5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

韓国の王族

1 ::2001/08/07(火) 03:24 ID:EsQmYL2g
韓国の王族ってまだ崇拝されてるの?
溥儀も死ぬまで崇拝されたそうやないか

2 :カゴメ:2001/08/07(火) 04:17 ID:sG3PWadA
崇拝されてません

3 :たけぞー:2001/08/07(火) 04:19 ID:6it/2Nfs
あげんな

4 :王孫の永久帰国:2001/08/07(火) 04:46 ID:ywc8dFjY
 五百年続いた韓国の李王朝は日本支配によって第二十七代の王・純宗(一八七四−一九二六年)で幕を閉じた。純宗には子がなく、先代の王・高宗の子で純宗とは異母弟の英親王・李垠(イ・ウン)殿下が最後の皇太子となった。李垠殿下は十一歳の時(一九〇八年)日本に連れて行かれ、そのまま李王朝は滅んだ。 李垠殿下は一九二〇年(大正九年)、「政略結婚」で日本の現在の皇太后さまのいとこにあたる方子(まさこ)妃と結婚、二人の間に生まれた長男は幼くして死亡し、二番目の子は「李玖(イ・ク)」と名付けられた。李垠・方子夫妻は一九六三年やっと帰国が認められ、李垠殿下は一九七〇年、方子妃は一九八九年それぞれ韓国で亡くなった。「王孫」ともいうべき李玖氏は米国留学後、米国人女性と結婚した。その後、別れ、近年はずっと日本に住んでいる。今年六十五歳という。

 その李玖氏がこの十一月二十五日、韓国に永久帰国する。李王家を生んだ全州・李氏の同族会(約四百万人)が「王孫」として迎えようというもので、李玖氏は空港到着後、直ちにソウル中心部にある李王朝歴代の王や王妃を祭る「宗廟」に永久帰国を報告することになっているとか。以上の話はわれわれ日本人にはつらい。

 全州・李氏は今、歓迎準備に忙しい。ところが王宮をはじめ旧王家の財産はすべて国有財産になっており、李玖氏を支える財政的基盤がなくて困っているともいう。

 (黒田勝弘)http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9611/paper/1102/international.html

5 :名無しさん@元在日:2001/08/07(火) 04:48 ID:h8/ruVUg
李朝最後の王族の奥様は日本の皇室出身の方子様。

李垠・方子夫妻が独立韓国に帰国できたのは、解放から二十年近くもたった
1963年(昭和38年)のことだった。解放後の韓国政治には「王党派」は見当
たらない。右も左も圧倒的に共和制で、立憲王政は人びとの視野にはまった
く入らなかった。

http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9703/paper/0327/tokuha.html

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)