済みのことだったので、実際にはそう驚かなかった。だが、あえて驚くふりをする。
「どういうことも、そう言うことさ。」
銀髪の男は苦笑すると、手を大袈裟に振った。
「……そう言う芝居はあまり感心しないな、加持リョウジ君?」
そこで初めて机に座る男が口を開いた。
「君の身辺調査は既に行っている。君がどんな人間かも、ね。」
そこで男は一呼吸置く。
「私の名前は碇シンジだ。一応ここの司令をやっている。加持リョウジ君、ネルフに歓迎する。」
「……歓迎するって、別に僕はまだチルドレンになることを承諾した訳じゃありませんが?」
リョウジは、反射的に口を開いた。
「そう言うところは直さないといけないな、加持リョウジ君。君は自分の意志とは関係なく、そうならないといけないと言うことを知っているはずだ。そして断った場合の我々の出方も。」
「司令……」
銀髪の男はそう声を上げる。
リョウジは目の前の男に見透かされているのを自覚しながらも、表情だけは変えなかった。それが精一杯の虚勢であったとしても。
「……良いね。君はこれからもそうあるべきだ、加持リョウジ君。ただ、迂闊な行動はまずい。それを君は楽しんでいるのかも知れないが、それがいつか君の命取りになるかも知れない。」
「……説教ですか?」
「忠告だよ、加地君。これからもお互いに良い関係でありたいからね。わずかではあるが年長の人間の言うことだ。聞いて置いて間違いではあるまい?」
「……そうですね。」
リョウジはそれだけをやっと言った。
碇シンジ、まだ青年と言っても差し支えのないこの男が、ネルフの司令につくまでにおこなったことを想像すると、恐怖を覚えたからだ。

49 :36:02/03/03 00:18
↑加持は陰謀を持ってるコンセプトで書くの?

50 :ちょっと書いてみた:02/03/03 00:39
いや、加持がセカンドインパクト後に14才に育ったらと言う仮定のもと書いただけ。
まあ、聡い少年だったようだしな。
そこら辺を土台に、軍事的にありそうな背景を配置して少年加持を生成。
要するに、まともな軍隊を持つようになった日本で育った加持ね。


シンジは優しいだけじゃネルフのトップに立てないからな。
かなりの業を背負って乗り越えて更に三倍強化した感じ。
つうかゲンドウをもう少し器用にした感じと言えばいいか。

51 :36@仮トリップ ◆xDjfzGI2 :02/03/03 00:45
漏れコメディで書こうとしてしまった(w;;

加持は精神的な弱さを持たせるといいかも。

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/03 00:50
ナイスナイス。おれも加持が初号機搭乗でいいと思ったよ。

53 :36@仮トリップ ◆xDjfzGI2 :02/03/03 00:52
あとは作戦部長との同居問題・・・・どう解決したら?
加持の精神的な弱さはが少しはないと14らしくないざんす。

54 :ちょっと書いてみた:02/03/03 01:33
なんつーか、軍事的にあり得る線を考えると、日常の中に恒常的にに軍事が絡むし、一時は治安も悪かっただろうし
まあ、ずいぶんと達観しただけの子供が産まれると思うんだよね。
精神的にみんなタフなはずなんだよ。
戦時下の子供はぞっとするほど老成しているからな。
そりゃ勿論子供故の危うさなんてのはあるだろうけど。14だし。
どっちかって言うと、頭の回転が速いから向こう見ずなところがあるって感じ。

後同居に関してはない。
ネルフは公開組織になっているし、チルドレンの存在もある程度公になっている。
そんな組織は無駄なことはしません。(最初の方でそれとなく提示したが)
ジオフロントに宿舎を建てて、スケジュール管理をしてパイロットにするために必死扱いてます。
ていうか人類救うためなんだからこれぐらいやらなきゃおかしい。
まあ、数居る候補生の中に青葉達が居るって感じかな。
何らかの手違いで加持は漏れていたんだよ。本当は有り得ないけど。

55 :36@仮トリップ ◆xDjfzGI2 :02/03/03 02:18
なるほど、リアルに逝くと。
プロローグ見たいなものを作成してみるよ。

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/03 02:29
書いてくれる人が複数いるなら同じ路線でなくてもいいのではと言ってみるテスト。
リアルもコメディも好きだし。

57 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/03 02:30
56ね。バリエーションあったほうが、その、なんだ。面白いではないですか。

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/03 02:31
ともかくこれまでの>>41 >>41 >>48だけでも嬉しいねえ。

59 :36@仮トリップ ◆xDjfzGI2 :02/03/03 02:36
じゃあ漏れは35と54の設定を参考にコメディ調で書いてみるべ。

60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/04 00:23
>>39
>シンジがどんな司令かって事だよなぁ。優柔不断なトップなんてつかえんな(藁

なるほど。アプローチとしては

1:シンジの性格を改変して司令らしくさせる。
2:シンジの性格はそのままで周囲にフォローさせる。

どちらも難しいところですね。
シンジを司令らしくするとそのまんま只のゲンドウになってしまう。
性格がそのままだと逆に司令として説得力に欠けてしまう。

前者は司令官という職業の暗い側面をシンジのちゃらんぽらんな性格でフォロー出来る。
後者はそれを逆手にとって「なぜ彼が司令官足り得ているのか」自体を伏線貼って謎に出来る。
どちらも読みたいと思う俺は贅沢ですか?

しかし面白そうですね。
ミサトは冬月と一緒にオーバー・ザ・レインボーでやってくるのかな(笑

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/04 00:41
あ、あとタブリスゲンドウを早めに出すとか。
碇シンジ司令との関係性をどうするかが鍵ですね。

ゲンドウ「フォースチルドレンの碇ゲンドウだ」

Q:「どう思う?」

監査部所属冬月コウゾウ「嫌な男だな」
サード加持リョウジ「そうですね、嫌な感じがします」
セカンド葛城ミサト「あたしも嫌な男だと思ったわん」
作戦部長惣流アスカ「なによあのサングラス。嫌な感じっ(尻上がりに)」
技術部長綾波レイ「…嫌な男」
副司令渚カヲル「いい感じはしないね。いや、嫌な感じと言ってもいい」
司令官碇シンジ「ごめんね。血のつながりのある僕からしても…嫌なんだけど」
オペレーター鈴原トウジ「なんや、えろう暗いやっちゃな」
オペレーター相田ケンスケ「まあそう言うなよ、確かに暗いけど」
オペレーター洞木ヒカリ「不潔」
2年A組伊吹マヤ「私も不潔だと思いました」
2年A組青葉シゲル「マヤちゃんもかい、俺もだよ」
2年A組日向マコト「おいおい皆言い過ぎだよ、…まあ嫌だね」


ファースト赤木リツコ「…かわいいかも」

全員「ええっ?」

あ、14歳同士のゲンリツってちょっといいかも(笑

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/04 00:44
上の書いてから思ったけどゲンドウは最初は眼鏡でなんかあってグラサンかな?
そういやシンジ司令にグラサンかけさせるかどうかもあれだね。
個人的にはネルフ司令とサングラスはワンセットって気もするのだけど。

63 :las人:02/03/04 09:54
>61
1stリツコの「かわいいかも」いいな。くれ (w;;

冬月は出さないか、加持の親としてとか。
シンジとゲンドウの親子関係も解消した方がいいかもシレナイ。

64 :36 ◆2la2v2PM :02/03/04 09:56
63は漏れ。トリップを変えました。
本編での眼鏡はレイとゲンドウの絆を表していた物。
あとは、書く人の意思だろうかと・・・・

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/04 14:19
ゲンドウは苗字を六分儀にしてしまえばシンジと無関係と言い張ることも出来るのでは

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 00:39
なんと1stリツコにイラストが付きました。

http://teri.2ch.net/test/read.cgi/eva/998082287/212-
お絵描き掲示板@エヴァ板(たぶりん殿作成)
http://isweb6.infoseek.co.jp/animal/ooooops/index.shtml
ttp://www24.big.or.jp/~ker/poo/picture.cgi

67 :山水:02/03/05 01:16
http://www24.big.or.jp/~ker/poo/103.png

「母さん…」

少女は悲しげな視線を、背後でたたずむ白衣の女性に投げかける。

「どうしたの?リッちゃん。」

サングラスに濃い顎髭を蓄えた、少し若い男と話し込んでいた女性。
そう、年の頃なら30半ばだろうか。少女から声を掛けられ、少し戸惑い気味に答える。
彼との話を中断させないで、リッちゃん。
彼女の瞳は雄弁だった。

「私…もう乗りたくない。」

「やあね、リッちゃんたら…ダメよ、我がままを言っちゃ。」

男の前では女の顔をする癖に、自分の前では母親を演じ様とする人。
母親を見つめる少女の目は、いつも冷めていた。

「お腹、痛いの…」

「まさか…生理?」

母親は心配そうに尋ねる。
少女は恥ずかしそうにうつむいた。

(違う)

声にはならない声。
同性の前でも恥ずかしい言葉を、男の前で娘に言うなんて…
所詮、この人にとって私はその程度の存在でしかない…
あの怪物に乗る時、少女はいつも憂鬱になる。
以前にも増して、今日はとても酷かった。
何故だろう。
母さんが男と話しているから?
そんな事を取り止めもなく考え、しばらくしてから顔を上げる。
一瞬、男と目が合った。

(嫌な男…)

それが彼女の、彼の第一印象だった。


68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 01:33
>>66
喜びの余りコロ助と化し「初めてのチュウ」を歌いながら
浦賀沖のペリー艦隊を襲ってしまうリツコ萌えの俺。
(二秒後、カノン砲で粉々に)

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 05:35
>>61
スパシンノリのシンジは・・・
堂々巡りで全く成長しないという新しい主人公だったシンジ
の特徴はなぞらえた方が面白いんじゃないかなあ。
キャラ変わると萎えるかも。
カヲルが副司令ならカヲルがヤリ手って感じでシンジは優柔不断さ
を保って欲しい。
ひろゆきと隊長の関係のように、シンジは象徴的存在で、実際
にはカヲル動いてると。

冷徹に指示させるカヲルに対し、シンジは原作のようにイチイチ自己嫌悪
に陥ったり等。
チルドレンに責められては凹みアスカ作戦部長に問い詰められては凹む(w

例えば>>48は加持対カヲルだから(・∀・)イイ!!
これがシンジだったら萎え。スパシンぽくなる。

>技術部長綾波レイ「…嫌な男」
レイはイヤな男とは思わないんじゃ?

>>62
動揺しまくるから悟られないようにグラサンかけるシンジ司令。
周りには気づかれず冷徹だと思われてるから孤独。
本当の自分を知ってるのはカヲルだけ。
レイは薄々気づいてるから友好的。
アスカ作戦部長は気づいてないから攻撃的。

これでチェンジによる破綻に整合性が取れるんじゃない?

基本的にキャラの性格は原作通りがいいと思われ
よって加持は1stきぼん



70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 05:48
加持が1stの場合、事務的な加持に反感を覚えるミサト2nd
突然親(赤木ナオコ)に呼ばれてパイロットになるリツコ3rdとすると

・加持リョウジ
淡々とエヴァに乗る1st
実は色々と考えているが、上の命令通りに動く
エヴァの様々な謎に精通

・葛城ミサト
1stにムキになる2nd
父親が自分の為に死んだというトラウマから
エヴァに乗る。
絶対に勝たなければならないと自分を追い詰めている
(アスカは父親に反発。一人で生きる為に乗っている)
普段は余裕のある態度。
主張が少なく、よくわからない加持に反発心
(しかし惹かれるところも)

・赤木リツコ
突然呼ばれて3rdとしてパイロットに。
親(赤木ナオコ)に不信感。しかし愛して欲しい気持ちも。
基本的に愛情欠乏症。しかし心の壁で隠している
(原作のリツコもナオコに複雑な感情を抱いている)
自分で引っ掛かることのない限りは逆らわない

結構整合性取れると思うんだよね。
ただナオコが生きてるとしたら3rdのコアは?って感じ
だけど他の配置にするよりはバランス取れる気がするよ。


71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 05:54
その場合加持1stが実は戦自やゼーレ内閣国務省等のスパイ
ってのもアリだと思う。

>>50辺りの事情を考慮して、生きていく為か弟を殺されてスパイ
はアリじゃない?
マナがスパイだった程だし年齢は関係ないと思われ

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 06:41
私もキャラの性格は原作通りのがいいかな。
でもその理由はその方が立場とのギャップが出て面白い、から。

やりようによっては性格改変でも面白くなるとは思うけど。

チルドレンのナンバーは普通に
レイ ←→リツコ1 零号機 コアはナオコ
アスカ←→ミサト2 弐号機 コアは葛城パパ
シンジ←→加持 3 初号機 コアは謎
がいいかなあ。

この設定はキャラが立場を変え、原作とは違う動きをするのが面白いのではないかと。
「ここでそこにいたのがあの人ならそうしていたかも」とチェンジによる破綻を楽しむ。
つまり原作では能動的に動かなかった3rdシンジだけど
3rd加持なら積極的に使徒の謎に迫ろうとするだろうし。
加持1stで赤木3rdだと原作と同じ話になってしまいそうな。
すいません。言いすぎました。って言うか↓この絵がナイス過ぎて。
http://www24.big.or.jp/~ker/poo/103.png

この設定の謎はユイの置き場所をどうするかだよなあ。
まさか初号機のコアのままというわけにもいかないし。
生きてることにしても面白いけどね。あーでもシンジとの年齢差が。
親子に出来ない。姉でもいいか? ネルフの黒幕碇ユイ、とか。

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 08:21
ユイ司令きぼーん・・・

スマソ。
しかし萌え。

>>72の案(・∀・)イイ!!
やぱーり原作のままの性格・能力で立場だけ違う方が面白い。
だからシンジが老成や加持さんが未成熟てのはナシがいいな。
ミサトもセクシーなままで。14歳なら育ってるでしょ。

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 08:31
いつかはと思っていたがついにあげる人が出たか。

75 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 08:33
まあ原作そのまんまにこだわっても流石に無理なところが出てくると思うから
その辺は臨機応変というか個性じゃない?

