5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(・∀・)ィィ!小倉紀藏氏の韓国論

1 :(・∀・)さん:2001/07/24(火) 11:19 ID:WfWTPUQU
東海大講師の小倉紀藏氏が韓国に関して素晴らしい論考を書いているので、
少し長くなるが、ハングル板に紹介する。後半部に注目。
-----------------------------------------------------------------------------
◆体に痛い韓国    小倉 紀藏(読売新聞2001年7月14日夕刊掲載)◆
 私にとって韓国とは何か。エロティシズムの対象そのものである。かつてバタイユは
エロティシズムを「禁止と侵犯」という概念で説いたが、私の場合はそれを「到達
不可能性」で説く。すなわち、私は韓国に到達しようともがきにもがくが、決して
到達できない、そこにこそエロティシズムは宿るのである。
 韓国のほとんどすべてが、私にとって到達不可能である。たとえば場末の市場で酒を
飲みながら肴(さかな)に食う豆腐。その砂岩のようにごつごつした触感には、この国の
すべての伝統が肉化しているように思える。儒教の義理の重圧と、そこに風穴を開ける
情の粋。つまり人びとの倫理と情感。秩序と反秩序。コスモスとノイズ……それらが
すべて宿って、この一個の豆腐になっているような気がするのである。それを食う
ことはできるが、そこに到達することはできない。なぜなら私は、韓国のそのような
伝統や思想の「外部」にいるからだった。(>>2に続く)

2 :(・∀・)さん:2001/07/24(火) 11:19 ID:WfWTPUQU
(つづき)
 外部にいる。この感覚こそが、韓国に向き合う私の根底にある。だから私は、韓国の
文化が体につきささって痛い。おそらく文化が体に痛くない人は、もっと気楽に韓国と
つきあえるし、「交流」できるのだろう。
 もちろん、韓国ばかりでなく、日本の文化だって私には痛い。それもまたひとつの
「外部」ではある。しかし、そこには根本的な違いがあるような気がする。日韓の間に
横たわる「歴史」が、そうさせている。
 日本と韓国は、さまざまなことを話しあっているように見える。しかし、私の目には、
日韓の間に対話はないように思えるのだ。すべて互いに「違ったこと」をいっている
のである。同じ語彙(ごい)を使って、違うことをいっている。互いに金然、言葉が到達
できていないのである。歴史教科書の問題だって、ことの本質は、史実やその解釈の
問題と同時に、互いが発する言葉が届いていないという事態に宿っているはずなのだ。
その到達不可能性を省察しなくてはならないのに、逆に安易に到達できると思いこんで
しまっている。ここに、すべての誤りが宿っているのではないか。日本も、韓国も、
あまりにも幼稚である。
 そして私の使命は、まさにこの到達不可能性を省察することにあるのだ。(了)

3 :(・∀・)さん:2001/07/24(火) 11:20 ID:WfWTPUQU
-----------------------------------------------------------------------------
この文章で、韓国には何を言っても通じないということを小倉氏は
述べているのである。今までの馬鹿サヨ低能学者の低劣論考とは
異なり、小倉氏の論考はまさに韓国人の本質を突いたものだと
いえよう。冒頭部はチトほめ殺しのような気もするが(笑)、
「同じ語彙を使って、違うことをいっている」という部分は
歴史に残る名文だと思う。漏れも韓国文化が体にイタいので、
あんなとこには到底気軽にいく気がせん。小倉先生マンセー!!
(よく書いた!頑張った!感動した!!)
意外と小倉氏も2ちゃんのハングル板見てたりして。

◎小倉紀藏氏略歴
1959年生まれ。東大文学部卒業後、電通でコピーライターとして活動。
1988年電通退社、ソウル大哲学科に留学、同大学院で修士・博士課程修了。
現在東海大学外国語教育センター講師。

4 :たけぞー:2001/07/24(火) 11:24 ID:4rJ32yFc
韓国には何を言っても通じない<同意します

5 :むるでか:2001/07/24(火) 11:37 ID:xQkknGp6
>>1-2
 すまん。
 バタイユのソレに関する本は、読んだことないし。
 何が言いたいのか、さっぱりわからん。

>漏れも韓国文化が体にイタいので…
↑と、↓は何か言ってる事が違う気がするが。
>外部にいる。この感覚こそが、韓国に向き合う私の根底にある。だから私は、韓国の
文化が体につきささって痛い。

>日本も、韓国も、 あまりにも幼稚である。
 ↑の、どこらへんがマンセなのか教えてくれ。

 

6 :違った見方をする人もいます:2001/07/24(火) 11:49 ID:Xzkj6A.c
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/3447/k-mon10.htm
ここのところ、新書の創刊が大ブームになっている。岩波、講談社、中公
といった老舗に加えて、各社ぞろぞろ参列といったところだ。多少、専門
性は落ちるとはいえ、手軽にまとまった知識が得られるので、昔からよく
読んでいた。ただ、最近の創刊ラッシュで、書き手のクオリティが落ちて
いるのも事実。「この程度しか書けないの?」と思うような内容のものが
出回ってもいる感じがする。韓国関係のだと、小倉某(最近、また講談社
から出したね)氏のなんか、読んでて情けなくなってきたりする。韓国関
係なら、もっとしっかりした専門家もいるんだけどねぇ・・・。

7 :むるでか:2001/07/24(火) 11:59 ID:xQkknGp6
>>6
 読んだ事が無いので、何ともいえんけど、

>>1>>1-2で何をマンセしたかったのかわからん。

>私の場合はそれを「到達 不可能性」で説く。
>なぜなら私は、韓国のそのような伝統や思想の「外部」にいるからだった。
>だから私は、韓国の文化が体につきささって痛い。
>そして私の使命は、まさにこの到達不可能性を省察することにあるのだ。(了)

「俺って、マンセ」としか読めんのだが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 12:09 ID:P6qOOg4g
「ハングル板の本棚」スレで酷評ずみ

こいつのイタさは 朝日新聞日曜書評欄で道上尚史の本を褒めちぎった
事実にも現れている

日本の古典的左翼朝鮮学者と違っていることは確かだが、また別の意味で
問題の多い世代。

9 :むるでか:2001/07/24(火) 12:10 ID:xQkknGp6
>別の意味で問題の多い世代。
↑なるほど、納得。

 結論が出たように…(以下略)

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 12:28 ID:0pzZcAxk
コリアニメのあんちゃんは、前々から小倉の論考がお気に召さないよう。
道上の方はお気に入りのもよう(突っ込み不足は外交官の立場上のこととホロー)。
二人の韓国理解にそれ程の差違があるようには思えないけどね。
ただ、下のようなのは言いがかりで、挑発的な姿勢はあるけど小倉はそんなこと
一言もかいてはいない。朱子学の浸透した社会がどうのような様相を呈するかを概観
するには小倉のもワシはええと思う。ただ小倉はミイラ取りがミイラになりかけの感じがして
儒教社会の持つダイナミズを肯定的に把握しがちなのがねえ、感覚的にちょっとキモイ。

>今時、「理」だの「気」だのといったキャッチコピーで世の中が理解できる
などと言ってる頭の悪さに、吐き気を覚えたのだ。

『韓国は一個の哲学である』がイケてない理由
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/3447/k-mon11.htm#2/7
書評『日本外交官、韓国奮闘記』
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/3447/k-mon14.htm#5/21

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)