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 08:56
むしろキールの立場で、ユイ議長きぼんw

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 08:57
ミサト14歳は原作のと同じ体型がいいなあ。あんまりグラマーでも。
性格は原作14歳の自閉症だとエヴァに乗れないからアレだけど。
体型はあのちょっとだけ映るアレのまま希望。

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 09:04
>>76
じゃあミサト2ndと一緒にドイツからアダム持ってくるのが若キール?

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 09:13
>78 いや、キールは初号機のコア(絶句)。空母に乗ってるのは多分冬月かな?

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 09:31
どうせなら冬月は「私はそのころ根府川に住んでおりましてね・・」とやって欲しいんだが(w

でもユイ議長はいいなあ。ちょっと萌え。

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 10:16
一応sageで行きませんか。

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 10:36
「お前が暴れたせいでワシは視力を失ったんじゃあ!」と加持3rdを殴る
ジャージにバイザーのキール・ローレンツ少年(14歳)。
後の4thチルドレン(コアは「左様!」の人)。

83 : ◆XuHBFS/E :02/03/05 13:26
ダブリス ゲンドウの出現時期を早めるのはどうよ?
冬月は死亡えと言うことで・・・・(物語にはきちんと関わってくる。


84 : ◆2la2v2PM :02/03/05 13:32
あと、ユイさんは原作のナオコ位置でいいんじゃない?
んで、シンジの姉とか・・・・・・

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 15:06
作戦部長アスカイメージ。(゚д゚)ウマー
http://isweb6.infoseek.co.jp/animal/ooooops/cgi-bin/data/IMG_18.jpg

from お絵かき2
http://isweb6.infoseek.co.jp/animal/ooooops/cgi-bin/bbsnote.cgi

確か、シンジ司令イメージとか技術部長レイイメージも過去にあったと思う。

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 15:45
>>84
原作のナオコポジションとなると、零号機のコアということになっちまうような(w

87 :ちょっと書いてみた:02/03/05 15:46
>>68
いや、加持対シンジなんですが(藁

つうか、ネルフの司令であると言うことはある意味で絶対権力者な訳なんだよね。
実はゲンドウもスーパーな男だしな。
司令であると言うことが、権力の現れだからさ、強くないと困る訳よ。物語の都合上。
そりゃ、ギャグで茶を濁すには優柔不断でもかまわないだろうけどね。
それに年齢の整合性を考えると、上層部はグルでないと物語の構成として破綻を迎えてしまう。
シンジがアスカ達と全く知り合いでないなんて不自然すぎる。
どちらにせよ彼らは脇役だからな。キーパーソンではあるが。
主人公は加持達だ。

加持は貞本版だと弟の死を契機に、主体的に動くようになった。
この話だと、チルドレンに選出されたのを契機に動くようになる、その程度で良いんじゃネーノ?
この場合加持はアリスの役かなと思うし。

エヴァは親と子の確執が縦軸にもなっていたから、そこら辺を縦軸にしておけばいいんじゃないの?
めんどくさい謎はうっちゃって。
ゼーレなんて良く分からないんだし、出さないと言う手だってある。

まあ、書きたい奴が書くんだけどさ。

88 : ◆2la2v2PM :02/03/05 15:53
>86
間違えた。リツコ・・・・・


89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 16:09
>>87
>加持は貞本版だと弟の死を契機に、主体的に動くようになった。
>この話だと、チルドレンに選出されたのを契機に動くようになる、その程度で良いんじゃネーノ?

弟(もしくはそれに準じるポジションの人物)が4thに選ばれて、それ殺しちゃうことで・・・って展開も
ありかモナー。

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 17:17
加持を3rdにするならリツコが2ndがいいなあ。
で、アスカが技術部長でレイが作戦部長。
単純にアスカとミサトを交換しても、ふたりのキャラが被り過ぎていて、
本編とのギャップが、口調の違い位しか楽しめないと思う。
ミサトには失語症の影響でレイ化していると設定して1stになってもらう。

そして元加持の位置にゲンドウをキボンヌ。
ゲンドウ、レイ、リツコの新三角関係が(・∀・)イイ!!

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/05 22:46
ユイがゼーレ議長ならシンジが若くして司令席についている説明もつくね。
正しいゼーレ(笑

>ダブリス ゲンドウの出現時期を早めるのはどうよ?
いいかも、それでバルディエル戦ではじめて使徒としての自分を知覚するとか。

しかしやっぱここはもうしばらくsageで進めるべきだったかも。
まあキャラクター置き換え実験スレになってて色んな意見が聞けて楽しいけど。

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 08:59
>>91
第21話「ネルフ、誕生」

SEELE01「よく来たわね、シンジ」
シンジ「なんだよ、母さん! 20年以上も放っておいたくせに!」
SEELE01「必要だから呼んだまでよ」

シンジ「こ、これは・・・ピラミッド?」
SEELE01「正確にはピラミッドではないわ。人類補完計画の切り札、特務機関ネルフ。
      これはその本部よ。・・・・シンジ、あなたが司令をするのよ」
シンジ「そ、そんな! 無理だよ! 見たことも聞いたこともないのに出来るわけないよ!」


93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 10:54
>>90
1st(ミサト。14歳時設定なので自閉症)イメージ↓
ttp://www.geocities.com/tokyo/field/4007/chapel/lilmis.jpg
2nd(リツコ)3rd(加持)司令(シンジ)副司令(カヲル)博士(アスカ)作戦部長(レイ)

「乗るなら乗って。でなければ……帰って下さい」
シンジが事務的に言い放つ。
「随分な言い様ですね。ネルフの司令は」
さすがにカチンとした加持は厭味たっぷりに口を歪めた。
「決断力のないトップに従う部下は可哀想ですね。
俺には命を無駄に捨てるような勇気はとてもありませんよ。
これでも臆病者なんでね」
今度はシンジがカッと怒鳴った。
「僕の…僕の気持ちも判らないくせにっ……!」
「判りませんよ。突然呼び出しておいて年端もいかない子供ばかりを
戦わせようとする指導者の気持ちなんて、ね」
更に言葉を続けようとしたシンジの肩を銀髪の青年が掴む。
「シンジ君……そのサングラスの意味、忘れた……?」
耳元で囁かれてはっとしたシンジは再び、元の無表情に戻る。
密かに舌打ちする加持。本心を探るには激昂させるのが最も効果的。
彼の狙いを知るチャンスだったのに。
「碇司令、使徒が。仕方ない。ファーストチルドレンを使おう」
促すカヲルにシンジが逡巡する。
「でも、ミサトさんは……」
「使徒を倒さなければ、皆死ぬ。判ってる……よね?」
シンジはうなだれながら命じた。
「アスカ。ミサトさんにパーソナルデータの書き換えを」
「ミサトは戦える状態じゃありませんが、司令。イイんですか?」
反発を顕わにした女性の声。
「仕方ないじゃないか……。頼むよ、アスカ」
「了解。
……司令、どこの馬の骨ともわからないコドモの前でぐらい威厳保って下さい。
士気に関わります。じゃ」
最高指導者に対し、何の躊躇いも遠慮なくよく言えるものじゃないか。
司令の女なのだろうか?
加持は思わず笑いそうになったが銀髪の青年に睨まれ抑えた。

「代わりがいるなら、もう帰ってもいいですか」
「……好きにして下さい」
踵を返しかけた時、ストレッチャーに乗せられて息も絶え絶えな少女が運ばれてきた。
代わり?これが?死にそうじゃないか。包帯だらけで。
「まさか、彼女を乗せるつもりか?」
「……仕方ないでしょ。君が乗らないなら、ミサトさんが乗るしかないんだ。
戦うしか……ないんだ」

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 10:54
ガンッ!
突然、ケージが大きく揺れた。
傾いた担架にぐらりと少女が落ちる・・…ところを加持が間一髪で支えた。
「・・・…っ!」
傷に触れてしまったのか、少女の身体がビクンと跳ねる。
それでも少女は、担架へと血塗れの手を伸ばした。

虚空を掴むミサトの手を、加持が握った。
ミサトのすみれ色の瞳が加持を見つめる。
そのうつろな瞳に加持はむしろ吸い込まれる気がした。

「……俺が乗ります。彼女を戻して下さい」
ミサトを抱いたまま司令を見上げる。
「いいの……?命の保証はできないんですよよ。後戻りもできない」
「構いません。怪我人を放って逃げてはいられませんよ。
大体、俺が食い止めなきゃ人類は全滅なんでしょう?
どうせ死ぬなら、女の為に死にたいですね。本望ですよ」
冗談まじりではあっても、目が笑っていないのが自分でも判った。
しまったな……こんな筈じゃなかったのに。
まあ、仕方ない。セカンドインパクトの謎を探る上でパイロットになるのも悪くない。
加持は一人ごちる。
思えば、その時既に加持はすみれ色の瞳の少女に魅入られていたのだが、彼にはまだ
自覚がなかった。

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 11:02
誤字脱字がいくつかあるけどスマソ
推敲しる!>自分

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 11:07
>>93-94
なかなかオモロイ。 よさげ。

97 :90:02/03/06 15:38
(・∀・)イイ!! 激しく(・∀・)イイ!!です。
>>93-94さんありがとう。
とっても良かったyo!

やっぱりシンジはスーパーじゃない方がシックリ来るね。
本編では、ゲンドウが圧倒的なカリスマと能力でNERVを仕切るけど
シンジを指令にする場合、カオル副指令とアスカ技術部長も
含めた3人でトップを形成する方が納得し易い。

シンジに惚れてるカオルとアスカが、利用されていると知りながら
シンジの為に辣腕を振るいNERVを運営していく…(・∀・)イイ!!
自分の理想実現の為に、ふたりに近づいた事を今更ながら
一人思い悩むシンジ…さらに(・∀・)イイ!!

漏れ的に14歳ミサトは、南極で朦朧とした意識の中
「オ…オトウサン…」と呟いていた時のイメージが強いので、儚げな方がヤパーリ似合ってる。
これから段々と加持に心を開いていくシーンを見てみたい…

でも次回は「アスカ来日」ならぬ「リツコ来日」をキボンヌ。
加持とリツコの出会い、ゲンドウとレイの再会……アア…ツヅキガミタイ…


98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 15:49
29にもなって14のガキに翻弄されるのはただのドキュソだと思うが。


99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 15:58
スーパーリョウジきゅんとかでなければとりあえずOK。
俺的には。

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 17:12
>29にもなって14のガキに翻弄されるのはただのドキュソ
漏れもそう思うYO!!!
内心の葛藤は当然あるべきだと思うけど(シンジだしね)、とりあえず外面ぐらい
ネルフ司令らしい体裁をととのえたほうがいいと思うのだけど・・・

てことで100げと

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 17:25
確かにちょっと情けない感じはするが、漏れはあまり気にならないな。
だって主人公(メインの視点)は加持でしょ。
加持の視点で見れば、シンジはかなり慌てふためいている様に見えるんじゃネーノ?
隣に冷静沈着なカヲルが居るだけに余計に。

加持なら大抵の大人をコヴァカにした対応しそうだね。
死にたがりの余裕ってヤツかな。
でも、それが認められるのが主人公の特権だと思う。


102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 17:57
>「僕の…僕の気持ちも判らないくせにっ……!」
お前なに? ネルフの司令だろ? ネルフってどんな組織だよ。
なんでこんな今更の話してんだよ。

>「でも、ミサトさんは……」
もう見て欄内。お前いくつ?
なに14のガキ相手に敬語使ってンだよ。

>1st(ミサト。14歳時設定なので自閉症)
ていうかなんでミサトは失語症なの?
どうやってミサトにそんな衝撃を与えるんだよ。
上手いこと嘘つかないと違和感バリバリになるぞ。


別に妄想を垂れ流すのは悪くない。俺もそうだし。
でもな、本当にただの妄想だとどうしようもない。
正直、この話だと違和感の方が先に立つ。
変なところが多すぎ。シリアスやるなら、もう少し嘘の付き方を大事にしてくれ。
それが演出だ。

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 18:22
まったりといきましょう。
何があったのか知らんけど語調荒すぎ。
誰を何処に置くかも特色が出て面白いし。
それもまたひとつの可能性で収めませんか。

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 18:26
ありゃりゃ…
どうも>>102のトラウマを刺激しちゃったみたいだね。

じゃあ路線変更してスーパーシンジにしようよ。
それなら>102にとって『ただの妄想』にならないだろうし。
きっと上手く行間読んでくれるよ。

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 18:31
マターリマターリいきませう

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 18:37
>>102
じゃあどんなFF読んでみたいの?
ひょっとしてスー○ーシンジもの?
それともレイの出番がもっとあるやつ?
そういうのって結構出回ってると思うケド。。。。

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 18:59
またーり行こうよ。
102さんが見たいのはスーパーではなくなおかつリアルなシンジ司令ってことなのかな。
これはそのまま本編のゲンドウの複製になり兼ねないのでそこが注意点ですね。

おいらは1stリツコ2ndミサト3rd加持が見たいなあ。

108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 19:49
ありゃりゃ。
>>92-93ですー。

>>96-97
いやー。朝思いついてさくっと書いたヤツなんで文おかしくてスミマセン。
来日、書いてみますねー。

あと擁護して下さった方々、大丈夫ですよー。
ありがとうございます。
何に重きを置くかは個々で違いますし、ファイナルアンサーは>>56ってことで。

一応、質問には答えますけど。
議論にならないようにマターリいきたいので、あえてレス番指定はやめときますー。

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 19:51
●加持リョウジ3rdの設定
アニメ準拠。漫画は別物なので考慮しない。
漫画版の14歳設定だと多分別人になってしまうので。
●碇シンジ司令
>>91-92設定。
「やらされてる感」が強くなければシンジじゃないってことで(w
ずっと別れて暮らしていたユイに呼ばれて突然司令に。
周りはあまり人事に納得していない。レイは事務的に命令を聞く。
アスカとの仲は相変わらず(ラブラブLASじゃなくてアニメの殺伐とした感じね)
謎のカヲル青年による強いサポート有り。
 ☆敬語である点について
    そういうタイプのトップの人もいますので。若いトップに多いけど、丁寧語使うよ。
    アニメにもよくあるパターンかと。ただ、トップだからあんまり丁寧じゃないただの丁寧語。
    シンジの場合、よく知らない人と話す時は敬語になるタイプだと思う。
    特によくわからないタイプ相手だと。※しかも周りに受け入れられていない。
    ちなみに、カヲルの方が頼りにされてます。
一応、表面上だけは取り繕ってる設定ですが、何分シンジなものでバレバレ。
全くオリジナルな設定をかまさないと、危機的状況にあっても周りにバレないようにカヲルの
アドバイスを受けて指示、というのはできないかと。あ、もちろん戦闘時は凛々しいですよ。
ただ、戦いの場においてもそれ以外を優先させる彼なので、勝利以外の為に逆らったりもするかと。
(原作の対トウジ、その他参照)
戦闘時以外は優柔不断なまま。
ゲンドウと差を出すのに、あたふたした司令ってのも面白かったよ。書いてて。
折角チェンジの妙を楽しむなら、こういうのもアリだと感じました。
●ミサトの失語症について
元の葛城ミサトに準じるようなショッキングな過去があって。
あの碇シンジが立派な司令になる程のあれこれが起こるなら、ミサトに原作と同じような
トラウマがあってもいいかと。
個人的な趣味で、物語の都合上という理由でキャラを改変(シンジが司令という設定が先にあって
司令らしく変えるとか)が好きではないので、こちらをいじりました。
ミサトというキャラにおいて、父親の過去はかなり重要なので。
当然、アスカも原作通りの過去有り。


私が正しいんじゃなく、>>56の通り、パラレルな感じで。
自分はキャラは原作のままで入れ替えパターンが好みです。
続き書かない方がいいならやめときますので言って下さい。では。

110 :90:02/03/06 21:46
漏れのリクエストが荒れる原因になって
しまったみたいで、大変申し訳無い。
久しぶりの良スレのヨカーンなので、マターリしましょ。

>>109の設定だと、シンジの肩身がえらく狭そうですね。
何をして良いのか解らず、絶えずカオルの顔色を伺うシンジ…
そんなシンジを得意のアルカイックスマイルで嘲笑するカオル…
お茶くみコピ撮りといった雑用にコキ使うアスカ…
徹底的に無視を決め込むレイ…
職場の陰湿ないぢめに耐え兼ねたシンジは、ついに家出を決意する。

…なんだか鬱な妄想をしてしまいました…イッテキマス…

でも続編は期待してますyo!

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 22:27
>>109です。
>>110
スミマセン。大袈裟に書きすぎました。
別にシンジがないがしろにされてる訳じゃありませんです。
アスカ、レイ、カヲルとは、原作通りの関係です。
トウジ、ケンスケとも。
原作だと初めはトウジ、ケンスケには嫌われてましたよね?
その後仲良くなる、そのままの展開です。
人間関係や感情はそっくり原作のままということです。
周りに受け入れられていないというのは「よくわかんない人だな、
この人事何?」という感じです。

私も荒れるのは嫌なので邪魔にならなさそうだったら続編書きますねー。

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 22:44
>>92
>シンジ「なんだよ、母さん! 20年以上も放っておいたくせに!」
ワラタ
放って置き過ぎ

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 23:09
シンジも29にもなれば本心を隠す術を覚えていると思う。
>>93では14からまったく成長していないように読める。それはありえないだろ?
29歳らしく書いてくれよ。ギャグにみえて仕方がない。

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/06 23:21
例えばチルドレンの中で加持だけはシンジの正体に気付いているが、そのそぶりは
人前ではあまり見せない。
アスカとカオルがシンジのフォローをしている為、一般の職員には有能だが良く分からない
司令だと思われているというのは?
もっと練りこんでくれ。

115 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 00:25
>>113-114
要望出すなら自分で書けばいいと思われ

このスレ、職人がいなくなっていく予感・・・

116 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 01:04
黒服に連れて行かれた次の場所は、会議室のような場所だった。
壁には巨大なモニターがあり、何人かの職員達がそこにいた。
「貴方が加持リョウジ君ね。私は作戦部部長の惣流・アスカ・ラングレーよ。こっちは、技術部部長の綾波レイ。宜しくね。」
そう言ってアスカは手を差し出した。
その手を一瞬見、用心深くリョウジは差し出した。
(ふーん、資料通りね)
アスカはニッコリと微笑みながら差し出された手を握る。
「あそこに並んでいるのが、メインスタッフ。端から、鈴原トウジ、相田ケンスケ、洞木ヒカリよ。彼らは主に貴方達とオペレータやバックアップなんかをするわ。レイ、何かある?」
レイと呼ばれた青い髪をした女は、しばし考え込むと口を開いた。
「特に、無い。」
「あんたねェ……」
アスカはこめかみに手を当て呻く。
「まあ、良いわ。今日はちょっとスケジュールの都合であえないけど、他に二人チルドレンが居るから。」
「二人?」
「聞いていない?」
「ええ、べつになにも」
(全くあの馬鹿は……)
内心でそう毒づくが表面にはおくびにも出さない。なるほどという表情をする。
「そう。貴方は三番目に見つかったチルドレンなの。だからサードチルドレンね。メインで乗る機体は、エヴァンゲリオン初号機。名前ぐらいは知っているでしょ?」
「あれだけ宣伝されていれば、名前ぐらいは。」
リョウジは苦笑しながら言う。
「まあ、世界の味方というのも、あれよね。でも、貴方にはその任務を担ってもらいます。大変だけど、頑張ってね。」
なるべく親しみを込めた柔らかい表情を作ったつもりだった。
それが上手くいくかどうかは分からないが、やらないよりましというものだろう。誰だって美人に(そう私のような美人に)親しみのある表情で問われたら、年頃の男ならば悪い気はしないものだ。
「……まぁ、死にたくないですからね、頑張りますよ。」
リョウジの反応に、なるほど、と思いながらも一切の反応は見せない。むしろリョウジが自分の言った言葉に対して慌てたようだ。
「そりゃそうね。私も死にたくないもの。だから死ぬ気でやるわ。」
少しおどけた風に言う。その反応にリョウジは少しほっとしたらしい。
(その変化を出しているうちはまだまだ子供ね)
「じゃあ、スケジュールと新しい住居、その他諸々の手続きがあるから。鈴原君、頼むわ。」
アスカは鈴原を呼ぶと、じゃあ、私はまだやることあるから、と言って立ち去った。
リョウジが周りを見ると、他のものも自らの仕事に移ろうとしている。自分のためにわざわざ集まってくれたのか、と思うとこそばゆいものを感じないわけでもなかった。そんなリョウジの前に鈴原と呼ばれた男が近寄ってきた。
「どうも、わいが鈴原トウジや。普段は副司令の補佐をやってる。こんな訛りやからな、オペレータはむかんていう事らしいで。まあ、しゃあないと思うけどな。」
彼はそう言うとクククと笑った。
「は、はぁ。」
それに同反応をすればいいか判らず、ただリョウジは苦笑をする。
「せや、先にこれを渡しておくで。IDカードとPDAや。PDAは地図代わりに使ってや。
正直言うと、プリントアウトするとそれだけでかなりの量になってしまうねん。せやからこれは無くさないように気を付けてな。
後、IDはレベル4までの区画なら入っていける。全部でレベルは6まである。
まあ、6なんて言うのはよほどのことがない限り行きひんからな、4まででほぼ全ての区画がいけるはずや。
じゃ、いこか。とりあえず、リョウジ君の部屋を案内するで。」
リョウジのジを高く発音すると、トウジは歩き出した。


117 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 01:05
複雑な階層をPDAにうつる地図と照らし合わせながらリョウジはトウジと一緒に歩いた。そしてトウジは事あるごとにその独特な訛りで丁寧に説明をした。
「おう、ここや。ここがリョウジ君の部屋になる。中にはいると判るけど、意外と広いンや。」
カードをスリットに通すと、トウジは中にはいる。
案内された部屋は2ルーム有り、意外なほどに広い。
「……豪勢ですね。」
「せやな。まあ、ここに来る人間は地獄の特訓があるんや。これぐらいは確保するって言うのが上の人情なのかもしれんな。
わしが前にいた軍の宿舎なんて酷かったで。二段ベッドが三台あるだけの六人部屋や。プライベートもへったくれもあらへん。それで居て訓練は厳しい。あれはもう勘弁やな。」
「軍にいたんですか?」
「ン? ああ、せや。ネルフの人間は全部とはいかなくても、ある程度は軍に行っている。せやないと、組織として脆弱になるからな。実戦経験がある人間がおるちゅうのは、有事の際に心強いで。君も、耳にしたことぐらいはあるやろ?」
トウジは穏やかな顔のまま言う。
「下士官を尊べと言う奴ですか。」
リョウジは、以前に聴いた言葉を思い出す。トウジはその言葉が嬉しかったのか、その人なつこい顔に満面の笑みを浮かせた。
「せや。わいは士官待遇やったけどな、その言葉はほんまに身に染みたで。」
少し遠くを見る。
「実戦経験が、あるんですか?」
リョウジは確認のように聞いた。
「そう珍しいことでもないやろ。大規模な物は治まったとは言え、今でもそこら中で小競り合いは起きているんや。」
そこでトウジは言葉をきった。
「これが、資料や。今日はこの後はフリーになっておるから、良く読んでおき。明日はブリーフィングで、もっと細かい話をする。スケジュールやカリキュラムの説明や。」
そう言うとトウジは部屋から出ていこうとし、立ち止まる。
「……君のプレッシャーになるかもしれんけどな、君には皆期待をしている。君には迷惑かもしれんけどな。……せやけど、そうせねばならないのが、わいらの事情や。残念やけどな。」
トウジはそう言うと、ようやく部屋を出る。
それを見送ると、リョウジは備え付けてあるソファに身をゆだねた。
渡された資料を手に取ると、ざっと目を通す。
(……わがままは言ってられないし、その暇もないし、君はパイロットになれってこと)
「まぁ、良いさ。」
(いつ死んでも同じなら、いつだって死にはあらがってなきゃいけない。それが俺の信念だ。むざむざ死ぬぐらいなら、泥水を啜ったって生きてやる)


118 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 01:06
「シンジ? どういう事よ。」
アスカは激しい口調で机に座る男に問いつめる。
「……何か問題でも?」
無表情のままシンジは顔を上げた。最もその視界はサングラスで隠れているため、彼が本当にどう思っているかなど分からないのだが。
その様子にアスカは舌打ちをする。
「何か、じゃないでしょうが。チルドレンの説明もろくにしないまま、こっちに渡さないでよね。承諾だとかは、あんたに任せて居るんだから。」
机に片手を載せ大げさな身振りまでして叫ぶ。
「別に、彼も判っているさ、拒否なんて言葉がないのは。」
眼前で行われる行為にも全く関心を示さず、彼は実に平板な声で答えた。
「そう言う事じゃないでしょ。確かに彼は孤児院育ちかも知れないけど、そう言ったことは大切でしょうが。」
「……まぁ、良いじゃないか、アスカ君。」
憤るアスカを宥めるように、カヲルは声をかける。
アスカはじろりとカヲルを一瞥し、大きく息を吸う。
「チルドレンはその精神的ケアも含めてトータルしたシステムで存在するのよ? 
そうじゃなかったらとてもじゃないけど、戦場には出せない。完璧なバックアップと、本人の了解を持ってようやく『駒』として使えるの。不完全な『駒』は無用よ?」
アスカはなるだけ冷徹な声を出すようにつとめた。
「駒ね……」
その効果が現れたのかは知らないが、シンジは眉値を寄せると少し不快そうにその単語を口にした。
アスカは効果があったかな? と少し思うが演技の可能性も否めないので無視をする。本気でそう思うならばそれに悩めばいい。そう思う。


119 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 01:08
「促成で育成は出来ないのかい?」
停滞した空間を振り払うようにカヲルが問う。
「さァ。本人にやる気があればね。資料を見る限りでは、それなりの能力を有しているようだけど……」
カヲルの声に少し毒気が抜けたアスカは投げやりに答える。
「やってみなきゃ判らない?」
カヲルはアスカの考えを口にして出す。
「……残念だけどそうね。昔から育てていたチルドレンや、他の候補生達でも完璧ではないわ。特に精神的に未熟すぎる。ある意味で温室栽培だった訳だし。」
「そう言えば、外から来た子を受け取るのは何年ぶりだろうね。」
カヲルは顎に手をやるとそう言う。
「二年ぶりよ。」
アスカはカヲルとのやりとりで冷静になっている頭を自覚しながらも、まだ怒っているというポーズを捨てなかった。
「二年前に来たその子は?」
カヲルはお構いなしに問う。
「それなりに優秀よ。でも、やる気はないわね。」
「やる気?」
「ええ。平たく言えば、手を抜いているわ。多分彼はもっと優秀だろうけどね。」
「それは何故?」
「さァ。聞きたかったらそこの馬鹿に聞けば。」
アスカはそう言うと、机の上で手を組んでいる男を顎で示す。
顎で指された男を横目で眺めながら、カヲルは苦笑する。
「……知っているのかい?」
「予想された問題だ。閉鎖された環境に置いて、地球を救うための一大プロジェクトがある。その中で、英才教育とは言え、君達がそれを担うんだと聞かされて育った子供達はどんな反応を示すか?」
そんな中でもシンジの声は平板だった。
「まあ、増長するね。」
カヲルはさてどうしたものか、などと思うがとりあえず答えを言う。
「そう言うことだ。それはどう意図しても防ぐのは不可能だ。馬鹿を利口にする薬なんて無いからな。
それを受け止めた上で、システムを構築せねばならない。それには外部からの血が必要だ。
だからある程度恣意的に、候補生の選出を遅らせたりしていたが、それを理解しない人間もいるのでね。結局は上手く行かなかった。」
そこで、シンジは言葉を切った。
「頭が良い人間ほど、その環境の異質さに気付くものさ。運がいいことに現在選出されているチルドレンの二人はそれを理解している。」
シンジは皮肉下に口元を歪ませた。
「それを促すために、あえて彼にチルドレンのことを言わなかったの?」
アスカはシンジの話から彼の意図を推測して言う。
「まぁ、二年前の彼にモデルケースとしてやってもらった。二年前の時点で、その彼は充分に優秀だったからね。
唯一の誤算は、それ以降候補者が現れなかったことだ。彼の報告だけならば、何処までそれを信頼して良いか判らなかったが、自分の目で見て確信したよ。」
「自分で見に行ったのかい?」
それは聞いていないな、と言う批判を暗に込めたものだったがシンジには全く聞かないようだった。
「対外的なことはカヲルに大分まかせているからな。暇を見つけて何回か足を運んだ。まあ、アスカだって判っているはずだ。」
「……」
アスカは知っていたからなのか、無表情のままでいる。
「サード、加持リョウジにはある程度疑惑や反感を持ってもらっていた方が良い。彼は利口な少年だ。人の話を聞くと言うことの重要さを理解している。」
「……ハァ。あんたの陰謀好きには参ったわ。」
アスカは大きなため息をつくと、手を挙げながら言った。
「判ったわ。サードには好き勝手やってもらうわ。でも、知らないからね。やばい目にあっても。」
アスカはこれ以上化かし合いをする気はなかった。意味がないからだ。悔しいがここはあえてシンジのとった計略に乗ってやろう、そう思った。
そうなればやることは一つだ。とっととこの馬鹿との話し合いをやめて、滞っている事務作業をしなくては。
「その点は問題ない。」
彼がそう言いきるのをみて、アスカは鼻を鳴らすと、失礼します、と言ってでていった。
その後ろ姿を見送りながらカヲルは苦笑する。
「シンジ君、アスカ君にあの事を言わなくても良かったのかい?」
「別に言ったからと言ってどうなることでもない。余計な情報は彼女の判断を鈍くするだけだ。一部の人間が知っているだけで良い。」
彼女は自分の役割を知っている人間だから言う必要はない、ってことかい。ちょっと妬けちゃうな。カヲルはそんなことを思った。


120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 01:14
いい感じ!
それぞれの年齢とそれに伴った性格が上手く出ていると思う。
文章も読ませる。じっくり推敲したらぜひ続きを読んでみたい!

121 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 01:33
推敲ナー。
あれやると切りがないんだよなー。カラーの塗りがいつまでも終わらないみたいに。
おいらすぐ投げ出しがちだしナー。

しかし、レイ全然うごかねー。吃驚するぐらいうごかねー。
加持も期待していたほどうごかねー。使徒も全然でてこねー。
あー、後基本的にリツコ萌えの人なんで、物凄く優遇されると思うけど、見逃してね。

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 01:42
これって
シンジ→ゲンドウ
アスカ→ミサト
に置換してもそのまま通用する様な…
DQNじゃないスパシンが成長すれば、こんな感じかな。
ゲンドウに似すぎていて、なんか嫌だ(w

でも面白いので続きをキボンヌ!!

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 01:47
>「サード、加持リョウジにはある程度疑惑や反感を持ってもらっていた方が良い。

おもろい。「エンダーのゲーム」のグラッフ大佐みたい。
少なくとも二年前の子供が出てくるまでは読みたいです。

124 :ちょっとだけ書いたみた:02/03/07 02:26
>>122
正直なところ置換しても平気だろうね。
ていうかあのポジションの二人はああいう風にしか動かないようになって居るんだけどさ。
有能な司令と指揮官であるように書いたつもりだし。
まあ、その中で如何に差をだすかなんだが、おいらの力不足もあるだろうな。

シンジがスーパー化するのは司令である以上仕方がない。
あのポジションは物語の構造的にもスーパーにしなくてはいけないし
なによりゲンドウは密かに物凄くスーパーな男だった。

>>123
正直、言われるまできづかんかった。
多分無意識のうちにでてんだろうな。とは言っても一回しか読んでねーけど。
きちんとした組織を書くとエンダーのゲーム化するのは避けられないだろうな。
あれは物凄く良くできているわけだし。
なによりおいらは、海外小説にあるようなもったいぶった言い回しが物凄く好きだ。
英国人最強。

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 03:07
お絵かき掲示板にて大量更新が。素晴らしいよ。

126 :Crazy Guardian ◆2la2v2PM :02/03/07 05:28
「君が加持君だね。国連の者だ我々と一緒に来てもらおう。」
授業中に俺を呼び出した黒服の男にいわれた言葉だ。
 
セカンドインパクトから15年。人の世界は前の形を取り戻しつつある。
復興までの間、人々は飢えや病に苦しみ各地で暴動が起き死者が出た。
俺の親父もそんな中の一人だ。
親父は自衛官だった、暴動鎮圧の為に出てその混乱の中で死んだ。
母親も父の死後に病死。そして俺は孤児院での生活を余儀なくされている。
 
黒服の男の威圧的な態度に抵抗できず俺は車に乗せられた。
「何処へ行くんですか?」
俺の問いには答えず男は車を走らせた。
いったい何の目的で俺なんかを連れていくのだろうか?
はっきり言って訳が分からない。今分かる事は抵抗しない方が賢明だということぐらいだろう。


127 :Crazy Guardian ◆2la2v2PM :02/03/07 05:33
スレの意向の大半を無視して書いてみました。
>>48 >>50 >>54をだいぶ参考にぱくった。(w;;

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 09:23
>>116-119
いい! 面白い。
シンジとゲンドウって(アスカとミサトも)もともと性格の根幹部分は似てる感じだったから、
相手の立場におかれたら、結局同じような態度の人物に成長しちゃうかも。
内面まで同じとは限らないけど、外に出る(人から見える)態度は、立場とか周りの人間
関係とかにどうしても拘束されてしまうしね。そう見えるように振る舞わざるを得ない、とい
うか。

ここではまだ1stと2ndが誰かについては触れられてないね。
個人的な意見だけど、立場入れ替えは「あの時はこういう立場だったからこういう態度をと
ったけど、あの時もし相手の立場だったらどうだろう?」という思考実験的な面白さが主眼だ
と思う。そういう意味ではやっぱり1stはリツコであって欲しいんだよね・・・。
1st=リツコ、2nd=加持、3rd=ミサトっていうのもなかなか面白そうな気もするんだけど(w

続き読みたいです。

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/07 23:09
1st=リツコ 2nd=ミサト 3rd=加持
1st=リツコ 2nd=加持 3rd=ミサト
1st=ミサト 2nd=リツコ 3rd=加持
1st=加持 2nd=ミサト 3rd=リツコ

今のところでたナンバー割り振りはこんなとこか。

130 :名無し@深夜貫徹組:02/03/08 01:29
飛び入りで参加させてくださいませ。
まあ、シリアス&本流は他の人に任せて、オレはコメディっぽいやつを。

マヤ:「あ、あのですね。私……姉妹が二人いて、いつも家族の分のお弁当作ってるんですけど
    材料とか余っちゃうんです。で、あの、勿体ないので、こ、これ食べてください!」
リツコ:「……私?」
マヤ:「はい! あ、余り物といっても私と同じメニューですので心配しないでください。せんぱい!」
リツコ:「………同級生なんだけど」
マヤ:「ああ! せんぱいと同じクラスだなんて! 机並べて一緒にお勉強とか! きゃー!」
リツコ:「…………」


マヤ=いいんちょポジション
リツコ=1st
ってことで。

シゲル(トウジポジション):「俺の立場無いっす。と、いうかロンゲにジャージは似合わないっす…」

マコト(ケンスケポジション):「え? 僕、軍ヲタでも、カメラヲタでもないんだけど…
                  あ、でも葛城さんの生写真が取れる? ……売らないゾ……」



131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/08 01:55
ワラタ
そりゃ愛情の対象は変わらないか。

132 :名無し@深夜貫徹組:02/03/08 02:40
断片的に。

 常夏になってしまった今でも中学校の体育の時間は変わらない。
 この暑い中、グラウンド100m走の計測をしているクラスメイトを尻目に
プールの方へ視線を向ける加持リョウジ。プールでは女子が水泳の授業を行っている。
 少し差別を感じながらも目の保養を行っていたが、ふと一人の少女に目がいった。

(エヴァンゲリオン零号機専属パイロット赤木リツコ…………か……)

 リョウジは同じ「チルドレン」の彼女のデータを思い出していた。データと言っても
調べた限り、過去は全て抹消済み。つまり何も分らないということだ。訳ありというこ
とは間違いないだろう。何かNERVの機密に関わることだろうか。

(それにしても………まだ笑ったところを見てないな…)

 と、思案に暮れているリョウジの背後から、ぬ〜っと現れる二人。

「加持〜、何熱心な目して見てるっすか〜〜〜」
「リョウジも、結構すけべなんだね」
「……なんだ、シゲルとマコトか」

 クソ暑い中、絡んでくる2人組に一瞥をくれると、再びプールに視線を移す。

「お? 赤木っすね? センセも渋い趣味してるっすね〜〜〜」
「赤木の胸、赤木のふともも、赤木のふくらはぎ〜!!」

 考え事を邪魔された形になったが、それはそれとしてこのノリは嫌いじゃないリョウジ。

「ふっ、甘いな君達は。いいかい?女性の魅力は鎖骨にある」
「「は?」」
「あの曲線、流れ落ちる水滴が鎖骨を通る瞬間、堪らないね」
「「はあ…」」
「背中からヒップにかけてのラインも重要だ。そして……(ごにょごにょ)」

 呆気に取られたシゲルとマコトに耳打する。

「うわ! リョウジって大人………」
「し、師匠と呼ばせてくださいっす!!!」

 何を伝えたのだろうか。



続ける?


133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/08 02:54
>>132
(・∀・)イイ!!すごく好き

やっぱり入れ替えは設定自体がムチャだからギャグ似合うね

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/08 08:49
>>129
俺はやはり、1st=リツコ 2nd=ミサト 3rd=加持 を支持したい。
なぜなら、「ビジュアル的に考えてミサトに白は似合わないし、リツコに赤は
もっと似合わない」からだ。
万人を納得させうる理由だと信じる(w

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/08 20:31
>>129
1stミサト 2nd加持 3rdリツコ 4thゲンドウのリツコ視点ってのはどう?
ミサトは最初失語症でそのうち回復、加持は早い時期から本部にいてエース
ゲンドウがーリツコとー
初号機コアはナオコで、ナオコ=シンジの叔母あたりにしとけ
唯一の肉親である叔父のシンジ
生活費だけ渡され後は放置のリツコの元に手紙が!
「あの....ちょっとこっちに来てくれないかな」

シンジが司令でもシンジらしくいるためにはシリアスは無理
全般コメディタッチのもきぼーん
>>40
>>61
こんな感じの

>>116-119
>>132
(゚д゚)ウマー
でも主役が加持だと目的が変わっただけのスパシンものみたいでどうも(笑
上層部の動かし方次第だね

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/12 19:37
定期age

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/15 18:02
やっぱり廃れちゃったねー

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/16 01:48
シンジが逆行して、まちょーな肉体を持つ小説キボンヌ

黒光りするマッスルボディーで世界を革命していくシンたんハァハァ

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/16 09:52
>>138
シンジがまんまJOJOの承太郎でしかもスタープラチナつかえる
トンデモFFなら読んだことあるYO!!

140 :名無し@深夜貫徹組:02/03/18 01:30
(2-A:NORIKO.H)>>加持君があのロボットのパイロットだってホント? Y/N
(2-A:.RYOUJI.K)>>ふっ、簡単に教えることはできないな。条件を出させてもらおう。
(2-A:NORIKO.H)>>条件?
(2-A:.RYOUJI.K)>>今日の放課後、一緒にお茶でもしながらではどう? Y/N
(2-A:NORIKO.H)>>えっ?
(2-A:KIMIKO.H)>>ああ!!ノリコずるい! 加持君、私とはどう?
(2-A:NORIKO.H)>>……Yes
(2-A:KAZUMI.A)>>デートでしたら私としません?
(2-A:KIMIKO.H)>>ノリコ抜け駆けずるい!
(2-A:NORIKO.H)>>だって…
(2-A:REIKO.K)>>>カズミ!あなた彼氏いるでしょうが!私も立候補しまーす!
(2-A:.RYOUJI.K)>>はっはっはっ。いやいやいや。
(2-A:RITSUKO.A)>>…碇司令に報告。
(2-A:.RYOUJI.K)>>って! ちょっと待った!!>りっちゃん

キール「えー、私はそのころゼーレに所属してましてね…」

141 :名無し@深夜貫徹組:02/03/18 01:33
>>138
こんなの?
ttp://www2.big.or.jp/~ichi/eva/macho/rurou.html


142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/18 02:00
>>140
非常に揚げ足取りなのだが、「NORIKO.T」だと思う。

でもオモロイ。

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/20 14:01
日高?

144 :名無し@深夜貫徹組:02/03/22 02:21
>>142-143
ヽ(;´Д`)ノ

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/23 02:16 ID:???
age

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/23 19:56 ID:???
保全sage

147 ::02/03/24 18:43 ID:???

http://choco.2ch.net/test/read.cgi/shar/1016885176/l50

シャア板にあった。なかなかいい感じ。

148 :147:02/03/24 18:45 ID:???
すみません、クッキーの期限切れで投稿画面に戻したとき、名前確認するの忘れてました。
1さんゴメンよ〜。

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/27 03:12 ID:???
保全sage

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/27 23:44 ID:???
1st=ミサトを支持。
失語症で無口なんだけど、使徒に取り込まれた加持が見た仮想世界(或いは加持が見る夢)では
リナレイに相当する元気ハツラツなミサトがエビチュを咥えながら「遅刻するぅ」とか言って走ってる
……ダメですか?コメディだったら面白いかなぁと。
さすがにエビチュを咥えるってのは冗談だけど、そう作るのも手じゃない?

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/30 08:54 ID:???
>>150
とするとセカンドリシコは知性の高さで他人をやり込めるのを楽しむ
プライドの高い少女ですか?

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/30 09:03 ID:???
むしろぶつかってパンツを覗いた加持の反応のほうが気になったり。
……でもそうすると朝加持を起こして平手をお見舞いするのがリツコか……まずいな。
我々のシナリオにはないことだぞ、碇(笑

153 :名無し@深夜貫徹組:02/03/31 03:32 ID:???
どっかで
学園シンジ=ゲンドウ
学園アスカ=リツコ
リナレイ=ユイ
なFFがあったような・・・

>>152
まじまじと見そう(w

154 :名無し@深夜貫徹組:02/03/31 04:11 ID:???
もう、需要ないかな・・・

(暗闇でゼーレに報告する碇シンジ司令)
シンジ「・・・以上が、現在の人類補完計画の進捗状況です」
ユイ@議長「少し遅れてるわね」
シンジ「1.2%も遅れてません。許容範囲内です」
ユイ@議長「ふむ。まあいい。次の議題の方が重要ね」
シンジ「?補完計画より重要な議題ですか?」
キョウコ「さよう。とっても重要な計画よ」
ナオコ「そうね。最重要、最優先ね」
ユイ@議長「そう。今、進めなければいけないのは碇家補完計画!」
シンジ「……はぁ?」
キョウコ「シンジ君、アスカとはどう? キスぐらいした?」
シンジ「な!?」
ナオコ「あら? シンジ君が好きなのはレイちゃんよね?」
シンジ「あ、あの、なんなんですか!?」
ユイ@議長「世界を牛耳る碇家の後継ぎ問題は重要よ? それが【碇家補完計画】!
        で、どっちなの? アスカちゃん? レイちゃん?」
シンジ「…………賭けてるでしょ?」
ゼーレ「「「ぎく!」」」
シンジ(はあ…昔は東洋の三賢者と呼ばれた人達なのに……)

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/31 04:57 ID:???
>>154
(・∀・)イイ! 職人さん任せで申し訳ありませんが需要はありまくりです

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/03/31 15:14 ID:???
そういやナオコはエヴァのコアでなければゼーレが落ちつくね。
その場合は、ばあさんと呼ばれる程年をとってないんだろうなー
まだリツコ14歳だし。

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/05 19:40 ID:???
hozenn sage

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/13 10:08 ID:???
sage

159 :名無し@深夜貫徹組:02/04/14 03:11 ID:???
>>155-156
どもども、ぼちぼち逝くです。
時間があればちゃんとした文章形式でやりたいけどね。つーか他の人はぁ?

ミサト:「あ、あのヘリに他のチルドレンが乗ってるのね!」
シンジ:「ああ、そうだよ。気になるかい?」
ミサト:「そーねー、どんなやつか、ちょっち気になるわねー」
シンジ:「ちょっとだけなの?」
ミサト:「それよりもシンちゃんの方に興味深深よん♪」
シンジ:「はは…僕はもう歳なんだから”シンちゃん”は止めてよ葛城さん」
ミサト:「だーめ!ミ・サ・トって呼んで!シンちゃん!」

ミサト来日ってことで…

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/16 16:48 ID:???
sage

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/16 19:46 ID:???
sage

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/16 22:59 ID:ENR329W.
ttp://www.spacelan.ne.jp/~edith3/evass1.htm
皆の妄想、ここで解き放てるのでは?

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/16 23:00 ID:???
しまったsage

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/04/23 21:10 ID:???
ほぜ

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/07 00:00 ID:???
hosyuhosyu

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/07 01:03 ID:???
新世紀エヴァンゲリオンを1位にしよう!!
新世紀エヴァンゲリオン(OP)に、投票お願いします!
http://canal.press.ne.jp/mesganq/mesganq.cgi

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/11 17:01 ID:???
保全あげ

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/11 19:47 ID:???
いい加減、このスレは逝かしてやろう。

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/17 09:47 ID:???
保全

170 :◆2la2v2PM:02/05/20 01:49 ID:???
ヤル気が起きねぇ。
起爆剤をくれ…

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 00:07 ID:n8/JomUs
逆行モノでシンジがすっごい努力するんだけど
やっぱりアスカが壊れてレイとカヲルが死んじゃうような話が読みたい

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 00:26 ID:pZhVy7Gk
赤木リツコ:ネルフ総司令・30歳
葛城ミサト:ネルフ作戦部長・29歳(少将)
御統ユリカ:ネルフ作戦副部長・21歳(少将)
伊吹マヤ:ネルフ開発部長・25歳(大佐)
星野ルリ:ネルフ総合オペレーター・16歳(少佐)
綾波レイ:零号機パイロット・14歳(少尉)
惣流アスカ:弐号機パイロット・14歳(少尉)
碇シンジ:初号機パイロット・14歳(少尉)
日向マコト:オペレーター・24歳(大尉)
青葉シゲル:オペレーター・24歳(大尉)
加持リョウジ:ゼーレが捏造した架空の人物

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 02:05 ID:???
マジで読みたいのが、
宇宙ステーション『方舟』が舞台で
登場人物はシンジとレイ以外全員ゾンビ化していて、
エヴァンゲリオンも当然ゾンビ化し、
『ゾンビ化したアスカ』が、腐ってじゃまな下半身を捨ててボロボロになっていきつつも闘ったり、
『ロボット化するも髪の毛だけ伸び続ける綾波レイ』がピコピコしたり、
ミサトやリツコの腐敗臭で無重力空間にシンジがゲロをまき散らしたり、
ミサト・カジのゾンビ同士のセックスシーンでは無重力空間の中をぐるぐる回転しながら、
体液や腐肉液が四方八方に飛び散り美しい……
といったところが見所になってるようなやつ。
まじで誰か書かない?

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 02:19 ID:???
sageで行こうよsageで。

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 19:17 ID:Tk1vtAaI
静かなるドン風エヴァ(LAS風)
カイジ風エヴァ
ちゅらさん風エヴァ
etc…

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/21 19:33 ID:???
>静かなるドン風エヴァ
 女性下着にうるさいネルフ総司令とか?

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/23 21:22 ID:mqLO.gAA
リツコが司令
ミサトが作戦部長
ユリカが作戦副部長
加持はゼーレが捏造した架空の人物
面白そうだな

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/24 03:15 ID:???
サキエルが逆行して、サードインパクトにたどり着くまで繰り返す。

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/25 23:24 ID:Y7cCLgl2
age

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/26 15:49 ID:2zQEzqRM
このスレの前のほうで言ってたシンジ達とミサト達の立場逆転小説、誰か書いたのかな?
誰も書いてなかったら書いてみてもいい?

181 :◆2la2v2PM:02/05/26 15:56 ID:???
書こうとして書けませんでしたがなにか?

sageでいこうよ頼むから。

182 :180:02/05/26 17:28 ID:???
あ。ごめんなさい。
あんまり人来てないからageないとわからないかと思って。

とりあえず書いてみますです。

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/26 18:00 ID:O3I524gI
>>182
碇シンジ:初号機パイロット・14歳
葛城ミサト:零号機パイロット・29歳
加持リョウジ:弐号機パイロット・31歳
赤木リツコ:ネルフ開発部長・30歳(三佐)
惣流アスカ:ネルフ作戦部長・15歳(一尉)
綾波レイ:ネルフ諜報部長・13歳(一尉)
伊吹マヤ:オペレーター・25歳(二尉)
日向マコト:オペレーター・24歳(二尉)
青葉シゲル:オペレーター・24歳(二尉)
碇ゲンドウ:ネルフ総司令・48歳
冬月コウゾウ:ネルフ副司令・58歳
この人物関係を小説にすると面白いよ。

184 :180:02/05/26 18:24 ID:???
思いつきで書き始めようと考えたものの…
いざプロットを練ろうとしたら、凄く難しいということに気付きました。

こいつぁむずいぜとっつぁん!
とりあえず、双方の立場逆転は諦めますです。はい。
何はともあれ、書かないとね。言うだけなら誰にでも出来っちゃん。

185 :◆2la2v2PM:02/05/26 18:46 ID:???
すいませんねはい。

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/26 18:48 ID:???
時計仕掛けのオレンジをお手本にストーリーを…略

187 :◆2la2v2PM:02/05/26 19:00 ID:???
ネタ提供希望。

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/26 19:33 ID:???
SSを書こうと思っているのですが
学園エヴァ+育成計画というのはどこかにありますか?
LAMMS+レイX三尉になる予定です。

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/26 23:26 ID:O3I524gI
>>180
赤木リツコ:ネルフ総司令・30歳
葛城ミサト:ネルフ作戦部長・29歳(少将)
御統ユリカ:ネルフ作戦副部長・21歳(少将)
伊吹マヤ:ネルフ開発部長・25歳(大佐)
星野ルリ:ネルフ総合オペレーター・16歳(少佐)
綾波レイ:零号機パイロット・14歳(少尉)
惣流アスカ:弐号機パイロット・14歳(少尉)
碇シンジ:初号機パイロット・14歳(少尉)
日向マコト:オペレーター・24歳(大尉)
青葉シゲル:オペレーター・24歳(大尉)
加持リョウジ:ゼーレが捏造した架空の人物
この人物関係で小説を書くといいよ。

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/28 03:45 ID:???
>>180
立場逆転小説なら、

2年A組全員エヴァパイロットになる
→エヴァパイロットの反乱、本部占拠
→シンジがネルフ司令になる
同じくレイが副司令、アスカが作戦部長
→ゲンドウ以下ネルフ職員は雑用
→シンジがサングラスと白手袋をはめてポーズをとる
→ウマー!

ってのはどう?

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/28 04:06 ID:???
>>190
それってシチュエーションが変わってて一瞬「おっ」と思うが
その設定で何をやりたいのか、どんなテーマを持たせるべく
そういう形になったのか、全く見当がつかない。

お笑い系だとしても一発ネタにしかならないのでは?
それもオチを綺麗にまとめないと作文にもならない。

シリアス系だとしてもチルドレンの悲哀みたいなものが
下敷きになるのなら、反乱占拠がクライマックスになるだろう。
そこまでを緻密に書けば面白いかも。

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/30 12:14 ID:???
>191
 190とはちょっと違うが、こんな設定はどう?

 2年A組は全員チルドレン候補生ということを知っている。
しかも、彼らは使い捨てで、出撃したら最期まともな生活を営めなくなる。
けれど、彼らは自分の大事な人をとられていて命令に従うしかない。
だが、あるとき、その大事な人こそがコアに吸収されて出撃していた
ことを知り、彼らの怒りがついに爆発、ネルフに反乱を起こす!

 チルドレンはどーすんだ?というのは考えていません...
シンジはゲンドウの息子としてどう考えてもみんなの血祭りになりそだし。

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/30 17:15 ID:???
>>192
それちょっと鋼鉄っぽいかなと思った。

ケンスケ・ヒカリあたりを前面に出して、トウジが生徒側とネルフ側の微妙な立場にあるとか。
アスカは物語後半でドイツからやってきて一悶着起こし、ヒカリと意気投合して生徒側に。
シンジは完全脇役(死んでもいいかも)で、レイはネルフ側の人形で。

結末がどうしてもオーソドックスになってしまうから、やっぱ途中経過を面白く書けるかだな。
自己存在に悩みつつ、みたいなヒューマンドラマ系とか、ジュブナイル系アクションにするとか。
他にもいろいろ方法はあると思うけど。

イケてるんじゃない?ってこと。

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/05/30 22:02 ID:???
僕らの七日間戦争をベースに、
バトル・ロワイヤルのエッセンスも付け加えての、
2−A頑張ってますモノが読みたい。
使途戦も有るがスパシンみたいな無茶が無いのが良い。

最初は単に子供を使途戦へと狩りだす大人への反抗だった筈が、
何時の間にか大人対子供、またはスパイの子供との殺し合いに変わっていて、
それでも大事な何かを忘れないで生きる為に必死になって戦う話。
誰か書いてくれー

195 :192:02/05/31 04:28 ID:???
>193
>ケンスケ・ヒカリあたりを前面

 漏れも書いててケンスケ主役か?とか思っていたよ。
子ども&近親者使い捨てはいけてないかな?
特攻隊と精神汚染の組み合わせで考えてみたんだけど。

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/06 03:19 ID:???
エヴァみたいに近未来な時代じゃなく大正時代ぐらいの科学しかない時に
使徒襲来があってたいした科学力もなく人の知恵と科学を振り絞っても戦況は
どんどん不利になって絶望だらけに・・・ってなのが読みたい。
近いイメージだとガンパレードマーチの世界に初めて幻獣が現れた時のような感じかなぁ・・・

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/07 19:52 ID:???
>>196
何となく帝都物語を思い出してしまった…

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/13 13:38 ID:ft29u72A
保守

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/13 13:39 ID:LnYxFSDY
214 名前:213 :01/10/20 12:02 ID:fFGjQToc
先程お願いしましたが、まだ削除されていません
事実無根です
早急に削除して下さい
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/company/997171282/699

215 名前:削除屋三太郎 ★ :01/10/20 12:09 ID:???
>>213-214
http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_guideに、
>法人・公的機関の取り扱い
>原則放置
> 法人・企業については、社会・出来事カテゴリ内では、批判・誹謗中傷、
>インターネット内で公開されている情報、インターネット外のデータソースが不明確なもの、は全て放置です。

とありますので、放置とさせていただきます。

260 : :01/10/23 10:54 ID:iMDesK4O

> 法人・企業については、社会・出来事カテゴリ内では、批判・誹謗中傷、
>インターネット内で公開されている情報、インターネット外のデータソースが不明確なもの、は全て放置です

おいおい、データソースが不明確だからこそ削除するんだろうが(苦笑

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/13 16:50 ID:???
なんじゃこれ&200げとズザー

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/16 03:23 ID:???
日向が逆行→来たばかりのシンジになってる
ってのを読んでみたくなった・・・

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/16 04:25 ID:???
>>201
じゃあ、ミサトさんと同居するときはハァハァものだね。

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/21 16:40 ID:???
保全あげ

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/22 05:14 ID:zU8wLPqg
世界を手玉にとって
ずたずたに引き裂く
子供たちよ
太陽はもう老いさらばえてしまった

おまえの現実が
ぼくに町の黙認と戦わせても
ぼくのせいじゃない

たぶんぼくたちは知るだろう
全人類が血に溺れているって
言いたい

ほとんど同じように
色あせてしまった人たち
ぼくの怒りは
新聞を読む

歴史に読むんだ
ぼくの苦しみの全てを
死を望まないぼくの家族に
目を向けよ

問題意識を持たずに
世界を見つめるとき
本質を求める

おまえの現実が
ぼくに人類と戦わせても
ぼくのせいじゃない

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/23 05:16 ID:7uJzFjwM
LARSにありがちな能天気さのあまり無い暗いLARS。
EOE後の海岸でのシンジとアスカの姿を見たレイは二人の行き先が不安に
なりまた人間化して戻ってくる。
人々が戻る中、「かつてのEVAパイロット」という絆にすがった三人は一
諸に暮らし始め、それぞれ友と恋人(シンジのみ友兼恋人×2)を得るが、三
人とも心に深い傷を持つため常に不安さが漂う。(一番精神の安定している
レイがしばしば精神に失調をきたす後の二人の面倒を見ている)
周囲の人間も互いに胸を貸し合う事で生きている彼等に心を痛めるがどうに
もできない。
そして、三人が想う事は「これから先、自分自身を含めて誰かが欠けたらど
うなるんだろう」という想い。そんな事を考えながら年月は過ぎる…と、いう物。

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/23 09:51 ID:???
使徒の視点で一人称なエヴァ。
夏。ぼくは地球に降りた。山を越えると、何かが飛んでいる。
この星の人が作った、何か。
遠くから小さな車が、こちらを撃ってくる。
ちいさな、飛んでいる、蠅みたいなものも、
僕を撃っているみたいだ。こそばゆい。

僕は、本当は歓迎されていないのかもしれない。
でも、僕はいかなくちゃならないんだ。

周りから、級に車や蠅がいなくなる。
とおもったら、すごい音と光が、僕を包む。
熱くて嫌だ。でも僕の体は全然平気だ。
これで分った。この星の人は、僕を歓迎していない。

デモ イカナクチャ
第三新東京市に。




# 漏れのテクストはヘタッピだけど、

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/23 11:29 ID:???
>>205
うまく書いたら名作になりそうだ

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/23 12:46 ID:???
スーパーシンジ、アフターモノ。
すべての戦いが終わった後、シンジが日常にはあまりにも過分なその力に苦悩する話。
ただし、間違うとひたすら厨臭いハーレムものになる可能性あり。

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/06/30 12:56 ID:???
EOE後、すべてが元通りになった世界。
身寄りの無くなったシンジとレイは、手を取り合って新たなスタートを切る。
(アスカはドイツへ帰国。ミサト、リツコは他界)

しかし彼らにとって現実は、あまりにも厳しかった。
「私は人間じゃないもの…」
特異な出生と、協調性、主体性に欠ける性格故か、社会に馴染めず
シンジへの依存だけを強めてゆくレイ。

そんなレイに社会性を身につけさせるべく、シンジは努力を惜しまなかったが、
レイはシンジ以外に頑なに心を閉ざし、依存は却って強まるばかり。
自分の将来への不安も合間って、徐々に疲れが見え始めるシンジ。
そして遂に、レイとの別れを決心するが…

テーマ:自己厨なヒキコモリの子と、無償の愛情に疲れた親の葛藤を
    エヴァキャラに載せて送る社会派ドラマ。
    と見せかけて実はホラー(使徒としての本能に目覚めたレイに
    最後はシンジが捕食されてEND)。

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/01 11:57 ID:0DSpLvc2
>>209
手のこんだ精神的ブラクラかよ(藁

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/01 16:29 ID:???
>>209
どうせなら逆ギレしたレイが逆行して、モノ凄い勢いで
シンジを断罪する展開キボンヌ。
第二特務機関(シンジいぢめ専用)も創ってホスィ。

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/01 20:56 ID:???
>>278
悩むというか苦しむと言うか……。
力の強さにひでー目にあうというのはある。
ttp://freebbs.around.ne.jp/article/b/bbsss/8/xynqps/index.html
イタモノだけど。

213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/01 22:39 ID:B.eutEeI
サードインパクト途中。
皆がLCL化して行く中、突如事象が変化しインパクトが中断されてしまう。
総人口は30%を切りつつも、幾つかの国々はかろうじて政体を維持しえた。
南半球の殆どの海がLCL化しそこから戻って来る人達も数える程でしかない。

ラグランジェ・ポイントに安定した黒き月と、半数が地上に落下したエヴァシリーズ。

人々が見上げる空には異常な巨体と真白さを輝かせたリリスが幾つかに”ばらけて”
その空間を覆い尽している。
その異様な風景の中で復旧が進み、人々は日常を過ごす。
NERVやそのスタッフは音信途絶、元凶たる初号機は行方不明。疲弊した人類には衛生
やシャトルなど、その現状を確認する手段が無い。暫くは現状維持しかない。しかし常に地
上にその赤い瞳を落としているリリスの首は、人々の心に漠然とした不安を宿らせて行き
結果鬱病的なシンドロームが蔓延してしまう。
インパクト前の総力をもってしてもその頭部の排除、または牽引は不可能。だがこのまま
放って置く訳にもいかず何らかの打開策を求め、空に浮かぶNERV本部ジオフロント”黒き月”
へ調査チームを派遣する事となった。復旧を後回しにして完成させたシャトルに混成チーム
が乗り込んで行く。その中にはチーム只独りの日本人として元日本重化学工業所長、時田氏
の姿があった。

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/02 16:38 ID:DM9ajMpw
7/2

215 :名無し綾波:02/07/02 19:55 ID:M8pYOMCM
ミサトがゲンドウに下克上。
んでもってリツコが副司令

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/02 20:01 ID:???
>>213
時田!?
よ、よみてぇ〜

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/03 01:36 ID:???
レイ×アスカの組み合わせ(notレズ)で互いの問題を
解決していく内に幸せになってく長編SS読みたいなー。
この2人エレベーター内で喧嘩するシーンを最後に
接点無くしちゃうの消化不良ですごく気持ち悪い。
「自分にはエヴァしかなかった」という世界に二人しかいない
価値観の持ち主同士、時間をかければ仲良くなれると思うし。
ついでにシンジが一切ネルフに関わらず、普通の少年としての自分を
取り戻していく描写があると最高っす。

218 :217:02/07/03 01:40 ID:???
×シンジが一切ネルフに関わらず
○シンジが一切ネルフとの関わりを絶ち

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/04 04:20 ID:???
1.シンジがとにかく逃げまくるSS。
実は自分で書こうとしたけど、何故逃げるのかとか
どうやって逃げ切るかとかで断念。
普通に逃げても諜報部に見つかってあとは本編とほぼ同様になりそう。

2.鋼鉄の逆パターン。
戦自にスパイとして潜り込むシンジ。
やっぱり、なぜシンジがスパイになるのかで断念。
あと鋼鉄自体やったことないし。

3.あとはとにかく子供達の恋愛モノじゃないやつ。
たいていのSSはとにかく恋愛をからめようとしてるけど、「個人的には」食傷気味。

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/04 04:31 ID:PCYWyicI
あと二週間ぐらいまって。短編only

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/04 04:32 ID:???
sage忘れた・・・・

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/04 05:50 ID:???
>>213のが凄い読みたいぜ!!

>人々が見上げる空には異常な巨体と真白さを輝かせたリリスが幾つかに”ばらけて”
>その空間を覆い尽している。
>その異様な風景の中で復旧が進み、人々は日常を過ごす。

この情景カッコよすぎ。押井テイストでよろしく。

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/04 21:59 ID:5asimeBI
一見異世界物。属性は話の構造上どちらかに絞るとややこしくなるのでLARS(藁
こことは異なる世界の異なる時代で機動兵器部隊の少年候補生として訓練を受ける
少年碇シンジと、その幼馴染みでエリートの少女惣流・アスカ・ラングレー、異星
人の血でも入ってるのか青い髪に赤い瞳の少女綾波レイ。(性格は本編準拠)
そんな彼等も実戦に投入されるが、部隊名物の三角関係(一時期霧島マナの乱入で
混乱する)で周囲をパニックに陥れながらも切り抜けている。
しかし、戦いの中、彼等三人は序々に異様な能力に覚醒し、またこの世界での戦い
の背後に宇宙の持つ力である、「法」「混沌」「天秤」の争いがある事が判明して
行き、やがて彼等は三人で過ごすようになる。(なぜか自分達は争ってはならず、こ
うあらねばならないという気がしたから)
しかし、人とは違う力を持つ彼等はシンジが「天秤」、アスカが「混沌」、レイが
「法」の側に立たされ、戦う事に。絆を取り戻したいと願う中、三人の頭に様々
な映像や言葉がフラッシュバックする。「ネルフ」「セカンド・インパクト」「使徒」
「汎用人型決戦兵器」「ジオフロント」「ターミナルドグマ」「第三新東京市」等が。
それは彼等の前生の記憶で、彼等は自分達がかつてエヴァンゲリオンのパイロットと
してネルフに在籍し、使徒と戦っていた事。その末のサードインパクトの後、シンジ、
アスカ、リリスから切り離されたレイは互いに次の生でめぐり合う事を望み、リリス
の力を使い、時空そのものに自分達を呪縛した事。これにより彼等は自分達に近しかっ
た者達の魂と共に異なる世界に転生しては三人で結ばれていた事、そして、その代償
として、どの世界でも十四歳の時には動乱に巻き込まれ、収める役目を持った、「三身
一体のエターナル・チャンピオン」になった事を思い出す。
そして、戦いの中、再び一つに纏まった三人は最後の戦いで永遠の戦士としての自分達
の切り札である、三体の巨人…かつて初号機と呼ばれた「エヴァンゲリオン・ユイ」、
かつて弐号機と呼ばれた「エヴァンゲリオン・キョウコ」、かつての零号機と同じ姿
の「エヴァンゲリオン・リリス」(レイと切り離されたリリスが造りだし、自身の魂
を封じた物)を召喚する。

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 00:55 ID:???
>>219
逃げシンジ、俺も書こうとした事ある。
ムリだったけど。

もしや、探せば逃げスーパーシンジとかあるかな?

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 01:01 ID:???
>>217
そういう話ならラストまでにネルフを離れたアスカとレイがラストで再び
ネルフと無関係な所でシンジと再会し、(恋か友情かは置いといて)新たな
関係を築いていける終わり方だといいな。(一人だけ外れたままなのも
アレだしね)

226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 05:45 ID:???
マイケルムアコック?

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 23:42 ID:???
「天には神はいなかった。あたりを一所懸命ぐるぐる見まわして見たがやはり神は見当たらなかった」
                 ユーリー・A・ガガーリン

それは光の射さぬ暗渠のような空間であった。
人類が久方ぶりに踏み入れる空間。だがそこは既に汚されてしまっていて、本来なら光が当たるべき場所すらも暗闇に包まれていた。
一瞬ため息を付くと時田は視線を下に移す。
遙か彼方、数万キロ離れた場所にあるその星は、一目で分かるほどに酷い物だった。
我らが生命を育む母なる大地。
それは、汚されきっていた。
(だがどうしようもない)
時田はそう思う。
人類が間違った方向に行ったのは別に昨日今日の話ではないのだ。
いずれ、こうなる日が来ただろう。
ただそれが来るのが速くなりすぎただけだ。
彼はそう思うと口元を大きく歪めた。
自分が以前開発していた物を思い出したからだ。
(まあ、俺もその一員だったわけだが)
サードインパクトの経験は、彼を変えていた。

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 23:43 ID:???
首を振り、残りのクルーをみる。
彼らと実際あったことがある奴がここにどれだけ居るっていうのだ?
皆、ただ自分の納得がいく答えが欲しいだけではないか。
ふと、この元凶と言われているエヴァンゲリオン初号機のパイロットのことを思う。
まだただの子供だった。
気弱そうな少年だった。
(彼も被害者なのだろう)
そう思う。
そう、冷静に考えればおかしな事だらけなのだ。
以前に見た、チルドレンの記録が全てを物語っている。
愚かな人間達に踊らされ、望んでもないのに舞台に引き上げられ、そして断罪されようとしている。
全く人類というのは愉快だな。
彼は再び、口元を大きく歪ませた。

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 23:45 ID:???
213のイメージでちょっと書いてみた。
何も考えていないので変なところだらけだろう。
勿論続かないし。

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/05 23:55 ID:???
>>229
読みテー

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 01:29 ID:???
>>229
をを!!ぜひ続きを!
地表での描写とか見たいです。子供が瓦礫の山で遊んでいて、そらには白いモノが浮かんでる、みたいな・・・

232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 02:32 ID:???
>>223のプロットをまともに小説化したらどのくらいの分量になると思う?
(しかも舞台になる世界を変えればいくらでもシリーズ化できる設定だし……)

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 02:50 ID:???
>>232
マイケルムアコックぐらい。

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 16:14 ID:???
キャラ配置転換ネタは、性格そのままだとやぱりムズイかも。
特にパイロットの性格は補完計画のために意図的に歪められてるから、ああいう性格なのが必然なわけだし。
短編ならいいんだが、本編再構成しようとするとどうしても矛盾が出てくるね。

235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 19:13 ID:???
>パイロットの性格は補完計画のために意図的に歪められてる

こんな描写どっかにあったっけ?
まあレイは逆らわないよう主体性のない性格に育てられた、という可能性は
高いだろうし、
アスカもパイロットとしての性能を高めるためにエヴァに執着するよう心理誘導
された可能性もけっこうある。
でもシンジは初め予備扱い、おまけでしかなかったんだし、わざわざああいう
性格になるよう計算されたなんてことはないと思うが。

アスカとシンジに関しては明言もされてなければ仄めかす描写もなかった
と思われ。

236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 19:15 ID:???
>>235
製作者が歪めてるってことでしょ。

237 :234:02/07/06 20:51 ID:???
>>235
スマン。言われてみれば確かに公式にそういう描写はなかったかも。
どうもSS/FFの読みすぎで脳内情報が混じってる(笑)

どの作品だったか忘れたが、

補完計画の依り代にするにはパイロットの心が適度に壊れている必要がある。(でないとパイロットが建設的な世界を「願って」しまうかもしれないため、ゼーレの目的が果たせない。)
従って、アスカは意図的に壊れやすい人格に育てられた。(エヴァだけを存在意義と考えているアスカはそれを否定する情報を与えてやれば簡単に壊れる。事実、壊れた。)
ゼーレのお膝元のドイツで教育されたことから見て、本来の依り代候補者はアスカである。
アスカの「予備」としてシンジも10年間愛情を与えられず、内向的で脆弱な精神を持つように育てられた。(ゲンドウがシンジを「予備」と言ったのはこのため。)
ゼーレの計画ではシンジは予備だったが、ゲンドウは自分のシナリオのため、第三使途襲来の直前に故意に零号機の起動実験を失敗させ、「予備」が必要な状況を作る。

上記のような設定がやけに説得力があったので、思い込みでレスしてしまったようです。

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/06 23:17 ID:???
>>237
あのじいさん達、「初号気パイロットの欠けた自我を以って〜」と
言っていたから、そういうのがあったかもしれないね。

でも、補完計画に臨んだ際に強制的に歪めたともとれるけど。

239 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 00:40 ID:???
シンジがネルフに、冬月がゲヒルンに関わる経緯がナニゲにかぶるんだけど、
それをもっと意図的に描いたパロってない?

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 02:11 ID:62thWaCw
>229さん
続きを是非読んでみたい!!
もう人肌脱いでくれないだろうか。

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 02:25 ID:???
>>121ほのぼの板

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 02:25 ID:???
誤爆した・・・・・・

243 :名無しが氏んでも:02/07/08 04:21 ID:oz4VmjUg
>>235
洗脳すると、シンクロ率に悪影響を与えるとう会話を描写されていた。

心理誘導するならもっと残酷なことやっていたかも試練。

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 19:05 ID:???
>>237
確かに説得力あるけど、ゲンドウにとってシンジはレイの予備だったっていう素直な解釈はダメなの?

245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 19:31 ID:???
主旨から脱線してない?

246 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 22:09 ID:???
「ラン・アスカ・ラン」
最後まで走り続けるだけ

247 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/08 22:14 ID:???
TSものがいいな。

248 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/09 22:45 ID:???
ここからだと、あの街の出来事は蜃気楼のように思えた。
あいつのしたことは何だったのか。
あいつは幻を伝えようとしたのか。

あの日から既に一年半がすぎようとしていた。
現実という奴はいつの時代も厳しく過酷だ。
その中で人間はしぶとく生きている。
俺もそうだ。
知り合いはみんな居なくなってしまったが、それでも俺は生きている。
昨日、あの黒い月を調査しに行くシャトルが打ち上げられた。
良くもまあ、一年半でそれだけのものを作れたものだ。
まあ、その理由は分からないでもない。
あの空に浮かんでいる赤い瞳の持ち主が魅力的すぎるからだ。
世界ではあれをきっかけにシンドロームが発生したそうだ。
リリスシンドローム、と呼ばれているようだが、その理由は考えたくない。
俺にとってあの頭は、少々大きくなったが、綾波のそれだ。
俺が唯一現状を把握している知り合いの顔だ。

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/09 22:45 ID:???
サードインパクトというのは人類に少なからずのインパクトを与えた。
日本に限っていえば、その前の戦闘も。
だが一年も経つとそんなこともうどうでも良くなっていた。
皆生きるのに必死だったからだ。
原因を探りたいのは、一部の科学者と権力者と、そしてネルフに関わりのあった人間だけ。
あのサードインパクトを経験しても人類はなかなか変わらない。
そんなものだ。
いつだって、気付いたときには遅すぎるのだ。
そしてその罰は下されるべきだ。

現実という奴はいつの時代も厳しく過酷だ。
その中で人間はしぶとく生きている。
俺もそうだ。

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/09 22:49 ID:???
二十分程度で書いてみた小ネタ。
勿論深いところは考えていないので、適当。

251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/10 01:01 ID:???
>250
うれしいな!
うれすぃな!
大変だろーけど頑張ってちょーだい

252 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/10 01:06 ID:???
>250
このままいっちゃえ
文章もそつなく、読み易いよー

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 04:03 ID:usDbTWBQ
>>250
中々いい感じ
続きキボンヌ

254 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:15 ID:???
やれやれ、調査団長なんていうのは俺のがらじゃないんだがな。
クルト・シュタイナーがそんな役職に選ばれたのは、彼が全くの中立な人間であったからに他ならない。
彼の目的は、黒い月のコロニー転用に関してのものであった。彼は宇宙が専門の人間なのだ。
このことが指し示すように、サードインパクト後の人類はきわめて妥当な現実的な選択を取ろうとしていた。
つまり、サードインパクトの原因解明というのは建前で、あの黒い月をどう活用するかということだ。
現在の状況ではそのような宇宙開発にかまけている暇はないはずなのだが、
リリスシンドロームは思っていた以上に深刻で、それに対する抜本的対策が必要だった。
人類の数は激減していたが、生産施設や技術その物は失われたわけでなく、ライフラインが確保されると人類は生き延びるという目的だけはすぐに到達した。
勿論その中でもスラム化などの問題はあったにしろ、壊滅的な状況というものにはなっていなかったのだ。
(無論ライフラインが確保されない地域は悲惨なものであったが。
だが、それをどうするかという余裕はそもそもサードインパクト以前から無かった。
そして人というのは実に都合がよい生き物だ)
だからこそ一年半でこれだけの規模の調査団を宇宙に送り込めたとも言える。
人類その物が軌道に乗るまではあと数年はかかるだろうが、問題はそれ以降の計画であり、全世界に対するカンフル剤であった。
そしてカンフル剤として、宇宙開発というのは、古典的で広大ではあるが魅力的な案だった。
(ネルフの秘匿していた技術を転用することによってそれ以降の開発も容易に進むと考えられたというのもある)
そして目を付けたのが、黒い月だった。
今の人類の技術では到底不可能な質量の物体が、丁度ラグランジュポイントに浮かんでいるのだ。調査が行われるのは必然だった。

255 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:16 ID:???
しかし、この面子はどうなのかな。
調査員の仲はお世辞にも良いとは言えない。
それだけでなく、護衛たる海兵隊の連中とも仲が余りよろしく無いというのは問題ではないかな。
まあその原因というのは、多分彼女にあるんだろうな。
シュタイナーは目を細め、少し離れた座席に座る女性を見た。
彼女は一心不乱に窓に映る光景を見つめている。その表情には余裕というものが感じられない。
心の中で嘆息を付きながら彼は彼女についての特記事項を思い出す。
第七世代コンピュータの専門家。
実力は赤木博士の助手と同程度、マギに関して言えばそれ以下という話だったな。
それが原因なのかな? 
ああ、そう言えば彼女は科学者のくせに敬虔なクリスチャンという妙な人種だったな。
神に弓を引くネルフの存在にも懐疑的だった、いや攻撃的だったと言っても言い。
だからか? 時田にも厳しいのは。
そう思うと彼は時田の方を見る。
システム工学とロボット工学の第一人者。
ロボット工学に関して言えば赤木博士よりも優れ、システム工学に関して言えば赤木博士よりも劣る。
ふむ、優秀じゃないか。
だが彼はネルフの事を余り好きでなかったはずだ。
だがこの調査に志願している。そしてどちらかと言えばネルフを擁護している。
何故かな? そう言えば彼はネルフの連中に会ったことがあるんだったな。
それが原因なのかな?

シュタイナーは内部に沸き上がる衝動に身を任せることにした。

256 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:16 ID:???
「やあ、時田君。気分はどうかな?」
何か達観したような、それで居てどこか皮肉めいた表情をしていた時田にそう話しかける。
「気分ですか? そうですね、地球は青かった。と言うところですか。」
彼はそう言うと口元を歪ませた。
「ガガーリンだな。まあ、お世辞にも今の地球は青いようには見えんが。」
「気分の問題です。私もまた、科学者の一人として宇宙はそれなりに興味深いところなのですよ。」
「セカンドインパクト後、宇宙なんて見向きもされなくなっていたと思っていたがね。」
「そりゃあそうでしょう。宇宙開発には金がかかる。あの時はそれどころではなかった。」
彼はそう言うと、窓に顔を向けた。
「リリスか……」
「……ええ。今の人類ではあれを牽引する力は持っていない。だからこそあなたがここにいるのでしょうが。」
時田はシュタイナーの選ばれた理由を示した。
「そうだろうな。そして黒の月の再利用。それが実現できたら、面白いことになるだろうな。」
全く表情を変えずにシュタイナーは言った。

257 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:17 ID:???
「そう言えば、君は知っているかな。我々の護衛の海兵隊の連中だが。」
唐突にシュタイナーは話題を変えた。その言葉に時田が顔を戻す。
「志願者が多くて、その選抜に手間取ったらしい。」
「それは頼りになる連中ですな。見果てぬ土地にをも恐れぬ勇ましき海兵隊。素晴らしい。」
時田の軽口を全く無視をしてシュタイナーは続けた。
「彼らはアフリカ戦線、中国戦線、そして使徒と闘った経験もある猛者共だ。
言うなれば本物の兵隊という奴だ。糞まで筋肉で通っているいるような。
私には軍隊の友人が少なからず居てね。
だからこそ彼らの勇敢さについては少しならば知っているつもりだが、
その彼らが何かに志願をすると言うことはどういう意味を持つか知っているかね?」
「……いえ。」
時田はなにが言いたいのかという表情で答えた。
「彼らの尊敬に値する何かが、あそこにあるのだ。」

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:17 ID:???
「尊敬。尊敬ですか。」
時田は呆然としたように呟いた。
「そう、尊敬だ。」
そこでシュタイナーは言葉を切った。
ふん。ビンゴか。この時田という男もまたネルフに敬意を表している。
何故かは分からないが。
海兵隊の連中も、そして時田のような評判の良くなかった男まで変えさせる何かがネルフにはあるというのか。
ええい、畜生。興味をもっちまったじゃないか。
単純に黒い月を調査するだけではいかんようだな。
時間も限られているというのに。
糞、俺は心情的にネルフの肩を持ちたくなってしまった。

259 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 22:19 ID:???
例によってなにも考えていないので続くかどうかは知らない。
オリキャラが出るのはどうかと思ったが、まあ仕方がなかった。
許してくれ。

260 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 23:01 ID:???
>>259
先が読めない分期待大だが、書くのも大変そうだなー
とりあえず頑張れ

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/13 23:09 ID:Tz6mAGz.
>>258
敬意?
てっきり腹黒な理由があると思ってた=海兵隊

そして期待age

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/14 03:56 ID:???
御大風味がたまらん

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/14 08:58 ID:???
>>257
マジ興味深い
ホラー風味を期待したい

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/15 00:59 ID:???
ドイツ支部にあるマギを解析していた部下から報告が上がってきた。
それに目を通しながら鹿内は首筋をもんだ。
うん、やっぱりゼーレとか言う組織がネックになっているな。
全くゼーレにつながっていたと噂されている内閣総理大臣は死んじまったしな。
うちの情報部もズタズタだ。
CIAやMI6が機能しなくなって久しいからな。モサドもダメになっているし。
実働できるのが日本人だけというのはな。
だからこそゼーレなんて連中につけ込まれるんだろうが。
そう思うと鹿内は周りを見渡した。
起きているものの顔には疲労が濃い。
そしてその周りには机で撃沈しているもの、床に転がっているものがいる。
全く実に楽しい状況だな。
この状況って奴はいつまで続くのかな。いい加減終わって欲しいんだが。
そう思うと鹿内は一つのびをした。
ああ、そう言えばもうそろそろ彼らが到着する頃かな。
彼らの情報が入ってくればそれなりに進展があるかな。
まあ、でも無理だろう。
仮にマギが生きていてもあれはオリジナルだ。
多分最初の関門すら突破できないだろう。
けれど、このままネルフのせいにするというのは政治的にも問題があるしな。
LCLから戻ってきた連中は皆ネルフを支持している。
そして彼らは驚くほど献身的になってしまった。
何でだろうな。
まあ、液化しなかった俺にはわからん事なんだろうな。
そこで鹿内は新たに積まれたレポートに気付いた。
ええい畜生。全く楽しい状況だ。

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/15 01:03 ID:???
>>262
ニヤソ

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/15 01:07 ID:???
横槍スマソ。

シンジとレイは兄妹(として育てられた、いとこでも幼馴染みでもよい、とにかく身近な関係)。
レイは定期的に通院しなければならない。
ある通院日、レイについて病院に来たが検診中は手持ち無沙汰のシンジ、
待ち合い室には人影が少なく、病院内をぶらつきはじめる。
病棟でレイに出会ったと思ったが、様子がおかしい。
ほぼレイのように見えるが、服装も違えば雰囲気も微妙に違う、話もどこか噛み合わない。
二人が困惑していると病院職員(医師か看護士か)がやってきて、さりげなく二人を離そうとする。
職員のどこか穏やかでない様子に早足で遠ざかろうとするが、
どこかに連絡をとり(携帯とかインターフォンとか)、なぜかシンジの後をつけて来る。
本格的に逃げ出すうちに、また別のレイ(のような少女)に出会うが、今度は自分に似た少年もいた。
話うぃしようとするが、今度こそ職員に捕まり、別室で種明かしが始まる。
種明かしをするのはリツコかゲンドウあたり。
およそ15年前、碇ユイが新種のウイルスにおかされた。
それはレイの感染しているものと同じもので、現在でも治療法が見つかっていない。
ゲンドウ(ユイと夫婦でも単なる同僚でもよい)はユイを冷凍睡眠させ、
ユイのクローン(=レイ)を複数使って治療法を模索することにした。
その際各レイのそばに自分(ゲンドウ)のクローン(=シンジ)を保護者代わりに配した。

というのを考えた。

267 :266:02/07/15 01:08 ID:???
ただし問題点も(下記以外にも多々)ある。

Q何故ユイのクローンを使うのか?
Aウイルスの個体差などへの対応
Qシンジに感染したりしないのか?
A日常生活では感染しない
QこれってLRS?
Aその必要性は必ずしもない
Qこの研究方法って相当金かかりそう、資金源は?
A・・・
Q病院はその研究専用?
Aそれでもいい
Qシンジって本当にいる?
Aいらない、研究予算節約のためにレイのクローンだけつくったとしても、レイの一人称物はできる
Qどのへんがエヴァ?
Aキャラが
Q(レイが)14年生きてるならたいした病気/ウイルスじゃないのでは?
Aそのあたりが研究の取りあえずの成果ということで、
 あとレイは14才でなくてもいい

あとレイは通院するのではなく入院していて、シンジが見舞いに来た時の話にしてもよい。

なんか小説書くより設定してまとめてるだけのほうが楽でいいなあ。

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:02/07/15 03:32 ID:???
>>264
良い雰囲気じゃ
しかし日本人だけ?西欧の政体も壊滅か?

116 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>13>>2>>85)>>91>>4GV>>29>>12>>98>>32`i>>51>>84
>>18>>57G:/test/read.cgi/eva/1014659988/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)